STAP事件と旧石器捏造事件の類似性

   
  
   
旧石器捏造:藤村新一の捏造指令者

日本列島に異常集中:旧石器時代の新石器

6500年前の地球大変動と「 文明 」の再興



講演会のお知らせ
大阪:30日(土) 神戸:31日(日)
東京:9月6〜7日




STAP細胞論文に偽造データがあることが判明し、若山山梨大教授が「 騙された 」と記者会見した時、すぐさま脳裏に走ったのが「 旧石器捏造事件 」だった。

STAP TRAP事件の想定しうる全貌については、

  STAP細胞がSTUCK細胞に( 前後編 ) 4/26
  http://nueq.exblog.jp/22511017/

  追記:STAP細胞がSTUCK細胞に 5/5
  http://nueq.exblog.jp/22557390/

  理研:笹井氏は「 自殺 」??? 8/6
  http://nueq.exblog.jp/23100596/

  < 資料 > 小保方女史 「 メスの幹細胞もある 」
  http://nueq.exblog.jp/22510986/
  小保方女史が唯一具体的に反論した朝日新聞記事

に書きましたが、本題に入る前にまずは笹井さんの

  最近は薬の副作用ではっきりと会話することが難しかった

件について。

この精神薬はメジャートランキライザーと想像される。
これには50mgと100mgの2種類があるが、50mgと云って100mgを渡されても大抵の人には分からない。 そして50mgならまだしも100mgは非常に強烈でこれを止めると物凄い苦しみとなるので、普通の人では止めることが出来なくなる。
ましてや他の薬剤が混入されたり、睡眠薬と掛けあわせたらどうなるか?
笹井さんは医学博士でもある。
しかし、カプセルの表記を信じていたとするなら完全に騙されるだろう。

警察は心療内科の担当医の事情聴取と物件差し押さえをすべきだが、後者はすでに証拠隠滅されているだろう。


それと、笹井さんが発見から2時間23分もかけてたったの100m先に隣接する中央市民病院に運び込まれているが、

 1)なぜ首を吊ったとされているその現場である
   先端医療センター内に運ばなかったのか?
   そこには、プロフェッショナルがズラリと揃っているはずだ。

 2)首を吊ってすぐに発見されたわけでもないだろうから、
   CDBの先端医療センターの医師によって死亡は現場で確認・断定されたはずだ。
   現場で死亡が確定された場合は、司法解剖が必要となるが、
   搬送先の病院で死亡が確認された場合は、司法解剖は不要となる。

b0221143_06015655.jpg


見事な連携プレーだ。
笹井さんに薬を処方した人物のその後が心配だ。



さて、本題の「 STAP TRAP事件 」と「 旧石器捏造事件 」の類似について。


「 旧石器捏造事件 」の概略とあらましはこうだ。

  概略
  考古学研究家の藤村新一が160ヶ所の発掘現場から
  合計3000点の旧石器を発見。
  藤村だけにこの発見が可能なことから「 神の手:ゴッドハンド 」と呼ばれた。
  藤村は旧石器を次々と発見。 95年以降ブームに。
  2000年10月23日、新高森遺跡から
  60万年前のものとされる石器が出土したと発表。
  北京原人(50万年前)を凌ぐ「 日本原人 」と囃されブームとなる。
  2000年11月5日、毎日新聞が、藤村が高森遺跡の現場でポケットから
  「 旧石器 」を取り出し、地面に埋め込む写真を発表。
  これまでのすべてが捏造だったことが判明し、藤村はこれを謝罪。


  参考情報
  ウィキペディア:旧石器捏造事件
  BLOGOS:アカデミズムという虚構 旧石器遺跡捏造事件
  前期旧石器論争:旧石器発掘捏造問題について 岡村道雄
  
  ねつ造事件【ゴッドハンド】
  
  ※ ここにもNatureが登場する。。。。



捏造の発覚により、以降考古学の世界で旧石器を探求することがはばかれる。と云う「 空気 」が出来、研究すると学会から事実上外されるという風潮が出来上がった。

以来、日本では旧石器の研究が進んでいない。


「 STAP TRAP事件 」と「 旧石器捏造事件 」の類似性は、

  1)藤村のゴッドハンドと小保ちゃんだけに可能な特異性。

  2)旧石器研究とSTAP細胞研究がその後、STOPし、
    タブーとなったこと。


日本人の記憶から「 旧石器捏造事件 」の記憶が薄れる中、藤村は福島に大きな自宅を構えたと伝えられている。( 311津波でどうなったのだろう? )

また、藤村は創価学会の信者であるとも云われている。

藤村の上部構造としては、文盲省 或いは 文痴省の文化庁主任文化財調査官・岡村道雄が直接その指導・指揮にあたっている。 もちろん岡村などは、下っ端の現場主任に過ぎない。 上部構造があるはずだ。 非加熱製剤事件の時の抗生省と同じ図式と云えるだろう。

