<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

   
        
      
       
           米朝同盟+日韓比越による対中包囲網のテスト


某自衛隊筋より北朝鮮の人工衛星(弾道ミサイル)打ち上げに関する興味深い情報が寄せられましたので周辺情報と併せて公表します。

1)北朝鮮は人工衛星「 光明星3号 」の打ち上げを4月12〜16日午前と発表。

2)8日には東倉里基地に外国記者団を招き、人工衛星の実物を披露。
b0221143_1261864.jpg

                 お寒い管制室とごった返す外国人記者

b0221143_1264786.jpg

               人工衛星「 光明星3号 」を説明する技術者

                   以上画像出典 : NAVER
                             msnSankeiPhoto


人工衛星は超精密機械であり、人間から発せられる電磁波等によっても障害が発生するため、日本などでは人を近づけないようにしているが、ここでは大勢の記者たちが至近距離で、しかも説明する技術者が人工衛星の直ぐ側で拡声器を使っていると云う摩訶不思議な光景である。そしてこの見学会で使われた人工衛星がロケットに搭載されたとのこと。

3)発射予定初日の12日は晴れ。 打ち上げ無し。
  平壌・羊角島ホテルに報道センター設置。巨大スクリーンに東倉里基地映像。
  12日、外国記者団に対し「 明日は予定なし。平壌見学にご招待いたします。」
  「 午前8時までにロビーにお集まり下さい。」

4)13日 午前07:39頃、打ち上げ。 天候は晴れだが濃霧で視界500m。
  記者たちは本国からの連絡で打ち上げを知る。


これまでのテポドンの打ち上げは、
  1998年8月 12:07発射。
  2009年4月 11:30発射。
なので何も濃霧の中を早朝に打ち上げる必然性はない。
この地域は朝方時折濃霧が立ち込めることはジモティーには周知の事実。
12〜16日と5日間の期間を設ければ、霧が発生する可能性は極めて高い。
14日以降は晴れの予報だった。
つまり、記者たちにフェイントをかませて、なおかつ濃霧を選んでの打ち上げだった。
しかも、人工衛星の異常接近での見学会にロシア技術団からは「 本当に飛ばす気があるのか? 」との声も上がっていた。


打ち上げ発表に至る経緯とその後の展開を別の視点からもう一度見てみよう。
(もう一度と云うのは4月21日のエッセイ「 人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」でその経緯に触れているから。)

A)2000年10月、「 あらゆる種類の長距離ミサイル発射を停止 」と米朝合意。

B)昨年秋( 金正日生存時点 )
  米朝協議の中で北朝鮮は「 宇宙開発・衛星打ち上げ 」を米側に通達。
  
C)今年2月23日の米朝会談で「 長距離ミサイルの一時停止に合意 」。
  A)にあった「 あらゆる種類の 」の文言が脱落した。
  つまりB)を踏まえての処置か。
 
  24万トンの食糧援助(栄養補助食品=ビスケット)の供与も発表。

D)4月4日、WFP( 国連世界食糧計画 )は3月までだった北朝鮮食糧支援を
  3カ月延長(6月まで)、7月以降は「 新たな食糧支援事業を展開 」と発表。
  WFPは、ほとんどアメリカのコントロール下にある機関と見て良い。

E)4月13日の打ち上げ後、米国は24万トンのビスケット供与中止を発表。
  しかしすでに80%は渡っているとの情報も。

※)2月の米朝協議成果を米共和党(ロムニー)が非難。
  北ミサイル発射&成功ならオバマは窮地に陥る。
  共和党によるFRB叩き、バーナンキ潰しも激化。
  板垣英憲氏により権力失墜が伝えられていたD・ロックフェラーは
  どうやら復権したのか無傷だったのかオバマ支持に動く。
  金融エスタブリッシュメントの大量辞任・逮捕、イルミナティ一斉逮捕を伝える
  ベンジャミン情報もこの動きと連動しているように思われる。


「 人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」で

  ・ 北朝鮮の「 人工衛星打ち上げ 」の最大利益受益者は、日本と韓国。
  ・ 但し真の最大利益享受者は時間的にまだ姿を見せていない。それはアメリカ。

と書いたが、
F)米軍は、沖縄嘉手納に最新鋭のPAC3を24基。
G)そして台湾に売りつけた台湾新竹山、楽山基地のTMDレーダーで
  中国東北部発射のミサイルが探知出来るかどうかの
  今回は絶好のチャンスとなった。
  今回打ち上げに初めて使われた北朝鮮の東倉里基地は
  中国東北部に近いところに位置している。
b0221143_12850100.jpg

                 台湾新竹山:楽山基地のTMDレーダー
                      画像出典 : 铁血社区


H)日本の自衛隊は、イージス艦最精鋭の ちょうかい、きりしま を沖縄周辺に配備。
  AN/SPY-1Dレーダー(探知距離1000km)のテストを行った。

I )韓国(自称)イージス艦「 世宗大王号 」が発射54秒後に世界で最も早く確認した。
  と発表している。

が、米国は韓国の発表直後に「 発射同時に察知。1~2秒で確認。」と発表。
しかし、一番速かったのはどうやら自衛隊のようです。 米軍が自衛隊に渡すデータは当然少しいじってるのでそれで照合に少々時間がかかった。というのが真相のようです。

沖縄に配備されているアメリカの誇る世界最強の戦闘機F22のステルス技術とレーダー技術は実は日本の「 新・ゼロ戦 = 神心 」用の技術をアメリカがかっぱらって行ったもの。 ( デザインも 「 神心 」 がオリジナルらしい。)

J)「 神心 」は長年に亘るアメリカの圧力で開発が出来ないでいたが、
  3月23日、ようやく開発開始のニュースが伝えられた。
  朝日新聞デジタル「 次世代の国産戦闘機へ試験機組み立て開始 三菱重工

b0221143_12112636.jpg

            F22                         神心の模型
      画像出典 : Metal Bee              画像出典 : 朝日新聞デジタル


飛行機も自動車も伝統的に貧弱なエンジンしか持ってない日本はロールスロイスのエンジンを「 神心 」に搭載することを決め、完成すればF22を凌駕する世界最強の戦闘機が誕生する。 まさに「 ゼロ戦 」の復活である。 4月10日には来日した英キャメロン首相と野田首相の間で防衛装備品の共同開発・生産が合意発表されているが、ロールスロイス・ジェットエンジンがおそらくはその目玉であったと推測される。( 朝日新聞デジタル 「 日英、防衛装備品を共同開発へ 輸出三原則の緩和後初 」)

