カテゴリ:Science( 20 )



熊本・エクアドル・バヌアツ
超巨大黒点とフレア爆発と地震

次は高知?

そして3トラフ

HAARP地震

6500年毎の地殻変動




6月18日、熊本でまた地震が発生しましたが、先行して図のような地震が発生しています。

b0221143_20564612.jpg

4月14日・16日の熊本地震には相前後して、エクアドル、バヌアツ、アリューシャンで同規模クラスの大地震が連発、果てはフランスのボルドーと云う普段地震とはあまり関係のないエリアでもマグニチュード5.5の地震が発生。( USGS:Unaited States Giogaphic Service の画像データをキャプチャーしておかなかったのが悔やまれる。。。 )

熊本地震の直前に起きたのが、InDeep が報じた「 超巨大黒点 」


b0221143_21034592.jpg


b0221143_21035209.jpg

画像出典:InDeep



16日の熊本地震の翌日( 17日23:50 )には、M6.7のフレア爆発。


  ※ フレア爆発の規模は小さい方からA、B、C、M、Xで
    A〜Mは1〜10に細分されていて、Xは天井なし。





太陽活動( フレア爆発 )と地震に関係については、当ブログで以前より報じてきました。

  太陽フレア爆発14連発! 地震にご用心!
  http://nueq.exblog.jp/17922903/
   2012-03-06

  太陽フレア爆発 41連発! 地震にご用心!
  http://nueq.exblog.jp/18546391/
   2012-07-05

  太陽フレアと大地震
  http://nueq.exblog.jp/22156681/
   311&昨年震度5以上全てにGPS基準点変動の前兆現象
   2014-02-28

  太陽フレア連続爆発と富士山噴火
  http://nueq.exblog.jp/23660352/
   太陽系のバイオリズムと地球膨張  
   2014-10-30



ネット内では、熊本地震はHAARPなどに依る攻撃との喧伝が盛んだが、これだけ地球規模で、人口が少なく戦略的要素のないエクアドルやバヌアツでなぜ同時期に大規模地震が発生するのか?


b0221143_21350632.jpg

2016年4月15日までの1ヵ月間のM4.5以上の地震の数(380回)
画像出典:InDeep
アジアで「5日間で4つ連続」した大きな地震


もちろんHAARPは、地震を起こす能力を持ってはいる。
2008年5月12日の四川大地震はその可能性が高いとも思われるし、311地震はフィンランドの核物理学者によれば、2010年10月に始まった30年間使用して本来スクラップにされるべきフクシマ3号機を安直に改造、本来高速増殖炉用に設計されたMOX燃料( 濃縮プルトニウム混合の核燃料 )を燃やすプルサーマル運転などという無謀運転を始めた途端に大気が危険な状態に陥り、これを沈静化させる目的で使用したHAARPのエネルギーが日本海溝を刺激して地震を誘発した。 と論じています。

  311地震のHAARPには日本も関与?
  フィンランドの科学者が暴露
  http://nueq.exblog.jp/16906558/


ネット内では311地震は地球深部探査船「 ちきゅう 」が、核爆弾を日本海溝にセットしたもの。との論調が多いですが、乗り組んでる研究員の主体は、東大海洋研と高知大海洋研。 彼らがそんなことを許すはずはないものと思われます。 また大型の海溝地震が起きる直前に「 ちきゅう 」が現場で作業をしてることがその論拠とされていますが、歪エネルギーが極端に集中してる箇所を探査したところ、やはりそこで発生した。と結論付けることも可能です( 上記過去ブログ「 太陽フレアと大地震 」参照 )。



b0221143_21384181.jpg


画像出典:sojiz marine news


更に、311地震の起動地震波形が核爆発の波形と同じ。との指摘がありますが、地震発生の要因が地殻内部での「 水素爆発 」にあると故:山本寛さんが2007年に発表しています。


b0221143_16141891.jpg

山本寛 「 仮説 巨大地震は水素核融合で起きる!」
2007/04 : 工学社
※ 実際は水素核融合ではなく、水素爆発・水蒸気爆発なのですが。。。



また、2004年12月26日のスマトラ大地震の数日後に同規模クラスの地震がすぐ近くで2回起きたものの、なぜか揺れはほとんどなかった。と云うニュースが流れ、すぐさまUSGSを確認したところ、どちらのケースも1〜2秒間隔・数km間隔・同深度で・ほぼ同マグニチュードの地震が3連発したことが判りました。 スマトラ大地震も同様です。
このこと( スマトラ大地震は大災害 / 後発2回は揺れなし )から推測されることは、後発2回は3連発をHAARPによってわざと起こした。
地震はご存知のように、P波とS波で構成されています。
波である以上、逆相の波を掛けあわせれば、波は解消されてフラット( 直線 )になります。 逆に同じ波を2つ重ねあわせると波の高さは2倍になります。


b0221143_22224179.png

※ 左下の図はわかりやすくするため赤青を少しずらして描いた。


3連発であることは、本震に逆相P波地震と逆相S波地震を掛け合わせ、双方ともフラットにすることによって地震を起こしつつ = 地震エネルギーを解放しつつ、揺れを起こさない。と云う仕組みが推測されます( 後続2発はそれぞれP波・S波を発生するので、本震も含めた複雑な計算が要求されるか? )。
逆に、マグニチュードの割にはあまりにも大規模な津波を引き起こしたスマトラ大地震は計算間違いによって揺れ( 波 )を大きくしてしまった。 と考えられます( 上図下 )。

HAARPに限らずあらゆる技術は使い方によって良くも悪くもなりますが、最先端科学技術の担い手・スポンサーが軍需であるため、どうしても悪い技術になりがちです。


HAARPによる地震発生に懐疑的な人も多いようではあるが、すでにHAARPの主力は地上から宇宙空間に引っ越していて、米欧露中のHAARP衛星が静止軌道のすぐ内側に群れをなしていると、米軍関係者は語っています。
天文衛星「 ひとみ 」の不可解な「 事故 = 解体 」はこれに関係していますが、これは項を更めて書きます。
HAARP衛星は、すでに宇宙空間での太陽光発電どころか、太陽風( 陽子線・電子線 ・X線 )を電気エネルギーに変換する技術をも備えているとも推測できます。 HAARPに必要な電気エネルギーは膨大であると推測されるので太陽光発電だけでは賄えないものと思われるからであり、太陽風エネルギーを電気エネルギーに変換することは理論的には可能です。
何と云っても、アメリカの秘密テクノロジーはすでに知られている最先端テクノロジーの30年先を行ってる。と、日本の秘密テクノロジー開発者が語っています。
そしてこの電気エネルギーをマイクロ波( 電子レンジ )に変換して地球上に送り込むことは容易です。


さて、下の図はUSGHのものですが、赤い線は地殻プレートのエッヂを示しています。
ご覧の様に地殻プレートのエッヂに沿って大規模地震が発生しています。


b0221143_21350632.jpg

2016年4月15日までの1ヵ月間のM4.5以上の地震の数(380回)
オレンジ:24時間以内の発生
黄色:過去1週間の発生
白:過去1ヶ月の発生
サイズ:マグニチュード

画像出典 : InDeep


中でも冒頭で触れたバヌアツ( 〜 ソロモン諸島 )は太平洋プレートの「 臍 」と云っても良いような場所で巨大地震の巣窟となっています。


b0221143_22325895.jpg

中央上部のオレンジ丸の下の群島がバヌアツ
ソロモン諸島は中央上部左の黄丸群島


次に巨大地震が集中する場所がアリューシャン列島 〜 千島列島、そしてペルー、インドネシアです。 しかし日本の集中度も高く、地質関連情報WEB では、

  マグニチュード7以上の地震は世界中でこの90年間に900回ほど起きているが、
  そのうち10%もの地震が日本で起きている。
  マグニチュード8クラスの巨大地震も日本海溝や南海トラフといった
  サブダクションゾーンに集中し、ここでのプレートの衝突がいかに
  激しいかがわかる。 としています。


2つ上のグレーの地図、環太平洋状の赤い線が太平洋プレートで、これが地球の蓋の状態にあります。
地球内部が膨張すると、沸騰した鍋の蓋のように地球の蓋もグワングワンとあちこちが跳ね上がります。

「 沸騰 」はなぜ起こるのか?
ニュートンは、重力を「 引力 」、すなわち内部から引っ張る力としましたが、実は重力は外から中心に向かって押しこむ力、つまり「 向心力 」です。( 引力であれ向心力であれ、観測される現象・データは同じに映ります。 が、この違いによって重大な問題が引き起こされてきましたが、その件は機会があれば触れることにします。)


b0221143_18554403.gif

渦場の発生に伴う向心力と電磁重力トーラス場の発生
制作 : KH+TF


あたかも沸騰のような状況を呈するのはこの向心力が弱まった時、すなわち押さえ付ける力が弱まった時に、地球内部のコア・マグマが膨張して噴き出してくる現象に他なりません。

歴史的に俯瞰してみると、6500年毎に大きな変動が生じています。

  13000年前 ・・ ヴュルム氷河期終了 〜 縄文海進( 縄文文明スタート )

  6500年前 ・・・ シュメール文明スタート(「 有史 」の始まり )
            喜界島爆発( 7300年前 )
            洞爺湖爆発( 7000年前 )
            十和田湖爆発( 6200年前 )
            岩手山・岩木山爆発( 6000年前 )

なぜ、シュメール・エジプト文明以下の古代文明が6500年前から始まったのか?
日本国内の火山爆発しか示すことが出来ませんが、おそらくは現在同様、世界各地で火山の大爆発・大地震が連発したものと思われます。
喜界島の大爆発で西日本の縄文文明は壊滅し、1〜3000年間に亘って西日本・朝鮮半島には人が住めない状態が続きました。 北海道 〜 北東北でも爆発が相次ぎ縄文文明は大打撃を受け、5500年前に始まる三内丸山遺跡( さんだいまるやまいせき:多くは「 さんない 」としているが正しくは「 さんだい 」。また5500年前からとしているが、500年かそれ以上前に遡ると思われる。 )は縄文文明復興の象徴とも云える存在です。

6500年の倍が1万3千年。 その倍が2万6千年で地球の歳差運動と合致します。
つまり、6500年は歳差運動の1/4となります。


b0221143_22475839.gif

太陽(系)と地球などの惑星は、ガス雲が渦巻き圧縮( 向心 )されて形成されます。
その運動様態は上記のような直線のベクトルフォース( 力線 )と、慣性の法則が働く物質の渦運動によって成り立ちます。
ご覧のようにベクトルフォースは四角であり、曲がり角で向心力が減衰するため内部からの膨張力が顕在化してしまいます。 それが6500年毎の巨大天変地異です。
6500年前の天変地異を事例にするなら20世紀終盤から1000年続く巨大天変地異の時代に突入したと云うことになるでしょう。

  参照 : 太陽フレア連続爆発と富士山噴火
  http://nueq.exblog.jp/23660352/


6500年前の火山爆発の形跡は火山湖や堆積物などでわかりますが、地震はその形跡をほとんど残しません。 後述する木村政昭さんは著書の中でマグニチュード9も理論的には発生しうる。と書かれていたと記憶しています。
6500年前から「 有史 」が始まりますが、それ以前の崩壊した文明とはどんな姿だったのか? その姿を再現したのが京都造形大の渡辺豊和さんです。

  2014年の冬至は19年に一度の朔旦冬至
  http://nueq.exblog.jp/23906698/
   縄文時代の太陽の道
   磐座は巨大石造建築物の崩壊した残骸?

の後半部分をご覧ください。
渡辺豊和さんは最近、超弩級の著書「 縄文スーパーグラフィック文明 」を出版されています。


さて、熊本地震の後、5月24日に海上保安庁がnature電子版で発表したのが下記のデータです。


b0221143_09564368.jpg
b0221143_09572896.jpg


画像出典:みんなが知るべき情報/今日の物語
( TBS動画ニュースサイトより )



発表直後、もっと詳細なデータを掲載したサイトもあったのですが、いつの間にか消えてしまっていて残念です。 その消えた詳細地図では、歪み線が高知沖から高知市に集中していました。 去年、知り合いの専門家が高知の歪みの集中度が激しいので、高知市直下、または高知沖で地震が発生し、これが南海トラフの大規模地震を引き起こし、東南海トラフ、伊豆沖または房総沖を連動する可能性が大である。 と指摘していました。 まさにその指摘が今回海上保安庁の調査によって公開されたこととなりました。

件の専門家は、高知を引き起こす条件がこの秋ごろまでに整う可能性があると指摘しており、また伊豆沖・房総沖によって東海トラフが連動する場合、フィリピン海プレートの落込によって、マグマが圧縮される反動で富士山が爆発する可能性もあるとも指摘しています。


b0221143_10051292.jpg





富士山の爆発については以前より、日本中の原発が活断層の上にある。とTVの生中継で事実を話した為に東大地震研を追放されて琉球大学に島流しとなった、当時地震学第一人者だった木村政昭さんが以前より指摘しています。( ほとんど全ての原発が活断層の上にあることは最近になって発表されたので記憶に新しいところ。 つまり今まで隠蔽していた。ということに他なりません。: 木村さんは琉球大に行って与那国島の海底遺跡発見で有名になる。)

  木村政昭ホームページ
  http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/


富士山爆発と近年発生した大規模火山噴火の様子、地震と原発立地の危険性については


  太陽フレア連続爆発と富士山噴火
  http://nueq.exblog.jp/23660352/


の後半に詳しく書いていますので参考にしてください。

木村さんは、著書の中で次の富士山噴火は須走口( 北東方向 )でマグマの溜まり方から火砕岩タイプで規模は宝永噴火( 火砕流 )を少し上回る規模としています。
つまり噴石・火山灰が東京方面に飛来して直撃。
火山灰は30cm 〜 1m 積もると予想しています。
昨年3月以来の「 核の霧( 3号機核燃料デブリが地下水脈で留まり核物質の霧を3号機周辺から噴出し続けている現象 )」と併せ、首都放棄 〜 移転も真剣に検討されなくてはなりません。( 遅きに失すると云う感じもしますが。。。。。 )


  死んだように眠る東京人 〜 311被曝
  http://nueq.exblog.jp/24865231/#核の霧
   東京人の被曝指数が急上昇!
   3号機デブリ水蒸気による再被曝促進


関東在住の方はゴーグルと粉塵マスク、それに火山灰( ガラス質 )が入らないようブーツの備えることをお薦めします。



参考サイト


  現代ビジネス:賢者の知恵
  「 熊本地震は南海トラフ地震の前兆かもしれない 」専門家が警告
  
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48455
  2016年04月16日(土)

  0テレNEWS24
  
南海トラフ地震の震源域で「ひずみ」蓄積
  http://www.news24.jp/articles/2016/05/24/07330899.html
  2016年5月24日

  ポンちゃんからの伝言
  高知県のラドン線上昇とモグラが多数地面に現れたのは単なる偶然か!?
  南海トラフ地震の前触れなのか?

  http://ameblo.jp/1357gy/entry-12153722493.html
  2016-04-25

  地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー  
  環太平洋火山帯で毎日起きる新しい噴火
  5月1日から12日までに新たに噴火した火山の数は「24」に

  http://earthreview.net/24-new-volcanoes-eruption-since-may-1-2016-around-the-world/
  

  ウィキペディア
  慶長十九(1614)年十月二十五日の地震
  https://ja.wikipedia.org/wiki/慶長十九年十月二十五日の地震





[PR]
by nueq | 2016-06-23 10:25 | Science | Trackback | Comments(2)
  
  
  
太陽フレア爆発44連発継続中!
最大 X3.1

太陽の異常と地球の異常
太陽系のバイオリズムと地球膨張

プレートの動きと東海・東南海・南海大地震
未だに浜岡に核燃料棒が???

富士山、来年噴火!?