  文痴省:幹部名簿( 現在 )
  http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/kanbumeibo.htm
  ※ この中の現役に笹井さん暗殺に間接的に関与した人物がいる可能性がある。

  
文部省を「 文盲省 」と書くのは、文部省こそが日本人白痴化のための現地司令塔だからだ。 「 文痴省 」の方がしっくり来るかな? 在日との情報もあるフランクフルト・マルキストの文痴省:元大臣官房審議官:寺脇研の主導に依る「 ゆとり教育 」などはまさにその典型であり、それ以前より、文痴省は漢字の読み方を勝手に変えるなど日本の文化の根を徐々に断つっていくことに余念がない。

  重複 ちょうふく → じゅうふく
  物議 もんぎ → ぶつぎ
  円周率 3.14 → 3

などはその代表だ。
数学は昭和時代、白痴化政策によって低落するアメリカを抜き越し、日本が世界一となったが、アメリカに続く文痴省の白痴化政策によって、今や37番と云うアホさ加減を達成することが出来るようになった。

片や、日教組は文痴省とは逆サイドからの白痴化を推進する。
「 連中 」は常に両天秤・両サイドから目的を遂行出来るよう、構造化する。
必ず反対意見をどちらかに絡めとることが出来るからだ。
ニッポン政府の方針に反対する市民活動家はこうして「 左翼・左派 」の哲学に絡め取られていく。 その「 左翼・左派 」とは一体何か? これが第3インターナショナルに始まるフランクフルト・マルキシズム 〜 ダヴィストック研究所 〜 ローマ・クラブの洗脳テクノロジーだ。



さて、旧石器と新石器の違いとは?

  旧石器 = 打製石器

  新石器 = 磨製石器

新石器は、石を打って薄い歯にしたものを、別の石で磨いてよりシャープな切れ味の石器に仕上げたもの。 ここには文化の飛躍があり、世界の歴史は旧石器時代と新石器時代に区分されている。
日本では、「 縄文海進 」の始まる以前のピュルム氷河期以前の時代を旧石器時代、「 縄文海進 」以降の縄文時代を新石器時代としている。 勿論世界的にも基本的には同じだが地域によっては磨製石器は遅れて登場する。

ところがッ!
日本では、磨製石器が4万年前にさかのぼって発見されていて、「 縄文海進 」以前にこの小さな列島から400点も発見されているそうだ。 勿論この400点は藤村旧石器ではない。
世界では、この時期、合計で4点しか発掘されていない。
日本には、世界の100倍もの新石器が旧石器時代に存在した世界の最先端文明国だったことになるのだろうか。

この現時点で400点も見つかっている旧石器時代の新石器の発掘 〜 研究が、藤村の「 旧石器捏造事件 」によってタブーとされて封印されてしまったのだ。

STAP・TRAP事件は、アメリカのサイトでの匿名による電気泳動写真の告発とそれに続く若山の「 騙された 」発言によって、STAP細胞研究はSTUCKしてしまい、挙句の果てには再実験を始めた笹井さん謀殺と云う悲劇を引き起こして幕を引こうとしています。

つまり、「 旧石器捏造事件 」と「 STAP・TRAP事件 」は、実際の手口は異なるものの、「 捏造 」と云う烙印によってその重大な研究が潰されたことになります。
Natureは、「 旧石器捏造事件 」の事後にTOP記事を掲載して日本の考古学会の後進性を叩いていますが、「 STAP・TRAP事件 」では、冒頭でTRAPをかけているように見えます。


さて、「 有史以来 」と云う言葉があるが、「 有史 」は約6500年前のシュメールに始まる。それは文字によって何がしかのものが記録されたことをもって「 有史 」とされている面もあるが、6500年前以前に「 文明的 」な痕跡があまり残ってないことにも起因している。 しかるに日本列島には13000年前に始まる「 縄文文明 」の痕跡が大量に発見されている。
6500年前、南は喜界島、北は十和田湖・洞爺湖・岩木山などが順次大噴火を起こし、縄文人は長野・岐阜県を除き、ほぼ全滅したことが発掘された人骨から証明されている。 つまりこの時期( 1000年ほどの期間があるかもしれないが )日本列島は大噴火とおそらくは大地震の連発に見舞われていた可能性がある。
では、この現象は日本列島に特異的に起きたのだろうか?
勿論そんなことはない。
環太平洋の地震・火山ベルト帯は一斉に活性化したと考えられる。
植物の堆積層の確認はしてないが、世界的な地球活動期( = 膨張期 )となり、世界中の火山の噴火に依り太陽光線が遮られ気温も急激に下がっている。


b0221143_06094057.jpg

画像出典 : 気候変動と人間模様



シュメール( メソポタミア )の地で「 文明 」を現地の人々に伝授したのは海からやってきたオアンネスと呼ばれる海人であるとシュメール神話は伝えている。 オアンネスは一体どこからやって来たのか? なぜ、海からやって来たのか? なぜ日本以外には6500年以前に「 文明 : Civilizaton 」の痕跡がないのか?


