全知全能の扉を開く

    
   
     
全知全能の扉を開く
4つの鍵

あなたの概念・思考・思念・感情のパーツは
どこから来てますか?

今や全人類が巨大な洗脳インセプション被曝状態
「 シオンの長老の議定書 」

間違ったインプットは
歪んだアウトプットをもたらす

支配者の最大の恐怖「 宇宙の摂理 」を知る

プラーナの秘技秘伝伝授



講演会のお知らせ
東京:6月21日(土)
神戸:7月12日(土)
大阪:7月13日(日)




「 全知全能 」とは「 神 」に対する枕詞。
しかし、その「 神 」とは、ヨーロッパの「 神 」、すなわち耶蘇教( イエズス会キリスト教 )の「 GOD 」を日本語に訳したものであり、「 GOD 」に「 神 」と云う訳語を当てたのは間違いである。との指摘もよく聞かれます。 それは日本で云うところの「 神 」の概念とは異なるからです。

キリスト教でいうところの「 神 」とは、古代ヘブライ語で書くところのYHWY。
これを現代ヘブライ語では一般的に「 ヤハウェ 」と発音する。
古代ヘブライ語には母音がないが、20世紀初頭シオニズム運動の流れの中でヘブライ語を「 民族 」言語として「 復活 」させるために古代ヘブライ語のYHWYの母音を想像して「 ヤハウェ 」とした。

ではそれまで、ユダヤ人は何語を話していたか?
それぞれの現地語である。
スファラディはスペイン・ポルトガル・マグレブ・ネーデルランド・エゲレス語を、カナンの地の者達はアラブ・トルコ語を、アシュケナジーはスラブ系言語を。
面白いことに20世紀に現代ヘブライ語が「 復元 」される以前、1887年にポーランドアシュケナジーのルドヴィコ・ザメンホフによってエスペラント語が造られている。

耶蘇教で云うところの「 GOD = YHWY 」とは、前回のエッセイ「 獣の数字666とナーガ族 」の末尾や「 クリスマスって何の日? ・・・バビロン暦とグレゴリオ暦と和暦 」の終盤にも書いたように、ユダヤ・キリスト教が最も毛嫌いする「 偶像崇拝 」のバール神に厚化粧を施して新たに捏造された「 神 」に他なりません。

従って「 全知全能 」とは、ユダヤ教の「 GOD = YHWY 」の枕詞。

しかし、すべてを見通す目を持ち、千里を瞬時に移動する存在は、厚化粧の神:ヤハウェとはまた別に存在します。 それがチベットの仙人、或いは古代日本に存在した仙人。


b0221143_17493827.jpg

世界の民を愚弄し奴隷状態に置く世界支配中枢が信奉し秘匿する秘技秘伝のコア中のコアが、このチベットの秘技秘伝と古代エジプトの秘技秘伝。 「 連中 」は、これを大層なものとして神秘のベールに包んだり逆に1ドル札に描いてみんなを怖がらせているが、実は地球人ならだれでも( 長い人生の時間軸の中ではほぼ )瞬時にその気になれば感得することが出来るもの。

一方、葬式仏教と堕したと云うより、日本伝来のそのはじめから間違って伝来した仏教やその派生系で説くところの瞑想や呼吸法は、カタチだけを真似たもので真髄はまるで理解できていません。 つまり坊主自体が、仏教が、否、ブッダが、龍樹が説いたものが何であるのかがまるで理解できてないのが現状。 但し空海だけはその真髄を持ち帰ってきたようですが、これを封印してしまいました。 空海は唯一、龍樹 〜 不空に受け継がれた密教としてまとめられたより古い真髄を学んだように思えます。

支配者にとって、この秘密を一般人( 奴隷:ゴイム )が再発見するすることが最も恐怖である。 その恐怖があからさまに記された書物がある。
「 シオンの長老の議定書 」


b0221143_13113636.jpg

国際ユダヤ人 〜 現代によみがえる自動車王ヘンリー・フォードの警告
徳間書店 (1993/08)

