人気ブログランキング |

節分の「 そもそも学 」

  
   
  
豆まきの事始め
イワシの信心事始め

豆は糞坊主に投げ返すのが今時の礼儀




明日はグレゴリオ暦の2月3日、節分の日。
そして明後日は「 己亥 」の元旦ということで、明日は大晦日。
そして、本来の「 新嘗祭 」の日であり、「 X’mas 」の日でもある。

節分では、「 鬼は外、福は内 」と唱えながら鬼に向かって炒り豆を投げるが、
炒り豆を投げるのは、宇多天皇( 平安:887~897年 )の時代からのようだ。
菅原道真は宇多天皇によって藤原氏の権勢を抑えるため大納言に抜擢される。

鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、
三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、
災厄を逃れたという故事伝説が始まりと「 言い伝えられている 」。
炒り豆は「 芽( 目 )」が出ないのだ。

豆は「 魔滅 」に通じる魔除けの呪力が備わっているため、手に入りやすい大豆が使われたとか。

以上から推測されることは、道真が藤(唐)原北家によるクーデターでパージされ、太宰府( 日本列島で最初の平城京よりも大きな都城 )に流されて忙殺されてから以降のことと推測される。
下図は、縮尺を揃えてあるので、その太宰府の巨大さがわかることかと。

b0221143_18595833.png
  左)太宰府:C14による測定では、430年頃の建築と想定される。
    倭国の首都:都府楼( 太宰府 )には驚愕の日本史が隠されている。
    「 戊戌の年、2018年とは? 」には、太宰府時代に先行する
    卑弥呼:邪馬臺国時代の重要な痕跡を掲載してある。
  中)新羅GHQ政権が、建設した条坊都市:平城京。
    建築物や仏像はみな新羅様式だ。
    東大寺の大仏は、唐の高宗の顔をそのまま写したもの。
    現代で云えば、ブッシュかトランプの顔に手を合わせて拝んでるわけだ。
    ご利益がたっぷりありそうだ♪
    これを白鳳時代と呼ぶ。
  右)クーデターに成功した百済亡命政権が建設した条坊都市:平安京。

  ※ 残念ながら縮尺を揃えたオリジナルのサイトは消滅してて、
    保存してあった上図だけが残っている。

  ※ 都府楼の創建年代についてウィキペディアには違うことが書かれている。
    が、毎度書くように、ウィキの記述は平均して30%は間違っている。
    ヒドものになると98%がウソの記述なので要注意だ。
    それと暇コイてる日本の垢デ己済ム歴史学者ドモは、
    考古学者が忙しくて本など書いてる暇などないことをいいことに
    その成果にほおかぶりしている。
    自分たちがこれまでついてきたウソがバレるのを心底怖がっている。
    仁徳天皇陵を全面発掘させろイッ!!!
    なんでGHQだけに発掘させんだ!???

「 鬼は外、福は内 」と唱えるようになったのは、どうやら室町時代。
『 臥雲日件録(瑞渓周鳳)』に、1447年に「鬼外福内」を唱えたと記されている。
この時期、足利将軍による強権政治・凶作・流行病などから1420年代には土一揆が頻発。
1443年に義政が8代将軍となって以降は政変・反乱続きで
遂に1467年からは応仁の乱に突入し、芥川龍之介・黒澤明の「 羅生門 」の時代へと。


節分の元は、追儺(ついな)にあるようだ。
飛鳥晩期からの大晦日の宮中行事で、
「 鬼やらい:鬼儺 」「 儺(な)やらい 」とも呼ばれた。
追儺の儀式は、『 論語 』に記述があり、中国の行事がルーツ。
日本においては天皇や親王が行う宮廷の年中行事となった。

『 続日本紀 』によると706年にこの追儺が始まり
「 是年天下諸国疫疾百姓多死始作土牛大儺 」とある。
まさに『 臥雲日件録(瑞渓周鳳)』と同様の状況だ。
706年は、持統天皇と藤原不比等の時代。
唐新羅GHQ進駐軍の統治が安定してきた時期に当たる。
疫病の蔓延は、唐新羅人のバイ菌 vs 奈良原住民のバイ菌合戦だ。

691年 持統天皇5年
      大三輪、上毛野、膳部、紀、大伴、石上(いそのかみ)、
      雀部、藤原、石川、巨瀬、春日、平群、羽田、阿部、
      佐伯、采女、穂積、阿曇の十八氏に命じて、
      先祖からの事績を記した「 墓記 」を奉らせた。
     ( 日本書紀 )

701年 文武天皇5年
      大宝に改元
      ※ あん?
       改元ってその前に元号があったのか?
       そう、あったんです♪
       垢デ己済ムでは「 大宝 」から「 元号(がんごう)」が
       始まることになってるんです。。。。阿呆かッ!

