カテゴリ:新河豚計画( 17 )

     
       
     
                          飯島訪朝の目的

                  今年のめぐみさん来日情報の真相

                   安倍晋三外交のプランナーは?



とにかく頭が悪く性格も悪かった(同級生:栗本慎一郎 談稀代の売国奴:小泉純一郎 の「 参謀長官 」飯島勲は、安倍首相から三顧の礼で迎えられ、彼のために特別に用意された「 内閣官房参与 」に就任。 北朝鮮問題の完全解決を一任され、5月14〜17日に北朝鮮を電撃訪問しました。

  栗本慎一郎 : 「 パンツをはいた純一郎 」(全文)
  【 週刊現代 2005/12/24号 巻頭記事 】
  http://www.asyura2.com/0510/senkyo17/msg/912.html

  安倍晋三は、小泉内閣時代、官房副長官〜幹事長〜官房長官を歴任。

一般報道では、飯島訪朝の目的を、拉致被害者問題の解決・朝鮮総連ビル問題の解決と報じていますが、単にそれだけのことなのでしょうか?

飯島は参与就任に際して北朝鮮問題解決に関して3つの条件を安倍首相に飲ませています。

  ① 日朝平壌宣言の順守
  ② 外務省筋を立てる
  ③ 全権・最終決定権は自分に

北朝鮮側が、首相級の待遇で飯島をもてなしたことが ③ の現れとも云えるでしょう。
2002年9月17日に交わされた ① の「 日朝平壌宣言 」は4つの内容から成り立っています。

  1)国交正常化
  2)日本の経済協力
  3)相互の安全保障
  4)北東アジアの平和と安定への相互協力と、北鮮の核問題・ミサイル問題

  首相官邸:日朝平壌宣言
  http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2002/09/17sengen.html


もちろんこの内容は北朝鮮側の主張を多く盛り込んだものになっている。 と云う指摘も可能ではありますが、北朝鮮問題の根本的な解決を図るならこの宣言内容はすでに避けては通れないものであるため、全権代表である飯島勲は、当然のことながら4つの中で最も大切な 1)2)を主目的にしたものと推察されます。

拉致問題に関しては、拉致自体は基本的には北朝鮮側に非があるわけですが、帰国した5人の拉致被害者に関して、小泉と金正日の間で交わされた約束は「 一時帰国 」であって、「 永久帰国 」ではなかったのです。 ところが、日本側( 小泉 )が約束を破って一時帰国者を 「 逆拉致 」 してしまったために事態は紛糾してしまいました。 大本営情報垂れ流しの日本のメディアはこの点を伝えていませんから、日本人の大半は日本側が約束を破ったと云う経緯を知りません。

それから「 拉致 」と云う行為が本当に 「 拉致 」だったのか? と云う問題もあります。
「 拉致 」と云う偽装の下に行われた北鮮への移住だった可能性もないわけではありません。 朝鮮人民共和国と云う国は、日本陸軍の残置将兵が造った国。 と云う観点から云うならその可能性はないわけではありません。
フクシマは核兵器製造工場? 」で第2次世界大戦中、仁科博士の原爆開発が北朝鮮:金策市( 城津 )で行われ、北朝鮮の核開発は日本陸軍の技術がベースになっている可能性に関して書きましたが、6月13日、The Voice of Russia が「 ソ連が米国を日本の核攻撃から救った 」と題して、ソ連の手に渡ることを恐れた日本軍は城津沖で広島原爆級の原子爆弾を自爆させ、直径1kmの火球と巨大なキノコ雲が観察されたことを写真付きで報道しています。


b0221143_12204510.jpg

                 © Flickr.com/pandaposse/cc-by-nc-sa 3.0
                        The Voice of Russia
                         2014. 5. 30 追記
               この写真は広島投下1時間後、エノラ・ゲイからのもの
                Voice of Russia が計器を合成したもののようです。



この時期にロシアがこの情報を暴露した意図はどこにあるのか?
G8開催直前と云うタイミングで日米に投げかけたメッセージとも読み取れます。

また、「 拉致 」情報を掴んだ自衛隊が現場の石川県の海岸に駆けつけた時、すでに石川県警のパトカーが現場を包囲していて、その中で石川県警に守られて「 拉致 」が堂々と実行されたと云う事実があります。

横田めぐみさんは、お母さんの早紀江さんがさる皇室筋の出身と云うことで、「 玉( ぎょく) 」として北朝鮮に迎えられ、金正日との間に生まれた子どもが金正恩である。 とも伝えられていますが、他の拉致被害者の中には自らの役割を自覚して自主的に、或いは半自主的に北朝鮮に渡った人がいる可能性も指摘されています。