講演会のおしらせ





太陽活動ピーク年にも関わらずここのところ鳴りを潜めていた太陽でしたが、ようやくフレア活動・黒点活動が再開したようで、ホッとしています。

\(^o^)/


b0221143_16544296.gif
※ グラフは33発目までプロット
後日更新予定


   44)2014-10-30 13:35  M 1.2
   43)2014-10-30 10:35  M 3.5
   42)2014-10-30 09:37  M 1.3
   41)2014-10-30 06:22  M 2.3
   40)2014-10-30 03:50  M 1.3
   39)2014-10-30 01:20  M 1.0
   38)2014-10-29 23:33  M 1.4
   37)2014-10-29 19:01  M 1.2
   36)2014-10-29 17:20  M 1.0
   35)2014-10-28 23:05  M 1.5
   34)2014-10-28 12:32  M 6.6
   33)2014-10-28 11:41  M 3.4
   32)2014-10-28 02:40  M 1.4
   31)2014-10-27 23:47  X 2.0
   30)2014-10-27 20:23  M 2.0
   29)2014-10-27 19:09  M 6.7
   28)2014-10-27 12:41  M 1.2
   27)2014-10-27 11:02  M 1.0
   26)2014-10-27 09:34  M 7.1
   25)2014-10-27 05:21  M 2.4
   24)2014-10-27 03:49  M 1.9
   23)2014-10-27 03:15  M 4.2
   22)2014-10-27 02:17  M 1.0
   21)2014-10-26 19:56  X 2.0
   20)2014-10-26 02:08  X 1.0
   19)2014-10-25 06:40  X 3.1
   18)2014-10-24 16:48  M 4.0
   17)2014-10-23 18:50  M 1.1
   16)2014-10-23 00:57  M 1.3
   15)2014-10-22 23:28  X 1.6
   14)2014-10-22 14:17  M 2.7
   13)2014-10-22 10:59  M 8.7
   12)2014-10-21 22:38  M 1.2
   11)2014-10-21 07:55  M 1.2
   10)2014-10-21 05:27  M 1.3
   9)2014-10-21 05:03  M 1.7
   8)2014-10-21 08:02  M 1.4
   7)2014-10-21 01:37  M 4.5
   6)2014-10-20 18:11  M 3.9
   5)2014-10-19 14:01  X 1.1
   4)2014-10-18 16:58  M 1.6
   3)2014-10-16 22:03  M 4.3
   2)2014-10-15 06:18  M 2.2
   1)2014-10-15 03:37  M 1.1

   ※ フレアの最大強度の日本時間
     フレア爆発は30分前後持続するものが多く、
     短いもので10分位、長いものでは3時間以上継続するものもあり、
     概して規模の大きなものほど継続時間が長い傾向にあります。


上記は日本時間15日から始まった太陽フレア爆発M〜Xクラスの様子です。
10月29日現在、35連発で継続中!
今年2月の52連発(?)以来のフレア爆発ラッシュです。


世の中、Mクラスのフレア爆発でも「 危ない! 」と
大騒ぎするバカが多いのには困ったもんです。(^o^)ゞ
フレア爆発が少な過ぎて心配しなければならない局面です。
この時期上記グラフの様に打ち上げ花火の様にバカスカ上がらなければならないわけで、ようやく正常な活動に戻った( かのように見える )ようです。

NOAAの黒点グラフ( 下図 )、9月までのデータしか出てないため10月のグラフが楽しみです。


b0221143_16565050.jpg





上記NOAAの黒点数グラフ、ご覧のように今期:サイクル24は、例年に比べて半分程度、グラフの高さにして半分程度なので、太陽から地球に届くエネルギー総量は1/4とか? ってことはないでしょうが、相当に減じてるものと思われます。
この為、6〜7年後には天保の大飢饉に匹敵する小氷河期が懸念されています。
当時、ロンドンではテムズ川が氷付き、アイススケートが出来たほどです。


b0221143_16575576.jpg
b0221143_17001834.jpg

b0221143_16575824.jpg

“2050年、テムズ川はスケート場に”!?
2050年のロンドン未来予想図
「 London Futures 」




今だに「 地球温暖化 」だの、この技術は「 低炭素 」だのとアホなことを云ってる絶滅推薦種が大手を振ってるのは良い物笑いの種ですね。

今時は天気、特に気温に関しては天気予報を見てるよりも、フレア爆発を観測してた方が分かりやすいです。 ここのところの連続爆発で日中は強い日差に気温が上がり、陽気が続いています。 太陽風は雲の発生を押さえますからお天気が続き、雲が無いためこの時期、放射冷却が進むことから逆に夜は冷え込みます。


b0221143_17010638.jpg





サイクル24の立ち上がりが2年ほど遅れた上にその間、まったく黒点活動が全くなかった時期、太陽観測衛星「 ひので 」が太陽の磁極が4極になりつつある様子をとらえました。 これまでに観測したことのない異常現象です。

b0221143_17020964.jpg

台風19号
画像出典 : GoCha Mix、他

中心のCGは
earth
a visualization of global weather conditions
forecast by supercomputers
by Cameron Beccario


地球地表面では気圧900ミリバール( ※ )などという気違い沙汰のスーパー台風( 今年の台風19号 )が発生するなど地球規模での異常気象が通常気象になって久しい地球自然環境ですが、環太平洋地域では、スマトラ地震や神戸大地震、311地震などM8〜9クラスの地震が頻発しています。

  ※ ミリバール ⇔ ヘクトパスカル
    数年前に気圧の単位が国際的にヘクトパスカルなどと云うものに統一されたが
    これは一般ピープル( 大衆 )白痴化政策の一環として捉えることが出来る。
    ヘクトは100。
    パスカルは気圧単位で1/10万気圧。
    つまりヘクトパスカルとは、100/10万気圧のことだ。
    なんだってワザワザこんな紛らわしい単位を強要するか!?
    対して、ミリバールは、1バール=1気圧の1/1000。
    アメ公以外のメートル法に慣れた国の人達には直感的に気圧を把握できる単位。
    ミリバールからヘクトパスカルへの移行は、
    直感的に気圧を把握する能力を人々から奪う。
    同様のことは、カーナビでも行われている!
    地図は北が上だッ!!!
    進行方向が上にあることに依って、
    ドライバーの空間認識能力と地理感覚、方位感覚を奪っている!
    大体、カーナビはアホだ!
    ろくなナビゲーションをしない!
    カーナビは、ナビゲーションとして使うのではなく、
    位置確認・方角確認に利用しよう!
    そして地下鉄駅の地図!
    なんで、南や西が上にしてある????????
    お陰で何度間違えたことか!
    これもまた、空間認識能力・地理能力を奪い白痴化を推進する施策である。
    カーナビは、必ず「 ノースUP 」にしよう!
    明治簒奪ニッポン政府の気象庁がなんと言おうと、「 ミリバール 」で貫こう!
   


太陽活動は異変を起こし、地球は異常気象があたりまえの気象になる。
一体、何が起きてるのだろうか?

太陽( 系 )のバイオリズム。
人間にバイオリスムがあるのと同じく、実は天体にもバイオリズムがある。


b0221143_17044426.gif



つまり、ここのところ、太陽系全体のバイオリズムが低下してるものと思われます。



銀河系が渦で出来てるのと同様、太陽系もまた渦出できている。
銀河系も太陽系もガス雲が凝集して渦を巻き始め、赤道部分に物質が集中。
やがてそれぞれに凝集して太陽系の場合は、恒星や惑星、衛星となった。
太陽系ガス雲の総重量と回転エネルギーのパラメーターを用いてスパコンでシミュレートしたのが、国立天文台の小久保さん。 今では4Dですっかり有名になった方だ。


b0221143_17071703.jpg





このシミュレーションに依って、現在の太陽系の惑星が見事にその位置、サイズぴったしに再現された。 小惑星帯を除いては。。。。 シミュレーションでは現在小惑星帯があるところに火星型惑星が存在しています。

さて、この原始太陽系ガス雲が回転運動 = 渦運動を始めることに依って中心に向かう「 向心力 」が発生する。


b0221143_18554403.gif
渦場の発生に伴う向心力と電磁重力トーラス場の発生
制作 : KH+TF



ニュートンが「 重力 」のことを「 引力 」と云ったのは大間違い!
引く力ではなく、押す力 = 向心力が正解である。
ニュートンの過ちなのか、或いは作為的なるものか真相は分からないが、この錯誤が現在の地球自然環境の破壊と地球生命体体内環境の破壊の根本原因である。

向心力に依って、電磁重力場は一体不可分のものとして発生する。
つまり、重力を発生させる粒子 = ヒッグス粒子などというアホげた馬鹿でかいシロモノなんぞ鼻ッから存在しない。 とんでもない詐欺野郎どもだッ!
この世紀の詐欺サーカスに日本から莫大な資金が巻き上げられている。
もちろん、経団連加盟企業は殆ど払うことのない、一般ピープル = 下層大衆民だけが上納しているみかじめ料 = 税金からだ。



b0221143_18575912.gif

太陽系は2億5千万年の時間をかけて天の川銀河を一周し、地球は2万6000年をかけて歳差運動を行っている。


b0221143_19001269.jpg



なぜ、1万3000年前に「 縄文海進 」は起きたか?
なぜ、「 有史 」は6500年前に始まるか?
13000年前と6500年前、地球上の多くの火山が爆発し、巨大地震があいつだものと思われます。

  26,000年
  13,000年
   6,600年
       現在

これが上記:四角点ベクトルフォース場の角運動と一致を見せる。


太陽系のバイオリズム・・・・地球のバイオリズムの低下は即ち、向心力 = うずまきエネルギーの低下となる。 向心力( 中心に向かって押さえつける渦巻きエネルギー )が低下すれば当然中心凝集体は締め付けエネルギーの低下によって膨れる。


b0221143_19075657.jpg
数十億年前の地球と現在の地球
周辺の点々は水分子を中心とする星間物質
制作 : KH+TF



地球は上図のように50億年前の誕生以来、次第に渦巻き回転エネルギーを減衰させながらコアのアネルギーを消費しつつ膨張しています( 太陽も同様:生命体も同様 )。
太陽は50億年後に白色矮星となって寿命を終えますが、その間次第に膨張し25億年後には地球を飲み込むと云われていますね。( 最近ではこの年数は少々間延びしたようですが。。。)
この天体膨張はリニアに起きるのではなく、ある程度階段状に起きるものと思われます。
急激に膨張する時、、、、地殻の割れ目が広がります。


b0221143_19040465.gif

アトランティス海没を巡ってウィグナーが大陸移動説を提唱したものの、当時はケチョンケチョンにされて世を去りますが、1950〜80年代にかけて大陸移動説はプレートテクトニクスとして次第に定着するようになり、今では一般理論となっています。 このプレートの移動を説明したのが、東工大の丸山茂徳さんのブリュームテクトニクス。


b0221143_19091314.jpg
出典 :不明( 阿修羅 )



では、なぜブリュームは発生するか?
当然の事ながらマントルよりも熱いものがコアにあるからです。
コアにあるデュートリウム重合体の核反応によって様々な物質( 元素 )が生成されその予熱がブリュームとしてマグマにまで沸き上がってきます。

地球の巻締めエネルギー( 向心力 )が弱まれば、コア周辺の核反応も進み、周辺体積も増加し、結果地球は膨張します。 ホットブリュームも活発となって、地殻のひび割れ( 海嶺・海溝 )を押し広げます。


神戸大震災 〜 スマトラ大地震 〜 311大地震ばかりでなく、環太平洋地域、特にアリューシャン( 北域 )やバヌアツ( 南域 )では、マグニチュード6〜8クラスが頻発しています。 沸騰する鍋の蓋 = 地球の顔( 太平洋 )の蓋がグワングワン音を立ててる感じです。


あれれ、、、、!
検索かけてたらこんなものが。。。。。。


b0221143_19104858.jpg


すでにちゃんと提唱されてた学者がいたんですね!?

こんなビデオも上記サイトで紹介されています。




Neal Adams - Science: 01 - Conspiracy: Earth is Growing!
nealadamsdotcom




さて、現在日本では、東海〜東南海〜南海:団子3兄弟地震の発生がささやかれていますが、本当のことを喋ったために東大から琉球大に追放された木村政昭さんは、東海地震も関東大地震も起きないとしています。


b0221143_19150118.jpg

2013/03    宝島社    2014/06


木村政昭さんHP
http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/



しかし、本当に東海トラフでは起きないでしょうか?
地震も太陽も人間に依る観測はたかがだ数百年。
地球50億年の歴史からすれば瞬間的なものでしかありません。
つまり、これまでに体験したことのない、地殻の破壊はどこにでも起きる可能性を秘めています。

次の地震で一番の問題が、浜岡原発。

   大地震、浜岡核燃料棒の移動を!
   http://nueq.exblog.jp/22565666/

でも書きましたが手抜き工事満載で日本一脆弱な浜岡原発が北米プレート・フィリピン海プレート・ユーラシアプレートの三重会合点近辺に立地し、活断層の上に建ってるわけです。


b0221143_19200003.jpg
青空の社会学
福島原発事故は明確な「 人災 」!
国は原子力行政の責任と転換を



浜岡原発に万一のことがあれば、名古屋は壊滅、311の3月15日から始まった東京も黄色い花粉どころでは済まなくなります。 関西も人が住めるところではなくなるでしょう。
ところがそんな浜岡に今だに核燃料棒があり、しかも再稼働を準備してるなど頭が狂ってるとしか思えません。

即刻、核燃料棒を安全なエリアに移動させ、浜岡は解体しなければなりません。
もちろんその他のエリアの危ない立地の原発も云うまでもありません。



先日、御嶽山が噴火しました。

b0221143_19212218.jpg
木村政昭「 東海地震も関東大地震も起きない 」P.72


上図は、火山噴火が同心円上に広がり、その中心点が大地震発生源となる。 とするものですが、日本列島中央部の想定点線内の中心は松本。 糸魚川と富士川の大断層:糸魚川静岡構造線と中央構造線が交わるポイント。
御岳は、この点線の西南の端に位置しています。
その噴火を2013年3月出版の上書で、2013年±4年と見事に的中させています。
どの地震学者も予期できなかった311地震も数ヶ月の誤差で的中させています。
御岳の噴火は松本地震にどのように影響するのでしょうか?
木村教授の見解をお聞きしたいものです。

また、木村教授は浅間山の噴火を2012年±4年、
富士山噴火を2011年±4年。
と発表しています。


b0221143_19225532.jpg
木村政昭「 東海地震も関東大地震も起きない 」P.150


大正時代の関東大震災を契機に富士山は有史以来3度目の活動期に入った。とし、「 噴火の目 」からの推計では2015年までに噴火するとしています。

1973年に突然出現〜噴火した小笠原:西ノ島は40年を経て西ノ島本島と合体し、フィリピンではピナツボ火山が2週間ほど前から活動を開始したようです。



b0221143_19242647.jpg
西之島新島の成長



b0221143_19245490.jpg
b0221143_19245803.jpg
b0221143_19250113.jpg

1991年のピナツボ火山の噴火
画像出典 : カラパイヤ
「 20世紀最大規模の大噴火、フィリピン・ピナトゥボ山の噴火映像 」


b0221143_19261553.jpg

ピナツボ・西之島新島・御岳、そして浅間山・富士山、フィリピン海プレートの北端が太平洋プレートに押される形で北米プレート・ユーラシアプレートを圧迫している様子が感じられます。 この圧力により中央構造線での日本列島の曲がりが変わる可能性も一部では指摘されています。


江戸:宝永噴火の時のように首都圏で5〜10cmの火山灰の降下があれば、水道も含めてあらゆるライフライン・交通・通信がストップする可能性があります。 コンピュータなども微粒子の吸い込みでダウンする可能性があります。 火山灰は尖りまくった微小サイズの溶岩です。 吸い込んだり目に入ると極めて危険。 いまから防じんマスクとゴーグル、それに腐らない水のご用意を!






講演会のお知らせ



11月 1日(土)大阪:全知全能の扉を開く4
11月 3日(祝)神戸:全知全能の扉を開く4
11月14日(金)東京:時事問題 w/ S先生
11月16日(日)東京:全知全能の扉を開く4



   全知全能の扉を開く
   4回シリーズ:第4回:総集編

   ・ 宇宙の摂理( 復習 )
   ・ プラーナ呼吸( 復習 )
   ・ 超古代文明と宇宙の摂理
   ・ 全知全能の扉を開く ことの意味


   元 裏内閣調査室:S先生のプロフィールはこちら


   会 場 : 大阪・神戸・東京、それぞれ中心部某所
   日 時 : 全知全能の扉を開く4 ・・・ 13:00〜18:00頃
        時事問題 w/ S先生 ・・・ 18:00〜21:00頃
        

   参加費 : nueq   3,000円
        +S先生   3,500円
        学生     500円
        高校未満   無料

  お申込・お問い合わせ

    会場(東京は日付も)、お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。








[PR]
by nueq | 2014-10-30 19:36 | Science | Trackback | Comments(5)
  
 
  
映画「 トランセンデンス 」
人類の知性を凌駕する人工生命
ハリウッドは古ぼけた軍事秘密技術をお伽話で提供する

ミーム( 教育&メディア )洗脳からナノデバイス・コントロールへ


講演会のお知らせ
大阪:30日(土) 神戸:31日(日)
東京:9月6〜7日





まもなく上映が終了しようとしているハリウッドSF映画「 トランセンデンス(超越)」。


b0221143_13191466.jpg


ストーリーはこうだ。

人工知能を開発中の科学者ウィル・キャスターは投資家相手の講演会で、

   人工知能が人と同じ自我を持てば
   人類が積み重ねてきたすべての知性を一瞬で越えていく

   人工知能PINNは自我を持つコンピュータ
   人間の脳の全てを備えている

b0221143_13194116.jpg

b0221143_13194521.jpg


と講演した直後に銃撃される。
打ち込まれた玉にはポロニウムが塗られていて、余命5週間と告げられる。

  ※ ポロニウムは、2006年のロンドン亡命ロシアKGB要員の暗殺や、
    2004年に死去したアラファト議長の暗殺にも使用された放射性物質。


同じくコンピューター・サイエンティストの妻と同僚の発案によってウィルの記憶は開発中の人工知能の中にアップロードされ、ウィルはコンピューターの中でウィルのすべての記憶を持った存在として甦る。

b0221143_13205202.jpg


甦ったウィルは世界中のコンピュータにアクセスし株式市場で巨万の富を築いて妻エヴリンと共にアメリカの砂漠の片田舎の地下深くに巨大な研究所を設立。


b0221143_13211108.jpg

b0221143_13211835.jpg


ナノ生命体を開発〜培養し、治療に訪れた人々に300kgを軽々と持ち上げたり車よりも速いスピードで走る能力などをインストールし、ついでにウィルの意識もインストールするが、夫を愛する妻はあまりの所業についていけなくなる。


b0221143_13214064.jpg


一方、世界中のコンピュータを瞬時に支配下に置いてしまうウィルの危険性に気がついた元上司と同僚、米軍は、暗殺テログループと連携してウィルの「 消去 」の秘策を練る。
ウィルの人工スーパー知能vs撲滅チームの死闘が繰り広げられる中、妻エヴリンは、、、、


b0221143_13582754.jpg



見た後で知ったけど、この映画、「 インセプション 」の撮影監督だったウォーリー・フォスターの初めての監督作品。 道理でテーマが似てる。
ウィキペディアで「 インセプション 」と「 トランセンデンス 」を比較してみてビックリ! なんと「 トランセンデンス 」の制作には英米に加えて中国が参加している!
2001年5月1日に日米同時に封切りされた「 パールハーバー 」の制作資金は江沢民が出したものだ。 4ヶ月後の9月11日にワールドトレードセンターに旅客機が突っ込んだ(とされている)時、子ブッシュは「 リメンバー・パールハーバー! 」と、第一声で叫んだ。 ちゃ〜〜〜〜んと、布石として映画が公開され、潜在意識にミームが植えこまれていたのだ。 「 連中 」の手際は実にすばらしい!