日本は自主開発出来ないよう長年アメリカから圧力をかけられ実質上「 神心 」の開発を断念し、次期主力戦闘機にそのカッパライのF22の購入を希望したが、アメリカはこれを拒否。 仕方ないので廉価版のF35の購入予算を立てたものの、アメリカ側では10年近く遅れて先日ようやく完成・就航したB787同様、F35の完成・量産もどんどん先延ばしとなり、その間に製造費は高騰。 高価なF22との価格差がほとんどなくなってきたので費用対効果でF35は実質的に選定から脱落したという経緯がある。
アメリカは自動車だけではなく戦闘機もすでに生産できないほどに技術が低落してしまっている。
B787がなんとか就航にこぎつけたのは、そのほとんどを実は日本のメーカーが作ったから。
組立工場も、みんなの党の渡辺が、那須の広大な土地を用意したが、さすがに最終組み立てはアメリカ国内となったようで、獲らぬ狸の皮となったようである。
B787のお披露目がアメリカではなく、異例の日本であったことも、第1号機を全日空に納入したのも、日本が大いに貢献したから。
戦闘機であるF35の製造には、さすがに日本を組み込めないだろうから結局いつ就航できるか実際のところは皆目検討がつかない。


K)台湾の南、フィリピンでは4月16〜27日の期間、
  米比合同軍事演習「 バリカタン 2012 」が繰り広げられた。
  日本も初参加 ( iZa
  25日には、南沙諸島に近い島で米比が軍事演習 (日テレNEWS24

  
L)南シナ海を臨むベトナム中部で 米越海軍が合同訓練。( iZa
  ベトナムと米国の両海軍は23日、南シナ海に面したベトナム中部ダナンで
  交流活動を開始した。5日間の日程で捜索・救援など非戦闘分野の合同訓練。

M)フィリピンが南沙諸島に6月小学校建設を発表。(東京新聞
  当然、中国は怒るよね。
  しかし、30~40名の児童のために離島に小学校を作るのは当たり前。
  ないのがおかしい。 と云うのが日本の常識。

N)韓国海軍、北ミサイル破片の捜索活動を行ったが、
  ほとんど見つからず捜索終了。(読売新聞
  
爆発は一段目と二段目の間で起きたと伝えられていて、そうであるなら3段目は無傷で落下するので容易に回収が可能。 しかしそれが発見できないということは、3段目も粉々に爆発した可能性が高く最初からプログラムされていたと思われる。
そして、爆発したのと同じロケット(ミサイル)が打ち上げ基地で確認されていることから、打ち上げられたのはどうやらダミーだったようだ。

O)発射失敗2日後の15日の金日成生誕100周年記念軍事パレード。
  新型テポドン登場。
b0221143_12171631.jpg

                    画像出典 : らく書き帳

ところが、専門家によると問題はその打ち上げ車両で、中国航天科技集団製特殊車両。
これは、北朝鮮への武器・関連機器供与禁止の国連決議への違反行為となり、中国は苦しい立場に。 北朝鮮が世界に向けて堂々と見せびらかせた新型テポドンと中国車両。
  

P)北朝鮮ミサイル開発の3羽ガラス:朴道春、朱圭昌、白世鳳は処刑されたと
  一時報道されたが、国防委員は3名を称賛。
  zakzak 「 北朝鮮ミサイル“失敗3人組”銃殺刑も!冷徹な金正恩“血の粛清” 」
  中央日報
  「 “北ミサイル3人組”、空中爆発問責は免除…金正恩、「仁徳」政治アピールか 」




さて、1)〜P )まで、嫌というほどご覧いただきましたが如何でしたでしょうか?
見事なまでの中国に対するあてつけ包囲網です。
b0221143_14281865.jpg

これが2月の米朝合意に至る昨年来の中国は満州で数度に亘り開かれた米朝秘密事前協議の成果と云えるでしょう。 しかも、薄煕来事件で中国共産党幹部の汚職データは王立軍によって全てアメリカにもたらされてしまったようで、中国の要人は手も足も出ない状態になっているようです。 中国共産党は中国歴代王朝の中で最も腐敗した自浄能力のない王朝であると一部では云われています。 毒殺されたMI6の上級エージェント:ヘイウッドは、或いはアメリカ(NSA・CIA)が毒殺の手回し~薄煕来事件化を図ったものかもしれません。
ここまでやられると、石原のワシントンでの尖閣諸島買取宣言に文句らしい文句も言えないのも当たり前。
人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」で行った推理はどうやらドンピシャだったようです。 
                        \(^o^)/

これはアメリカの「 オフショア・バランシング戦略 」に沿った動きと云えるでしょう。
「 オフショア 」とは「 沖合・海外 」と云う意味で最近はもっぱら金融用語として使われていますが、ここでは「 海外友好勢力を利用したバランス戦略 」と云う意味になります。

  ※ 参考 : 世相を斬る あいば達也
         「 オバマの外交軍事戦略チェンジ、
              ナイ教授からウォルト教授の“オフショア・バランシング” 」


今回の北朝鮮「 人工衛星 」打ち上げは、これまで秘匿してきた米朝同盟がいよいよベールを脱ぎ始めた象徴的な事件として位置づけられることでしょう。




                          関連エッセイ

                  人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図
                 ~ 北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略 ~


                         米朝ウラ同盟
                ~ 北鮮の核ミサイルは北京を向いている ~


                 中国クーデター未遂はアメリカの仕掛け?




        .
[PR]
by nueq | 2012-04-28 12:31 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
        
    

             包丁一本で作る本格派バーニャカウダのレシピ


ネットのレシピを見るとどれもこれもお子ちゃま向けのレシピばっかりで酒飲みにはどうにも頂けない。 と、云うことで酒飲み向けのレシピです。

バーニャカウダは、イタリアでは春の到来を告げる山菜料理(?)。
春の訪れと云うには少々薹が立ってしまいましたが。。。(^o^)ゞ
今年は、まもなくゴールデンウィークと云うのに今だに肌寒い日が続いています。
前回の太陽のサイクル23のピークだった、1999年5月1日は、東名高速をオープンカーでTシャツ一枚でも「 暑い、暑い 」と、結局上半身裸になってブッ飛ばした記憶があるほど、99年は暑かった。 来年5月がサイクル24のピークと云われているのに、この寒さは一体何だ!

さて、ネットのレシピではほとんどが、ミキサーでニンニクとアンチョビをピューレにするように書いてるが、ミキサーを棚から出してきて洗って乾かしてまた棚にしまうなどという面倒な事しなくても、包丁一本でバーニャカウダは出来てしまうのだ。


■ 材料( 2〜4人前 )

   ・ にんにく ーーーー 中〜大振りのニンニク1個半くらい
   ・ アンチョビ ーーー ペーストにした時、ニンニクの半分くらい
                多分標準的な瓶で一瓶(10〜12枚?)
   ・ ミルク
   ・ オリーブオイル
   ・ ブラックペッパー


■ 作り方

1)にんにくの皮を剥き、付け根を切り飛ばす。
2)手のひらの付け根に体重をかけて一欠けづつ潰す。
  一かけが3〜4片くらいに割れるように。
  ニンニクを横方向に立てて潰すと潰しやすい。
   皮付きのまま、ニンニクを手のひらで潰してから
   皮を剥いた方が楽です。
   それから付け根を切り飛ばします。