さらに長年の北朝鮮での特別待遇での暮らしに慣れたり、洗脳されたり、或いは帰国後の日本社会への順応への心配などで日本への帰国をためらう人もいる可能性もあり、被害者の帰国や選定には一定の配慮も必要かと思われます。( 本当はこれらの人たちが自由に日鮮を行き来しながら架け橋となるような仕事につけるのが一番なんだろうけど。。。)


さて、横田めぐみさんの極秘来日は「 横田めぐみさんが極秘来日! 」と題して、昨年の5月31日に当ブログで報じましたが、昨年末と今年の3月にも来日してたとの情報がネット上で流れました。
しかし、この情報は正しくないと思われます。
北朝鮮からやってきた人物とは誰か?
そして、3月には伊勢神宮に参拝したとも云われていますが、実際にはどこで誰と何のために会ったのか?

3月の来日情報から丁度2ヶ月目になるのが飯島勲の北朝鮮極秘訪問でした。

極秘のはずが、、、、、、
                平壌空港に着いた飛行機の窓から見えたものは、、、、
報道カメラの砲列。

b0221143_12221858.jpg

                平壌国際空港に到着した飯島勲内閣官房参与
                          出典 : 共同通信


安倍首相や重要人物の外遊、外国元首の来日を内閣発足からから5月まで並べてみると、

  1月 : ベトナム・タイ・インドネシア( 16〜19 )
  2月 : アメリカ( 21〜24 )
      森喜朗 → ロシア・プーチン( 21 )
      キルギス大統領 来日
  3月 : モンゴル( 30〜31 )
  4月 : ミャンマー スー・チー女史来日( 18 )
       ロシア( 28〜30 )
  5月 :サウジ・ア首長国連邦・トルコ( 1〜5 )
      麻生太郎 → スリランカ・インド( 1〜4)
      ブルネイ国王来日( 13 )
      飯島勲 → 北朝鮮( 14〜17 )
      飯島勲 → ベトナム・他( 24〜31)
      インド シン首相来日( 27〜30 )

      ※ 安倍首相の訪問先、日本主要人物の訪問先外国首脳の来日

となって、見事に下記の地図と一致しています。

b0221143_137529.jpg


この地図は2011年12月21日に書いた「 カダフィー・プーチン・金正日 」の最後の方に掲載したものです。
上記の安倍内閣の外交にあって地図から漏れてるのは、ロシアですが、エッセイでは、

   日本は実は地政学的・技術的・環境的・経済的に
   ロシア・満州・モンゴル・新疆ウィグル・カザフスタン・
   イラン・インド・トルコ・インドネシアなどと連携することで
   世界の文明を大転換させることが出来るポテンシャルを秘めているのである。

と、その筆頭に掲げながらもロシアに着色すると地図全体が真っ赤になるので着色しなかったのものです。 そして、基本的な違いはカザフスタンがキルギスタンに変化したことくらいですが、この地図制作の際、最初は超親日のキルギスタンにしようかと考えてもいましたが、資源と面積からカザフスタンに切り換えました。 タイは当初色を付けたのですが、タクシン父娘が中国系なので、ためらいつつはずしました。 イランとの交渉はアメリカとの関係上、表立っては出来ません。 その代わりがサウジ・アラブ首長国連邦となります。

まるでこの地図を参考に外交を行ってるかのような印象すら持ってしまいますが、2011年のエッセイでも書いたように、日本にとっての地政学的なポイントはこれらの国々となります。

地政学 」とは、ドイツのハウスホーファーが来日時に「 緑龍会 」なる謎の組織から受け継いでまとめたものとも云われ、ナチスの政策にも影響を与えたようです。

キルギスタンにはアメリカ空軍の基地があります。 アフガニスタンから米軍が完全撤退する2014年にはキルギスの基地も放棄されます。 ミャンマーには「 米朝ウラ同盟 」でお伝えしたように、2011年12月にヒラリー・クリントンが訪問し、ミャンマーの劇的な方向転換が始まり、英 MI6の男性と結婚したアウンサンスーチーが解放されます。 つまり中国からアメリカへの鞍替えです。
シェールガス革命に付随する石油掘削技術の開発で将来的に世界一の産油国にもなるアメリカには中東の石油は不要となり、サウジ・アラブ首長国連邦は棚晒しにされつつあります。 トルコはエルドアン首相が「 大トルコ主義 」を掲げ、軸足をNATOから上海協力機構に移し始めたところに突如として「 公園再開発デモ 」が勃発、反エルドアン首相運動へと変貌しています。 これは、チュニジアを発端とする「 アラブの春 」やモスクワの反プーチンデモ、リビアの反カダフィー運動と同じ手口によるもので、当然のことながら仕掛け人はCIAと思われます。

b0221143_12291051.jpg

                  イスタンブールのタクシム広場 6月6日未明
                         画像出典 : ドンテナ国際


こうした国々を並べてみると、アメリカが手を引きつつある国、関係を強化しつつある国と丁度重なってきます。
これは何を意味してるのでしょうか?