定本 シオンの議定書
四王天 延孝【原訳】/天童 竺丸【補訳・解説】
成甲書房(2012/03)

四王天 延孝【原訳】/太田 龍【補訳・解説】
成甲書房(2004/09)
ネットに全文公開



四王天延孝原訳 / 天童竺丸解説の方は読んでないが、T型フォード自動車生みの親:ヘンリー・フォードによる「 国際ユダヤ人 」がアメリカで出版されたのが1920年前後。 すぐさま第1次世界大戦の敗戦後、国のすべてをユダヤ人が牛耳るドイツ・ワイマール共和国で翻訳・出版され当時で20万部という空前の大ヒットを放ち、反ユダヤ:ヒットラー・ナチス登場のお膳立てを行った名著。 ちなみにこのユダヤ・ワイマール憲法がユダヤ人:エレノア・ルーズベルト米大統領夫人( の手下ども )によってそのま〜んま移植されたのが現在の日本国憲法。
島講一氏による訳は、名訳だ。


シオンの長老の議定書 」では、2つのことを「 ゴイム 」に断じてさせてはならない。と、繰り返し書かれている。


 1)ゴイムどもに自分の頭で考えさせないこと

 2)ゴイムから天才をださないこと


この2点が、世界支配にとって最も重要なポイントである。
と、何度も書かれている。
ゴイムとは、非ユダヤ人のこと。

シオンの議定書は本当にユダヤ人の長老たちが書いたものなのか?
或いは、ヨーロッパの黒い貴族たちがシオニズム・ユダヤ人を騙って書いてわざとリークさせたものなのか? ヨーロッパの黒い貴族、これを世界支配中枢と呼ぶ。 ヘンリ・フォードもまた世界支配中枢によって「 自動車 」を世に送り出させてもらった過ぎない。 そのフォードが設立した巨大なフォード財団は、世界を洗脳支配するための謀略シンクタンクである。
「 連中 」は1942年、トーキー映画とラヂオを合体させたテレビと云うシロモノをリリースする。 映画とラヂオの洗脳機能は、この新しい手法:テレビによって目覚ましく進化し、高度な洗脳を視聴者に施すことが出来るようになった。 登場したアメリカの3大TVネットワーク:ABC・CBS・NBCは、もちろん世界支配中枢傘下のダヴィストック研究所の洗脳技術( これを社会工学と「 連中 」は命名した )の指導の下に設立されたもの。 1942年当時、すでにテレビが大脳皮質を麻痺させ爬虫類脳に快感を与える効果はタヴィストック研究所によって証明されている
つまり、判断不能( 大脳皮質麻痺 )状態で、いつまでもテレビを見続けたいと云う快感( 爬虫類脳刺激 )維持を行うことで、アメリカ人、ひいては世界中の人々の痴呆化に大いに貢献したのある。
ゴイムとは、本当は非ユダヤ人のことではなく、TPPに収斂するグローバリズムと云う名のワンワールド世界の奴隷たち = 我々一般ピープルのこと。

エゲレスから生意気にも独立した「 正義:フェアー 」を愛するアメリカ人を愚鈍な家畜に調教するために、ソープランドならぬソープシアターと云う番組を家畜の爬虫類脳に垂れ流し続けたのだ。 このソープシアターはそのまま日本語に翻訳されて「 石鹸劇場 」として昭和30年代の茶の間に東京タワースタジオ( 地下にはフリーメーソンの東京ロッヂがあることで有名:現・森ビル、元ダイエービルのメソニックビルの下のブルールームなどは一般向け、本当のイニシエーションルームは東京タワーの真下にある )から垂れ流された。 「 石鹸劇場 」は今も「 バラエティ番組 」と称して石鹸屋( 資生堂 = 多数の経皮毒裁判被告、カネボウ、花王 = 統一教会、P&G = スレイブじゃなかったスライブ、ジョンソン、サスーン = 阿片戦争の首謀者 など )が泡盛で垂れ流し続けている。