3)小ぶりな手鍋に潰したにんにくを入れ、ヒタヒタにかぶるように牛乳を注ぐ。
4)弱火でコトコト煮る。
  時間は15分が標準だが、ニンニクの香りを利かせたい場合は12分前後。
5)ニンニクを煮てる間にアンチョビを準備する。
  アンチョビを1〜2mm角くらいにチャップする。
  まな板の上で捏ねるように 、包丁の腹でアンチョビを摺り潰す。
6)ニンニクが炊けたら、余分なミルクを捨てて、ニンニクを包丁の腹で擂り潰す。
7)パンにアンチョビのオイルとオリーブオイルをたっぷり入れ、
  ニンニクとアンチョビを入れて中弱火で火を入れる。
8)ブラックペッパーをミル引きし、アンチョビの粒を擂り潰すように
  ゴムベラで練りながら加熱する。
  アンチョビが粉サイズになったら部分的に香ばしく炒め上げる。
  アンチョビが少し焦げた香ばしさがソソるのである。
9)バーニャカウダポッドに移して出来上がり♪

味の決め手は一にピューレ状態でのニンニクとアンチョビの比率。
    ニンニク2:1アンチョビ
が基本で、より 呑み助モードならアンチョビを1〜2割増し、
食事モードなら1〜2割減らす。
味の決め手、その2は、気持ち焦がしてあげること。
これで香りが香ばしくなり、味覚も引き立つようになる。


■ 野菜

なんでも良いが、とりあえず定番をご紹介。

 ・ セロリ
 ・ 人参
 ・ 大根( 以上 1cm角、長さ12〜3cm )
 ・ ベビーコーン(下茹でしておく)
 ・ チコリ
 ・ トレビス
 ・ グリーンアスパラ(下茹でしておく)
 ・ ホワイトアスパラ(下茹でしておく)
 ・ オクラ(下茹でしておく)
 ・ カリフラワー(ブロッコリーはカドミウムを大量に含むのでお薦めしない)
 ・ パプリカ
 ・ キャベツ
 ・ 他

長いものはグラスなどに入れ、コロコロしたものや広がったものは大きなお皿に彩りよく並べる。
これにジンギスカン用の厚切りラム肉なんぞをステーキパンで焼けば、後はフランスパンとかシンプルなワインリゾットやチーズ(パルミジャーノやマスカルポーネ)リゾットでちょいとおしゃれでリーズナブルなディナーが愉しめます。


  

     .
[PR]
by nueq | 2012-04-23 21:56 | | Trackback | Comments(2)


               北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略


マスゴミ報道もネット内の論調も北朝鮮の人工衛星(弾道ミサイル)打ち上げ失敗一色の内容になっていて、肝心の2つの可能性に言及したものはひとつもない。
その2つの可能性とは、

A) アメリカの宇宙軍事衛星が撃ち落とした。
B) 北朝鮮が自ら自爆させた。

人工衛星は、発射後、150km(15万メートル)に達した後、1・2段目の繋ぎ目部分が爆発したとされている。 旅客機の高度が約1万m。 5〜6万mくらいから宇宙空間と言っても差しつかえないようだが、スペースシャトルの軌道高度は300〜400kmなので、150kmはその約半分。 この高度であれば、軍事宇宙衛星からのレーザービームの射程は、目と鼻の先。

A)B)の他に、実は
C) 韓国のキラー衛星が破壊した。
と云うことも考えられる。
軍事情報筋によると、北朝鮮の人工衛星は韓国の軍事衛星の上空の軌道を飛ぶように計画されていて、レーザービームが搭載されている。との情報もあるからだ。

しかし、ここでは B)を爆発の原因として推論してみる。
人工衛星打ち上げと周辺ニュースを時系列で並べてみると、

1)2月23日に北京で米朝会談が行われ、食糧援助が決定。
  人工衛星打ち上げ発表により、食糧援助は凍結されたとの報道だが、
  実際には米朝会談の後間髪を入れず8割方は引き渡されている。

2)3月16日、北朝鮮、人工衛星の打ち上げ発表。

3) 今回の打ち上げはいつもの東北上空から太平洋ではなく
   沖縄を経てフィリピン方面に向けられた。

4)3月30日、田中直紀防衛相、破壊措置命令。
  自衛隊、イージス艦とパトリオットを沖縄・石垣島周辺に配備。

b0221143_148461.jpg



5)4月7日、鳩山元首相イランを訪問。 アフマディネジャド大統領と会談。
  鳩山によるIAEAのダブルスタンダード発言をイランが報道。
  鳩山抗議によりイラン側「 発言は事実だが掲載を取り下げる 」。
  
6)4月11日、韓国総選挙で劣勢だった与党が逆転勝利。

7)4月13日、北朝鮮、3段式の人工衛星打ち上げるも2分程度で爆発。
  高度150kmで1段目と2段目が分離されないままバラバラに。

8)4月15日、平壌で金日成生誕100周年式典。

9)4月16日、石原都知事、尖閣諸島を東京都が買い取ることを
  訪米中のワシントンから発表。

10)4月20日、核実験の準備完了が確認される。



アメリカは 4)に関連して元々、沖縄に最新鋭のパトリオットとF22を配備している。
しかもキラー衛星や偵察衛星はこの時期北朝鮮に集中配備されていることだろう。

ミサイル発射の後に核実験 9)が行われるのは毎度おなじみのパターン。
今回の「 銀河3号 」の射程は1万kmとも云われているが、2006年にアメリカで作成された下記の地図によればテポドン2型で射程1万5千kmだから、今回のものは2万kmとみても良いのではないだろうか?

b0221143_149224.jpg



面白いのは 9)の石原発言に対する中国側からのクレームのトーンが意外におとなしいこと。 この発言の味噌は、それがワシントンで行われた点にある。 そして、上記時系列の4)によって、日本は軍備を尖閣諸島・竹島周辺に配備することができた。 中国政府がおとなしいのは堂々と中国包囲の軍事網が敷かれ、狂犬石原が吠えたからだろうか? 薄煕来問題の後遺症もあり、人民元の一日あたりの変動幅1%への拡大移行(4月14日発表)もあり日米と事を荒立てたくはないところなのだろう。

もう一つ面白いのが 5)と6)。
鳩山のイラン訪問は、シナリオライターがどうやらいるようだ。
そして外務省はそのラインで動いている。 鳩山〜アフマディネジャド大統領会談の場には、駒野欽一駐イラン特命全権大使が同席している。 つまり外務省は鳩山発言の全てを知っている。 知ってて、外務省が発言詳細に言及していないのは、「 んなもん、言える訳ないでしょう! 」 と、云ってるに等しい。
b0221143_1495930.jpg

            IZA : 駐イラン特命全権大使の奇妙な振る舞い【佐藤優】

IAEAのダブルスタンダードは「 常識 」であって、今更どうこう言うような問題ではない。 国連の常任理事国と云う存在自体も同じくダブルスタンダードの燦然と光り輝く鏡である。 イラン側が鳩山からのクレームで「 発言はあったがHPでの掲載は取り下げる。」としたことは当たり前の話であって、鳩山もイランも日本の外務省も事前協議の上で、ワザと掲載してわワザとクレーム付けて取り下げる。と云う茶番を世界に向けて演じてるに過ぎない。