こうした中で、安倍首相がオバマ大統領からG8での日米首脳会談をキャンセルされたことについて、中国共産党の機関誌 「 人民日報 」の国際版「 環球網( 環球時報 )」は、17日、

   安倍晋三首相が主要国(G8)首脳会議での日米首脳会談が
   「オバマ大統領からキャンセルされた」ことを認めた。
   
   米中首脳会談の終了直後であることから、
   安倍首相は同期間中にオバマ大統領と日米首脳会談を開き、
   強固な同盟関係を示す予定だったが、
   オバマ大統領からこれを断ってきたという。

   これは安倍外交にとって大きな打撃。
   「安倍首相とはもう話すことはない」というのが
   オバマ大統領の本音というところか。

   ※ 新華経済 より

と報じています。


b0221143_12305959.jpg

                エリザベス女王を国賓として最大級の接遇をした
              パームスプリングス郊外の米国随一の最高級避寒地
               ランチョ・ミラージュの庭を散歩するオバマと習近平
        ☆ てげてげ( 大概大概 )☆彡 : ランチョ・ミラージュ余話 (1)より
                       画像出典 : おーるじゃんる


中国共産党の広報宣伝紙による情報なので信憑性には問題がありますが、オバマの安倍晋三に対する扱いと日本の外交対象との間にはどんな関係があるのでしょう?
飯島勲は、4月のケリー国務長官来日時に訪朝の件を伝え、了解を得ているとの情報も伝わっています。 2002年の稀代の売国奴:小泉純一郎の電撃訪朝の直前には、アメリカから呼び出しがあって小泉はワシントンに出かけています。


横田めぐみさん来日情報は決まって京都を中心としたエリアにありますが、お母さんの横田早紀江さんは梨本宮家の出身 との情報がネット内で溢れています。 これは昭和天皇の許嫁でありながら朝鮮併合で急遽、李王朝最後の王:李垠(ぎん)の后としてコンバートされた梨本方子さんとよく似ている。 ということを根拠にしたもの

b0221143_12322292.jpg

                 画像出典 : ネットゲリラ 「 梨本宮家と金王朝


ですが、横田早紀江さんの出自は梨本宮家ではなく、別の筋の方です。

横田早紀江さんは川崎にお住まいなのに、なぜ横田めぐみさん来日情報は京都なのか?
そして飯島・安倍外交、米中首脳会談とどのように絡んでいるのか?

こうしたよりディープな情報も含めて以下の日程と内容で講演会を行います。


   
   6月22日(土)宇 佐  日本の歴史は宇佐から始まった!
                   縄文レイライン( 龍脈 )と磐座と神社と寺
                   あなたの前世は、ムー? レムリア? アトランティス?
                   奴隷と独立、どちらを選ぶ? TPPと8月選挙

   6月23日(日)博 多  あなたの前世はムー・レムリア・アトランティス?
                   あなたの脳は誰のもの? 洗脳vs哲学する
                   北朝鮮と安倍外交とアベノミクス
                   奴隷と独立、どちらを選ぶ? TPPと8月選挙

   6月29日(土)大 阪  始まった21世紀の大激動
                    〜 米中会談、反ユダヤ再び、世紀のガラガラポン
                   横田めぐみさんと飯島訪朝と安倍外交
                   アンドリュー王子来日 〜 天皇家とイギリス王家の南北朝
                   奴隷と独立、どちらを選ぶ? TPPと8月選挙

   6月30日(日)三 河  織田信長 = レオナルド・ダ・ヴィンチ
                            + チンギス・ハーン
                   明治維新の本当の構造
                   大東亜戦争は日本陸軍vs昭和天皇・海軍・米軍の戦い
                   覇権文明の因数分解と新しい地球文明
                   全知全能の扉を開く
                   奴隷と独立、どちらを選ぶ? TPPと8月選挙

   7月 6日(土)東 京  ( 大阪に同じ )


開催時間  13:00頃 〜 17:00 又は 18:00 頃
          ( 会場によって開催時間が異なります )

参加費  2,000〜3,000円  学生千円、高校生以下無料
      ( 会場によって金額が異なります )

※ 懇親会 いずれの会場も終了後、近くの居酒屋などで


お申込  会場、お名前、年齢、懇親会の参加希望 をご記入の上、
               封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

      ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
        2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
        「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
        封印史研究会より、メールをお送りします。

        また、コメント欄にジャンク投稿( リンクURL一杯のジャンク商品案内 )が投稿されると
        コメント書き込みが自動的に 「 禁止 」 になるようです。
        ジャンク投稿を削除する際に 「 書き込み可能 」 に設定を戻しますので
        時々、ご確認下さい。





     .
[PR]
by nueq | 2013-06-24 17:17 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(7)
       
     
     
15日(木)に、横田めぐみさんが大阪にいて京都に移動。 との連絡が翌16日(金曜日)の朝届いた。 めぐみさんには28年前に43歳で山で消息を絶ったがっしりして日本人離れした日焼けの老人が付き添っていたとの報。 もしもこの情報が本当であるならめぐみさんが離日してからの方がよいだろうと思って自粛しましたが、飯山一郎さんは 「 どうぜ今回もガセネタであろう。」 と当日書いたので、僕も書こうかと思ったものの、あれこれ忙しく結局予定通り本日月曜日の発表となりました。
前回の5月の来日情報の後、飯山さんにお会いしましたが、その後思いがけない筋より来日を裏付ける情報がもたらされ、5月の来日にはかなり信ぴょう性が高まりました。 が、もちろん僕自身が見たわけでもその情報筋の元の方に接したわけでもないので確証はありません。 飯山さんにもお伝えしようと思ったのですがタイミングを逃してしまい、そのままになっていました。

さて、今回の来日情報は、前回とは情報ソースが異なり、そこが一番気になるポイントで、「 ガセネタ 」である可能性は高いと思われます。

飯山さんは16日のブロクに

  12月の早い段階…、できたら告示日の次の次の日ぐらいに、
  日本中が沸き立ち、ひっくり返るよーな、
  とんでもないビッグニュースを発表する!

  そーなれば…、
  もーー総選挙の話なんか、どーでもEー!
  総選挙なんかより、その話ってマジ? もっともっと報道して!
  と、超ビッグニュースで全マスコミは一色になる!

  そーすれば、あの憎き一党のことなど国民は完全に忘れてしまう。
  なにしろ選挙期間中は、テレビも新聞も、あの話ばかりだったからねー。

  いま、一人ほくそ笑んでいる野田。
  飯山一郎とかというボケ爺さんが言っていたらしいが、凄いだろーなー!
  「めぐみカード」ってのは! とかと思っている野田。

と書かれてますが、案外、野田ではなく次の総理大臣が仕掛け人なのかも?
次のソーリ大臣は、一応直接のパイプを維持してるようだし。
5月の意外な後付け情報筋もその関連なのも気になるところ。
解散を決めた党首会談に先立って、野ブ田の慰労をねぎらったのかも。

いずれにせよ、飯山さんの云う 「 告示日( 12月4日 )の次の次の日ぐらい 」 が楽しみだ。

  




                           関連エッセイ


                      横田めぐみさんが極秘来日!
                     5月中旬に京都の某料亭に現る!?


                          野ブ田の自爆テロ
              小沢一郎に政党助成金(選挙資金)を渡すべからず!
             ナイ・アーミテージ面接の合格者 = 次の総理 は誰だ?


                       動き始めた「 天皇の金塊 」
                  壬辰の乱と、鍵番の日系:胡錦濤&金正恩


                     金正恩の父親ってホントに金正日?
           母親はめぐみさんだが、父親はもっともっと高貴な血筋の方かも?







              .
[PR]
by nueq | 2012-11-19 15:33 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
        
      
      
           尖閣問題・反日デモ激化は権力闘争の道具

         共青団(団派)vs 上海派 vs 薄煕来派 vs 太子党

                  暴動の裏にいるのは。。。。。



朝日(ちょうにち)新聞は、 パネッタ米国防長官と森本敏防衛相との17日の会談結果を

  「 尖閣、日米安保の対象 」 米国防長官、防衛相らと会談
   
と報道しているが、
本当は、記事本文中にある

   主権に関する対立では特定の立場をとらない

を、タイトルとすべきではないのか!?
「 マスゴミ 」 のマスゴミたる面目躍如の記事で、マスゴミがどのようにB層を洗脳しているかのみごとな標本例となっている。
ちなみに「 ちょうにち(朝日)」新聞の記事では、SCVの日本語文法や修辞法がまるで出来損ないの記事をよく目にするが、日本語で新聞を発行するならちゃんと日本語を学んでから来て欲しいもんだ。 思い返せばその昔、中国系朝鮮人で日本乗っ取り斥候隊の孫正義とそのボスでメディアの帝王マードックが、テレ朝乗っ取りの際に朝日新聞の社主のところに乗り込んだ直後から、朝日新聞は 「 浅紙貧聞 」となってから久しい。

まぁ、粗大ゴミなマスゴミ報道はほっといて、メインディッシュの映像をご紹介。


 新唐人テレビ日本
 反日デモの「 暴徒 」は私服警官?



