「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 
 
 
激動の年は相場が動く

「 こちらは中国海軍、退去せよ 」
南シナ海上空で米偵察機に警告

講演会のご案内

S先生+nueqコラボセミナー
東 京:5月24日(日)
大阪:5月31日(日)

封印史研究会:第9弾
北 一策
カタカムナ文明の真相と満州の闇
東 京:5月23日(土)
大 阪:5月30日(土)





横須賀を出港したアメリカ空母:ジョージ・ワシントンと日本のヘリ空母:大隅は22日夜、尖閣諸島を通過し、本日中に南沙諸島海域に到着するものと見られています。

すでに前哨戦が展開されているようで、



b0221143_12425359.jpg

「こちらは中国海軍、退去せよ」 南シナ海上空で米偵察機に警告
http://www.iza.ne.jp/topics/world/world-6962-m.html



b0221143_13131095.jpg


CNNが米偵察機に搭乗取材
http://www.cnn.co.jp/video/14431.html






米偵察機が撮影、中国が南沙諸島で建設中の人工島
US plane observes from Chinese 'islands'



などが報道されています。


85年前、盧溝橋事件や上海事変が、あれよあれよと、大東亜戦争へと発展していきました。 当時の人達もまさか、大戦争が始まって、日本のほとんどすべての都市し焼夷弾が投下さる中を防空頭巾をかぶって逃げ惑い、挙句は広島・長崎に「 ピカドン 」が落とされるとは夢想だにしてなかったことでしょう。 現在、フィリピンで被曝2世の方のナブ被曝完全除去治療を行っていますが、被爆後の経過時間の短い311被曝と違って、なかなか難航しているようです。



さて、世界中で火が吹きそうな年は相場が大きく動きます。

24日( 東京 )、31日( 大阪 )のS先生+nueqのコラボセミナー後半では、劇的な展開を見せる相場のポイントをお伝えします。


投資に関して、最低額はどのくらいだろうか?
と云う質問を多く頂いてますが、3つのコースを用意してあり、

 1)15~20万
 2)8万前後
 3)5万前後

で、1単位の売買が可能です。

ポイントは、

 ・ 銘柄
 ・ タイミング
 ・ 資産管理方

にあり、セミナーではこの3点を重点的にお伝えします。
当方はあくまで情報提供だけであり、売買はご自身の判断と責任でご自身でして頂きます。


投資に関して多くの方が、証券会社やFXの鴨にされてきました。
世界の( マスゴミ報道ではない本当の )大きな流れを理解していれば、安心して投資をすることが可能になります。
カモにされ続けてきたみなさん、ぜひこの機会にコツを掴んで下さい。(^o^)b


S先生、あるものを摂取することで体調が劇的に回復し、大阪初登場となりました。


どうぞ、お楽しみに!





S先生の似顔絵 by K・H
S先生のプロフィール




セミナー内容


  ・ 南沙事変勃発!
  ・ 首相官邸ドローンの明かされてない驚愕の実態
  ・ アメリカの軍門に下った安倍訪米と今後の展開
  ・ ライシャワー+ケネディ:ボストンコネクションと大東亜戦争
  ・ 不沈選管「 ムサシ 」大英帝国を救う / 英のEU脱退
  ・ ネコババ爺キッシンジャーの火遊びvsマケイン怒ヤクザの火遊び
  ・ 習近平の不都合な汚職摘発
  ・ 今年は大儲け・千載一遇の年♪





講演会のご案内


◆ 東 京
   5月24日(日)13:00〜17:00
   @ 都心部某所

◇ 大 阪
   5月31日(日)13:00〜17:00
   @ 中心部某所


◯ 参加費:3500円
      学生 500円
      高校未満 無料

◯ お申込・お問い合わせ

    会場、お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

※ 封印史研究会「 カタカムナの真相と河豚計画 」の開催概要は
  カタカムナ文明の謎を解明する の末尾をご覧ください。


   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。







[PR]
by nueq | 2015-05-23 13:28 | 経済・金融 | Trackback | Comments(10)
 
   
横須賀の空母ジョージ・ワシントン
日本海軍旗艦:大隅
南沙諸島へ攻撃出動!?

米ケリーvs習近平 決裂


講演会のご案内

S先生+nueqコラボセミナー
東 京:5月24日(日)
大阪:5月31日(日)

封印史研究会:第9弾
北 一策
カタカムナ文明の真相と満州の闇
東 京:5月23日(土)
大 阪:5月30日(土)






本日午前、横須賀を母港とするアメリカ空母:ジョージ・ワシントン( 10.4万t )が日本海軍の( 事実上の )旗艦:ヘリ空母:大隅( 1.3万t )を伴って出港。 ロイターでは「 約7年に及んだ任務を終え、同基地から出港した。大規模整備のため米国本土に戻る。」としているが、実際には中国が空港を建設中の南沙諸島へ向かったとの情報。