ペルシャと日本は古代の昔より親密な関係にあるのだ。
( 飛鳥にはゾロアスター教の影響が色濃く残されている。)

鳩山のイラン訪問の直前に、アメリカ側からイラン原油購入のお許しが出ている。
つまり、鳩山訪問は、アメリカ〜イラン秘密交渉の事前協議特使として派遣された。
と、診るのが妥当ではないだろうか?
満州を巡り対中国包囲網に全力を投入したいアメリカ(の背後にいる勢力)としては、イラン問題で兵力や経済力を割いている余裕はない。 今回の北朝鮮の「 人工衛星 」打ち上げは、1)の2月23日の米朝会談に至る事前の秘密交渉の過程で共同作戦として企画された可能性が高い。 情報筋によると米朝の秘密事前協議の第1回目は盗聴丸見えの北京で開催されたが、第2回目以降は盗聴の難しい満州の各地で行われたとのことだ。

高度150kmに達すれば、一応実験は成功したとして自爆させても差し支えはない。

それどころか、韓国沖合の上空での爆発だから、日本も迎撃しないですんだ。
もしも日本が迎撃しなければならない事態となれば、北朝鮮としては平和な宇宙利用のためのロケットへの攻撃だからこれは日本の北朝鮮に対するあからさまな「 戦争行為 」となり、主権国家としては当然のことながら報復攻撃の権利を行使できることになる。
また、第3弾の分離にまで成功してフィリピン海域で実験が完了すれば、アメリカ国民が黙ってない。 当然のことながら北朝鮮に対する世論が強まる。 しかし、打ち上げ直後に爆発=失敗となれば、アメリカ世論も「 北朝鮮製って所詮そんなもんさ。」で片付く。

そして、北朝鮮の脅威の前に、負けが確定していた韓国の与党が逆転勝利してしまった。
北朝鮮との宥和政策路線だった野党が退けられて、強硬派の与党が勝ったのだ。

つまり、北朝鮮は日本(4・5・9)と韓国(6)に「 恩を売った 」のである。

日本は、北朝鮮と世界支配中枢との金融コネクションの場であるスイスで、この「 御恩 」に報いることになるのだろう。 金正恩のスイス留学とは、このコネクションとの構築にポイントがあり、その資金が北朝鮮での3代目就任のバックボーンとなっているようだ。

つまり、北朝鮮の「 人工衛星打ち上げ 」は、日本と韓国に利益をもたらした。
事件(推理小説)の真犯人を解く鍵は、最大利益享受者だ。
今回の最大利益享受者は日本で、次が韓国。
最大の不利益享受者が中国。

但し、日本という見た目の最大利益享受者ではなく、真の最大利益享受者は時間的にまだ姿を見せていない。 それはアメリカ、と云うかその背後にいる勢力であり、そのターゲットは中国・満州の分割統治と云う最終目標にある。 しかしその過程でその手前にある日本の分割統治、或いは完全植民地化と云うシナリオも存在している。
日本の分割統治に関しては、項を更めて書くことにしたいと思います。



このように、公開情報からだけで、マスゴミ報道の嘘やまやかしではない、真実の姿が浮き上がってくる。と、云う解析手法を今回の「 北朝鮮人工衛星打ち上げ失敗 」を題材に公開してみました。

ネット内の情報も、様々な論者はどのくらいの影響力をバックにどんな意図をもって発言しているのか? その人物の情報は、どこからもたらされているのか? そしてその情報によって最終利益享受者は誰になるのか? と云った点を考慮しながら読むと面白い結論に導かれることがありますので、愉しんでご利用下さい。



                        関連エッセイ

              国家安全保障上の見地から診た原子力発電

                        米朝ウラ同盟
               ~ 北鮮の核ミサイルは北京を向いている ~







        .
[PR]
by nueq | 2012-04-21 14:22 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
       
      
      TPPと消費税増税に仕掛けられた日本完全植民地化の罠


野ブ田どじょう汚染総理が「 消費税増税に政治生命をかける 」などと宣ってるようだが、増税などしなくても特別会計を廃止すればすぐさま20〜30兆。 場合によっては100兆円くらいは捻出できるかもしれない。

これに以前書いた固定資産税の不正をなくせば、更に10兆円程度が加算される。

つまり、増税などしなくても日本にはお金が有り余っているのだ!!!

消費税増税で捻出できる金額はたったの10兆円にしか過ぎない。

では、一体そんなお豆腐屋さん単位の巨額マネーはどこに消えてしまってるのか?

その前に、国家予算の大枠を見てみよう。

b0221143_1471176.gif

                     画像出典 : 国営ナンタラ通信

日本の国家予算は、一般会計と特別会計に分けられていて、普通に言うところの「 予算 」とは、一般会計だけのことを指している。
上記は2005年度とちょっと古いが、2012年度は

     一般会計  90兆
     特別会計 408兆

で、重複( ちょうふく:クソ文部省改変の「 じゅうふく 」と読まないように )部分を除いた特別会計の実質分は200数十兆円になるらしい。
この「 重複 」というのが曲者のように感じるがそれは後ほどツッコミを入れることにして、特別会計って何? か、っていぅとぉ〜〜〜、、、国会では審議されないアンタッチャブルな官僚天国 = 使いたい放題の魔法のお財布のことナンですぅ。

では一般会計と特別会計の関係はどうなってるのかと云うと、ちょっとややこしい図だけど、
b0221143_1491224.jpg

                 画像出典 : 日本を守るに右も左もない


と、なるようで、特別会計の内訳はって云うと、


b0221143_1410498.jpg

                  画像出典 : サルでもわかる国家破綻


ってなふうになるようで、その詳細は面倒なので、ウィキペディア を参照して下さい。
要するに、国会議員も大蔵省( 当ブログでは稀代の売国奴:小泉純一郎以降の法律は一切無効の立場から従来の省庁名表記とします )もタッチできない各省庁や天下り先団体の独立会計なのです。 大蔵省もタッチできないって云っても、特別会計の中で一番比率の大きのが大蔵省自身ではありますが。

問題は、この200兆円を超える予算の監査が全く行われることなく、官僚の言い値で全てがまかり通っていることにあります。 「 霞が関埋蔵金 」なるものも実はこの特別会計が打出の小槌となって退蔵されたものに他なりません。

先にも書いた、「 重複部分 」、それに上記の表の「 会計間取引・勘定間取引・繰入額 」なども怪しさ満点です。 勘定間を行ったりきたりしてるうちにお金が擦り減り蒸発して、「 霞資金 」となるのでしょうか?