708年 元明天皇・和銅元年
      藤原不比等が右大臣なる。
     「 山沢に亡命して禁書を隠し持ってる者は、
       百日以内に自首せよ。
       さもなくば恩赦しない。」との詔勅。
     ( 続日本紀 )
      ※「 亡命 」です! 「 亡命 」!
       「 墓記 」を隠し持ってると、死罪ってわけですね。。。。


な~~~~んで、「 墓記 」がそんなに重要なのかなぁ~~~~???
鬼やらいの「 追儺 」は706年のスタート。
それでも出さないまつろわない民がいるので708年の詔勅ってわけですね。

白村江の戦い( 古代のミッドウェー海戦 )が663年。
壬申の乱が672年、この時、秦氏の一部を始めとする多くの氏族が寝返って、
纏向・葛城勢力は惨敗、694年、その根拠地:三輪山〜大和三山のど真ん中に
GHQ本部=藤原京が建設されるも( 多分わざとの )傾斜設計失敗で
宮殿がウンコまみれになってこれを放棄、北の地に平城京が建設されるわけですね。
しかし、倭国経済を疲弊させるための高宗巨大大仏に大量の金を蒸着させる過程で
大変な水銀公害が発生、後の平城京放棄の原因のひとつともなります。

こうして捏造文書「 古事記 」「 日本書紀 」が編纂されていったのです。


明治になって、節分は太陽暦の立春の日となったが、
グレゴリオ暦を導入する明治6年以前は、大晦日に行われていた。
冒頭で書いたように、今回の新年:己亥はグレゴリオ暦2月4日から。

江戸時代には、大晦日の「 厄払い 」、
正月には萬歳・千歳の囃子が各家庭を回って餅をもらった。
これら厄払い・萬歳を担ったのは、穢多の民。
これが「 漫才 」の始まり。
もちろん、歌舞伎は穢多の限定職だ。


節分の起源のひとつが鞍馬山の鬼払いとのことだが、
鞍馬山の鬼とは、もちろん鬼ではない。
京都の公家から見れば賊軍ということにすぎない。

「 鬼 」とは、その元は「 隠忍(おに) 」と書く。
この隠忍が隠忍者 = 忍者の語源となった。
隠亡とかもここから派生しています。

唐新羅GHQ進駐軍によって、奴隷とされた民は鎌倉~室町時代には、
ヨーロッパのユダヤ人の如くゲットーに押し込められ、
この「 限定地 」とのことを「 別所・賎住(千住)・賎限(浅間)・散所(産所)・夙・新田、、、 」とか呼ぶ。 三軒茶屋も散所の派生型ですね。
字面は違っても音が同じなら同じこと。
日本語に輸入された中華文字を当て字した万葉仮名が始まりだから。

 玄関などに、柊に焼いたイワシの頭を刺したものを刺し、

 鬼は~~~外!
 福は~~~内!

 と炒り豆を撒く( 打ち豆 )

のは、農地を持てず食べ物にもこと欠く限定地住民=日本原住民を
イワシの塩焼きの美味しそうな匂いで釣り出して、
そこに植えても芽の出ない炒った大豆を投げつけて愉しむ風習。

食べ物に事欠く原住民は、それでも落ちた豆を拾ってそれを口に。
それを見て、豆撒きする側は面白がって、豆を思いっきり投げつけるのである。

「 鰯の頭も信心から 」からとは、ここから生まれた言葉だ。きっと。
彼ら( みなさんのご先祖様 )は、イワシすら食べることが出来なかったのです。
それにみなさん、イワシの頭って食べます?

日本人の95%はこうした原住民系( 穢多 )。
つまりこれを読んでる95%のみなさんは「 穢多 」ということなのです。
これを現代用語では「 一般奴隷ピープル 」とか「 社畜 」とか呼ばれています。


てなわけで、寺で豆撒してる糞坊主どもに豆を思いっきり投げ返してやりましょう!
                                     (^o^)b

これが未来世紀:21世紀からの新しい節分の風習です♪


ついでに書いとくと、「 仏教 」なる教えは、日本原住民( 95%の穢多 )を
洗脳するために導入された「 新興宗教 」であり、平城・平安時代、
原住民側はこれに帰依することに抵抗したが、
頻発する飢饉・飢餓の際に「 餌 」に釣られて次第に主旨替えが進む。
日本の糞坊主ドモの「 仏教 」なるものは、ゴーダマ・シッダールタや
龍樹の教えとはほぼ間逆であることは、ヨシュア・インマヌエル
( なぜかイエス・キリストなる妙ちくりんな名で呼ばれている )と
ペテン師ペテロのバチカンの洗脳宗教が真逆であることと双璧を為す。
シッダールタは、「 サイエンス = 宇宙の摂理 = 達磨 」を説いたのである。
しかし、無知な民衆はそれを「 奇跡 」と受け取り「 宗教 」としてしまう。
いまでも、「 柳が揺れたらUFO&全知全能の宇宙人 」となることは
まるで猿の惑星のマンマだ!


もひとつついでに書いとくと、日露戦争の時、日本の人口がいきなり2倍になってる。
これは、明治簒奪ニッポン政府が山狩りを行い、706年の追儺でも
纏ろぬ民であった山窩などを引っ立てて苗字を強制的に与え、
旅順に引っ張ってて人間の盾にして皆殺しにしたからです。
彼らは、引けば味方に後ろから撃たれたので、ロシアのトーチカに突進するしかなかったのです。
これって、モーゼ( 後の名をエジプト第19王朝を創始したラムセス1世 )が
対ヒッタイト戦でエジプトから連行した後に「 ユダヤ人 」と
称されることにことになる多国籍民族を人間の盾とした事績と瓜二つとなります。
となると、これを指揮した長州藩の乃木大将とは。。。。。?
切腹の理由も忍ばれます。。。。
アロン( ファラオ:ホルエムヘブ )やラムセス1世( モーゼ )とは大違いだ!


そろそろ「 大政奉還 」の時期だよな。

みなさん、「 そもそも学 」を大切に。


間に合えば、明日中までに、2月4日からの「 己亥 」のエッセイをUPしたいと思います。



nueq




by nueq | 2019-02-02 19:30 | 歴史

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30