「 インセプション 」のプロデューサー兼脚本兼監督だったクリストファー・ノーランは、今回製作総指揮に回っている。 「 トランセンデンス 」のプロデューサーには西伊系と思しきコンペルソやユダヤ人らしき名前がズラリと並んでいる。


インセプション(植え込み)に関しては

   あなたの脳は誰のもの?(1)
   モスクワシグナルとマインドコントロール 前編
   

b0221143_18255587.jpg


で紹介してあるし、「 トランセンデンス 」のアイディア自体は、

   あなたの脳は誰のもの?(2)
   モスクワシグナルとマインドコントロール 後篇
   
で紹介した「 ブレインストーム 」の焼き直しと云ってもいいものだろう。


b0221143_13250980.jpg



「 トランセンデンス 」のサイエンティフィックな主題は3つに絞られるかと思う。

  1)人間の記憶を丸ごとコンピュータにアップロード出来るか?
  2)人工知能は「 自我 」を持つことが出来るか?
  3)ナノ生命体( ナノマシーン )は、人間をサイボーグ化するか?



3つのテーマを検証する前に、まずはハリウッド映画の性質を。
ハリウッドは、100%フリーメーソンによって運営されています。
ハリウッドにユダヤ系の人が多いのもその為。
ハリウッドのSF・戦争・スパイ・サスペンス・アクションものは、ほとんどが実話。
「 事実は小説より奇なり 」といいますが、「 事実は映画より奇なり 」。
実際に起きたことをマイルドにおとぎ話風に茶化して誇示してるのです。
同時に来るべき時代に備えて予め恐怖心を植え込んで( インセプションして )おきます。


SF映画で紹介される「 未来技術 」の多くはすでに開発済みです。
戦争で最も威力を発揮するのは「 秘密兵器 」。
相手の戦力を充分に読みきった上で開かれるのが戦端ですが、圧倒的に強力な秘密兵器が登場するとひとたまりもありません。 たとえ倍の兵力と軍備を持っていても相手側が10倍の戦力を持つ「 秘密兵器 」を繰り出してこられては敵いません。
アメリカの秘密サイエンス&テクノロジーは、公開されている超最先端技術の30年先を行ってるとは某秘密兵器開発責任者の弁です。

映画「 インセプション 」では、電極を皮膚に当てることによって脳内イメージを読み取り、意識の「 植え込み( インセプション )」が行われる技術をテーマにしていますが、1950年代にはすでにソ連によって非接触の電子波にに乗せて脳内で他人が語りかける技術が誕生しています。

   あなたの脳は誰のもの?(1)
   モスクワシグナルとマインドコントロール 前編

60年が経過する現在、脳内に外部からイメージを投影したりインセプションしたりは、非接触ですでに実現され、大いに活用されています。 その実験台になったのが、60〜80年台にアラスカ〜カナダ〜アメリカ北西部で局所的に頻発したアブダクション( 宇宙人によるワンパターンな誘拐 )、アメリカ中南部に局部的に頻発したミューテーション( 家畜の内蔵蒸発による死亡:橋本龍太郎死亡時と同じ )、80〜90年代にイギリスで局所的に頻発したミステリー・サークルです。 すべてHAARP、或いは同様のメカニズムで起こすことが可能です。


では、「 トランセンデンス 」3つのテーマの検証です。



1)人間の記憶を丸ごとコンピュータにアップロード出来るか?


まず、「 記憶 」とは何か?
ということです。
これは東京ではすでに「 全知全能の扉を開く(1)宇宙の摂理 」でお話し、関西では月末にお話する内容です。 記憶は一般に信じられてりるような保管のされ方はしません。
しかし、記憶の呼び出しは、それぞれ脳内のホログラフィックな一定パターンによって行われていて、これを丹念にfMRIで記録することで呼び出し回路のデータベースは構築できるかもしれません。 但し現状のfMRIの強磁場にそれだけ長時間に脳を晒してしまうと脳が壊れてしまう可能性が大ですが、30年先のfMRIなら可能なのかもしれません。 fMRIによる回路パターン蓄積&解析にはスーパーコンピュータが欠かせません。
スパコンは現状は古典チューリングマシンが基本だが、量子コンピュータによって飛躍的に計算能力が高まると期待されている(長いこと期待だけだったが。。。。)。
そこにカナダのベンチャーが東工大:西森秀稔教授の量子アニーリングと云う画期的な概念を使ってD−waveと云う商用量子コンピュータをいきなり実現し、NASAやGoogleがすでに導入している。

  日経コンピュータ
  突然商用化した夢の量子コンピュータ


「 人間の記憶を丸ごとアップロード 」と云うことには、2つの捉え方がある。
ひとつは、一人の人間の記憶を丸ごと。
もうひとつは、人類が蓄積してきた知を丸ごと。

コンピュータは、「 0・1 」による論理回路だ。
「 0・1 」は便宜上の「 表現 」であって、実際は回路の「 Off・On 」である。
人間の論理思考では「 No・Yes 」となる。
1/数兆 秒に一回「 No・Yes 」の判断を下し、1秒間で数兆回の「 No・Yes 」の思考分岐を経る。 これがコンピュータの論理回路だが、実際には人間の脳も同じ様に働いてるとされている。と云うより、人間の論理思考過程をそのまま移植したのがコンピュータ・アルゴリズムだ。
「 思考 」は、もう一項目立ててもいいくらいのテーマだ。
人間の論理思考過程をそのまま移植したプログラムの記述や解読は、逆に人間の( 自分の )論理思考過程の成り立ち方を明らかにしてくれる。 プログラムの眼差しから人間の論理思考過程・情報搭載過程・感情成立過程を眺めればそのスケルトン構造はあっけらかんと見え透いたものになってしまう。 スケルトンには粘着性のブヨブヨとした冗長情報が沢山くっつき、それがあたかも皮膚組織のようにスケルトンを覆って、人間の冗長性・遊びを形作っている。

さて、前者の一人の人間の記憶丸ごとは、fMRIを利用した膨大な作業量を、後者には人間の思考過程をトレースした論理回路と人類の全知をスパコンの中で再構成すればPINNに近いものは生み出すことが出来るかもしれない。 30年先のサインエス&テクノロジーを持ってすれば。。。。。いずれにせよこの問題は、見果てぬ詐欺である核融合やヒッグス粒子やクォークと違って実現可能な射程に入っている。




2)人工知能は「 自我 」を持つことが出来るか?
  

自我( エゴ )とは、生命衝動( 本能 )と理性を調整するもの。
言い換えれば、コンピュータが生命本能、或いは擬似的なそれを持つことがあり得るか?

生命衝動とは個体しての自己だけでなく子孫を含めた生命の存続と繁栄に収斂される。
「 本能 」の存在・非在はともかく、「 子孫繁栄 」のプログラムをインストールすれば自己増殖することはすでに証明されている。 否、子孫繁栄ではなくエネルギーの最大獲得をプログラムすれば自律的に自己増殖〜形態機能進化〜子孫繁栄することが80年代に証明されている。

トーマス・レイ
生態学者だったトムはコスタリカのジャングルで蝶を追っかけ廻す、コンピュータとはまるで無縁の存在だった。 蝶の羽の文様の個体による変化を発生学的に追求したい彼に友人はコンピュータでのプログラムを教える。 蝶の羽根の文様発生プログラムが人工生命 Artificial Life のプログラムにそのままスライドし、人工生命プログラム「 Tierra ティエラ 」の誕生へとつながった。

b0221143_13283670.gif

初期型ティエラ
画像出典 : 10歳の人工生命


b0221143_13284276.jpg

進化版ティエラ
寄生虫や寄生虫を防御したり駆除する虫も突然変異で出現
画像出典 : Tierra PhotoessayTom Ray's home page


1980年代後半、ARTの世界で有名になり、麻布一の橋に誕生したNTT・ATR研究所での「 A-Life 展 」で来日。 世界最先端の Artificial Life プログラムの中でズバ抜けて素晴らしい存在として Artificial Life プログラムの原型となる。 その後関西学園都市に作られたATRに招聘され数年間日本に滞在する間に世界から忘れられた存在となってしまう。 その時のガールフレンドが僕の友人だったとはずっと後になってから知ってビックラ仰天!

プリミティブなティエラでは、人間様の微細な感情や嗜好性はトレースできないが、スパコンを何台もネットワークさせた頭脳であれば可能になるのかもしれない。
その未来を描いたのが、雨の降りしきる千葉のビル屋上の粗末なカプセルルームからストーリーが始まる1980年のウィリアム・ギブソンのSF小説「 ニューロマンサー 」だ。

b0221143_13312633.jpg


1980年、ここに描かれたコンピュータ&ネットワークの世界は滅茶苦茶カッコ良かった! このSF小説のためだけに「 サイバーパンク 」と云う文化ジャンルが誕生。 世界中のコンピュータ・サイエンティストが「 ニューロマンサー 」の世界を実現しようとしのぎを削り、小説の中に描かれた「 Sence Net 」はやがて「 Inter Net 」として一般に開放されることになった。 ITやゲームやロボット/サイボーグの進化のベクトルは今も尚「 ニューロマンサー 」で提示されたビジョンの範囲を出ることはない。 「 ニューロマンサー 」は、コンピュータ世界の「 資本論 」とも云うべき偉大な啓蒙書・予言書とも云えるだろう。
多くの映画監督がそのチョ〜〜〜カッコイイSFの映画化にチャレンジしたが見事に枕を並べて返り討ち。ようやく部分的に製作出来たのが1997年封切りのイタリア映画「 ニルヴァーナ 」。


b0221143_13345588.jpg


『 ニルヴァーナ 』 日本語版予告篇


続けて、より近い線で仕上がったのがハリウッド1999年9月11日封切りの「 MATRIX 」だ。






そういった意味では「 トランセンデンス 」もまた、スイスのコンピュータ・サイエンティストの意識を植え込んだ「 SeceNet 」の焼き直しと云えるだろう。


人工生命「 ティエラ 」が証明したように、エネルギー獲得の初期条件さえ与えておけば、コンピュータは自己複製〜子孫繁栄を自律的に行うようになり、敵対する対象のエネルギーを奪ったり死滅させるように自らの機能を進化させる。

ティエラの「 自我 」と、人間の「 自我 」のどこにその違いを認めることが出来るのだろうか? その追求は神学論争として後廻しにしておこう。





3)ナノ生命体( ナノマシーン )は、人間をサイボーグ化するか?


ウィラブル・コンピュータが様々に開発され、脳と直結するマシンも登場し始めてる現在、多くを語る必要はすでにないだろう。
まさに「 ニューロマンサー 」の主題であり、アメリカの軍事ロボットは半サイボーグなヒロイン:モリィに向けて一直線に開発が進められているように見える。 HONDAのアシモフは遥か雲の下に霞んでしまっている。

ナノ生命体と、ES再生医療との境界線はいずれ一線が踏み越えられる時が来るだろう。 誰かが必ずその誘惑に抵抗しきれなくなるのは歴史の必然だ。

 マシンと脳が直結されているわけではないが、すでに人類はインターネットによって脳機能を飛躍的に拡大した。 キーワードさえ打ち込めば、人類の知の遺産がすぐさま脳内にインストールされる。 後は取捨選別のsenceだけだ。 ゴミ拾いに徹するものは脳内が益々ゴミ溜めとなっていく。 ネチズンにはそうしたヤカラが極めて多い。 インターネットはDEVO( 退化人間、、、つまるところ、ゾンビ )のツールとも化している。

b0221143_13384141.jpg
Are We Not Men?
We Are Devo!!
http://youtu.be/d43gKl9xIME


「トライセンデンス 」では、ウィルスの如く大気中に拡散するウィルの意思を宿したナノ生命体が雨となって世界中の大地に降り注ぎ、水を湖沼河川を浄化したり森林を甦らしたり砂漠を緑化したりする情景が描かれているが、人間や動物の体内にも当然の事ながら侵入してウィルの意思が同化することになる。


b0221143_13400070.jpg

すでにケムトレイイルによって、様々なウィルスが世界中にバラ撒かれていて、ゆくゆくは大衆の意思をケムトレイル・ナノ生命体によって直接コントロールする世界が現出する危険性も秘めている。



冒頭で書いた様に、ハリウッド映画は30年先を行く軍事技術にとっては、すでに古ぼけた「 最先端テクノロジー 」を、「 夢のテクノロジー 」としてこれみよがしに見せびらかす場であると同時に、今後の方針を示す宣言の場でもある。

「 トランセンデンス 」が、実際に仕上がってるかどうかは別として、研究者がその方向性で開発を進め、かなり深化していることは間違いないところでしょう。


人々は嬉しがって「 クラウド 」に、自分の脳味噌を預けてしまっている。
中国政府がMACを発禁処分にしようとしてるのはある意味で非常に懸命な策だ。


我々は現状のメディアなどの「 間接的な手法による洗脳 」から、物理的・電磁波的・生体的「 直接コントロール 」へと移行しつつある現状を見据え、これを何としてでも阻止しなければなりません。
そのためには「 明治簒奪ニッポン政府 」をブッ潰して、

  にほん人の
  にほん人による
  にほん人のための政府


を樹立・独立し、世界の家畜のみなさんにその範を示さなければなりません。

現在の「 明治簒奪ニッポン政府 」の政治屋・官僚どもは、基本的には全員ブタ箱送り、或いはポルポト方式で現場送りにしなければなりません。

そして極めて低次元な「 感情の囚人であるところの猿の惑星の住人 」から進化しなければなりません。 冒頭の「 トランセンデンス 」画像で妻エヴリンは「 人間の進化には新しい発想が必要です。」と述べていますが、フリーメーソン・ハリウッドが提示したその手法とは全く異なる進化の手法を人類は目指さなければなりません。

  意識の進化
  意識の相転移現象

これを実現するための「 全知全能の扉を開く 」手法をみなさんに開示しています。


  あなたの思考・思念・感情・観念・概念はパーツどこから来ていますか?

  間違ったインプットデータからは、
  歪んだアウトプットしか出てこない。



東京では4回シリーズのすでに2回を終えました。
関西では月末から4回シリーズがスタートします。

人間はひとりひとりそれぞれに天才性を秘めています。
その天才性が開花しないよう、学校教育・親の躾・企業規律でがんじがらめに封印が施されています。 セミナーではこの封印を解く手法をお伝えします。

  ・ 正しい知識( 宇宙の摂理 )
  ・ 情報の真偽判断〜真相・深層究明手法
  ・ 意識の物理現象化
  ・ プラーナ呼吸とエネルギーコントロール

一人でも多くの方が目覚め、全知全能の封印を解いて頂きたいと思います。






全知全能の扉を開く
4回シリーズ
第1回:宇宙の摂理


   8月30日(土)大阪
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           1)宇宙の摂理
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照

   8月31日(土)神戸( ハーバーランド )
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           1)宇宙の摂理
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照


   9月 6日(土)東京
           S先生+nueq
           時事問題( 内容未定 )

   9月 7日(日)東京
           nueq
           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           3)プラーナ呼吸
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照


   会 場 : 大阪・神戸・東京、それぞれ中心部某所
   日 時 : 大阪 13:00〜18:00頃
        神戸 12:00〜17:00
        東京 13:00〜18:00頃

   参加費 : nueq   3,000円
        +S先生   3,500円
        学生     500円
        高校未満   無料


  お申込・お問い合わせ

    お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。








[PR]
by nueq | 2014-08-20 13:52 | Science | Trackback | Comments(30)



最近は薬の副作用ではっきりと会話することが難しかった?

非常階段の手すりにひも状のものをかけて首つり?

講演会のお知らせ

東京:8月9日(土)10日(日)
大阪8月30日(土)、神戸8月31日(日)




すでに多くの方が疑問に思っている理化学研究所:発生・再生科学総合研究センター( CDB:Center of Development Biology )副センター長:笹井芳樹さん(52)の「 自殺 」。
5日朝、隣接する先端医療センターの非常階段の手すりにひも状のものをかけて首吊り状態で警備員に発見された。
遺書の「 ようなもの 」は、秘書のデスクに少なくとも1通、首吊り現場に3通。
遺書は近くのかばんの中にあった。小保方氏に宛てた遺書には「あなたのせいではない」「STAP細胞を必ず再現してください」という趣旨のことも書かれていたという。
笹井氏はSTAP細胞の論文問題後から心療内科を受診し、最近は薬の副作用ではっきりと会話することが難しかったという。


  参考ニュース

  産経msn
  STAP問題後「心療内科受診」と同僚証言 官房長官「非常に残念」

  産経msn
  理研・笹井氏自殺 遺書は秘書の机に1通、現場に3通 
  「心身共に疲れていた」 理研が会見

  神戸新聞
  「疲れた」小保方氏らに遺書 理研・笹井氏自殺
  小保方さん宛遺書に「STAP細胞を必ず再現してください」

  dot.
  STAP論文の不正が発覚後、笹井さんは、
  『覚悟はしているよ。責任はとらねば』と言いつつも、
  余裕の表情でした


これらは、毎度繰り返されるプロに依るいつもの手口そのままとも云えます。



  日韓スワップ協定の延長停止外国人参政権反対人権救済法案反対
  松下忠洋 郵政改革・金融相(73)、議員宿舎のドアノブで首吊り自殺
  2012年9月10日
  http://matome.naver.jp/odai/2134733396902475201
  笹井氏の不可解な死亡事件と松岡大臣自殺偽装事件の類似点
  http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7493.html#more
  松下 郵政改革金融相 首つり自殺と ジョセフ・ナイ&アーミテージ来日のタイミング
  http://nueq.exblog.jp/19413874/


  NHK解説委員:影山日出夫さん、
  NHKのトイレのドアノブでネクタイ首吊り自殺
  http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/744.html
  2010年8月11日

  NHK解説主幹長谷川浩さん(55)、
  NHK6階自室から飛び降り自殺
  http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/692ee8d99eeec357bcc13a2a31bc8bda
  2001年10月15日
  911の真相徹底解明をNHKで行うことを決定の直後。

  エイチ・エス証券副社長:野口英明さん、
  ライブドア事件強制捜査の2日後、
  那覇のカプセルホテルで手首や腹などを切って自殺
  http://seizaikai.exblog.jp/2770384
  http://critic2.exblog.jp/2545979
  2006年2月16日


  日本の政財界要人:首吊り自殺史
  http://satehate.exblog.jp/18439849/

  戦後「 自殺した 」とされている政治家一覧
  http://www.geocities.jp/m_karitto_sakutto/politics/D02_jisatsu.html

  自殺ではなく、病死とされているのでここに記されてない重要政治家の一部。
  中川昭一、橋本龍太郎、小渕恵三、竹下登、大平正芳、、、、


笹井さんの「 自殺 」に関しては一般的には2通りが考えられます。

 1)STAP再現不能が判明し、自殺した。
 2)理研の名前を穢したので同僚によって殺害された。

1)の場合、小保方さん宛の「 遺書 」の内容が不可思議です。

STAP細胞の実在を確信していた、、、って実際見てるだろうから確信ではなく、事実として、単に小保方さんの実験〜論文作成の技術的なケアレミスだけの問題だから、再現実験に意欲を燃やすのは当然で、実在証明できれば、論文は再提出すればいいし、世界に冠たる日本の分子生物学を高らかにアピールすることが出来たはずだ。 なのに、わざわざ「 自殺 」した上に、「 遺書 」なるものに「STAP細胞を必ず再現してください」、、、、、、な〜〜〜んか、変でない?????????