・ 上海の暴徒の一部は他の地方から車で運ばれてきた。

・ 広州では暴徒らは地下鉄に並んで切符を買っていて、明らかに地元民ではない。

・ 毛派は反日デモの主力ではあるが、
  毛沢東は日本による尖閣諸島の占有を歓迎していた。

周永康(公安TOP:江派No.3)と曾慶紅(前国家副主席: 江派No.2)の目的
 ① 18全人代での中央政法委(公安)格下げ阻止。
   政法委がないと支那は混乱に陥る。
   と、まるで和歌山ヒ素カレー事件や地下鉄サリンを起こした某国の公安のよう。
   しかし自国民を直接大量無差別殺人する某国に比べれば
   支那はまだまだ理性的と云えよう。
 ② 危機を作り出すことで清算を免れたい。
 ③ 汪洋の「 小さな政府と大きな社会 」改革に対して
   共産党による制御なしでは騒乱に陥ると証明したい。

と、報道しています。

ここに名前の出てくる曾慶紅と周永康は、江沢民の左大臣と右大臣。
両重鎮の詳細はリンクのウィキ解説をお読みください。
新唐人テレビは法輪功系ですから、当然の事ながら支那国内ではネット封鎖されています。


また、「 宮崎正弘の国際ニュース・早読み 」では、 博訊新聞網の記事を引用して、

  交通警官の支隊長が反日デモを指揮
  
  河北省喩州でも9月15日に反日抗議デモが組織化された。
  指導していたのは当地の交通警察支部隊の隊長だった。
  (博訊新聞網、9月16日:動画・写真あり)

b0221143_11415885.jpg

               博訊新聞網 「 保钓反日示威有黑手介入 」より


  江蘇省常州市では「公共バスが無料、タクシーは全車営業停止」という
  通達があり、当局の指示通りの動員がみられたうえ、
  デモ隊の帰りのバスが十台ちかく、チャーターされて
  解散予定場所に待機していた。
  となりの蘇州では日本料理店が襲撃された。

  パナソニック、ミツミ電機などの放火は「プロの仕業」と
  目撃者が語っている。

  いずれの地区でもデモは公安か或いは地元の共産主義青年同盟の幹部が指導し、
  用意された横断幕は揃って赤字に黄色文字、スローガンはほぼ統一されており、
  しかも、かならず毛沢東の肖像画を先頭に掲げている。
  琉球奪還という標語も共通している。
  尖閣の次は沖縄を奪うという野心が無造作に現れている。

と紹介されています。

    ※ 博訊新聞は2000年にノースカロライナ州で創設、
      国際政治や共産中国の人権問題を扱うウェブベースのメディアであり、
      ウェブサイトには読者からのニュース投稿も扱い、
      現在中国では閲覧規制対象となっている。
      引用 : Red Fox



その公安によるデモ扇動の背景を伺わせるのが


 新唐人テレビ日本
 元江派の腹心も習近平寄りに 恨む周永康


 【新唐人2012年9月14日付ニュース】
  日本の産経新聞によると、北戴河会議で胡錦涛主席が推薦した常務委員7人は

      習近平、兪正声、李克強、李源潮、劉延東、王岐山、汪洋。

  産経新聞が特に強調したのは、兪正声と王岐山が習近平に近寄り、
  名簿には江沢民派が一人もいないということです。
  江派は劉延東を反対し、張徳江を推薦しました。
  注目すべきことは習近平が張高麗を推薦したことです。
  このリストは北戴河会議では最終決定にはなりませんでした。


と、産経新聞の記事を引用しているが、これに対して、「 宮崎正弘の国際ニュース・早読み 」は17日のメルマガで 「 博訊新聞網 」(9月16日) を引用して、

  この土壇場で、また上海派の巻き返し?
  強攻策で巻き返しを図った団派だったが、次期執行部は上海派が多数に
  張徳江、劉雲山、張高麗が常務委入りし、王洋は落選した模様
  
  団派の王洋と劉延東(共に団派)が落ちて、
  極左の劉雲山(上海派)がはいった模様。

  もし次期執行部人事が、この通りだとすれば、
  ( 江沢民の )上海派は、習近平、張徳江、劉雲山、王岐山、
  ( 胡錦濤の )団派は、李克強、李源潮、張高麗の三人となる。