ちなみに東京タワーの着工は昭和32( 1957 )年6月29日、竣工は昭和33年10月14日。 高さ333mは「 666 」の半分。 まぁ、冗談みたいなタワーですが、これを冗談でビキニ環礁の核実験で被曝巨大化したゴジラがへし折ります。(^o^)b


b0221143_13141714.jpg
ガメラも倒す、モスラも倒す、ガラモンも倒す!
右下は、ゴジラシリーズ第5作目『三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)』
でゴジラに倒された東京タワー

画像出典
群馬大学GA研究会 なんでもにっき
嗚呼東京タワー

円ジョイと師匠の独り言
祝!象徴の誕生日

特撮特化
ランドマーク・東京タワー2



ゴジラが東京タワーを倒す写真がない!
と、思ったら当たり前。
画像出典先の「 特撮特化 」さんによると、東京タワーを初めて倒したのはモスラであって、ゴジラシリーズで初めて倒したのが5作目とのこと。 しかも発射した熱線が外れてのこととか。。。 これらの特撮をやった円谷英二さんが手がけたのがアポロ11号の素晴らしい月面着陸特撮映像、、、一ヶ所だけいたずら( 大気のない月面でなぜか風に揺らめく星条旗の当時の動画 )して、、ってのホントと云うことらしいが。。。。


おまけで建築中の東京タワーを

b0221143_13161279.jpg
クリックして拡大すると見やすいです。
拡大は、Cntl+ または Cmnd+、縮小は、Cntl− または Cmnd− で。

左から2枚目、左側に見えてるのはフルベッキの明治学院大学の教会
左奥に国会議事堂。
左から3枚目は昭和61(1986)年、、30年でこんなに変わった!
右は当ブログでお馴染み:666m(?)の3号機核爆発原子雲

画像出典
DESIGN BLOG BIRD YARD
知られざる東京タワーの製作秘話

毎日新聞:昭和写真館
50枚の写真で振り返る東京タワーの50年


余談に流れる悪い癖が全開になりそうなところで本題に戻すと、「 シオンの議定書 」を書いたのは一般にユダヤ人とされているが、ユダヤ人は「 宮廷ユダヤ人 」としてヨーロッパの黒い貴族:世界支配中枢に仕える「 宮廷官吏 」にすぎない。
「 シオンの議定書 」は1897年8月29日、スイス:バーゼルで開かれた第一回シオニスト会議で発表された「 シオン二十四人の長老 」による決議文と云うことになっているが、この会議までに日英同盟を後ろ盾とした日露戦争( ロシア:ロマノフ王朝簒奪 )〜 第1次世界大戦( パプスブルグ家簒奪 )〜 第2次世界大戦( 世界支配の完成 )と云うステップの世界支配のシナリオは完成していたようだ。

「 想定外 」だったのが、スターリンによるインターナショナリズムへの「 裏切り 〜 反乱 = ナショナリズム = 反ユダヤ 」だったようで、これによって東西冷戦体制が敷かれ、現在のプーチンもまたスターリンと同じ路線を歩んでいるが、スターリンもプーチンも実は「 想定内:プログラム 」の一環である可能性も否定出来ない。

これまでお伝えしてきたように、世界は今、180年振りの政治的( とはつまり経済的 )地殻変動期に突入し、深度地下部では大激震が巻き起こっているが、その波頭が時折、ウクライナやスーダン、イラク、シリア、エジプト、リビア、尖閣などで一般ピープルに見える形で顕れています。
この地殻変動は、「 シオンの議定書 」など生ぬるく感じるほどの新たな「 議定書 」・・・ 表に現れているのがジョージ・オーウェルの「 1984 」・・・ によって、世界の人々は完全な奴隷状態に置かれようとしている寸前です。
日本ではこれがTPPの津波として押し寄せいています。