プロにとって本人の筆跡を真似ることくらい、朝飯前!
しかも、クスリでフラフラになってるのだから、筆跡は多少乱れたり変わってもおかしくない。


そして僕は丁度前夜、友人たちと飲みながらCDBお取り潰しの件の「 不可解 」を話してたところだった。 理研CDBとは、東大で云えば工学部みたいなもんだ。 工学部の一研究室が論文で不正を働いた。 研究室の閉鎖・解散はありえるとしても、東大工学部がお取り潰しになるか? と。


  ITmediaニュース
  STAP問題「研究自体が虚構の疑念を禁じ得ない段階」 
  日本学術会議、理研に関係者の処分求める
  2014年07月25日

  日本学術会議幹事会声明
  「 STAP細胞事案に関する理化学研究所への要望と
    日本学術会議の見解について 」
  http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf//kohyo-22-kanji-1.pdf
  2014年7月25日


あははははっはははっはははh.。。。。。。!
またしても、日本学術会議!!!!


数年前に、ホメオパシーを利用して死亡した事故を国立あたりのアメリカ人宣教師が問題にして騒ぎたて、これに日本学術会議が介入。 ホメオパシーを弾圧した経緯がある。
人口30万の大半が疎開した南京で30万人の大虐殺があったと騒ぎ立てたドイツ系アメリカ人宣教師、「 GOLD WARRIORS 」を著して、ゴールデンリリー ( 黄金の百合 = 天皇の金塊 )にまつわる日本の天皇家を徹底的に侮辱( 尤も主人公でもある旧宮家とその息子は、国際赤十字と並び称される世界最大のマネーロンダリング機関=オリンピック委員会の日本委員長を世襲し、さらにイカガワシイ存在へと精進中である )したドイツ系アメリカ人宣教師のシーグレイブ、、、、ホメオパシー糾弾の神父がドイツ系かどうかは知らないが、アメリカ系新教( プロテスタント )の日本人も含む連中は日本根絶やしのためのさまざまな活動を日々行っている。

世界ホメオパシー協会のTOPはチャールズ皇太子であるが、アメリカでは近年、ホメオパシーを非合法化した。
なんせ、家庭菜園で( 無農薬・無化学肥料・非F1種、非遺伝子組み換えの )野菜を個人が育てることも基本的には違法としてしまった国である( 多くの反対により連邦政府原案の完全禁止は寸前の処でなんとか免れた )
日本学術会議は、このアメ公の片棒担ぎの役割をこの時演じた。
つまり、ロックフェラーの回し者である。

ホメオパシーは、「 現代医療 」のアロパシーの対立概念&技術体系で、実際に素晴らしい効果がある。 しかし、レメディは数百種類に及び、濃度も様々、これを患者の体質や性格・病状・病巣・原因を的確に把握して、数種類のレメディを組み合わせるのだから、その組み合わせのバリエーションたるやマニュアル化出来たとしてもスーパーコンピュータでも果たしてこなせるか? という代物で、シロウトが簡単に手を出せるものではなく、天才的な頭脳か直感力が要求される世界だ。 しかし診断と対処が上手く組み合わされれば素晴らしい効果を得ることが出来る。 これは弾圧すべきものではなく、天才でなくてもどのようにすれば比較的簡単に取り扱うことが出来るかそのシステム化を研究する様、指導し資金提供する立場にあるのが日本学術会議である。

この内容を数日以内にUPするつもりだったが、まさにこの話をしてる最中に犯行が実行された可能性が大である。 警察はいつもの様にマスゴミにど〜〜〜でもいいゴミネタの「 餌 」撒きばかりをするのではなく、たまには真摯に死亡時刻と死亡原因を発表しては如何か?



それにしても今回の、上記の「 日本学術会議幹事会声明 」のあまりにもあからさまなロックフェラーのポチ野郎ぶりには笑ってしまった。。。。。wwww

曰く

 4.現在、研究不正に最も深く関わったとされる小保方氏が参加する
   STAP現象の再現実験が始められ、関係者の懲戒については
   結論が先送りされると伝えられています。
   しかし、この再現実験の帰趨にかかわらず、
   理研は保存されている関係試料を速やかに調査し、
   取り下げられた2つの論文にどれだけの不正が含まれていたかを
   明らかにするべきです。
   また、そこで認定された研究不正に応じて、
   関係者に対する処分を下すことは、
   この事案における関係者の責任を曖昧にしないという意味で重要です。
   関係試料の速やかな調査による不正の解明と、
   関係者の責任を明確にすることを要望します。


「 日本学術会議 」って、日本の学術( サイエンス )の振興を計るおエラさんたちの組織じゃなかったっけ???
どんなアホでもSTAP細胞に関しては、その実在証明こそが急務あって、責任だの処分だのは2の次、3の次、いや、108の次くらいに属すことくらいはどんな間抜けでも解ること。

それを、

   STAP現象の再現実験が始められ、
   関係者の懲戒については結論が先送りされる

ことを懸念し、CDBのお取り潰しを「 高所・大所 」の象牙の椅子にふんぞり返って屁でもこくように抜かしている。 クちゃい、クちゃい。。。。。

日本学術会議という名の売国奴集団、あからさまにSTAP細胞の実存証明を上記の様に極度に恐れている。

いつぞやの中国エージェント:蓮舫とか云う馬鹿女の「 世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか? 」のスパコン潰しと軌を一にしている。

世界一は結果である。 世界一になる為の周辺技術開発、人材育成、2位になるためのそれとはまるで次元が違う! しかも盗聴・洗脳・防御もすべてスパコンで行われている。 スパコンの性能は今や世界最高の戦闘機同様、最大の兵器でもある。 アメ公にとっても支那にとっても日本がそれを所有することは断じて妨害しなければならない。 そのために送り込まれた支那エージェントの姦邪である。

再生医療・ES細胞の世界で世界最先端:トップランナーだったのがCDB:笹井さん。
今回の一連の事件は、大日本帝国陸軍の核開発拠点 = 理化学研究所の新たな最先端技術潰し、ひいては理化学研究所潰しにある。

日本学術会議のCDBお取り潰し圧力に対してカドヘリンの発見から細胞の自己組織化研究の道を拓いた竹市雅俊CDBセンター長は、強く反発していました。

日本学術会議だけが、「 連中 」の手先ではありません。
政府内部・政権幹部にも多くの手羽先が存在しています。
小保方さんに依るネイチャーへの投稿、いや、それ以前から大きな包囲網が敷かれていたのです。


ロックフェラーと云えば、STAP細胞組み込みマウス育成の鍵を握る若山照彦 山梨大教授は、ハワイ大学でクローンマウス開発を研究生からパクった成果でロックフェラー大学にスカウトされ、そこから理研に送り込まれた人物です。

下記の過去エッセイに、STAP細胞騒動トラップが仕掛けられた大きな枠組を示してあります。 これに小保方さんの云うSTAP細胞成功に秘訣となった「 オレンジジュースみたいなもの 」が、← 理研:丹羽教授 ← 熊本大:太田准教 ← 飯山一郎さんの乳酸菌であること を掛けあわせて考察すれば、STAP TRAPの全貌が浮かび上がってきます。


  STAP細胞がSTUCK細胞に
  http://nueq.exblog.jp/22511017/
  ネイチャーは誰の持ち物か?

  追記:STAP細胞がSTUCK細胞に
  http://nueq.exblog.jp/22557390/
  メスの解析データを公表すべき

  小保方女史 「 メスの幹細胞もある 」
  http://nueq.exblog.jp/22510986/
  小保方さんが唯一具体的に反論:対 若山


  飯山一郎さんの「 てげてげ 」魚拓:タマちゃんの暇つぶし
  熊本大学・太田准教授に渡した乳酸菌
  http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-9592.html  
 

STAP細胞の成功は、生命サイエンスを根底から覆してしまう千島学説の証明となり、国債製医薬シンジケートの利権を雲散霧消してしまうことになるため、これは全力で阻止すべきものとなります。
STAP TRAP騒動は、極めて不愉快な事件でしたが、今回の笹山さん謀殺は、正直、メッチャッ気分が悪いッ! ムカつくッ!!! お前らここまでやるか!? 本当に悪魔のような「 連中 」だ。 すでに若山はことの推移にビビりまくってるだろうが、殺人指令を出した連中:グループは突き止められなければならないッ!!!

ロックフェラーやロスチャイルドなどは、「 連中 」の悪代官 = 手羽先に過ぎない。

ロックフェラーと云えば、デービッド・ロックフェラーの次男が6月13日:金曜日の満月の日に暗殺されました。

  ロックフェラー謀殺の力学
  http://nueq.exblog.jp/22837066

この件に関しても、「 謀殺の力学 」のより深い構造が解明されました。

また、ウクライナでのマレー航空撃墜も背後関係も含めてほぼ全容が解明されました。

笹井さん謀殺の指令を日本国内で出した中枢の手羽先男は誰か?
そして、ロックフェラー謀殺・マレー航空撃墜・イスラエルのガザ侵攻・ISIS・尖閣紛争、、、、、全てが大きなうねりの波頭とも云えます。
今、世界で何が起きつつあるのか?

その真相と深層を8月10日(日)、東京会場にてS先生と共にドップリとお話します。


b0221143_12275919.jpg

S先生の似顔絵 by 漫画家H
S先生のプロフィールは
安部総理に摘発された細川軍資金 」を参照






講演会



   8月 9日(土)東京
           nueq

           「 全知全能の扉を開く 」4回シリーズ
           2)精神世界を物理学する
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照

   8月10日(日)東京
           S先生+nueq

           理研:笹井さん暗殺の真相と深層
           マレーシア航空撃墜の深層+JAL123便御巣鷹山事変
           イスラエルのガザ侵攻 〜 中東再編
           なぜ今、ケネディ暗殺映画封切りか?
           ロックフェラー謀殺の力学:その2
           BRICKS開銀発足 / 世界通貨と金の行方
           10月金融大暴落?
           世界を股にかける皇室外交
           映画「 トランセンデンス 」と氷河期
           
   8月30日(土)大阪
           nueq

           「 全知全能の扉を開く 」5回シリーズ
           1)宇宙の摂理
           ※ 初回は第0回:序章でした。
           ※ 内容は「 全知全能の扉を開く 」末尾参照

   8月31日(土)神戸
           nueq

           「 全知全能の扉を開く 」5回シリーズ
           1)宇宙の摂理



   会 場 : 東京・大阪・神戸、それぞれ中心部某所
   日 時 : 東京 13:00〜18:00頃
        関西 13:00〜17:00

   参加費 : nueq   3,000円
        w/S先生 3,500円
        学生      500円
        高校未満      無料


  お申込・お問い合わせ

    お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。







       .

[PR]
by nueq | 2014-08-06 02:24 | Science | Trackback | Comments(20)

全知全能の扉を開く

    
   
     
全知全能の扉を開く
4つの鍵

あなたの概念・思考・思念・感情のパーツは
どこから来てますか?

今や全人類が巨大な洗脳インセプション被曝状態
「 シオンの長老の議定書 」

間違ったインプットは
歪んだアウトプットをもたらす

支配者の最大の恐怖「 宇宙の摂理 」を知る

プラーナの秘技秘伝伝授



講演会のお知らせ
東京:6月21日(土)
神戸:7月12日(土)
大阪:7月13日(日)




「 全知全能 」とは「 神 」に対する枕詞。
しかし、その「 神 」とは、ヨーロッパの「 神 」、すなわち耶蘇教( イエズス会キリスト教 )の「 GOD 」を日本語に訳したものであり、「 GOD 」に「 神 」と云う訳語を当てたのは間違いである。との指摘もよく聞かれます。 それは日本で云うところの「 神 」の概念とは異なるからです。

キリスト教でいうところの「 神 」とは、古代ヘブライ語で書くところのYHWY。
これを現代ヘブライ語では一般的に「 ヤハウェ 」と発音する。
古代ヘブライ語には母音がないが、20世紀初頭シオニズム運動の流れの中でヘブライ語を「 民族 」言語として「 復活 」させるために古代ヘブライ語のYHWYの母音を想像して「 ヤハウェ 」とした。

ではそれまで、ユダヤ人は何語を話していたか?
それぞれの現地語である。
スファラディはスペイン・ポルトガル・マグレブ・ネーデルランド・エゲレス語を、カナンの地の者達はアラブ・トルコ語を、アシュケナジーはスラブ系言語を。
面白いことに20世紀に現代ヘブライ語が「 復元 」される以前、1887年にポーランドアシュケナジーのルドヴィコ・ザメンホフによってエスペラント語が造られている。

耶蘇教で云うところの「 GOD = YHWY 」とは、前回のエッセイ「 獣の数字666とナーガ族 」の末尾や「 クリスマスって何の日? ・・・バビロン暦とグレゴリオ暦と和暦 」の終盤にも書いたように、ユダヤ・キリスト教が最も毛嫌いする「 偶像崇拝 」のバール神に厚化粧を施して新たに捏造された「 神 」に他なりません。

従って「 全知全能 」とは、ユダヤ教の「 GOD = YHWY 」の枕詞。

しかし、すべてを見通す目を持ち、千里を瞬時に移動する存在は、厚化粧の神:ヤハウェとはまた別に存在します。 それがチベットの仙人、或いは古代日本に存在した仙人。


b0221143_17493827.jpg

世界の民を愚弄し奴隷状態に置く世界支配中枢が信奉し秘匿する秘技秘伝のコア中のコアが、このチベットの秘技秘伝と古代エジプトの秘技秘伝。 「 連中 」は、これを大層なものとして神秘のベールに包んだり逆に1ドル札に描いてみんなを怖がらせているが、実は地球人ならだれでも( 長い人生の時間軸の中ではほぼ )瞬時にその気になれば感得することが出来るもの。

一方、葬式仏教と堕したと云うより、日本伝来のそのはじめから間違って伝来した仏教やその派生系で説くところの瞑想や呼吸法は、カタチだけを真似たもので真髄はまるで理解できていません。 つまり坊主自体が、仏教が、否、ブッダが、龍樹が説いたものが何であるのかがまるで理解できてないのが現状。 但し空海だけはその真髄を持ち帰ってきたようですが、これを封印してしまいました。 空海は唯一、龍樹 〜 不空に受け継がれた密教としてまとめられたより古い真髄を学んだように思えます。

支配者にとって、この秘密を一般人( 奴隷:ゴイム )が再発見するすることが最も恐怖である。 その恐怖があからさまに記された書物がある。
「 シオンの長老の議定書 」


b0221143_13113636.jpg

国際ユダヤ人 〜 現代によみがえる自動車王ヘンリー・フォードの警告
徳間書店 (1993/08)

定本 シオンの議定書
四王天 延孝【原訳】/天童 竺丸【補訳・解説】
成甲書房(2012/03)

四王天 延孝【原訳】/太田 龍【補訳・解説】
成甲書房(2004/09)
ネットに全文公開



四王天延孝原訳 / 天童竺丸解説の方は読んでないが、T型フォード自動車生みの親:ヘンリー・フォードによる「 国際ユダヤ人 」がアメリカで出版されたのが1920年前後。 すぐさま第1次世界大戦の敗戦後、国のすべてをユダヤ人が牛耳るドイツ・ワイマール共和国で翻訳・出版され当時で20万部という空前の大ヒットを放ち、反ユダヤ:ヒットラー・ナチス登場のお膳立てを行った名著。 ちなみにこのユダヤ・ワイマール憲法がユダヤ人:エレノア・ルーズベルト米大統領夫人( の手下ども )によってそのま〜んま移植されたのが現在の日本国憲法。
島講一氏による訳は、名訳だ。


シオンの長老の議定書 」では、2つのことを「 ゴイム 」に断じてさせてはならない。と、繰り返し書かれている。


 1)ゴイムどもに自分の頭で考えさせないこと

 2)ゴイムから天才をださないこと


この2点が、世界支配にとって最も重要なポイントである。
と、何度も書かれている。
ゴイムとは、非ユダヤ人のこと。

シオンの議定書は本当にユダヤ人の長老たちが書いたものなのか?
或いは、ヨーロッパの黒い貴族たちがシオニズム・ユダヤ人を騙って書いてわざとリークさせたものなのか? ヨーロッパの黒い貴族、これを世界支配中枢と呼ぶ。 ヘンリ・フォードもまた世界支配中枢によって「 自動車 」を世に送り出させてもらった過ぎない。 そのフォードが設立した巨大なフォード財団は、世界を洗脳支配するための謀略シンクタンクである。
「 連中 」は1942年、トーキー映画とラヂオを合体させたテレビと云うシロモノをリリースする。 映画とラヂオの洗脳機能は、この新しい手法:テレビによって目覚ましく進化し、高度な洗脳を視聴者に施すことが出来るようになった。 登場したアメリカの3大TVネットワーク:ABC・CBS・NBCは、もちろん世界支配中枢傘下のダヴィストック研究所の洗脳技術( これを社会工学と「 連中 」は命名した )の指導の下に設立されたもの。 1942年当時、すでにテレビが大脳皮質を麻痺させ爬虫類脳に快感を与える効果はタヴィストック研究所によって証明されている
つまり、判断不能( 大脳皮質麻痺 )状態で、いつまでもテレビを見続けたいと云う快感( 爬虫類脳刺激 )維持を行うことで、アメリカ人、ひいては世界中の人々の痴呆化に大いに貢献したのある。
ゴイムとは、本当は非ユダヤ人のことではなく、TPPに収斂するグローバリズムと云う名のワンワールド世界の奴隷たち = 我々一般ピープルのこと。