  さらにもし、この人事が確定的であるとすれば、
  習近平土壇場の雲隠れは最後の調整だったのであり、
  16日の反日デモが王洋に代表される団派の統治地域で
  過激化(広州、深セン)しているポイントにも留意しておくべきだろう。

  また暴徒化した過激行動、つまり日本企業焼き討ち、破壊工作が行われたのは、
  山東省、広東省、湖南省に飛び抜けて多いのも団派のリーダーが統治する行政区。
  さらに言えば、パナソニック、キャノン、イトウヨーカ堂などといった
  「親中派」企業が攻撃目標とされ、「日本企業はでていけ」と罵倒されたが、
  親中派の日本企業を意図的に狙ったことが分かる。


と、新唐人テレビの 「 江沢民派が一人もいない 」に対して
博訊新聞網は「 江沢民派が 4/7人 」と、真逆の報道内容となっています。


ここで、支那首脳部の顔ぶれを整理してみたいと思います。
まもなく開催されるのが、第18期全人代で、ここで習近平の次期国家主席が決まります。 現在は2007年10月に決まった第17期で、中国共産党中央政治局委員は25名。 内9名で常務委員会が構成されていますが、胡錦濤は18期では2名削って7名で構成するように変更しました。 これに次期常務委員候補を含む17期の主な政治局員をみてみると、

 ( 数字は序列順位、グレーは18期で引退、「海」は上海派の略、大学名は出身校 )
 1.胡錦濤 - 総書記、国家主席、中央軍事委主席
 2.呉邦国 - 全人代常務委員長
 3.温家宝 - 総理
 4.賈慶林 - 人民政治協商会議主席
 5.李長春 - 精神文明建設指導主任、江沢民派 対日強硬派 中央宣伝部ナンバー1

 6.習近平 - 共産党中央第一書記、国家副主席
 7.李克強 - 副総理
 8.賀国強 - 中央規律検査委書記
 9.周永康 - 中央政法委書記( 公安TOP )


 12. 李源潮 - ( 団派 )党中央組織部長 : 復旦大学
 14. 張徳江 - ( 海→団? )副総理兼重慶市長 : 金日成総合大学
 15. 王岐山 - ( ? ) 中国人民銀行・中国建設銀行、北京市長、副総理 : 西北大学
 16. 劉雲山 - ( 海→団接近中? ) 中央宣伝部ナンバー2 : 内蒙古集寧師範学校
 17. 劉延東 - ( 団派 ) 副首相クラス、女性 : 吉林大学
 20. 兪正声 - ( 海→? ) 上海市長、鄧小平一族と昵懇 : ハルピン軍事工程学院
 23. 汪 洋 - ( 団派 )元重慶市長、広東省知事、経済改革派 : 中共科学技術大学
 24. 張高麗 - ( 団派 )天津市長 : アモイ大学

情報・分析がソースによってまちまちな上に、各自、今後の身の処し方で離合集散が活発になってるようで、団派・上海派の色分けが難しくなってるようです。

サブタイトルに 「 団派 vs 上海派 vs 薄煕来派 vs 太子党 」 としましたが、革命幹部の2世・3世が太子党で、団派・上海派・薄煕来派にまたがり、上記17名の多くが太子党です。

太子党はその地位を利用して莫大な財産を退蔵し、その子弟らはすでにアメリカの一流大学に留学、当地で優雅に暮らしています。 薄煕来の不正蓄財が4800億円と報道され 、ハーバードに留学中の息子が話題になったのも記憶に新しいところ。 薄煕来は3000億を息子に託してアメリカに資金を退避させたとも報じられています。 また、3月に北京で起きたフェラーリ( 6200万 )の事故で死亡した運転手は胡錦濤の筆頭補佐官:令計画の息子だったようで、車には女性二人が同乗、 一人は全裸だったようです。 この事故により政治局入り確定だった胡錦濤腹心の令計画は逆に降格されています。( 引用:はやぶさのブログ
胡錦濤が薄煕来を厳しく断罪せず、3000億の逃避も見逃させたのは、大きな支持勢力を持ち、満州という重化学工業地帯を掌握する薄煕来一派 = 毛沢東回帰( 自由経済の制限 )派を取り込み、更に太子党一族の支那からの財産退避・亡命準備を保証することで、江沢民・習近平との権力闘争を有利に進める方針のもとに行われたものです。
退避先の一つである北海道・帯広に胡錦濤が土地を購入してみたら、お隣さんは江沢民だったと云う笑い話しのようなホントの話しもあります。