我々日本人:にほん人は、できるだけ多くの人が目覚め、明治簒奪ニッポン政府をブッ潰して、

  にほんの
  にほん人による
  にほん人のための

にほん政府を創らなければなりません。



セミナーの2次会等で多くの方々と話しますが、多くの方の話す内容が、誰のどの本の、あるいはどのブログの主張をそのまま引用してるかが手に取るようにわかります。 これでは鵜飼の鵜の「 鵜呑み 」。 オウムの「 オウム返し 」。 猿の「 猿マネ 」にしか過ぎません。 多くのブロガーもまた同じ猿の惑星です。

みなさんは本の著者の素性を洗ったことがあるでしょうか?
ブロガーの主張の裏取りをしたことがあるでしょうか?

もしもその著者やブロガーの主張 = インプットデータが間違っていたら?

「 テレビの発明 」によって、また文字文化に親しんでいる人には日本では電通・博報堂に牛耳られた新聞によって、20世紀は大きなウソがまるで真実であるかのようにまかり通る世紀となってしまいました。
当然のことながら多くの出版社も、世界支配中枢の支配下・監視下に置かれ、「 世論操作 = マインドコントロール = 洗脳 」に一役買っています。

もっと恐ろしいのは、学校教育です。
実はアメリカの学校教育は第1次世界大戦後に、日本の学校教育は第2次世界大戦後に、「 連中 」の洗脳プログラムの下に置かれ、日本の文部省や日教組は「 連中 」のエージェント( スパイ・工作者 )の巣窟と化しています。
幼稚園 〜 小学校 〜 中学校 〜 高校 〜 大学と、みなさんはサイエンスも歴史も、嘘八百を教えこまれてきました。

サイエンスの実験現場にはトリック( 手品 )が一杯です。
単純化して云うなら、インプット実験条件と、アウトプット結果データの間のメカニズム・解釈は実は自由自在なのです。

その一例として、重力は引力ではありません。
向心力:上から押さえつける力であって、中から引っ張る力:引力ではないのです。

それが本当だとしても、な〜〜〜んだ、それだけのこと?
と、思うなかれ。
これが重大な概念形成の歪みをもたらします。
引力の問題だけではなく、無数とも云える概念・解釈の改竄が行われていて、上手く綺麗にエレガントな改竄に成功した科学者が、ダイナマイト絨毯爆撃殺戮賞、じゃなかったノーベル賞を受賞できている。と云っても過言ではありません。

ボーア、パウリ、ハイゼンベルグ、シュレディンガーたち量子物理学者、相対性理論のアインシュタインそのものが、世界支配中枢によって世に送り出されたスターであり、その物理学ウィルスが世界中の頭脳を汚染しているのが現状です。

インプット素材と結論データが同じだから、間のトリックに気がつかない。
これが、高校や大学で習い、自分で研究現場に立った時に陥る科学者の罠です。


歴史についてはもう言うまでもないでしょう。
ネットで政治・経済問題の裏を検索する人は、あまたの国際機関や各国政府や最高裁裁判長や中央銀行総裁や多国籍企業やマスゴミがどれだけ嘘つきであるかは熟知してるかと思います。 これらの問題はすべて「 歴史 」です。 1秒前はすべて歴史なのです。

では、1000年前の歴史は?
3000年前の歴史は?