エゲレスから生意気にも独立した「 正義:フェアー 」を愛するアメリカ人を愚鈍な家畜に調教するために、ソープランドならぬソープシアターと云う番組を家畜の爬虫類脳に垂れ流し続けたのだ。 このソープシアターはそのまま日本語に翻訳されて「 石鹸劇場 」として昭和30年代の茶の間に東京タワースタジオ( 地下にはフリーメーソンの東京ロッヂがあることで有名:現・森ビル、元ダイエービルのメソニックビルの下のブルールームなどは一般向け、本当のイニシエーションルームは東京タワーの真下にある )から垂れ流された。 「 石鹸劇場 」は今も「 バラエティ番組 」と称して石鹸屋( 資生堂 = 多数の経皮毒裁判被告、カネボウ、花王 = 統一教会、P&G = スレイブじゃなかったスライブ、ジョンソン、サスーン = 阿片戦争の首謀者 など )が泡盛で垂れ流し続けている。

ちなみに東京タワーの着工は昭和32( 1957 )年6月29日、竣工は昭和33年10月14日。 高さ333mは「 666 」の半分。 まぁ、冗談みたいなタワーですが、これを冗談でビキニ環礁の核実験で被曝巨大化したゴジラがへし折ります。(^o^)b


b0221143_13141714.jpg
ガメラも倒す、モスラも倒す、ガラモンも倒す!
右下は、ゴジラシリーズ第5作目『三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)』
でゴジラに倒された東京タワー

画像出典
群馬大学GA研究会 なんでもにっき
嗚呼東京タワー

円ジョイと師匠の独り言
祝!象徴の誕生日

特撮特化
ランドマーク・東京タワー2



ゴジラが東京タワーを倒す写真がない!
と、思ったら当たり前。
画像出典先の「 特撮特化 」さんによると、東京タワーを初めて倒したのはモスラであって、ゴジラシリーズで初めて倒したのが5作目とのこと。 しかも発射した熱線が外れてのこととか。。。 これらの特撮をやった円谷英二さんが手がけたのがアポロ11号の素晴らしい月面着陸特撮映像、、、一ヶ所だけいたずら( 大気のない月面でなぜか風に揺らめく星条旗の当時の動画 )して、、ってのホントと云うことらしいが。。。。


おまけで建築中の東京タワーを

b0221143_13161279.jpg
クリックして拡大すると見やすいです。
拡大は、Cntl+ または Cmnd+、縮小は、Cntl− または Cmnd− で。

左から2枚目、左側に見えてるのはフルベッキの明治学院大学の教会
左奥に国会議事堂。
左から3枚目は昭和61(1986)年、、30年でこんなに変わった!
右は当ブログでお馴染み:666m(?)の3号機核爆発原子雲

画像出典
DESIGN BLOG BIRD YARD
知られざる東京タワーの製作秘話

毎日新聞:昭和写真館
50枚の写真で振り返る東京タワーの50年


余談に流れる悪い癖が全開になりそうなところで本題に戻すと、「 シオンの議定書 」を書いたのは一般にユダヤ人とされているが、ユダヤ人は「 宮廷ユダヤ人 」としてヨーロッパの黒い貴族:世界支配中枢に仕える「 宮廷官吏 」にすぎない。
「 シオンの議定書 」は1897年8月29日、スイス:バーゼルで開かれた第一回シオニスト会議で発表された「 シオン二十四人の長老 」による決議文と云うことになっているが、この会議までに日英同盟を後ろ盾とした日露戦争( ロシア:ロマノフ王朝簒奪 )〜 第1次世界大戦( パプスブルグ家簒奪 )〜 第2次世界大戦( 世界支配の完成 )と云うステップの世界支配のシナリオは完成していたようだ。

「 想定外 」だったのが、スターリンによるインターナショナリズムへの「 裏切り 〜 反乱 = ナショナリズム = 反ユダヤ 」だったようで、これによって東西冷戦体制が敷かれ、現在のプーチンもまたスターリンと同じ路線を歩んでいるが、スターリンもプーチンも実は「 想定内:プログラム 」の一環である可能性も否定出来ない。

これまでお伝えしてきたように、世界は今、180年振りの政治的( とはつまり経済的 )地殻変動期に突入し、深度地下部では大激震が巻き起こっているが、その波頭が時折、ウクライナやスーダン、イラク、シリア、エジプト、リビア、尖閣などで一般ピープルに見える形で顕れています。
この地殻変動は、「 シオンの議定書 」など生ぬるく感じるほどの新たな「 議定書 」・・・ 表に現れているのがジョージ・オーウェルの「 1984 」・・・ によって、世界の人々は完全な奴隷状態に置かれようとしている寸前です。
日本ではこれがTPPの津波として押し寄せいています。


我々日本人:にほん人は、できるだけ多くの人が目覚め、明治簒奪ニッポン政府をブッ潰して、

  にほんの
  にほん人による
  にほん人のための

にほん政府を創らなければなりません。



セミナーの2次会等で多くの方々と話しますが、多くの方の話す内容が、誰のどの本の、あるいはどのブログの主張をそのまま引用してるかが手に取るようにわかります。 これでは鵜飼の鵜の「 鵜呑み 」。 オウムの「 オウム返し 」。 猿の「 猿マネ 」にしか過ぎません。 多くのブロガーもまた同じ猿の惑星です。

みなさんは本の著者の素性を洗ったことがあるでしょうか?
ブロガーの主張の裏取りをしたことがあるでしょうか?

もしもその著者やブロガーの主張 = インプットデータが間違っていたら?

「 テレビの発明 」によって、また文字文化に親しんでいる人には日本では電通・博報堂に牛耳られた新聞によって、20世紀は大きなウソがまるで真実であるかのようにまかり通る世紀となってしまいました。
当然のことながら多くの出版社も、世界支配中枢の支配下・監視下に置かれ、「 世論操作 = マインドコントロール = 洗脳 」に一役買っています。

もっと恐ろしいのは、学校教育です。
実はアメリカの学校教育は第1次世界大戦後に、日本の学校教育は第2次世界大戦後に、「 連中 」の洗脳プログラムの下に置かれ、日本の文部省や日教組は「 連中 」のエージェント( スパイ・工作者 )の巣窟と化しています。
幼稚園 〜 小学校 〜 中学校 〜 高校 〜 大学と、みなさんはサイエンスも歴史も、嘘八百を教えこまれてきました。

サイエンスの実験現場にはトリック( 手品 )が一杯です。
単純化して云うなら、インプット実験条件と、アウトプット結果データの間のメカニズム・解釈は実は自由自在なのです。

その一例として、重力は引力ではありません。
向心力:上から押さえつける力であって、中から引っ張る力:引力ではないのです。

それが本当だとしても、な〜〜〜んだ、それだけのこと?
と、思うなかれ。
これが重大な概念形成の歪みをもたらします。
引力の問題だけではなく、無数とも云える概念・解釈の改竄が行われていて、上手く綺麗にエレガントな改竄に成功した科学者が、ダイナマイト絨毯爆撃殺戮賞、じゃなかったノーベル賞を受賞できている。と云っても過言ではありません。

ボーア、パウリ、ハイゼンベルグ、シュレディンガーたち量子物理学者、相対性理論のアインシュタインそのものが、世界支配中枢によって世に送り出されたスターであり、その物理学ウィルスが世界中の頭脳を汚染しているのが現状です。

インプット素材と結論データが同じだから、間のトリックに気がつかない。
これが、高校や大学で習い、自分で研究現場に立った時に陥る科学者の罠です。


歴史についてはもう言うまでもないでしょう。
ネットで政治・経済問題の裏を検索する人は、あまたの国際機関や各国政府や最高裁裁判長や中央銀行総裁や多国籍企業やマスゴミがどれだけ嘘つきであるかは熟知してるかと思います。 これらの問題はすべて「 歴史 」です。 1秒前はすべて歴史なのです。

では、1000年前の歴史は?
3000年前の歴史は?

インターネットのなかった時代、ウソは今よりもはるかに簡単でした。
その成果の粋とも言えるものが、古事記・日本書紀、聖書。


日本では、

   民可使由之、不可使知之。
   民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず。
   大衆は我々に頼らせるべきで、真実を知らせてはならない。

とされ、江戸時代を通じで、「 お上 」洗脳が厳重に施されてきました。


しかし、「 有史以来 」と云うシュメール文明発祥から6500年、最後の氷河期:ピュルム氷河期終焉 = 縄文海進 = 歳差運動半周のこの時期、人類はいよいよ目覚めつつあり、世界各地で封印されてきた人類の本当の才能の扉を開け始めている人たちが出現しつつあります。

これがチベットの山深くその秘技秘伝を保ってきた仙人たちと共通するもの。
目覚めのエネルギーはマグマの噴出( 火山・地震地帯 )と密接な相関関係を持っていて、ここ日本列島はまさにそうした火山地帯にあり、なおかつ、地球の表玄関:太平洋のエネルギーを満面に黒潮・親潮として受け・結ぶ世界でも稀有なバイ菌( バクテリア )が大繁殖する熱帯雨林並みの生命力豊かな地でもあります。

  ※ バイ菌はあらゆる生命を育む基。
    土壌菌、腸内細菌の元。
    殺菌・滅菌など言語道断!


今ここに、6500年以前の縄文時代の感性と最先端サイエンスが結びつき、日本列島から新しい地球文明が誕生しようとしています。

新しい地球文明は、6500年続いた「 必要悪 」としての「 覇権文明 」を淘汰し、意識の進化を遂げた70億の地球人類で営まれるようになることでしょう。

その扉を開くもの、それが人類の「 全知全能 」性の回復です。

覇権文明の支配者どももチベットの仙人もその秘技秘伝の残骸を後生大事にしつつこれを厳重に秘匿してきました。



全知全能の扉を開く「 鍵 」は4本あります。

 1)現状認識
 2)知識
 3)意識と自律思考( 哲学能力 )
 4)エネルギー・コントロール

21日から始める「 全知全能の扉を開く 」セミナー4回シリーズは2)~4)を中心にお話ししたり、エクササイズを行います。

2)知識は大きく以下のように分類されます。

 ・ サイエンス( 物理/生命 )
 ・ 歴史

脳の働き方もレクチャーしますが、アイディアやひらめきはインプットされたデータからしか誕生しません。
これが、

  あなたの概念・思考・思念・感情のパーツはどこから来てますか?

と、ブログでも何度もみなさんに問うてきた内容そのものです。

  間違ったインプットデータからは、
  歪んだアウトプットしか得ることが出来ません。




学校で学ぶ授業は面白くありません。
それは偽物の知識を「 暗記 」させることに重点を置いてるため、
誰もが潜在的にそれを感じ取り本能的に拒否反応を示すからです。


一般に女性はサイエンスと歴史が嫌いと云われますが、
本物のサイエンスと歴史を知ればのめり込むこと請け合いです。

この世の理解の根底にあるのは、世界をどう見るか?
と云う「 哲学 」にあり、その先の具体的な対象が
物理サイエンスと生命サイエンスにあります。

量子物理学も相対性理論も嘘八百である!
その理由を判りやすく説明します。

アカデミズムは、一般人が本当の宇宙の営みや仕組み、そこから派生・発生する技術を理解してしまうと、一握りのこの世を支配する「 連中 」の独占的特権性が失われてしまうため、わざと難しく見せかけた科学体系を一般に信じこませてきました。

宇宙の摂理を知ることでまやかしの洗脳状態から抜け出し、本当の世界を見ることが出来るようになります。


実はこの宇宙や物質・意識はすべて陰陽の渦からできています。

この一言ですべてが、、、、例えば核物理やSTAP細胞も含めて瞬時に理解できる方は
すでに天才の領域に達していますので、出席する必要はありません。

セミナーでは、渦が核物理や、誰にも実はわかっていない電気の正体、ES細胞やSTAP細胞、ソマチッドにどのように働いているのか?
そのメカニズムを解説します。

この渦のメカニズムの基礎(知識)を獲得すれば、初めて遭遇するサイエンス問題にも意識を集中するだけでそのメカニズムが自然と見えてくるようになり、ノーベル賞受賞者がどの部分で嘘をついてるかもたちどころに解るようになります。

4回のシリーズは以下のコンテンツでお送りします。



 第1回目 6月21日(土)@東京

 ノートの取り方
 宇宙の摂理
  ・ 理論と摂理の違い
  ・ 宇宙の誕生 物質の誕生 / 次元とは何か / 量子物理学と相対性理論
  ・ ニュートンとアインシュタインの正体
  ・ 重力と質量とヒッグス粒子
  ・ ブラックホールの正体と並行宇宙
  ・ 太陽はなぜ燃えているか? / 地球の膨張と地震と大絶滅
  ・ 相似象と地球温暖化とオゾンホール
  ・ 核分裂と核融合 ~ 常温核融合とは?
  ・ 放射線の正体と癌化のメカニズム / 間違いだらけの水分子のイオン化
  ・ レントゲン・CT・PET・MRIの原理と被曝〜癌化
  ・ フリーエネルギーの原理 / 反重力と反物質
  ・ 生命の誕生と進化 / 意識・記憶・感情の構造
  ・ 生命サイエンスの根底を覆す千島学説とSTAP細胞
  ・ 渦と陰陽
  ・ 道理と法(ダルマ)
          

 第2回目 日取り未定( 8月を予定 )

 精神世界を物理学する
  ・ 精神世界の歴史( 誰がどんな目的で仕掛けたか? その成果 )
  ・ 戦ってはいけない / ジェンダー・フリー( 男女同権 )
  ・ 意思のサイエンス( 意識と物理現象の相関性 )
  ・ 占星術と人格と運命( 100%的中:超古代占星術のメカニズム )
  ・ 丹田と生命場・オーラ / チャクラ / 五行と臓器 / 腸と脳
  ・ エーテル界・アストラル界・コーザル界と5次元ボディ
  ・ 記憶の構造 / アカシックレコードへのアクセス
  ・ チャネリング 〜 神の声と宇宙人のメッセージのメカニズム
  ・ 指はなぜ動くか?
  ・ 死後の世界 / 前世と輪廻
  ・ 植物の意識と感情
  ・ 呪詛とマントラ( 言霊・音霊 )と文字のちから


 第3回目 日取り未定

 プラーナ
  ・ プラーナとは? / 氣の実相
  ・ 呼吸法と瞑想・迷走と悟り
  ・ 健全な肉体に健全な精神が宿る ~ 精神と身体のデトックス法
  ・ ソマチッドとプラーナと電子生成
  ・ マカバ瞑想
  ☆ プラーナ呼吸のエクササイズ
  ・ 日本とチベットの仙人
  ・ 脳の構造とホルモンコントロール手法
  ・ ブラヴァツキー神智学 ~ 人智学とフリーメーソン神論


 第4回目 日取り未定

 あなたの脳は誰のもの?
  ・ あなたの思考・思念・感情のパーツはどこから来てますか?
  ・ 洗脳と大衆調教の実態( 日本とアメリカ )/ インセプションの実態
  ・ ハリウッド映画 / テレビ番組 / インターネットコンテンツ
  ・ 依存と恐怖
  ・ 感情の因数分解
  ・ 食べ物と感情 / 切れる子どもと自閉症 / TVと携帯電話
  ・ 有機無農薬野菜は栄養失調病気野菜 / 植物の根ッ渡ワーク
  ・ バイ菌は神様だ!
  ・ 宗教とは何か? 誕生の秘密と発展史
  ・ ブッダとイエスと龍樹と空海
  ・ 道理と法(ダルマ)・・・ 再び
  ・ ムー・レムリア・アトランティス
  ・ UFOと宇宙人 / レプタリアン / 地底人
  ・ 覇権文明の因数分解
  ・ 嘘八百の聖書と記紀( ユダヤ人と日本人の秘密 )
  ・ 縄文時代の光通信と高度石造建築技術
  ・ 記憶のアンドロイド移植( 地球の寒冷化と人間不要のロボット世界の出現 )
 自分の頭で考える
 太陽系の寿命と人間の進化
 プラーナ呼吸のエクササイズ


以上の内容をすべてマスターすれば、全知全能の扉が開かれます。
セミナーで記憶のメカニズムをマスターすると、記憶の努力不要で以上の内容をいつでも呼び出せるようになります。
但し、キーワードになる用語はしっかりノートしてください。

コンテンツのタイトルが平凡に感じられてもきっと目からウロコの内容です。
( 一度聞いた人は別として )
また、特に初回のコンテンツは難しそうに感じるかもしれませんが、実際には至って単純簡単です。
特に女性の方、第1回目の「 宇宙の摂理 」の理解と、第3回目「 プラーナ呼吸 」の実践は最も大切です。 構造( 摂理 )の理解なしではプラーナは上手くコントロールできません。

4回シリーズをマスターし、ご自身の

  思考・思念・感情のパーツ

をよく吟味し、自分で調べて自分の頭で考えた時、4回の内容の意味がよりよく見えてくるようになります。

一人でも多くの方が目覚めるように、ご参加をお待ちしています。



全知全能の扉を開く
第1回
宇宙の摂理
開催概要

6月26日追記
神戸・大阪は内容変更
第0回 洗脳ワールド
詳しくは「 ロックフェラー謀殺の力学 」を参照



東 京
   会 場 : 東京都心部某所
   日 時 : 6月21日(土)13:00〜17:00

神 戸 
   会 場 : 神戸中心部
   日 時 : 7月12日(土)13:00〜17:00

大 阪
   会 場 : 大阪中心部
   日 時 : 7月13日(日)13:00〜17:00



 参加費 : 3,000円
       学生 500円
      高校生以下 無料

 
 お申込・お問い合わせ

    お名前、年齢、をご記入の上、
            封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

   ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
     2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
    「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
     封印史研究会より、メールをお送りします。





関連エッセイ


覇権文明の終焉
覇権文明の因数分解 〜 4つの解

nueq とは
ニュークの意味とコンセプト

STAP細胞がSTUCK細胞に
なぜCDBがお取り潰しになったかのヒント
ノーベル賞の登竜門:ネイチャーの経営者
核心のロックフェラー大学出身研究者

ソマチッドとアカシックレコードとプラーナ呼吸
ソマチッド研究の最前線
色即是空 空即是色 の真髄を探査する
空即是色を司る太古の叡智:プラーナ呼吸の再発見
記憶の構造:アカシックレコードへのアクセス方法

あなたの脳は誰のもの?(1)

インセプション( 植込み )
モスクワ・シグナルとマインドコントロール

世界権力構造とスノーデン亡命のウラ舞台
世界の権力構造と英米戦争
イエズス会 バチカン完全制圧

獣の数字666とナーガ族
6月6日6時前後に起きたこと
皇居と出雲大社の結婚
獣の数字666と九頭竜:ナーガ族

クリスマスって何の日?
バビロン暦とグレゴリオ暦と和暦
冬至と新嘗祭
七曜日の配列の不思議とマルドゥク

古代史の真相を解明した意外な手法
明治8年から18年間かけて改竄・捏造された「 日本史 」
脳を破壊し、骨粗鬆症を推進する食品添加物のアミノ酸( = 味の素 )
古史古伝の虚実

大麻収穫の季節となりました
大麻の意識レベルと、進化する人類の意識レベル
人類退化の仕掛:ハックスリー「 知覚の扉 」とヒッピー・ムーブメント
ブランド大麻と、コンビニ添加物大麻
大麻を吸わなければならない人たち

ニッポン人とにほん人
「 にほん 」は稀代の売国奴:小泉純一郎以来、放送禁止用語になった

Japanって、どこの国よ?
我々は邪犯人である
ラテン語が読めない田舎モン = エゲレス人







       .