  ロイター
  ジョージ・ワシントン横須賀出港
  2015年 05月 18日 10:54 JST


b0221143_15132509.jpeg

米空母:ジョージ・ワシントン
画像出典:ロイター



b0221143_15135465.png

日本海軍:大隅
画像出典:Ddogのプログレッシブな日々
海自「おおすみ」型輸送艦を大幅改修
オスプレイとAAV7を搭載 離島防衛に本腰



中国が南沙諸島:ファイアリー・クロス礁を埋め立て・建設中の空港問題を巡り、16〜17日、北京で米ケリー国務長官が、王毅外相、范長竜・中央軍事委員会副主席、習近平らと会談したが決裂。 これを受けての実力行使としての両艦の出動となりました。


b0221143_15150093.jpg

米ケリー国務長官vs習近平 会談 4月17日
画像出典:産経 iZa!
止まらぬ中国に米、艦船投入検討も不透明
オバマ大統領、一触即発の危険はらみ



b0221143_15154570.jpg

辺野古どころじゃない暴虐!

中国が埋め立てを進める南シナ海の南沙諸島ファイアリクロス礁
左は2014年8月、右は15年3月撮影
( CSIS:米戦略国際問題研究所 / デジタルグローブ提供・ロイター )


b0221143_15155787.png


上)南沙諸島:ファイアリー・クロス礁の埋め立て推移
下)南沙海域の地図
The Economist
China tries to strengthen its hand in a dangerous dispute
May 2nd 2015



b0221143_15163981.jpg

草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
中国、南沙諸島に2本目?滑走路建設か…比報道
( 読売新聞 )



米日ASEAN連合軍は、及び対する支那軍はどんな作戦を展開するのか?
軍事専門家S先生がその詳細な戦略・戦術・シミュレーションを解説します。
米日連合艦隊のシアター海域到着は3〜5日後の予定です。




b0221143_16585668.jpg


S先生の似顔絵 by K・H
S先生のプロフィール




セミナー内容


  ・ 南沙事変勃発!
  ・ 首相官邸ドローンの明かされてない驚愕の実態
  ・ アメリカの軍門に下った安倍訪米と今後の展開
  ・ ライシャワー+ケネディ:ボストンコネクションと大東亜戦争
  ・ 不沈選管「 ムサシ 」大英帝国を救う / 英のEU脱退
  ・ ネコババ爺キッシンジャーの火遊びvsマケイン怒ヤクザの火遊び
  ・ 習近平の不都合な汚職摘発
  ・ 今年は大儲け・千載一遇の年♪





講演会のご案内


◆ 東 京
   5月24日(日)13:00〜17:00
   @ 都心部某所

◇ 大 阪
   5月31日(日)13:00〜17:00
   @ 中心部某所


◯ 参加費:3500円
      学生 500円
      高校未満 無料

◯ お申込・お問い合わせ

    会場、お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

※ 封印史研究会「 カタカムナの真相と河豚計画 」の開催概要は
  カタカムナ文明の謎を解明する の末尾をご覧ください。


   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。







[PR]
by nueq | 2015-05-18 15:20 | 1984 NWO | Trackback | Comments(4)
   
  
首相官邸ドローンの明かされてない驚愕の実態
セシウムどころではない!
自衛隊調査を妨害した警察とは一体、、、?
山本泰雄ってホントに犯人?


講演会のご案内

S先生+nueqコラボセミナー
東 京:5月24日(日)
大 阪:5月31日(日)


封印史研究会:第9弾
北 一策
カタカムナ文明の真相と満州の闇
東 京:5月23日(土)
大 阪:5月30日(土)






4月22日に発生した首相官邸ドローン事件、今時の日本人には珍しく目付きの鋭い不敵な面構えをした山本泰雄(40)なる人物が、なぜか福井県警に自首して一件落着となっていますが、実はこの事件、大本営発表とは異なるトンデモない事件でした。


b0221143_02031333.jpg




ドローンは、山本泰雄によると4月9日午前3時にドローンを官邸屋上に着陸させたのことで、たまたま屋上に上がった警備員によって22日に発見されました。

犯行動機は、明治簒奪ニッポン政府の気違い沙汰の原発政策に反対だが、デモ行進では平気で人を殺せる関西電力の再稼働は防げないと、ヤンチャな示威行動を計画。
自らのブログ「 ゲリラブログ参 」では、「 官邸サンタ 」のハンドルネームを名乗り、4月8〜9日当日の「 グリフォン 」と命名したドローンの官邸着陸の様子をレポート。


b0221143_02041392.jpg

山本泰雄のブログ「 ゲリラブログ参 」
第2の矢( 2015/04/12 (Sun) 03:44 )



グリフォンは南シベリア:源スキタイ原産の鷲とライオンの合成獣で、西に進出してペルシャ・ギリシャ様式をまとったスキタイ民族の象徴的モチーフとなるが、山本のグリフォンは1988年の漫画〜アニメの「 機動警察パトレイバー 」に登場する警視庁の強敵:レイバー( 歩行型作業機械 )「 グリフォン 」からの命名だろうか?