インターネットのなかった時代、ウソは今よりもはるかに簡単でした。
その成果の粋とも言えるものが、古事記・日本書紀、聖書。


日本では、

   民可使由之、不可使知之。
   民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず。
   大衆は我々に頼らせるべきで、真実を知らせてはならない。

とされ、江戸時代を通じで、「 お上 」洗脳が厳重に施されてきました。


しかし、「 有史以来 」と云うシュメール文明発祥から6500年、最後の氷河期:ピュルム氷河期終焉 = 縄文海進 = 歳差運動半周のこの時期、人類はいよいよ目覚めつつあり、世界各地で封印されてきた人類の本当の才能の扉を開け始めている人たちが出現しつつあります。

これがチベットの山深くその秘技秘伝を保ってきた仙人たちと共通するもの。
目覚めのエネルギーはマグマの噴出( 火山・地震地帯 )と密接な相関関係を持っていて、ここ日本列島はまさにそうした火山地帯にあり、なおかつ、地球の表玄関:太平洋のエネルギーを満面に黒潮・親潮として受け・結ぶ世界でも稀有なバイ菌( バクテリア )が大繁殖する熱帯雨林並みの生命力豊かな地でもあります。

  ※ バイ菌はあらゆる生命を育む基。
    土壌菌、腸内細菌の元。
    殺菌・滅菌など言語道断!


今ここに、6500年以前の縄文時代の感性と最先端サイエンスが結びつき、日本列島から新しい地球文明が誕生しようとしています。

新しい地球文明は、6500年続いた「 必要悪 」としての「 覇権文明 」を淘汰し、意識の進化を遂げた70億の地球人類で営まれるようになることでしょう。

その扉を開くもの、それが人類の「 全知全能 」性の回復です。

覇権文明の支配者どももチベットの仙人もその秘技秘伝の残骸を後生大事にしつつこれを厳重に秘匿してきました。



全知全能の扉を開く「 鍵 」は4本あります。

 1)現状認識
 2)知識
 3)意識と自律思考( 哲学能力 )
 4)エネルギー・コントロール

21日から始める「 全知全能の扉を開く 」セミナー4回シリーズは2)~4)を中心にお話ししたり、エクササイズを行います。

2)知識は大きく以下のように分類されます。

 ・ サイエンス( 物理/生命 )
 ・ 歴史

脳の働き方もレクチャーしますが、アイディアやひらめきはインプットされたデータからしか誕生しません。
これが、

  あなたの概念・思考・思念・感情のパーツはどこから来てますか?

と、ブログでも何度もみなさんに問うてきた内容そのものです。

  間違ったインプットデータからは、
  歪んだアウトプットしか得ることが出来ません。




学校で学ぶ授業は面白くありません。
それは偽物の知識を「 暗記 」させることに重点を置いてるため、
誰もが潜在的にそれを感じ取り本能的に拒否反応を示すからです。


一般に女性はサイエンスと歴史が嫌いと云われますが、
本物のサイエンスと歴史を知ればのめり込むこと請け合いです。

この世の理解の根底にあるのは、世界をどう見るか?
と云う「 哲学 」にあり、その先の具体的な対象が
物理サイエンスと生命サイエンスにあります。

量子物理学も相対性理論も嘘八百である!
その理由を判りやすく説明します。

アカデミズムは、一般人が本当の宇宙の営みや仕組み、そこから派生・発生する技術を理解してしまうと、一握りのこの世を支配する「 連中 」の独占的特権性が失われてしまうため、わざと難しく見せかけた科学体系を一般に信じこませてきました。

宇宙の摂理を知ることでまやかしの洗脳状態から抜け出し、本当の世界を見ることが出来るようになります。


実はこの宇宙や物質・意識はすべて陰陽の渦からできています。

この一言ですべてが、、、、例えば核物理やSTAP細胞も含めて瞬時に理解できる方は
すでに天才の領域に達していますので、出席する必要はありません。

セミナーでは、渦が核物理や、誰にも実はわかっていない電気の正体、ES細胞やSTAP細胞、ソマチッドにどのように働いているのか?
そのメカニズムを解説します。

この渦のメカニズムの基礎(知識)を獲得すれば、初めて遭遇するサイエンス問題にも意識を集中するだけでそのメカニズムが自然と見えてくるようになり、ノーベル賞受賞者がどの部分で嘘をついてるかもたちどころに解るようになります。