[PR]
by nueq | 2014-06-19 13:21 | Science | Trackback | Comments(1)
         
     
          
                なぜ差し替えデータを公表しない?

                 メスの解析データを公表すべき

               調査委員長は辞任すべきではなかった




小保方女史は、Natureへの投稿データの間違いに気がついて差し替えデータを送った。 としているが、なぜその差し替えデータを公表しないのだろうか?

そのデータが、一番のポイントとなる「 STAP細胞がSTUCK細胞に : 前編 」で詳しく書いた電気泳動の第3レーンの嵌めこみ画像の訂正であるなら全ては解決する。

b0221143_12181439.png



疑惑はこの第3レーンの画像がSTAPではない全く別の実験データであるというもの。
Natureに堂々と発表した位だから、見栄えの良い物に差し替えた罪はあるとは云え、STAPのデータであることは本人には間違いのないところだろう。
これをWEB上で発表すれば事は簡単に片付くはずだ。

同時に、若山照彦山梨大学教授に詳細な反論を行ったメスのSTAPデータについてもWEB上で公表・解説すべきである。

小保方弁護団は、朝日新聞に対して

  (2)STAP幹細胞は、少なくとも10株は現存しています。
   それらはすでに理研に提出しており、理研で保管されています。
   そのうち、若山先生がオスかメスかを確かめたのは8株だけです。
   それらは、すべてオスでした。
   若山先生が調べなかったSTAP幹細胞について、
   第三者機関に解析を依頼し染色体を調べたところ、
   そこには、メスのSTAP幹細胞の株も含まれていました。
   記事に書かれている実験は、このメスのSTAP幹細胞を使って行われたものです。

   「メスの幹細胞もある」小保方女史が朝日新聞記事に反論
   http://nueq.exblog.jp/22510986/ 

と、しています。


理研の調査委員長を始めとする委員自身のデータにも不正が見つかって揺れる中、小保方さんサイドが上記の様に、

 1)Natureへの差し替えデータ公表。
   & 電気泳動第3レーンの元データの公表。

 2)メスのSTAP幹細胞のデータ由来と「 第3者機関 」の公表。

を行えば事態はクダラナイ膠着状態を経ることなく進展することでしょう。



ところで、調査委員長は辞任すべきではなかったと考えます。
小保方さんのデータ捏造と石井俊輔上席研究員のデータ入れ替えは明らかに次元の異なる問題。
「 学術誌も不正ではないことを認めている 」のに、なぜ辞任などしたのか?
断固とした態度を貫くべきであり、この辞任によって理研を始め日本のサイエンス界への信頼性は大きな損傷を受けたことになり、石井氏の責任は実は辞任と云う行為によってより大きくなったと云えるでしょう。


  産経新聞 〜 ITmediaニュース
  「非常にショック」「脇が甘い」
  理研調査委員長辞任
  「小保方方式」断罪のはずが……
  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/28/news021.html







         .
[PR]
by nueq | 2014-05-05 00:46 | Science | Trackback | Comments(3)
       
         
          
             STUCK細胞の問題点を整理してみよう

             大学3年生レベルの小保方実験スキル

                  疑惑の震源地はどこか?

                      大きな力とは?

             核心のロックフェラー大学出身研究者

                     コンタミの可能性

               STAP細胞と千島学説とソマチッド




山中さんのiPS細胞に続けて、若干30歳の小保方晴子さんもノーベル賞か!?
と、沸き立ったのもつかの間、STAP細胞はSTUCK細胞と化してしまった。


  STAP細胞は、
  刺激惹起性多能性獲得細胞の略


4月9日の記者会見で最も感動したのはマスゴミの質問の仕方♪
日本の、じゃなかった、ニッポンの、マスゴミの質問の仕方がここまで低劣・下劣とは想像はしていたものの、はるかにそれを凌駕するものだったのは、驚きを越えて感動すら呼ぶ光景だった。 ニコ生・Ustream・NHKの生中継の環境下でこれだけの低劣・下劣度を発揮できているのだ。 生中継が入らない時にはきっともっと凄いのだろう。 マスゴミの餌食になる場合はみなさん( 特に芸能人・政治家 )、ビデオカメラとカメラマンを正面に用意してYouTubeに会見状況をUPされると良いかと思います。


b0221143_11323320.png

               【STAP細胞】 小保方晴子氏 記者会見 【2014/4/9】
                    http://youtu.be/JDyo7g-4zfQ



質問者の中にどこかのスポーツ新聞の下世話な質問がありましたが、実はこれ、世の中の人々のある意味一番の関心事でもあるポイントを突いた素晴らしいものだった。 これによってO−S( 小保方ー笹井 )結合の疑念は払拭されたものと思われます。
補足するなら、笹井研究室は粒揃いの大所帯で、にもかかわらず、一切のお手つきなしと云う素晴らしい環境を維持しています。

さて、天国から地獄への真っ逆さまになった問題点を整理してみましょう。

  1) Nature論文データに捏造・改竄がある。
  2) STAP細胞は本当に存在するのか?

の大まかには2点に絞られると思われます。

まず、1)の捏造・改竄に関して、一番のポイントは下記の画像。


b0221143_11381029.jpg



これは、生後1週間のマウス脾臓から取り出したT細胞に、Ph5.7の酸性溶液で37℃で25分の刺激を与えると、T細胞受容体がリセットされた( 初期化された = 万能分化性を獲得した )と云うことを証明した電気泳動実験の画像。
これがつまりSTAP幹細胞が出来たという証明になる最も肝心な実験データ画像。

左がNature誌に掲載された画像で、右はPhotoShopで画像処理されたもの。 右の写真で3番レーンの背景が他のレーンとは異なっていて、これにより切り貼りで3番レーンの実験結果画像が他所から持って来られたことが判明し、「 改竄・捏造 」が確定し、STAP細胞の存在そのものが疑われる根拠となったものです。


                   電気泳動 高校生物実験
   


この有名な写真( PhotoShop に依る画像処理 )、誰が作ったのでしょうか?

日本国内では一般的にまるで注目されてないようですが、小保方疑惑の経緯は以下となります。

  1月29日 Nature に小保方論文発表

  1月29日 PubPeer サイトに米カリフォルニア大学デービス校の
        ポール・ノフラー准教授が疑義を投稿

  2月 4日 ハンドルネーム「 11jigen 」が上記処理写真を公開

  参照情報
  J-CASTニュース(2014年3月18日18時00分)
  小保方論文「コピペ疑惑」、ネットが暴いた
  「11jigen」「世界変動展望」…謎のブロガーが次々告発

  


「 11jigen 」氏の上記画像により日本国内でも2月終盤から問題点が一気に噴出して来ました。


分子生物学の専門家によると、ネイチャー論文を読んで一番に感じることは、小保方さんの実験のズサンさ・稚拙さ。 まるで大学3年生レベル。 普通は捏造が発覚した時点で研究者としてのキャリアはお終い。 と、酷評。

実際の実験データ画像の写りが悪い場合には、他の実験のデータ画像を持ってきて比較することはよくやる。 しかし、その場合は離して置かなければならないし、その解説も必要。 とのこと。


b0221143_114604.jpg



こんな感じでしょうか。

更に、切り貼りするにしても、あまりにもお粗末ッ!


b0221143_12181439.png



よく見ると、3番レーンの一番下のバンドの下端が4・5番レーンよりも持ち上がっている。 バンドの色が濃い( 白い )ものは一般的に太くなり下端が1・2番のように下に伸びる。 ところが色の濃い3番よりも薄い4・5番の方が太く、下端が伸びている。 4・5番のバンドのボケ具合から見ても拡大・縮小など、PhotShop の画像処理手法に疎い人間がやったことが明らかです。
かつてグラフィックデザイナーだった僕には、当時は0.05mmのズレでも即座に違和感( 気持ちの悪さ )を覚えていたものでした。

電気泳動画像などの切り貼りに長けた人物( 捏造・小細工、、、どうやら一部研究者の世界では日常的に行われているようだ )ならすぐさま違和感をこの写真には覚えることでしょう。


小保方論文がNatureで受理されたのが2013年3月10日。 
論文審査が終わって掲載が決定されたのが12月20日。
掲載は2014年1月29日。

ネイチャー編集部に送られた論文は、

 ・ まず20人位(?)の編集部員に割り当てられてランク付けされる。
 ・ 編集会議で篩い落とし〜ランク決定が行われる。
 ・ 生き残った論文は、その専門分野の研究者( 大学・研究所の教員・研究員 )
   2〜3名に送られ査読〜評価が戻る。
 ・ 論文に問題点がある場合は、執筆者に送り返され、
   訂正論文に問題なければ掲載される。

英Nature誌は、サイエンティストにとって最高栄誉の雑誌。
米Sience誌( 日本では翻訳 → 日経サイエンス )とは雲泥の差がある。
インパクトファクター と云う指数でもNatureは、39とダントツ最高峰。
一般的な科学論文誌は、10以下のものが大半。
そんなNatureに小保方論文は2つも掲載されたのです。

ところが、Nature誌に限らず、投稿してなかなか返事が来ないと思っていたら、他の研究者からほとんど同じ論文が発表されて先を越される。 と云う 「 事件 」 も日常茶飯事。 つまり、編集者や評者による論文( 研究成果 )の横流し&出し抜きである。


ここでネイチャー誌の経営環境を見てみよう。
Nature は、1869年の創刊。
資本関係を図式にすると下記のようになる。


b0221143_11483757.png



なんと!!!
ネイチャーとサイエンスが同じネイチャー出版の経営とはビックリッ!!!!!

マクミラン はアメリカでは6大出版社の一つでもある。

そして「 マクミラン 」は、あのF1種の世界最大の穀物メジャー 「 カーギル 」 の経営者と同じファミリーネーム。


b0221143_11514560.png

                    カーギル・マクミラン ファミリー
                       広瀬隆 「 赤い盾 」
                   Roentgenium 資料保管庫・別館


1843年スコットランド創業のマクミラン出版と1865年アイオワ創業のカーギルのマクミラン家が同じ家系に属するものかどうかは不明。 どなたかご存じの方があれば是非投稿して欲しいです。


マクミラン出版とロスチャイルドの関係については

  マスコミとは、メディアとは何ぞや
  http://newpulsar.tumblr.com/post/266869582

で触れられていますし、
カーギルのまぁ、ロックフェラーなどとの関係のありきたりの解説に関しては

  生命の弁証法を目指して 〜 歓喜と絶望の小宇宙
  カーギル
  http://blogs.yahoo.co.jp/bashar8698/37841234.html

にうまくまとめられています。


当ブログや特にセミナーでは、ノーベル賞をケチョンケチョンにケナしまくってますが、Natureもまた「 真のサイエンス 」を世界の家畜( = 一般ピープルや、通常の研究者たち )から隠蔽・捏造するために機能している機関です。 などというとNatureやノーベル賞を生きがいにしている一般研究者のみなさんには激烈な反発を受けることは百も承知ですが、これは事実なのです。
その具体的な内容に関しては、項を更めて書きます。
或いはセミナーでとくと話します。


話を論文評価と疑惑発火点に戻します。

ポール・ノフラー准教授の疑義投稿は、Nature発表の1月29日当日。
専門家なら当然すぐに6項目の疑義を呈することも可能でしょうが、小保方論文は生命サイエンスの根幹とそこに連なる世界の医療・製薬ビジネスをひっくり返す可能性を秘めたもの。 

癌の3大療法や、高血圧などの循環器系障害、腎臓系障害、エイズやSARS・鳥フル・豚フル・子宮頸がんワクチンなど、マッチポンプな医療・製薬ビジネスを牛耳ってきたグラクソスミス( 英 )、ロッシュ( スイス )、デュポン(米)、バイエル(独)などを支配してきたロスチャイルド・ロックフェラーにとっては、割烹着レベルの技術で安くて簡単・短時間にあらゆる病気が治ってしまうなど、何がどうあれ、絶対に許すことの出来ない問題です。


ここから先は僕の推論


 1) ネイチャーは生命サイエンス・医療製薬利権の根幹を犯す論文を受理。

 2) 利権関係科学者に論文を秘密裏に回覧。

 3) 大学3年生並のお粗末実験とデータ改竄がすぐに判明。

 4) 論文を華々しく掲載して囃し立て、
    その後で疑義を全面展開することで、
    STAP細胞の評価だけに留まらず、
    日本サイエンスへの信頼感を地に落とすことも可能となるので、
    そのまま掲載。

 5) 専門家と覆面投稿者によって、スキャンダル化する。

 6) 管轄下のCIAの管轄下にある電通・博報堂の管轄下にある
    ニッポンのメディア各社を使ってスキャンダルを最大限に拡大化させる。

 7) 日本学術会議など管轄下の組織を利用して
    ニッポン政府・理化学研究所他に圧力をかける。

 8) 7ヶ月の審査期間にこれらのシミュレーションと効果測定、
    手配などを行う。



しかも、実験の核心部分にはロックフェラー大学の出身者が偶然なのか、必然なのか、存在してます。 まるで、浩宮皇太子がイギリス大使館で同じオックスフォード出身にして好みの理想的女性 : 小和田雅子との偶然の出逢いのように。


   世界と日本の真実
   ロックフェラー研究所( 現:ロックフェラー大学 )とは
   http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11655059496.html


そして、

 9) 1〜2年後に全く別の仕掛け( ホントは同じ )で
    簡単な細胞のリセット実験成功の論文を用意し、
    新小保方論文の前に発表。
    特許・著作権関係もすべて押さえる。
    或いは、新小保方・笹井論文が出ないように仕掛けを行う。


と、云うことも考えられないではない。 が、そのシナリオをここに書いたのでやり辛くはなるだろう。



  
                        後篇に続く






                 .
[PR]
by nueq | 2014-04-26 12:32 | Science | Trackback | Comments(7)
       
       
       
                        前編より続く



             STUCK細胞の問題点を整理してみよう

             大学3年生レベルの小保方実験スキル

                  疑惑の震源地はどこか?

                      大きな力とは?