b0221143_02045363.jpg

グリフォン
左)BC400年前後の黒海北岸:スキタイ古墳の女性遺骸の黄金の胸飾り
左中)左の胸飾り黄色部分の拡大:馬を襲うグリフォン
右中)機動警察パトレイバーのグリフォン( 模型 )
右)ポーランドのグリフ家の紋章
※ エゲレス語方言では「 グリフィン 」と訛る。
画像出典:左&左中:林俊雄「 スキタイと匈奴 遊牧の文明



白いドローンを黒く塗って改造を施す。

b0221143_02060451.jpg
b0221143_02061333.jpg
b0221143_02061923.jpg
b0221143_02062212.jpg

以上、山本泰雄:ゲリラブログ参
最終仕様( 2015/04/07 (Tue) 19:20 )より
※ 放射能マークの茶色いボトルは20km圏に侵入・採取した被曝土



山本泰雄は地元:オバマ(小浜)の高校の電子機械科を卒業後、航空自衛隊に入隊。 その後、派遣社員や警備会社一部上場のガラス製品メーカーで働くが2014年7月転勤命令を機に退社。 以降、若狭原発原発銀座への危機感からヤンチャな抗議行動へと駒を進めていく様子がブログに綴られている。

ブログには

  目標を官邸前庭に変更
  前庭のライトめがけて下降・・・画像電波ロスト・・・
  操縦用の電波は微妙に拾っててスティックを下降させ続ける
  そのまま完全ロスト・・・
  しばらく待つも戻らず・・・現場離脱

  第2の矢 より

と書いていて本人は官邸前庭に着陸したと思ってたわけだが、実際には首相執務室の真上のヘリポートへの着陸。 偶然にしては出来過ぎ!?

本来の首相執務室は朝日を望める東側にあったが安倍晋三は、何か生じた場合にはすぐに離脱できるようヘリポートの真下の日の沈む西側に執務室を定めた。 グリフォンはその真上に着陸したのである。

もっと奇妙なのは、自衛隊が現場検証・ドローンのシミュレーションをしようとしたところ、警視庁がそれを妨害・差し止めたことだ。 そもそもなぜ自衛隊が現場検証をしようとしたのか? 自衛隊が出動してくることの意味がそこにある。

そして警視庁はなぜ、それを妨害・阻止したのか?

そして、山本泰雄はその直後に自首している。。。。。。


実は「 グリフィン 」には、フクシマ汚染土壌どころではないトンデモない秘密兵器が搭載されていたのである。

この事件は1985年の御巣鷹山JAL123便撃墜の「 御巣鷹山事変 」を上回るかもしれない政府中枢を震撼させた衝撃的な事件だったのです。

   御巣鷹山事変
   http://nueq.exblog.jp/24315071/
   JAL123便撃墜は、第2の敗戦へと連なる宣戦布告:パールハーバーだった。

そして安倍晋三はこの直後、アメリカに訪問。
前回公式訪問時の際の待遇とは天と地、真逆の大接待を受けたのでした。
ちなみに前回訪問の際に出されたのは、たった一杯の水だけ。
一国の首長がこのような待遇を受けたのは現代社会にあっては前代未聞の出来事!
ところが今回は、日本の首相初の議会演説+獺祭とアメリカ産「 WAGYU 」の晩餐会。


と云う風に書くと「 な〜〜〜んだ、またNSAか。。。」と思われるかもしれないが、今回の黒幕はアメリカではない。 では一体誰なのか?
そして首相官邸を軸に何が起きているのか?
はたまた警察の中で一体何が起きているのか?


S先生とともにその真相に迫ります。



b0221143_12275919.jpg
S先生の似顔絵 by K・H
S先生のプロフィール




セミナー内容


  ・ 首相官邸ドローンの明かされてない驚愕の実態
  ・ アメリカの軍門に下った安倍訪米と今後の展開
  ・ ライシャワー+ケネディ:ボストンコネクションと大東亜戦争
  ・ 不沈選管「 ムサシ 」大英帝国を救う / 英のEU脱退
  ・ ネコババ爺キッシンジャーの火遊びvsマケイン怒ヤクザの火遊び
  ・ 習近平の不都合な汚職摘発
  ・ 今年は大儲け・千載一遇の年♪




講演会のご案内


◆ 東 京
   5月24日(日)13:00〜17:00
   @ 都心部某所

◇ 大 阪
   5月31日(日)13:00〜17:00
   @ 中心部某所


◯ 参加費:3500円
      学生 500円
      高校未満 無料

◯ お申込・お問い合わせ

    会場、お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

※ 封印史研究会「 カタカムナの真相と河豚計画 」の開催概要は
  カタカムナ文明の謎を解明する の末尾をご覧ください。


   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。




[PR]
by nueq | 2015-05-17 02:18 | Trackback | Comments(1)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31