ネット情報の一部に、尖閣デモの仕掛けは、薄煕来一派との観測もありますが、薄煕来と懇意だった丹羽伊藤忠大使の車が襲われたり、 上記の博訊新聞網にあるように日本の親中派企業が狙い打ちされたりしているところを見ると、仕掛けが薄煕来一派であるとは思えません。

尖閣デモでは、

  1) 煽動者が私服警官・交通警察官
  2) 仕掛けは公安:周永康と曾慶紅で共に江沢民の片腕( 江派 )
  3) デモの組織指導は、地元の公安か団派( 団派 )
  4) デモが過激化したのはいずれも団派が行政リーダーの地区
  5) デモでは必ず毛沢東の肖像画を先頭に掲げる( 薄派 )
  6) デモ参加者は地元民ではない外部参加者が多い

の特色があって 江派・団派・薄派 のいずれの仕掛けかがわかりにくいですが、注目点は2)と4)。

江沢民と仲良しなのが、クリントン。
このコンビでかつては日本叩きを激しく展開したものでした。


習近平の14日間の失踪に関しては、胡錦濤・温家宝らによって座敷牢に入れられていたとのネット情報もありますが、2週間の失踪初期にヒラリーとの会談をドタキャンしたのは、或いは、胡錦濤に言い含められて、江沢民と袂を分かつ決断を行い、その表明がヒラリー拒否。 ということなのかもしれません。 ヒラリーをドタキャンで袖にした手前、しばらく何事かがあったかのように沈潜。 と、云うところではないでしょうか?

   関連情報
   産経新聞
   「 習近平氏が取られた3人の“人質”
   薄煕来
    +
   劉源( 劉少奇の息子、軍TOPに据える魂胆だった )
   らい昌星( 1兆円脱税で逃亡先のカナダから本国強制送還、
          福建省副書記だった習近平と懇意 )
   呉英( 女性実業家、習浙江省知事の側近が賄賂、
        習が口封じの死刑判決・胡の最高裁が差戻し )
    +
   張海陽( 戦略ミサイル部隊 )


デモの特色の 6)大量の横断幕の準備や、参加者の大量移動などには、かなりの資金が必要となります。 もちろん公安の機密費からの支出ということもありますが、資金の出処は案外アメリカなのかもしれません。

アメリカは、日本の再軍備( っていうか、憲法9条の撤廃 )と核装備を目論んでいます。 「 日本は大産油国! その2 」 の末尾で紹介した、2000年のアーミテージ・レポートにはその目的とシナリオが明記されています。 要約すると、

  1.東シナ海、日本海近辺にはサウジアラビアを凌駕する
    石油・天然ガスが眠っており、米国は何としても
    そのエネルギー資源を入手しなければならない。

  2.そのチャンスは台湾(日本)と中国が軍事衝突を起こした時。

  4.日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入してPKO。

  5.これにより東シナ海・日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手。

  6.この戦略の前提として、自衛隊が自由に海外で「 軍事活動 」が
    出来るような状況を形成しておく事が必要。

まさに、このシナリオ( 戦略 )通りに事は進行しているように思えます。

丹羽伊藤忠大使に変わって指名された、外務省の西宮中国新大使が暗殺されましたが、この下手人を中国筋だとする意見がネット上に多く見られますが、中国がこの暗殺を行ったところであまりメリットがあるようには思えません。 西宮伸一氏は、アメリカ・ロシア・支那での仕事を歴任していますが、或いはアメリカから煙たがられた可能性があります。
911の日に暗殺された松下金融相は、ゆうちょ300兆円のカッパライを画策するアメリカの仕業であることはほぼ間違いのないところでしょうが、西宮大使暗殺も外務省に向けた脅しと見てよいでしょう。

ワシントンで行われたヘリテージ財団のイベントで「 尖閣購入 」 をぶち上げた石原にはすでに300億が渡されていて、それが急転直下、息子:伸晃の、総理大臣を支える立場の幹事長と云う職にありながらの、911の日の総裁選出馬を正式表明となります。


ヘッジファンド華やかし頃、優れたそのディーラーや設計者のことを「 ロケット・サイエンティスト 」 と呼んでいました。 ロケットの軌跡のように儲け曲線を描くプログラムを設計する人たちです。 アメリカの戦略は、15年・30年先を見越して、必要なところに前もって碁石を配置していきます。 見事なプログラムでその素晴らしさ・エレガントさに驚嘆してしまいます。 しかし、それは所詮は詐欺師の邪(よこしま)な策謀でしかありません。 彼ら太平洋戦争を戦ったアメリカ人が最も恐れるのが腹の座った日本人の「 大和魂 」です。 このハラの「 胆力 」がすべてを見通す目となります。 すべてを見通す目は、石工の上に乗っかった一つ目小僧では不充分! 下丹田の胆力こそが全知全能の鍵となります。 だからこそ、ダ・ヴィンチを始めとするルネッサンスの芸術家が数多く描いたウィトウィウス人体図は、下丹田が図の中心に位置しているのです。

b0221143_11491189.jpg

          ※ ウィトウィウスは古代ギリシャの建築家
            ルネッサンスの時代、多くの画家たちがウィトウィウスの描いた人体図を
            リカバーし、ダ・ヴィンチの人体図はそのひとつ