             核心のロックフェラー大学出身研究者

                     コンタミの可能性

               STAP細胞と千島学説とソマチッド




ここでSTAP細胞の意義を整理してみましょう。


  A) 割烹着レベルで細胞のリセットが出来た。
  B) そのリセット細胞でマウスのクローンが誕生した。


A)に関して、細胞のリセットは刺激を与えれば可能になることは、共同執筆者であるバカンディ博士を始めとする世界中の研究者で検証されてきたことで当たり前のことですが、これが酢でマリネするだけで簡単にリセット出来た! と云う驚異的なお話し。

もう一つがB)で、その細胞を使って鼠のキメラが誕生した! って云う完璧なお話し。 しかも発表当初、笹井教授によって喧伝されたとされている、iPSの様な癌化の心配が一切ない。 ってこと。

小保方さんのオレンジ色の酸性溶液について、飯山一郎さんは、飯山さんの乳酸菌が熊本大学の太田教授に渡って、細胞の初期化に成功。 太田教授はそれを丹羽仁史理研プロジェクトリーダに渡したと証言していて、小保方さんのオレンジ色の酸性溶液がマリナード細胞リセットの秘訣であることを示唆しています。

   てげてげ
   http://grnba.com/iiyama/
   ◆2014/04/23(水) RIKEN(理研)にはハシゴを外されたが…
   〜
   ◆2014/04/10(木) STAP細胞も 乳酸菌がつくった可能性

   にかけて詳細が述べられています。


が、これは( A )のポイントで、実際にはその細胞を使った( B )の成果がSTAP細胞の一番重要なポイントとなります。 大田教授を始め多くの研究者が様々な手法を使って細胞の初期化には成功していますが、これをマウスに組み込んでクローンを作成するためにはそれなりの資金と時間が必要となります。 理研( &ハーバード )と云う、世にも恵まれた環境がSTAPを世に送り出す背景となっています。


ところが、そのA)の根幹を崩すのが、上記の電気泳動実験の切り貼り写真であり、B)を崩すのがロックフェラー大学出身の若山照彦 山梨大教授の

  8株はオスだけで、メス株はない。

と、云う朝日新聞を使った攻撃証言です。

ところが、小保方女史はこれに対して、記者会見では、「 STAP細胞はあります。 200回成功しました。」と主張しながらも具体的なことには一切触れなかったにもかかわらず、このオス・メスの件に関してだけは異例の具体的な反論を見せいています。


   朝日新聞
   「メスの幹細胞もある」小保方女史が朝日新聞記事に反論
   2014年4月14日15時00分


いずれ削除されるでしょうから、一つ前に魚拓しておきました。
http://nueq.exblog.jp/22510986/


  小保方女史 : 第3者機関ではメスのSTAP幹細胞も確認されている。

  若山氏 : STAP幹細胞はすべてオス。

  小保方女史 : 長期培養を行ったのも保存を行ったのも若山先生ですので、
         その間に何が起こったのかは、私にはわかりません。

  ※ 「 女史 」「 看護婦 」などを葬る文盲省ジェンダーフリー政策ついては文末に詳細。


この3番目のところに問題の核心が潜んでるように思われます。
Natureが論文を受理したのが2013年3月10日、若山氏は3〜4月に理研から山梨大学に移っています。
マウスクローン実験の成功について我が母校に指示を仰いだ。ってことも考えられなくもないでしょう。 小保方さんの云う「 大きな力 」ってなんでしょう?


そして一部情報によると、2013年3〜4月に若山研究室から出されて露頭に迷っていた小保方さんを拾い上げてくれたのが笹井教授。 若山氏はハワイ大学でのクローンマウス開発で一躍有名になってロックフェラー大学へ進みましたが、それ以外の技術も含めて研究室内の研究員や学生の研究成果との間の問題を指摘する声があります。

SF作家:アイザック・アシモフは1972年の作品 「 神々自身 」 の中で、部下の研究を自分のものとする作法を記しています。 この作品は、開発に成功した夢のフリーエネルギーがパラレルワールドからのエネルギーの略奪によって成り立っているためエネルギーバランスが崩れて両世界とも崩壊の危機に至ると云う警句としてのストーリーです。 さて、このお作法はアメリカのみならずヨーロッパや日本などでも伝統的に継承されていますが人によってその程度は異なります。 いずれにせよこうした歪んだ伝統作法がまかり通ってる事自体に象牙の塔や覇権文明の持つ封建的・非人道的な体質が顕れています。 この辺りのところを指摘しているのが、

  千日ブログ ~雑学とニュース~
  STAP論文で利益を受けるのは小保方晴子より上司や理研?
  特許権も注目

  ※ 但しコレスポンディングオーサー( 責任著者 )については
    両論文とも小保方さんも入っています。
    文末のNature論文の著者一覧を参照。


で、特許の件についての指摘もあります。
ビジネスの世界でも開発者よりも出資者が大きな顔をすることがよくありますが、これは大きな間違いです。

こうしたお作法の大家が、光のスピードの変化を計測し損ねたマイケルソン&モーレーの実験データを世界中のサイエンス情報が集まるスイス特許庁にいた人物がパクって「 光速度不変の法則 」によりノーベル賞を授けられたアインシュタインであり、日本では今尚心あるサイエンティストには「 湯川秀樹のようにはならないようにしよう 」と云う諌めが伝わるパクリ屋と、云えるでしょう。 この二人が世界連邦運動を展開していたのは当然、そうしたソサエティの繋がりに依るものです。



さて、大学3年生並みの割烹着お料理教室の細胞リセットマリネですが、同じレベルで第2次世界大戦中に生命サイエンスの根幹をより大きくひっくり返す観察を行った日本人がいます。

   千島喜久男
   http://www.chishima.ac/index.html

第2次世界大戦中、九州大学の学生だった千島さんは、卒論の為に牛の胚の研究を指示されるが、敗戦間近な日本で牛の胚は容易には入手できないため、鶏の胚に対象を切り替えて顕微鏡下で観察。 この時、とんでもないことが顕微鏡下で発生。 通常の観察では胚だけを観察して胚は細胞分裂を行うが、千島さんが行ったのは、胚の支持組織も一緒に切り出して観察したところ、なんど、赤血球が集まって新しい細胞が誕生してしまった!

これを指導教授に報告したが、敗戦間際の日本の片田舎のしかも卒業論文実験を行ってる学生が、世界の生命サイエンスの根幹をひっくり返してしまう論文を出すなど、九州大学の学長も含め恐れ多くてかなわぬこととなり、アカデミックの世界からはその後も拒否し続けられ、結局陽の目を見ないままに終わってしまった。


同じ頃、フランスではドイツ国境に近い村で、パリ大学( と記憶していたが?:ウィキペディアの情報には誤誘導を行うための故意も含めて間違いが多い。 )在籍中ながらナチス占領下で実家にいた医学部の学生:ガストン・ネサン( 英語版がない! 未だ情報完全抹殺の状態にあるようだ。)が、ドイツ側隣村のレンズ職人を雇って作ったのが今でも世界最高性能の暗視野光学位相差顕微鏡:ソマトスコープ。 これを覗いてエネルギーと細胞分裂、免疫の基幹を担っているマチッドを発見。 亡命先のカナダでFBIと思しき筋の工作によって裁判にかけられ無期懲役になるところを裁判長の先輩の証言によって逆転無罪となり、カナダ政府からの付与された限定条件での治療を行っていました。

   ソマチッド&OPCの基礎
   1) ソマチッドの基礎 前篇
   2) ソマチッドの基礎 後篇 + OPC( 血圧降下剤は危険 )前篇
   3) OPC( 21世紀の生体防御物質 )後篇
   ※ 2005年までの知見に基いて制作したビデオで、
     ソマチッドの解説の中の、癌とソマチッドの関係、
     カルシウムパラドックスについては
     その後新たな知見が得られていますのでその一部は間違いです。



それに先立つ1930年代には、レイモンド・ライフ( 米 )が、32歳でユニバーサル顕微鏡と電磁治療器を開発しましたが、FBIによって徹底弾圧され、顕微鏡は全台破壊・研究所は粉々にされ、資料はすべて持って行かれてしまいました。 ユニバーサル顕微鏡とソマトスコープは同じ原理に基づくものです。 また電磁治療器はその後、東ドイツ・ソ連を筆頭にアメリカでも開発され、周波数のポイントを少しズレせたものが現在いろいろと出回っています。

  抹殺されたがん治療法 - Thinker
  http://www.thinker-japan.com/life.html



小保方さん・千島喜久男さん・ガストンネサン、レイモンドライフ、4人共、学生レベルで、或いは若くして生命現象・生命サイエンスの根幹をひっくり返してしまう発見を行ったことは特筆すべきことです。

尤も、小保方さんのSTAPや、山中さんのiPS、先行するES細胞などは、千島学説的には当たり前の現象です。


ところで、小保方STAP細胞の最大の弱点は、コンタミ( コンタミネーション : 実験汚染 )の可能性です。
つまり、生後1週間のマウス脾臓から取り出したT細胞が酢漬けにしなくても最初っから多能性万能性細胞だった可能性です。 生後1週間にかぎらず成体に於いても体内で生まれたばかりの分化前の多能性万能性細胞は一定量存在し、この細胞をSTAP細胞( 酢漬けに依るリセット細胞 )と錯誤した可能性です。


小保方さんのSTAP細胞が本物であれば、コンタミの可能性の排除 = STAP細胞の存在を確定させるデータと、問題のメス株のデータを公開しなければなりません。
そうすることで全ては初めて証明されるでしょう。


b0221143_1254027.jpg



再生医療が国際&国内医療マフィア組織の利権の対象となり、わざと不完全な技術にすることで、患者の財産を巻き上げ続ける今のような仕組みにならないこと、そして国内に於いては抗生省や移死会が消滅することを願うばかりです。






                        参考資料



STAP細胞
Nature論文 全文


Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency
http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html

   Haruko Obokata,
   Teruhiko Wakayama,
   Yoshiki Sasai,
   Koji Kojima,
   Martin P. Vacanti,
   Hitoshi Niwa,
   Masayuki Yamato
   Charles A. Vacanti

   Correspondence and requests for materials should be addressed to
   H.O. (obokata@cdb.riken.jp) or C.A.V. (cvacanti@partners.org).

  Nature 505, 641–647 (30 January 2014)
  Received : 10 March 2013
  Accepted : 20 December 2013
  Published online : 29 January 2014


Bidirectional developmental potential
   in reprogrammed cells with acquired pluripotency

http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12969.html

   Haruko Obokata,
   Yoshiki Sasai,
   Hitoshi Niwa,
   Mitsutaka Kadota,
   Munazah Andrabi,
   Nozomu Takata,
   Mikiko Tokoro,
   Yukari Terashita,
   Shigenobu Yonemura,
   Charles A. Vacanti
   Teruhiko Wakayama

   Correspondence and requests for materials should be addressed to
   H.O. (obokata@cdb.riken.jp), T.W. (teru@cdb.riken.jp)
   or Y.S. (yoshikisasai@cdb.riken.jp).

   Nature 505, 676–680 (30 January 2014)
   Received : 10 March 2013
   Accepted : 20 December 2013
   Published online : 29 January 2014



NOVO多機能細胞生成 国際特許

(WO2013163296) GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO
http://patentscope.wipo.int/search/en/WO2013163296

   Publication Date : 31.10.2013
   International Filing Date : 24.04.2013

   Applicants : THE BRIGHAM AND WOMEN'S HOSPITAL, INC.
            [US/US]; 75 Francis Street Boston, Massachusetts 02115 (US).
           RIKEN [JP/JP]; 2-1, Hirosawa Wako-Shi Saitama, 351-0198 (JP).
           TOKYO WOMEN'S MEDICAL UNIVERSITY
             [JP/JP]; 8-1, Kawada-cho Shinjuku-ku Tokyo, 162-8666 (JP)

   Inventors :
   VACANTI, Charles A.; (US).
   VACANTI, Martin P.; (US).
   KOJIMA, Koji; (US).
   OBOKATA, Haruko; (JP).
   WAKAYAMA, Teruhiko; (JP).
   SASAI, Yoshiki; (JP).
   YAMATO, Masayuki; (JP)


b0221143_12103594.jpg

                   画像出典 : 速報2ちゃんねる
                 32: タイガースープレックス(大阪府)
                    2014/02/28(金) 20:40





                        関連情報


                      真実を探すブログ
                    製薬会社と医学部の癒着
                  現役国立大学教授が実名で現状告発!
                  医学部論文の最低15%はデータ改竄!




                        参考情報


                      ジェンダー・フリー
                     ( 性別をなくす思想 )


今ではマルクス主義が 「 ユダヤ 」 ・・・ 実は国際金融資本 ( 世界支配中枢 ) によって操られたものであったことが広く知られるようになり、インターナショナリズム( コミンテルン )によって世界中の人々を家畜化するための手段であったことが解明され始めていますが、ジェンダー・フリー ・・・ その昔は 「 ウーマン・リブ 」 と称したこの運動もまた世界の文化を破壊し、やがてはグローバリズムの餌食にしていくための手法として、共産主義の分派にして今や世界の文化を覆う 「 フランクフルト学派 」 と ロンドンの洗脳機関 : タヴィストック研究所 によって喧伝されたものであり、上記ウィキ・リンクに登場する人たちのほとんどは、洗脳・操作に気が付かないままに操られた人と言えるでしょう。 

こうした観点から、当ブログでは 性差別 をしっかりと行います。
差別 は さわけ と云って、差別こそがダイナミズム発生の元となります。














          .
[PR]
by nueq | 2014-04-26 12:31 | Science | Trackback | Comments(14)




朝日新聞
「メスの幹細胞もある」小保方女史が朝日新聞記事に反論
http://www.asahi.com/articles/ASG4G3C2LG4GULBJ004.html
2014年4月14日15時00分


 英科学誌ネイチャーに掲載されたSTAP細胞の論文にメスマウスの幹細胞のデータが載っているのに、幹細胞を作製した研究者が「オスしか作っていない」と話していると12日付朝刊で朝日新聞が報じた記事について、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの弁護団は14日、「メスの幹細胞もあった」とする小保方氏の反論を報道陣に説明した。朝日新聞には12日夜に同趣旨の反論が届き、事実関係の取材を続けている。

 弁護団は「4月9日の記者会見に関する補充説明」と題した文書を報道陣に配布。弁護団が小保方氏から聞き取ったとする内容で、その中に朝日新聞記事への反論も含まれていた。この文書によると、STAP幹細胞は少なくとも10株は現存し、理研に保管されているという。そのうち、8株の幹細胞はオスだったが、それ以外を第三者機関で調べたところ、メスの幹細胞も含まれていたと指摘。「オスの幹細胞しかないというのは、事実と異なります」「(記事は)大きな誤解を招くもので、許容できるものではありません」と主張している。

 論文や共著者の若山照彦山梨大教授によると、STAP幹細胞は若山教授が少なくとも43株を作った。うち論文の中で説明している主要な8株の性別を調べた結果、すべてオスだった。このため、若山教授はつくったSTAP幹細胞はすべてオスと判断していた。

 論文でメスのデータについて触れられている部分のSTAP幹細胞について、若山教授は小保方氏が作製したと思っていたという。

 しかし、小保方氏は9日の会見で「現存するSTAP幹細胞はすべて、若山先生が樹立(作製)して下さった」と話した。このため、若山教授はメスの幹細胞の作製者は誰なのか疑問に思ったという。

 若山教授は昨春、理研から山梨大に移る前に、当時残っていた約20株の幹細胞を山梨大に持っていくとともに、小保方氏にも同じ株を分けた。

 弁護団の文書には、メスのSTAP幹細胞をだれが作ったかは書かれていない。若山教授が作製したものの、性別を確認していない幹細胞にメスが含まれていたのか、第三者が作ったのかはわからないため、朝日新聞は理研などへの取材を進めている。

■小保方晴子氏の弁護団が14日に発表した文書の全文(原文のまま)

 4月9日の記者会見に関する補充説明

 4月9日の記者会見における小保方晴子氏の発言に関して、いろいろな意見が出ていることを鑑みて、補充説明として小保方氏から聞き取りました点をご紹介いたします。

                     小保方晴子 弁護団


 1 STAP細胞の存在について

 (1)200回以上成功したと述べた点について

 私は、STAP細胞作成の実験を、毎日のように行い、しかも1日に複数回行うこともありました。STAP細胞の作成手順は、①マウスから細胞を取り出して、②いろいろなストレスを与え(酸や物理的刺激など)、③1週間程度培養します。この作業のうち、①②の作業は、それ自体にそれほどの時間はかからず、毎日のように行って並行して培養をしていました。培養後に、多能性マーカーが陽性であることを確認してSTAP細胞が作成できたことを確認していました。このようにして作成されたSTAP細胞の幹細胞性については、培養系での分化実験、テラトーマ実験やキメラマウスへの寄与の実験などにより複数回再現性を確認しています。

 STAP細胞の研究が開始されたのは5年ほど前のことですが、2011年4月には、論文に中心となる方法として記載した酸を用いてSTAP細胞ができることを確認していました。その後、2011年6月から9月頃には、リンパ球のみならず皮膚や筋肉や肺や脳や脂肪などいろいろな細胞について、酸性溶液を含む様々なストレス条件を用いてSTAP細胞の作成を試みました。この間だけで100回以上は作成していました。

 そして、2011年9月以降は、脾臓(ひぞう)由来のリンパ球細胞(CD45+)を酸性溶液で刺激を与えて、STAP細胞を作成する実験を繰り返していました。このSTAP細胞を用いて、遺伝子の解析や分化実験やテラトーマの実験などを行うので、たくさんのSTAP細胞が必要になります。この方法で作ったものだけでも100回以上は、STAP細胞を作成しています。また、今回発表した論文には合わせて80種類以上の図表が掲載されており、それぞれに複数回の予備実験が必要であったことから、STAP細胞は日々培養され解析されていました。このことから、会見の場で200回と述べました。

 (2)第三者によって成功している点について

 迷惑がかかってはいけないので、私の判断だけで、名前を公表することはできません。成功した人の存在は、理研も認識しておられるはずです。


 2 STAP細胞作製レシピの公表について

 STAP細胞を作る各ステップに細かな技術的な注意事項があるので一言でコツのようなものを表現することは難しいのですが、再現実験を試みて下さっている方が、失敗しているステップについて、具体的にポイントをお教えすることについては、私の体調が回復し環境さえ整えば、積極的に協力したいと考えております。状況が許されるならば他の方がどのステップで問題が生じているかの情報を整理して、現在発表されているプロトコールに、具体的なポイントを順次加筆していくことにも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

 また、現在開発中の効率の良いSTAP細胞作製の酸処理溶液のレシピや実験手順につきましては、所属機関の知的財産であることや特許等の事情もあり、現時点では私個人からすべてを公表できないことをご理解いただきたく存じます。今の私の置かれている立場では難しい状況ですが、状況が許されるならば実験を早く再開して、言葉では伝えにくいコツ等がわかりやすいように、映像や画像等を盛り込んだプロトコールとして出来るだけ近い将来に公開していくことに努力していきたいと考えております。


 3 4月12日朝刊での新聞記事について

 同日、一部新聞の朝刊において「STAP論文新疑惑」と題する記事が掲載されましたが、事実確認を怠った誤った記事であり、大きな誤解を招くものであって、許容できるものではありません。この説明は同日中に代理人を通じて同新聞社にお伝えしています。

 (1)メスのSTAP幹細胞が作成されており、現在、理研に保存されております。したがって、オスの幹細胞しかないというのは、事実と異なります。

 (2)STAP幹細胞は、少なくとも10株は現存しています。それらはすでに理研に提出しており、理研で保管されています。そのうち、若山先生がオスかメスかを確かめたのは8株だけです。それらは、すべてオスでした。若山先生が調べなかったSTAP幹細胞について、第三者機関に解析を依頼し染色体を調べたところ、そこには、メスのSTAP幹細胞の株も含まれていました。記事に書かれている実験は、このメスのSTAP幹細胞を使って行われたものです。


 4 STAP幹細胞のマウス系統の記事について

 2013年3月までは、私は、神戸理研の若山研究室に所属していました。ですから、マウスの受け渡しというのも、隔地者間でやりとりをしたのではなく、一つの研究室内での話です。この点、誤解のないようお願いします。

 STAP幹細胞は、STAP細胞を長期培養した後に得られるものです。

 長期培養を行ったのも保存を行ったのも若山先生ですので、その間に何が起こったのかは、私にはわかりません。現在あるSTAP幹細胞は、すべて若山先生が樹立されたものです。若山先生のご理解と異なる結果を得たことの原因が、どうしてか、私の作為的な行為によるもののように報道されていることは残念でなりません。


追記

 4月9日の会見は「不服申し立て」に関する記者会見であり、準備期間も不十分で、しかも公開で時間も限られた場であったことから、STAP細胞の存在や科学的な意義についての説明を十分にすることができませんでした。しかしこのような事情をご理解頂けず、説明がなかったとして批判をされる方がおられることを悲しく思っております。理研や調査委員会のご指示や進行具合にもよりますし、私の体調の問題もあるので確かなお約束はできませんが、真摯(しんし)な姿勢で詳しく聞いて理解してくださる方がいらっしゃるなら、体調が戻り次第、できるだけ具体的なサンプルや写真などを提示しながらの科学的な説明や質問にじっくりお答えする機会があればありがたく存じます。(会見形式では到底無理ですので、たぶん数名限定での説明になると思いますが…。)





          .
[PR]
by nueq | 2014-04-26 12:27 | Science | Trackback | Comments(0)

太陽フレアと大地震

    
    
     
                     久々の巨大フレア:X 4.9

                        危険な南海トラフ
                      3月までに大地震?