2006年の西日本新聞の記事には以下のように書かれています。

      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                情報開示が欠かせない 特別会計改革


政府の来年度予算編成作業が本格化してきた。一般会計の無駄を削り込むことが財政健全化には不可欠だが、もう1つの予算の存在も忘れてはならない。
特別会計である。長年中央省庁の無駄遣いの温床と指摘されながらも大胆な改革が進んでいるとは言い難いためだ。

特別会計は国が保険など特定の事業を行う場合、事業ごとの収支を明確にするため、例外的に一般会計と区別して設置することが財政法で認められている。

現在、その数は厚生保険、国民年金、道路整備など31に上る。本年度の予算総額は重複分を除くと約225兆円である。例外のはずだが、一般会計の2.8倍にも達している。

特に問題なのは、予算計上の仕方がずさんであることだ。会計検査院によると、2004年度決算では、歳入と歳出の差である剰余金が計43兆4000億円も発生した。しかもそのうちの2兆4000億円は、所管する省庁が「 使途未定 」と回答しているという。

特別会計には、一般会計からも資金が投入されている。こんな予算が続くようでは、財政健全化の「抜け穴」になってしまう。

予算の使い道にも問題がある。04年度末時点で、18の特別会計が33の積立金を設置しているが、残高の合計は200兆円を超す。

その規模について具体的な基準の規定はほとんどなく、会計検査院は「資金規模の適正水準について判断できない状況となっている」と指摘する。

剰余金、積立金の双方とも額が大きすぎるのは明らかである。不要な資金を大胆に一般会計に繰り入れる仕組みを早急に取り入れるべきだ。

03年2月、当時の塩川正十郎財務相が「 母屋(一般会計)でおかゆをすすっているのに、離れ(特別会計)ではすき焼きを食べている 」と改革の必要性を訴えたが、改革のスピードは遅すぎる。

今年5月にようやく特別会計見直しを含む行政改革推進法が成立した。政府は5年間で3分の1程度への削減を目指し、来年の通常国会に関連法案を提出する方針だ。 役割を終えた特別会計を廃止するのは当然である。それと同時に、情報開示の徹底も求めたい。

現状をみると、財源面では歳入合計に占める一般会計からの受け入れ額の割合などが定期的に提供されていない。一般会計の一般財源と、道路など特定財源の区別も不明確だ。
積立金との間での資金の受け払いや特別会計が出資する法人の財務状況、重点施策への資金拠出の情報も不十分だ。

今のまま官庁任せでは、無駄遣いを減らすのは難しい。透明性を高め、国民が監視できるよう情報を広く開示することが、改革を数の減少だけに終わらせないためにも必要だ。

                   =2006/12/06付 西日本新聞朝刊=
                     2006年12月06日00時04分


                      出典 : 国営ナンタラ通信 

      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ここ数年特別会計の見直しも始まり、特に「 仕分け 」も特別会計に斬り込んではいますが、盗電のテクニカル会見同様、微に入り細を穿つ=葉っぱの虫食いを見て森を見えないようにするニッポン( にほん ではない )の極めて優れた官僚の欺瞞工作によって肌に触れるどころか産毛に風圧を感じさせたに過ぎない程度の斬り込みようでしかありません。

なにしろ相手は、日本中の税理士を企業に送り込み、わざと脱税させ、裏金がたっぷり溜まったタイミングで税理士と示し合わせて重加算税を巻き上げることを生業としている脱税捜査のベテラン=国税庁上がりのスキルをもった連中です。
ですからテメーら自身の2重3重帳簿は朝飯前!
テクニカル分析を行なっても濃霧に覆われ蜘蛛の巣一杯、薮蚊がブンブンでまるで刃が立ちません。
だから、ヤブの中には頭を突っ込まないで、一刀両断、スパッ と切り飛ばしてしまいましょう!
或いは、なかったコトにしてブルドーザーで更地にしてしまって一から建て直すのが一番です。
もちろん特別会計としてではなく、一般会計に組み込んで、です。
それに、歳入の金額も疑ってかかる必要があります。
歳入の藪の中にも落とし穴がいっぱい仕込んであるかも。

組織とは本来、目的達成の「 手段 」として形成されます。
しかしながら企業もそうですが、時間が経つに従って組織は癌細胞のように自律運動を開始し、組織への忠誠を求め、組織存続を「 目的 」とするようにすり替えてしまいます。 「 手段 」が「 目的 」と勘違いをはじめるのです。

あらゆる組織は一度「 手段 」との整合性を検証し、手段からの乖離が認められる場合にはこれを解体しなければなりません。 明治以来、一切そうした癌細胞の摘出手術を行わなかったために「 日本 」と云う制度・国体は癌細胞に蝕まれてしまっていて、その象徴であり、最高実態が江戸幕府から受け継がれた現在の「 官僚 」なのです。
つまり、「 官僚 」は一度、完全解体されなければ、日本の再興はあり得ません。


では、次にTPPを診てみましょう。
っていうか、TPPのアホらしさについてはすでに多くのHPやブログで語りつくされているので、詳細についてはそちらに譲るとして、なぜ今、TPPなのか?

それが、映画「 Thrive スライブ 」ラストの日本讃歌とも関連してくるのです。
また、薄煕来クーデター騒ぎとも、北朝鮮の衛星打ち上げとも、ミシュランの北海道版とも関連してくるのです。

b0221143_1419584.jpg

         ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポンのあるザ・ウィンザー・ホテル・洞爺

4月10日に発表された「 ミシュランガイド北海道 2012 特別版 」では、3つ星が4店、2つ星が12軒選ばれて、3つ星の「 ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン 」のある 洞爺湖サミットの会場となったウィンザーホテル洞爺では合計3店舗で6つの星を獲得しています。
東京圏・関西圏に次ぐ日本で3番目のミシュラン・ガイドが北海道であることは、「 ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン 」に3つ星を与えんがために企画されたものと見做しても良いのではないでしょうか?
b0221143_14213682.jpg

        ミシェル・ブラス氏          シグネチャーメニュー:野菜のガルグイユ
         エキサイト.イズム                   フクヘン


なぜ北海道なのか?

それは、旧帝国陸軍の軍産複合体と親密だった薄煕来失脚と関連します。
薄煕来は、元大連の知事で日本の満州利権の要だった人物でしたが、おそらくは英米の策謀に引っ掛けられた不始末により失脚となり、日本の満州利権は甚大な損失を被っています。 これは「 新河豚計画 」から日本の影響力を削ぐために仕込まれたものと推察されます。

北海道南部ではすでに数年前からユダヤ系白人によって多くの一等地が買い占めてられています。 これは満州進出のための橋頭堡を対岸の南北海道、そして三沢基地のある青森に築くことにあります。 面白い所では帯広近辺だったかで胡錦濤と江沢民が隣り合った敷地を購入したりもしています。

「 新河豚計画 」、、、つまり、世界の眼差しが第2のイスラエルとなる満州とその橋頭堡となり住みやすい日本に注がれているのです。

TPPと消費税増税は、ユダヤ・アングロサクソンが日本に移住するためのインフラ整備として位置づけられ、日本政府にその実行を迫っているのです。
先日の韓国での核セキュリティ・サミットで野田総理がどこの国からも相手になれなかったのは、実はTPPと増税の宿題を済ませないことには、一切取り合わない。と云う宗主国様の強い意志表示に世界中の国が同調したためでした。