4回のシリーズは以下のコンテンツでお送りします。



 第1回目 6月21日(土)@東京

 ノートの取り方
 宇宙の摂理
  ・ 理論と摂理の違い
  ・ 宇宙の誕生 物質の誕生 / 次元とは何か / 量子物理学と相対性理論
  ・ ニュートンとアインシュタインの正体
  ・ 重力と質量とヒッグス粒子
  ・ ブラックホールの正体と並行宇宙
  ・ 太陽はなぜ燃えているか? / 地球の膨張と地震と大絶滅
  ・ 相似象と地球温暖化とオゾンホール
  ・ 核分裂と核融合 ~ 常温核融合とは?
  ・ 放射線の正体と癌化のメカニズム / 間違いだらけの水分子のイオン化
  ・ レントゲン・CT・PET・MRIの原理と被曝〜癌化
  ・ フリーエネルギーの原理 / 反重力と反物質
  ・ 生命の誕生と進化 / 意識・記憶・感情の構造
  ・ 生命サイエンスの根底を覆す千島学説とSTAP細胞
  ・ 渦と陰陽
  ・ 道理と法(ダルマ)
          

 第2回目 日取り未定( 8月を予定 )

 精神世界を物理学する
  ・ 精神世界の歴史( 誰がどんな目的で仕掛けたか? その成果 )
  ・ 戦ってはいけない / ジェンダー・フリー( 男女同権 )
  ・ 意思のサイエンス( 意識と物理現象の相関性 )
  ・ 占星術と人格と運命( 100%的中:超古代占星術のメカニズム )
  ・ 丹田と生命場・オーラ / チャクラ / 五行と臓器 / 腸と脳
  ・ エーテル界・アストラル界・コーザル界と5次元ボディ
  ・ 記憶の構造 / アカシックレコードへのアクセス
  ・ チャネリング 〜 神の声と宇宙人のメッセージのメカニズム
  ・ 指はなぜ動くか?
  ・ 死後の世界 / 前世と輪廻
  ・ 植物の意識と感情
  ・ 呪詛とマントラ( 言霊・音霊 )と文字のちから


 第3回目 日取り未定

 プラーナ
  ・ プラーナとは? / 氣の実相
  ・ 呼吸法と瞑想・迷走と悟り
  ・ 健全な肉体に健全な精神が宿る ~ 精神と身体のデトックス法
  ・ ソマチッドとプラーナと電子生成
  ・ マカバ瞑想
  ☆ プラーナ呼吸のエクササイズ
  ・ 日本とチベットの仙人
  ・ 脳の構造とホルモンコントロール手法
  ・ ブラヴァツキー神智学 ~ 人智学とフリーメーソン神論


 第4回目 日取り未定

 あなたの脳は誰のもの?
  ・ あなたの思考・思念・感情のパーツはどこから来てますか?
  ・ 洗脳と大衆調教の実態( 日本とアメリカ )/ インセプションの実態
  ・ ハリウッド映画 / テレビ番組 / インターネットコンテンツ
  ・ 依存と恐怖
  ・ 感情の因数分解
  ・ 食べ物と感情 / 切れる子どもと自閉症 / TVと携帯電話
  ・ 有機無農薬野菜は栄養失調病気野菜 / 植物の根ッ渡ワーク
  ・ バイ菌は神様だ!
  ・ 宗教とは何か? 誕生の秘密と発展史
  ・ ブッダとイエスと龍樹と空海
  ・ 道理と法(ダルマ)・・・ 再び
  ・ ムー・レムリア・アトランティス
  ・ UFOと宇宙人 / レプタリアン / 地底人
  ・ 覇権文明の因数分解
  ・ 嘘八百の聖書と記紀( ユダヤ人と日本人の秘密 )
  ・ 縄文時代の光通信と高度石造建築技術
  ・ 記憶のアンドロイド移植( 地球の寒冷化と人間不要のロボット世界の出現 )
 自分の頭で考える
 太陽系の寿命と人間の進化
 プラーナ呼吸のエクササイズ