            GPS+電子基準点 測量で基準点が大変動
                311&昨年震度5以上全てに前兆現象

                  太陽フレア活動がトリガーかも?

                       311地震の原因
                   スマトラ大地震のHAARP

                        膨張する地球




2月25日 09:39、X4.9と云う大規模太陽フレア爆発が発生しました。
2012年3月7日 UT 00:24( JST 09:24 )の、X5.4以来の大規模フレアです。  12年3月7日の時は、5日にX1.1、7日 01:14にX1.3を含むMクラス以上の太陽フレア爆発が3月2〜7日の間に14連発で発生しています。

   UT  : Universal Time
   JST : Japan Standard Time


   太陽フレア強度( 弱い方から )
   C : 10段階
   B : 10段階
   A : 10段階
   M : 10段階
   X : 青天井


問題は、311の直前、3月9日〜10日にかけての28時間に13連発のM・Xクラスの爆発が続いたことです。
「 これだけのエネルギーが地球に注ぎ込まれたら地球上の何処かで大地震が起きてもおかしくない 」と、友人二人に電話でそのことを冗談半分で話してたのですが、本当に翌日にあの311が発生したのでした。

2012年3月の14連発は、連動するかのような状態でたくさんの中規模地震が発生しています。


b0221143_15232111.png


                          日本気象協会
                    過去の地震情報( 震度4以上 )


311直前のと2012年3月の
太陽フレアの状況は

   太陽フレア爆発14連発! 地震にご用心!
   http://nueq.exblog.jp/17922903/

を参照ください。


太陽風のスピードは通常350km/sですが、フレア爆発となると、500〜700km/sとなり、2.5日位で到達します。
他所( 311放射線被曝関連 )でも触れてると思いますが、核物質( 放射性物質 )の中で最も強烈なのが、太陽風の主体である陽子線と電子線の「 陽子 」。 実にプルトニウムの400倍の放射能を持っていて、被爆時の体内水分子の水素のむき出し陽子化が実は最大の癌発生要因となります。 アポロが人間を月面に送り込んでないと云う説の最大の理由の一つがヴァン・アレン帯 を越えた場合、陽子線シャワーにたとえ防御服を着ていたとしても地球生命体は耐え切れない。 というものです。 宇宙飛行士が「 神を見た 」というのも陽子線に脳味噌をブチ抜かれて脳内回路が破損して共感覚状態になった結果とも考えられます。 そんなヤバイ陽子を「 陽子線癌治療 」などと称して使ってるキチガイ共の脳内回路が信じられません。

陽子線や電子線は到達に3日ほどを要しますが、太陽光は秒速30万km:8.3秒でやって来ます。 勿論、フレア爆発の際の太陽光は普通の状態に比べて高エネルギーです。 これが雲を散らして日光をより地面に到達しやすくし、今どきは、気温は気圧や寒気団・暖気団配置から読み解くより、太陽フレア爆発から予測する方が当たります。


と、ここまで書いて、311当時のフレア爆発イベントの記録を掘り起こす手法を発見!
311直前・2012年3月・今回のフレア活動の一覧を下記に記します。

b0221143_15255747.png


                       オレンジの文字 : M3以上
                   緑のライン : 1日以上のインターバル



こうして実際のイベントを並べてみて、311直前の9〜10日28時間でMクラス以上13連発は記憶違いであることが明らかになりました。(^o^)ゞ
7〜8日の10連発でしょうか?
或いは、Cクラス以上が28時間で13連発だったのか。。。?
とは云え、10日のX1.5をもっての発言と思われますので66時間でMクラス以上15連発が発生しています。

2012年3月のフレア爆発と地震の関連は先に見たとおりです。

上のデータ表の2012年3月当時、何らかの原因で僕宛のフレアイベント配信メールが止まっていたようで、前後のインターバルを復元することが出来ません。

今回は、ご覧のように1月27日から断続的にフレア爆発Mクラス以上が続いています。

規模や回数・頻度も大切ですが、フレア爆発がどちらの方向を向いていたかも大切な要素になります。
2003年11月4日にX28と云う、観測史上最大のフレア爆発が発生しましたが、爆発方向が地球に向いてなかったため、大惨事には至りませんでした。 それでも通常は北極でしか見られないオーロラがマイアミ沖や静岡沖で観測されたりしました。

地震を誘発する太陽活動については、フレア爆発に伴う陽子線・電子線や特定のX線だけでなく、ヴァン・アレン帯を越えて地球上に降り注ぐあらゆる電磁放射エネルギーの総量が必要となりますが、まだこれを定量観察、もしくは発表する態勢はどこの国にもできてないようです。 ロシアの科学者が時折非公式にリークするエネルギー量に一般民衆は頼ってるのが現状です。

b0221143_15264841.gif


                画像出典 : NOAA Solar Cycle Progression


1月末からのフレア爆発の頻発については、周囲の心配をヨソにサイクル24のピーク時なのだから当たり前。 とむしろ貧者きな今期のピーク活動で氷河期入りが心配されているだけに、フレア頻発を歓迎していたのですが、地表が311前と同じように大きく滑り始めている。 と云う情報に、活発なフレア活動も捨て置けなくなりました。


  データを見て、本当にびっくりしましたよ。
  これは東日本大震災のときと同じじゃないかと

  初めは今年(2013年)6月末、九州・四国・紀伊半島で異常変動がありました。

  それが9月1~6日に、日本全国が異常な変動を起こし、
  私たちのシステムでは日本地図が真っ赤になったんです。


b0221143_1528317.png


b0221143_15282639.jpg


                    画像出典&文章引用 : 週刊現代
               現代ビジネス 南海トラフ巨大地震3月までに来る


  その次の週は逆に変動がなく、大変静かになったのですが、
  東日本大震災の前には、こうした変動と静謐期間が半年ほどの間に3回、
  繰り返されました。

  そうした経験から、私たちは今年12月から来年( 2014年)3月頃の期間に
  南海トラフでの大地震が起こる可能性が高いと考えたのです。


b0221143_3275646.jpg

                        六本木ヒルズ倒壊!
               画像出典 : 理想国家日本の条件 自立国家日本

  
  - - - 東京大学名誉教授の村井俊治氏は、
  いまでもその驚きが覚めやらないかのように、そう語りだした。



次にZAKZAK:南海トラフ巨大地震「春までに起きる可能性」からの記事。


  村井氏の研究の基になっているのが、
  国土地理院が全国約1270カ所に設置した
  「GNSS」(グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム)
  という受信機のデータだ。
  衛星で地殻の動きをミリ単位で計測し、水平方向の変動だけでなく、
  上下の隆起、沈降も観測できる。



  村井氏は、00-07年に起きたM(マグニチュード)6以上の地震
  162個の追跡調査を実施。
  その結果、すべての地震の前に、地殻の異常変動が起きることを突き止めたという。

  11年3月の東日本大震災の直前のデータを解析したところ、
  半年前となる10年9月に、1-2センチの変動が通常のところ、
  福島県二本松地区で5・3センチを記録するなど
  全国的に異常な数値が確認された。
  さらに大地震の2カ月前に東北地方から関東地方にかけて、
  異常変動が4回起こった。

  この動きに類似しているのが、昨年半ば以降の南海地震の被害想定地域のデータだ。

  昨年6月末から7月はじめに九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。
  そして9月1-7日に、日本全国が異常な変動を起こした。
  その後しばらく変動がなく、
  10月前半に再び九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。
  これらの場所は南海トラフ、特に九州、四国沖を震源とする
  南海地震の被害想定地域と符合する。

b0221143_1530374.png


                  画像出典 : 独行)海洋研究開発機構
                 東海、東南海、南海地震連動性評価研究


    村井俊治氏のJESEA地震科学探査機構
    http://www.jesea.co.jp/


南海トラフが動けば、あまり時をおかず東南海・東海も連動する可能性が極めて高いです。日向灘・千葉沖・茨木沖も要注意です。


311地震の原因については、日本海溝に地球探査船「 ちきゅう 」号が核爆弾を埋設し、それを爆破させたとする説がWEB内では主流になりつつあるようにも見受けられますが、ちきゅう号就航前・就航直後のシンポジウムに参加して乗組サイエンティストたちと懇親会であれこれ話した僕としてはこの説を支持しません。 東大はともかく高知大のメンバーがこれを行うはずはなく、許すはずもないとみます。 核爆発説の根拠は核爆発の際の地震波形にあるわけですが、これは、地殻内で起きる水素爆発とそっくりな波形になることを故:山本寛さんが2007年に発表しています。


b0221143_16141891.jpg


               山本寛 「 仮説 巨大地震は水素核融合で起きる!
                          2007/04 : 工学社


但しタイトルにもある「 核融合 」で水素爆発、乃至は水蒸気爆発が起きるわけではありません。 「 核融合 」は高温核融合( トマカク型など )にせよ常温核融合にせよすでにその理論は破綻していて、今どきそんなタワゴトを吹聴してるのは詐欺師に過ぎません。  
 IAEAとか日本の原研とか、阪大の「 常温核融合 」を謳うパクリ屋の詐欺ジジイとかが有名ドコロです。 核融合という現象は基本的にはあり得ません( 但し、生体内核融合に関しては検証の必要性があります。)。

地殻内での水蒸気爆発・水素爆発は、ピエゾ電流と関係してる可能性があります。
研究者はこの辺りを掘り下げて検証してみるべきではないでしょうか?


311発生直前、イスラエルの企業がフクイチのプログラムを担当していたことが、アメリカ・イスラエルによる攻撃の根拠とされていますが、


   フクシマは核兵器製造工場?
   http://nueq.exblog.jp/16597973

   細川立候補と小泉脱原発のなぜ?
   http://nueq.exblog.jp/21852133/

   311地震のHAARPには日本も関与?
   フィンランドの科学者が暴露
   http://nueq.exblog.jp/16906558/


でも記したように( 特に3番目 )、制御不可能になったポンコツ3号機のプルサーマル運転の制御のために送り込まれてきた。 とする方が理にかなっています。


b0221143_5373674.jpg

                   米ソの「 生鮮食品 」核弾頭数の推移
          日本の原発はアメリカ・イスラエルの「 生鮮食品 」供給下請け工場
            余剰生産物の電気をイエローモンキーに高額で負担させている
                    つまり核弾頭製造原価+超利益



311地震の原因は今だにわかりません。
可能性として3つを考ええています。

  1)太陽フレアを契機とする自然現象
  2)HAARPを使ったアメリカの攻撃
  3)プルサーマル3号機暴走処理( HAARP )失敗に依る誘発

  或いはそれらの複合的要因。


HAARPの攻撃については、神戸地震やスマトラ大地震も云われています。
スマトラ大地震の直後( 翌日? )、小さな数行のニュースに目が釘付けになりました。
スマトラ大地震クラスの地震が発生したが、揺れがなかった。
と云う不思議な記事です。
早速 Google Earth + USGS の地震マッピングを確認してみたところ、スマトラ島沖地震発生地点から少し離れた内陸部で、M8前後の地震が2〜3発、それぞれ数キロ離れた地点で0.5〜1秒間間隔で発生。 マップを見たのは記事から2〜3日が経過していたため、その後も2ヶ所で同様の巨大マグニチュード地震が発生していましたが、それらも2〜3発が0.5〜1秒間隔で発生していました。
M7〜8クラスが深度1〜30kmで起きて揺れないはずはありません。

と、ウィキペディアを見てみてビックリ!
内陸部余震のデータが欠落してる!!!
揺れなかったのでなかったことになったのだろうか?


b0221143_5455047.jpg

                USGS : 本日の地震 M2.5+ World Map
   
          Googole EarthにUSGS地震情報プログラムをプラグインする方法


さて、いずれにせよ、当時思ったことは、揺れなかった余震はHAARPに依るものと云うアイディア。 地震の揺れははP波とS波によって引き起こされる。 どちらも波である以上は逆相の波を掛けあわせてやれば、波はフラットになり、マグニチュード( 地震ストレスエネルギー )は解放されても地面は揺れないことになる。
だから、1〜2秒の間に数Km違いで2〜3発の地震を発生させているのです。
逆に波が重なるように掛けあわせれば揺れは倍増する。
スマトラ大地震は、マグニチュード9.1ということだが、本当だろうか?
本当のマグニチュードは8クラスながら、計算間違いで波を増幅させてしまった為にM9.1相当の揺れが発生してしまったので、マグニチュードの方をつじつま合わせした。 と解釈することも可能。

あらゆる科学技術は、悪くも使えるし良くも使える。

HAARPは、地震兵器、気象兵器、電子回路破壊兵器、脳内宇宙人(神)メッセージ・イリュージョン発生・インセプション装置として応用可能。

現在地球は宇宙物理的に大激変期に差し掛かりつつあるのかもしれない。
ウィグナーの「 大陸移動説 」は発表時、科学界から笑いものにされ、ウィグナーは失意のうちに亡くなった。 ところが数十年後、大陸移動説は再発見されプレートテクトニクスとして一般理論になり、東工大の丸山茂雄さんによってブリュームテクトニクスに進化している。

しかし、本当は、地球が膨張しているのである。
生まれたばかりの地球は今よりずっと小さなサイズだった。
太陽もずっと小さなサイズだった。
約50億年前に生まれた太陽はドンドン膨張していて、50億年後には白色矮星になると云われているが、その過程:25億年後には膨張した太陽が地球を飲み込むと一般理論でも云われている。 太陽と惑星のコアは同じデュートリウム( 重水素 )・チェーンで出来ているのである。 これがヘリウムに転換する際に放出する熱が太陽光として地球に降り注ぎ、地球の内部では地熱となって外部に放射されている。

b0221143_3525361.jpg

                    数十億年前の地球と現在の地球
                 周辺の点々は水分子を中心とする星間物質
                          制作 : KH+TF

小さな地球には周辺からかき集められた水(海)が現在とほぼ同じ量存在したが、直系が小さいため海は深く、陸地は存在しなかった。 大気には酸素もオゾン層もなく、太陽の放射線が海に降り注いで海面に浮遊する高分子結合体が放射線の刺激によって化学反応を起こし、アミノ酸ラセミ体を形成した。 左回転の地球に適合した左巻きアミノ酸がやがて原始的なバクテリアの材料となり10億年前、そのシアノバクテリア( 海苔もその一種 )のあらゆるものを腐食させる超危険なおなら=酸素が地球大気に充満し現在の大気の酸素濃度となる。
適合しない右巻きアミノ酸は海底に沈降して石油となった。
地球が膨張し直系は大きくなるので海は浅くなり、浅くて温かい海に人類が肉眼で見ろことの出来るサイズの生命体が爆発的に発生。 これを「 カンブリア大爆発 」と呼ぶ。

地球膨張はリニアに起きるのではなく、階段飛躍的に起きると考えられている。
NASAは当然のことながらこの事実を把握していて、大地震が起きないよう、HAARPによって地殻内の過剰エネルギーを解放し、人類に致命的な惨事が起きないよう、コントロールしているものとも考えられる。

これがスマトラ大地震HAARP計算間違いの全貌ではないかと考えます。



このエッセイを書き始めてから後、2度のM1クラスの太陽フレア爆発が起きました。
大地震発生、どうぞ、ご用心を!





                           関連エッセイ



                  太陽フレア爆発14連発! 地震にご用心!
                         2012年 03月 06日


                   太陽でスーパーフレア爆発の可能性?
               1000年に一度のスーパーフレア発生の可能性と
                  エネルギーを失いつつある地球の寒冷化


                   太陽フレア爆発 41連発! 地震にご用心!
                         2012年 07月4〜5日


                      あなたの脳は誰のもの?(1)
                        モスクワシグナル 前編
                   モスクワ・シグナルとマインドコントロール
            映画 「 インセプション 」 ・・・ 事実は小説( 映画 )より奇なり





         .
[PR]
by nueq | 2014-02-28 16:27 | Science | Trackback | Comments(2)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31