TPPの最も重要なポイントが「 内国民待遇 」
TPPの最大のターゲットは他でもないこの日本です。
アメリカのユダヤ・アングロサクソンにとって日本が「 内国 」となるようにするための仕掛けがこのTPP。 つまり【 日本の完全植民地化 】が主題となってるのがこの【 TPP:T とんでもない、P ペテンに満ちた、P パートナーシップ 】の正体なのです。

これを推進する連中は一体どういう神経をしているのでしょうか?
精神病院にでもブチ込んであげるのが一番親切でしょう。

TPPの詳細については、更めて新版「 サルでもわかるTPP 」 をご覧下さい。
b0221143_14425030.jpg


さて、これに加えて消費税の増税もまた、アメリカから強要されているものです。
所得税ではなく消費税。
所得税は基本的に累進課税となっているため、お金持ちはより多くの比率で税金を収めなければなりません。 しかし消費税なら貧乏人も大金持ちも同じパーセンテージとなるため、貧乏人が不利に、金持ちが有利となるシステムです。
アメリカ・ユダヤ・アングロサクソンの目的は、消費税増税によって、日本人をより貧民層へと追いやりサーヴァント化 = 奴隷化 = スレイブ化 することによって、この日本列島に王侯貴族として君臨することを目的としています。

TPPの内国民待遇と、消費税増税による日本人貧民化。

この2つのミッション遂行のため経団連・大蔵省・民主党は日夜励んでいるのです。


「 特別会計廃止で増税不要! 」
このスローガンを日本中に広めましょう!
どなたかバナーを作ってばらまいて頂けると嬉しいです。
よろしく〜〜〜〜〜!




               ♪ 特別会計廃止で増税不要じゃッ!♫

    ♪ えーじゃないか、エーじゃないか、え~~~じゃないかッ! ♪

                   ほいッ!

    ♪ えーじゃないか、エーじゃないか、え~~~じゃないかッ!!! ♪





                よさこい、よさこい = いい世さ、来い!

b0221143_19351173.jpg

            画像出典 : 大道芸人の全国派遣はお任せ下さい!

b0221143_19354113.jpg

         2011年6月永眠されたよさこい祭りの創始者 : 國友須賀さん
               画像出典 : 日本一のよさこい祭りの煽り屋




                      消費税増税 関連エッセイ

                固定資産税の不正是正で、消費税UPは不要


                         TPP関連エッセイ

         TPPなんて、アメリカの議員はだぁ~れも知らなかった。。。。。はァぁ?

                   ゾンビ化したTPPが日本を壊滅させる

               TPPの要:ISD条項を知らなかった 野田の無知!


                      日本植民地化 関連エッセイ

                       祝! アメリカ、日本再占領!


                    「 新河豚計画 」 関連エッセイ 一覧





      .
[PR]
by nueq | 2012-04-13 14:30 | 経済・金融 | Trackback | Comments(0)
       
     
              米朝ウラ同盟に翻弄され続ける哀れな日本


3月30日に田中直紀防衛相が発表した「 北朝鮮の長距離弾道ミサイル破壊措置命令 」の真の発令者は誰か?

田中直紀でもなければ、田中真紀子でもなく、野田佳彦でもありません。
アメリカからの司令です。

おそらくは直紀くんに非公式なルートで 「 指示 」 があり、これを直紀くんは女将さまにご相談した上で、野ぶ田総理に通告。 総理は 「 わしゃ、知らん! お前さんが発表しろよな! 」と云ったかどうかはわかりませんが、このようにして田中直紀防衛大臣閣下より発表されたものと思われます。

現在自衛隊は沖縄周辺で、ミサイルとされる人工衛星の迎撃態勢を整えていますが、万一実際に破壊するとどうなるか?

この状況について、増田俊男さんが素晴らしいコメントを発表しています。


      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                       日米安保の限界


「日米安保は日本の安全の要である」という「日本の常識」がありますが、戦後から今日まで日本の安全どころか「日米安保は米国の対日占領政策の一環である」という事実が証明され続けていますから「日本の常識は非常識」だったのです。

一例ですが、小渕内閣が1998年8月26日の閣議で日米共同MD(ミサイル防衛網)の負担金(当時10年間で5兆円)を渋ったところ4日後(8月30日)北朝鮮の飛行体が日本の三陸上空を通過し、アメリカは飛行体を「軍事ミサイル」であると日本に通告してきたので日本中が恐怖におののいたことがありました。慌てた小渕内閣はミサイル発射の3日後(9月2日)の閣議でMDの調査費を即決して日本がMD協力金に前向きの姿勢を示したところ、アメリカから「先の飛行体は人工衛星であった」と訂正してきました。

日本の行政管区地域内における米軍の軍事行動の自由を日本は国家として保障しているので理論上また政治上、日本は米軍の軍事支配下にあります。北朝鮮や中国等からの大小さまざまな対日軍事行動に対してアメリカは日米安保に基づき日本の安全のために安全保障行為を行った例は皆無です。


昨今の北朝鮮の人工衛星(日本は勝手に軍事ミサイルと決めつけていますが)発射予告宣言に対し田中防衛大臣は、何故今までのように発射先が三陸や日本海でなく沖縄に変わったのかの真意を知らずミサイル破壊措置命令を発し沖縄に迎撃ミサイル搭載艦船と迎撃基地を設置しました。

もしアメリカが北朝鮮の発射体を軍事ミサイルでなく「人工衛星」だと認める場合、日本の防衛大臣の破壊命令は北朝鮮に平和目的の人工衛星を守る為の対日軍事行動が容認される余地を与えます。

今回の北朝鮮の人工衛星発射予告は沖縄を北朝鮮の軍事ターゲットにする為の米朝合意の結果であり、「普天間移転問題を解決するための圧力」以外の何物でもありません。

北朝鮮の発射計画は昨年から計画され、アメリカは北朝鮮に(謝礼として)24万トンの食糧支援を決めています。
北朝鮮は人工衛星打ち上げに際し日米の人工衛星専門家に(日本が応じないことを知りながら)招待状を送ると同時に人工衛星の名のついた発射体を世界のメディアに公開しています。

発射体を人工衛星として公開し、人工衛星か軍事ミサイルかの判断をアメリカに付託するという北朝鮮のアメリカの利益(アメリカの利益=日本の不利益)に対する「忠誠」を明確にしました。軍事ミサイルにするか人工衛星にするかアメリカが政治判断を下していないのに日中韓の外相会議で中国に「発射後の国連安保理での対北朝鮮制裁の要請」をする日本の外交音痴に中国が迷惑がるのは当然。



                        増田俊男の時事直言!
                    第720号(2012年04月09日号)


      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                           関連ニュース

                北ミサイル迎撃、日米に「温度差」…緊張感薄い米



                           関連エッセイ

                  国家安全保障上の見地から診た原子力発電

                       祝! アメリカ、日本再占領!