以上の内容をすべてマスターすれば、全知全能の扉が開かれます。
セミナーで記憶のメカニズムをマスターすると、記憶の努力不要で以上の内容をいつでも呼び出せるようになります。
但し、キーワードになる用語はしっかりノートしてください。

コンテンツのタイトルが平凡に感じられてもきっと目からウロコの内容です。
( 一度聞いた人は別として )
また、特に初回のコンテンツは難しそうに感じるかもしれませんが、実際には至って単純簡単です。
特に女性の方、第1回目の「 宇宙の摂理 」の理解と、第3回目「 プラーナ呼吸 」の実践は最も大切です。 構造( 摂理 )の理解なしではプラーナは上手くコントロールできません。

4回シリーズをマスターし、ご自身の

  思考・思念・感情のパーツ

をよく吟味し、自分で調べて自分の頭で考えた時、4回の内容の意味がよりよく見えてくるようになります。

一人でも多くの方が目覚めるように、ご参加をお待ちしています。



全知全能の扉を開く
第1回
宇宙の摂理
開催概要

6月26日追記
神戸・大阪は内容変更
第0回 洗脳ワールド
詳しくは「 ロックフェラー謀殺の力学 」を参照



東 京
   会 場 : 東京都心部某所
   日 時 : 6月21日(土)13:00〜17:00

神 戸 
   会 場 : 神戸中心部
   日 時 : 7月12日(土)13:00〜17:00

大 阪
   会 場 : 大阪中心部
   日 時 : 7月13日(日)13:00〜17:00



 参加費 : 3,000円
       学生 500円
      高校生以下 無料

 
 お申込・お問い合わせ

    お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。





関連エッセイ


覇権文明の終焉
覇権文明の因数分解 〜 4つの解

nueq とは
ニュークの意味とコンセプト

STAP細胞がSTUCK細胞に
なぜCDBがお取り潰しになったかのヒント
ノーベル賞の登竜門:ネイチャーの経営者
核心のロックフェラー大学出身研究者

ソマチッドとアカシックレコードとプラーナ呼吸
ソマチッド研究の最前線
色即是空 空即是色 の真髄を探査する
空即是色を司る太古の叡智:プラーナ呼吸の再発見
記憶の構造:アカシックレコードへのアクセス方法

あなたの脳は誰のもの?(1)

インセプション( 植込み )
モスクワ・シグナルとマインドコントロール

世界権力構造とスノーデン亡命のウラ舞台
世界の権力構造と英米戦争
イエズス会 バチカン完全制圧

獣の数字666とナーガ族
6月6日6時前後に起きたこと
皇居と出雲大社の結婚
獣の数字666と九頭竜:ナーガ族

クリスマスって何の日?
バビロン暦とグレゴリオ暦と和暦
冬至と新嘗祭
七曜日の配列の不思議とマルドゥク

古代史の真相を解明した意外な手法
明治8年から18年間かけて改竄・捏造された「 日本史 」
脳を破壊し、骨粗鬆症を推進する食品添加物のアミノ酸( = 味の素 )
古史古伝の虚実

大麻収穫の季節となりました
大麻の意識レベルと、進化する人類の意識レベル
人類退化の仕掛:ハックスリー「 知覚の扉 」とヒッピー・ムーブメント
ブランド大麻と、コンビニ添加物大麻
大麻を吸わなければならない人たち

ニッポン人とにほん人
「 にほん 」は稀代の売国奴:小泉純一郎以来、放送禁止用語になった

Japanって、どこの国よ?
我々は邪犯人である
ラテン語が読めない田舎モン = エゲレス人







       .

[PR]
by nueq | 2014-06-19 13:21 | Science

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28