b0221143_06122920.jpg
オアンネス


そしてなぜ、イラク戦争:バクダット陥落のその日に、「 暴徒 」がバクダット博物館を始めとするイラク中の博物館を襲撃し、収蔵品を略奪・破壊し尽くしたのか? 米軍は博物館略奪を3日間放置したのです。 シュメールの粘土板はまだ90%以上は未解読とも伝えられています。
1年ほど前だったと思いますが、ニュースで、

  バクダッド陥落時よりはるかに治安の悪いその後から現在に至るまで
  イラクでは一度も博物館襲撃〜略奪事件はなぜか起きてない。

と伝えられています。

加えて、「 アラブの春 」でエジプトがムバラクが追放された日に、ツタンカーメン博物館などエジプトでも博物館襲撃・破壊・略奪事件が発生しました。

これは、なんの符号でしょうか?

エジプト文明は、6000年ほど前に上エジプト( 現 スーダン )で始まったとされています。 スーダンでの発掘作業はどのくらい進んでいるのでしょうか?



「 縄文海進 」の始まった13000年前 〜 有史6500年前の間の6500年間を僕は前期縄文時代、6500年以降、信州の山から降りて火山灰に覆われた不毛の地:西日本ではなく被害の比較的軽重な北日本へと主に拡散して行って、青森では三内丸山( さんだいまるやま )を築き、その北西の現在は湖となってしまった東日本最大の貿易港:十三湊を築いた時代を後期縄文時代としています。 おそらくは6500年前を境に縄文文明は決定的な変化を遂げているはずです。
ちなみに、「 磐座( いわくら )」は前期縄文時代に築造された縄文巨大石造建築テクノロジーの粋が大地震・大噴火によって崩壊した後であると考えられます。
磐座の巨大な岩の一つ一つの地磁気の向きがバラバラであることがこれを証明してるようにも思えます。 切りだされた岩は、木造建築の樹の天地・方角などと同じように扱われたのではないでしょうか?

  参考情報
  伯家神道が予言する 2012年 天皇家の終焉
  後段の渡辺豊和さんの縄文石造建築を参照

b0221143_22141533.jpg
渡辺豊和 : 唐人遺跡の再現CG


東大:地震研に以前電話し、7500〜6000年前の地球上での大規模噴火・地震は全て網羅できてるか? と問い合わせましたが、そのような研究はされてない。との返答でした。 この時期の地球上の大噴火・大地震を調べ上げればいろんなことがわかってくるのではないかと考えています。


日本で旧石器時代の新石器400点出土、、、、その研究は、「 藤村:旧石器捏造事件 」のほとぼりの覚めた今、再スタートしても良いのではないでしょうか?

「 竹内文書 」には、日本から世界に文明を伝搬させた。 との記述があります。
僕自身は、記紀を含む古史古伝の中で竹内文書の捏造度はダントツと考えてはいますが、旧石器時代の磨製石器世界分布を考慮するならありえるシナリオなのかもしれません。


「 藤村:旧石器捏造事件 」については、実質的な現場上司と思われる文痴省:岡村の更に上部構造が究明されるべきである。 日本人白痴化を推進するGHQの手羽先である恥ずべき文痴省重役の構造を解明し、これを断罪しなければならない。



    地球の歳差運動:2万6000年、
    縄文海進   :1万3000年、
    有史の始まり :  6500年。

環太平洋地区では大地震が頻発し、火山の爆発も続いています。
「 異常気象 」と云われる現象が、世界的に通常に定着しつつあり、
加えて太陽は、活動ピーク年にも関わらず、弱々しい。。。。。。

b0221143_06174589.jpg


不気味な符号が揃い、人類はそろそろこうした事態に真正面から向き合わなければならない時代に突入しているのかもしれません。

なぜ、こうした太陽〜地球の活動に至るのか?
そのメカニズムは、8月30・31日の大阪・神戸の「 宇宙の摂理 」セミナーにて解説します( 概要は文末参照 )。





全知全能の扉を開く
4回シリーズ
第1回:宇宙の摂理


   8月30日(土)大阪
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           1)宇宙の摂理
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照

   8月31日(土)神戸( ハーバーランド )
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           1)宇宙の摂理
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照


   9月 6日(土)東京
           S先生+nueq
           時事問題( 内容未定 )

   9月 7日(日)東京
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           3)プラーナ呼吸
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照


   会 場 : 大阪・神戸・東京、それぞれ中心部某所
   日 時 : 大阪 13:00〜18:00頃
        神戸 12:00〜17:00
        東京 13:00〜18:00頃

   参加費 : nueq   3,000円
        +S先生   3,500円
        学生     500円
        高校未満   無料


  お申込・お問い合わせ

    お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。





[PR]
by nueq | 2014-08-26 06:39 | 歴史

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28