                           米朝ウラ同盟







     .
[PR]
by nueq | 2012-04-12 18:30 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
              映画「 Thrive スライブ 」のサナギの意味と
              B・フルフォード情報の仕掛け



11年11月11日リリースの、世界最大の環境ホルモン(※)ばら撒きメーカー:P&Gの御曹司:フォスター・ギャンブルの映画「 Thrive スライヴ 」は果たして危険な洗脳映画なのか? それともギャンブル夫妻が真摯に作り上げた啓蒙映画なのか?

                   ※ 環境ホルモンについては末尾を参照

先日、この映画の人気がP&Gの株価を押し上げているとの情報が入った。
b0221143_1840939.jpg

                          出典 : ロイター

昨年の11月11日辺りに指標線を置いてみたが、確かに右肩上がりが続いているようです。 チャートからは自律的な上げと見ることも可能で「 Thrive 」の影響の真偽の程はなんとも言いようがありません。 しかし、この映画がP&G(プロクター&ギャンブル・サンホーム)の好感度をUPしたことは疑いようがありません。

フォーチューン誌によると最近 P&Gは、メディア戦略を強化しつつあるとありますが、P&Gは元々テレビ普及の最大功労者の一つと云ってもいいくらいの存在です。 1950〜60年代、ソープ劇場と呼ばれた昼メロやバライティ番組の大スポンサーとなり、自社の洗剤を売りまくったのです。 日本では「 石鹸劇場 」と呼ばれ、花王やライオンなどがこれと同様の働きをしました。

また、P&Gの持ち株会社系のファンドはSONY、Twitter との3社の緩やかな協調をもって世界中で投資活動を活発化させているようです。その象徴が今上映中の映画「 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 」。
b0221143_18412530.jpg

                          公式サイト

映画は【 特にハリウッド映画は 】 なんの脈絡もなく制作されるものではなく、世論誘導や洗脳、これから起こる大事件の予告としてリリースされます。 つまりここのところ相次いで封切りされている「 J・エドガー 」 や、「 スーパー・チューズデー 」 も含めそうした一環でリリースされていると看ていいでしょう。 しかし世論誘導・洗脳・予告の内容は、作品のテーマ性やストーリーとは必ずしも一致するわけではありません。

「 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 」ではサッチャーの苦闘とラブストーリーがメインに描かれているようですが、この時期の封切りの意味は、国民に犠牲を強いる。 或いは戦争が始まる。 と云う予告と潜在意識を植えこむことを目的としていると看ることができます。
また、FBIを設立したフーバー長官の生涯を描いた「 J・エドガー 」は、まさにB・フルフォード情報に見られるようなアメリカを食い物にする輩への宣戦布告とも、或いは逆にそうした輩がフーバー長官を最後に無力化(〜抹殺)した場面をもって警告としているとも看ることが出来ます。

こうした観点から「 Thrive スライブ 」にはどういった意図が内包されているのか?

「 スライヴ 」では、金融界の話題を中心に、2大政党や優生学(人口削減)、医療・農業(食料)に仕掛けられた謀略や、新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー:NWO)と強制収容所が暴かれていきますが、メインのターゲットはあくまであらゆる産業を支配下に置く金融産業にあります。
b0221143_18433578.jpg


2009年、リーマン・ショックによって地球上の富の多くがブラックホールへと吸い込まれて行きました。 これはサブ・プライムと云う専門家の間では最初から破綻が見えていた詐欺債権を世界中の金融機関にばらまいたもので、ゴールドマン・サックス以外のほとんどの金融機関が餌食となり、日露戦争で日本に資金を提供したジェイコブ・シフ以来の長い伝統と格式を誇るリーマン・ブラザーズはそのスケープゴート=トカゲの尻尾切りとして、倒産させられました。 リーマン・ショックでブラックホールに飲み込まれた金額は数十兆円とも100兆円以上とも云われ、潜在的な被害総額は3000兆円にも達すると云われています。 つまりこれだけのお金が地球上から消えてどこか(=儲けた人)に吸い込まれてしまったのです。

リーマン・ショックの被害をかいくぐった企業や資産家たちは、シンガポールや香港を窓口とするファンドや、丁度ブームになり始めていた「 FX 」などに投資をシフトしますがその多くはアラブが絡む資産運用でした。
2010年、今度はドバイ・ショックが襲い、生き延びていた企業や個人の資産が根こそぎブラックホールへと吸い込まれてしまいます。

「 偶然は必然 」であり、2度に亘る事件は、意図的に地球上から資金を吸い上げる掃除機の機能を果たしました。

そうして、映画「 Thrive スライヴ 」や、B・フルフォードを中心とする金融詐欺システムの暴露や逮捕情報(=風聞圧力)へとつながり、「 金融 」そのものを葬り去るための機運が作られたかのように喧伝されるようになりました。
そう、今度はリーマン・ブラザーズなどの一企業ではなく、金融装置そのものを消し去り追跡不可能にするかのようです。

経済の主流はすでに数年前から金融を離れ、資源などに向かっています。

                    水・食料・医療・鉱物資源

これらは、生存の原点であり、産業の原点です。

映画「 Thrive スライヴ 」は、冒頭でも書いたようにギャンブル夫妻の真摯な訴えなのか、或いはそれとも世界支配中枢側が、「 予告・宣言 」として発表したものなのか?
つまり、すでに資金を失い、圧倒的な軍事力・情報監視・水食料医療管理の下に置かれた地球市民がどんなに騒ごうと簡単に鎮圧できると「 予告・宣言 」したものかもしれない。と云うことです。

映画の中では、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、カーネギー、ハリマン、シフ、ウォーバーグ家が支配中枢として指摘されていますが、彼らは代理人に過ぎません。 有名になり過ぎ、批判の対象となっている彼ら一族をもまたスケープゴートにして、「 新世界秩序 」を実現化しようとしているのでしょうか。 そうしてここで指摘しておきたいのは彼ら一族がこれを機に裏に隠れ、ステルス代理人として権力を行使する可能性です。 本来、裏にいるべき者たちがここ数年で脚光を浴びすぎてしまったので、ほとぼりが冷めるまでおとなしくしていよう。 の図です。
もちろん彼ら一族の裏に控える「 ブルーブラッド = 青い血の貴族たち 」が姿を表すことはありません。

映画「 Thrive スライヴ 」とフルフォードの金融界大御所の大量辞任&逮捕情報は、まるで2012年問題のフォトンベルトとマヤンカレンダーと同様の両輪の輪のようにも見えてきます。

洗剤メーカー(P&G)や経済誌(フォーブス誌:フルフォードの実家?)と云う産業界の主軸(金融・エネルギー・食料・鉄鋼・化学・運輸・ コンピュータ・兵器・情報など)からは外れた系統の御曹司がそうした情報を流すことで、こうした傍流に花を持たせると同時に世界中の人達がこうした情報にどのように反応するのかを測定し、次の一手のための参考情報とする。 と、読み解くことも可能です。

ガイドナー前財務長官は少なくともFBIには逮捕されてないと云う情報は以前より入ってますし、フルフォードの云うFBIのガイドナーに対する取り調べの有り様などあり得ないこと。 また、まるでガイドナー追求のFOX・TVがフルフォード情報と同時期であるかのように喧伝されましたが、実際には2年前のものであったこと。 ビル・ゲイツの逮捕情報後もアメリカ国内を自由に移動していることなど、これらはむしろ風聞を形成するためにフルフォードがチームの一員としてワザと流している情報と看ることも出来ます。

また、ウィキ・リークスやアノミナスもまたこうした流れの一貫として見ることも可能です。
つまり、権力の移行のファンファーレを鳴らす、ヒーロー型&ネット型のフセインであり、ビン・ラーディンとして組織されたチームという図式です。 もちろんハッカーたち自身はイラク軍人同様そのような仕組みがあることなど露にも知らないことでしょう。


映画「 Thrive スライヴ 」の最後の方で女性科学者が蝶のサナギの喩え話をします。

b0221143_18444419.jpg


 これは文明のある段階での、最後の努力です。
 最後のあがきとでも云うのでしょうか?
 私は芋虫が蝶になると云う喩えをよく使うのですが、
 芋虫は生態系を食べまくるからなんです。
 一日に自分の300倍も食べて環境を破壊してお腹がはちきれそうになると
 逆さにぶら下がって眠り、皮が硬くなってサナギになります。
 芋虫の身体の中には成虫細胞ができてきて、
 芋虫の身体が溶けて成虫細胞の栄養になるのです。
b0221143_18451059.jpg

 この例えで重要なのは古いものと新しいものがしばらくの間共存していて、
 生命を守るのは芋虫の仕事だということです。
 今の政府は必死になって中東の石油を支配しようとしたり、
 今度は核エネルギーを推進したりしています。
 わかってはいても自らの役割を果たすしかないのです。
 それが仕事ですから。
 蝶が好きなら芋虫を踏みつぶしたりしませんよね。
 芋虫を嫌っても解決にならないのです。
 でも代替エネルギーがほしいなら石油経済政権に生産を頼むのは間違いです。
 自分たちで作るしかないのです。
 より安く、効率的で効果的であると云うことを示すのです。
 私達の世界は新世界を築くことです。
b0221143_18453454.jpg


と。

しかしこの喩え話は現在の金融支配が新世界秩序にメタモルフォーゼ(変態)する喩えに聞こえて仕方ありません。

「 Thrive スライブ:繁栄 」と云う単語もまた「 Slave スレイブ:奴隷 」に引っ掛けているように聞こえてしまいます。

ギャンブル夫妻が、本当に真摯に訴えているのであれば、こうした見方はとても失礼千万だし、彼らにしてみれば悲しいことであり、謝るべきことかもしれません。

いずれにしてもこの映画で語られていることはほぼ事実でしょう。
そして一人ひとりがそろそろ行動に移る時期が到来していることは間違いありません。

では、自分たちに一体何ができるのか?
どんな行動を取っていけば良いのか?

当ブログではその方向性を順次探っていきたいと思います。




                        追記 4月13日

           映画 「 Thrive 」 日本語版が完全無料公開されました。




                    ツァイトガイスト・アデンダム その2
                       暴力装置による国家侵略


       【ニコニコ動画】【映画】 Zeitgeist Addendum [PART2]


ステップ1 : ” エコノミックヒットマン ” を送り込み、政府に巨額の負債を課し
ステップ2 : ” ジャッカル ” を送り込み、政権の転覆か暗殺を狙い
ステップ3 : ” ミリタリー ” 米軍を送り込み、国家を武力で制圧し
ステップ4 : " ハリバートン " 破壊された国家の再建築でボロ儲け

” エコノミックヒットマン ” だった Zeitgeist Addendum が明かすアメリカ企業統治体の手口。




                         関連エッセイ

              映画「 Thrive スライブ 」とガイドナー逮捕情報の深層
                ~ P&Gの御曹司 と フォーブス誌の御曹司 ~


                         覇権文明の終焉




                        ※ 環境ホルモン

1990年代、環境ホルモンが問題になり、環境庁では原因物質のリストアップと作用機序の研究を行うと発表しましたが、その時僕は周囲の人達に「 どうせあの連中は、本物の環境ホルモンはノミネートせず、ど〜〜〜〜でもいいようなものばかりをリストアップしてくるに違いない。」と云ってましたが、1998年、そのリスト内容がドンピシャだったのには自分でも驚いてしまいました。 つまり台所用洗剤やシャンプー等に使われている最も使用頻度の高い化け学物質が軒並み欠落していたのです。
ゴキブリに台所用洗剤をかけるとピクピクとイチコロで死んでしまうのを以前は呼吸器系の穴を洗剤が塞ぐため窒息死するものと考えていたのですが、これをマコモ洗剤などの環境系の洗剤に変えたところまるで効き目がなくなりました。 つまりどちらの洗剤も同じ粘り気で、ペーハー的にも弱酸性ですから、P&Gやライオン、花王などの一般洗剤は、化け学的・環境ホルモン的毒素としてゴキブリに作用しているのです。
環境系に切り替えて後、時々P&Gやライオン、花王などの一般洗剤を使用すると手がピリピリと痛みます。 化け学物質(環境ホルモン)が皮膚浸透し、皮下でおかしな反応が進行していることが体感できます。
これは、P&Gやライオン、花王などのシャンプーやリンスでも同様です。
この弊害を訴えてたアメリカのモルモンネットワークビジネスのNewWaysは、業界と癒着した通産省から弾圧されてしまいました。
また、髪染め剤にはアミンなど強力な毒性物質が含まれています。
古来、日本の女性が自殺する時には髪染め剤を飲んでいたのです。
金髪などの「 白人になりたい症候群 」 を蔓延させたのは、当時人気絶頂だった安室奈美恵や、スタートしたばかりのJ・リーグ選手、そしてヒップポップのミュージシャンたちを金髪に染め上げ、日本女性の不妊化や胎児の奇形児化を促進したのです。 髪染め剤は、子宮頸がんワクチンやインフルワクチンなどと共に極めて有効な不妊剤なのです。

1998年、ギョーカイと癒着した環境庁は、リストアップした環境ホルモンの内分泌攪乱性の調査を行い数年後に発表すると宣いましたが「 ど〜〜〜せ、因果関係がわからないからって、うやむやになるに決まっている。」と周囲に話してましたが、10年後の2008年、小さな記事で百数十種類の内、因果関係が特定できたのは数十種類で残りの大半は特定できない。或いは複雑すぎるとの理由で研究は打ち切るとの報道発表ががありました。 ま~たしてもビンゴ! つまりどこまでも「 ポーズ 」だけなのです。 これが環境庁の実像です。

そういえば、環境ホルモンの代名詞 「 ママレモン 」って最近見かけなくなったなぁ。。。





       .
[PR]
by nueq | 2012-04-11 19:04 | 1984 NWO | Trackback | Comments(2)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31