しかし、今やすべてを見通す目を持った「 ハラの座った 」 日本人は、絶滅危惧種となっています。

                       陰極まって陽転す

そろそろ本物の日本人( ニッポン人ではありません。にほんじんです。)登場の頃合いです。
現在の状況は、満州事変になだれ込んでいく直前の1930年頃と酷似しているようです。 日露戦争 〜 満州事変 とプログラムされて敗戦へと追い込まれた盲導昭和の皇国新興宗教精神ではなく、地球を平和にマネージメントする新しい視座を持った大和民族が、相撲のうっちゃりの如く、状況をまるごと大転換することになるのでしょうか?



                           追加情報
                            23:30
 
 【宮崎正弘】中国は今どうなっているのか?[桜H24/9/18]
 先週、中国から戻ってきたばかりの宮崎正弘氏が語る中国の最新情報





                          関連エッセイ


                     日本人に知られては困る歴史
              満州事変の原因は日本の日露戦争の戦後処理にあり!


                       日本は大産油国! その2
                   天然ガスの発電コストは石油の1/10!
             前世紀のお荷物:ウランと原発を押し付けられた哀れな国
                      アーミテージレポート 2000


                    北京で軍事クーデターが進行中?
                          2012-03-22
                   王立軍の米亡命保護と薄煕来の抗争
                         北京に戦車部隊?


                  中国クーデター未遂はアメリカの仕掛け?
                          2012-03-27
                     ソウルで核セキュリティ・サミット
                    日本の満州利権 = 薄煕来の失脚


                        支那と呼んで何が悪い?
                       支那の語源 と 中国の語源
                       支那の起源と 天皇家の起源




             .
[PR]
by nueq | 2012-09-19 12:23 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(1)
       
      
        
           若狭和朋 「 日本人が知ってはならない歴史 」 が
                     新装改訂版 で登場!

                   日本人に知られては困る歴史
              日露戦争と世界史に登場した日本



アマゾンの中古本で1〜3万円で推移していた、
若狭和朋さんの 2007年の
「 日本人が知ってはならない歴史 ( 正編・続編・戦後編 )」 の3部作

   正  編 : 日清戦争前 ~ 日露戦争
   続  編 : 日清戦争前 ~ 東京裁判
   戦後編 : 東京裁判

が、新装改訂版:上下2巻となって、9月7日、上巻がまずは発売されました。

3冊の重複( ちょうふく : じゅうふく ではない!) 部分が整理され、新たに加筆された部分もあるようで、前作より読みやすい文体になってるそうです。


b0221143_1235961.jpg


        「 日露戦争と世界史に登場した日本 ― 日本人に知られては困る歴史
                           若狭和朋
                 2012/09/07、ワック出版、¥1,470 (税込)

                   書籍は、国際金融系の Amazon や
            ハゲタカファンドの手下 = ソフトバンク・楽天 などではなく
                   日本の本屋さんから購入しましょう!



目からウロコの書、日本人必読の書です!
これまで習ってきた歴史は一体何だったのか?
中学・高校で教えこまれてきた明治・大正・昭和初期の歴史が如何に 「 デクノボウ 」 の歴史であったか! と、衝撃を受けます。

第2次世界大戦、と云うより、大東亜戦争とは何だったのか?
なぜ起きたのか?
その起源が日露戦争とそれを取り巻く世界情勢にあったこと、そしてどのようにして満州事変 〜 日中戦争 〜 太平洋戦争へと引っ張り込まれて行ったのかが、この上巻で如実に語られています。

ここには、今、アメリカの韓国系・日系議員らが炊きつけ、韓国が躍起になって問題にしている 「 従軍慰安婦 」 の真実も書かれています。


この本は、朝鮮語・中国語・英語に翻訳して全世界で読まれるべき本です。

下巻は、太平洋戦争から東京裁判が中心になるものと思われます。
現在の日本の状況は、この2冊の本でまとめられた内容にすべて端を発しています。

ものごとの解決に 「 そもそも 」 は何であったのか? の把握がないと屋上屋に屋上屋を重ねる迷走にしかなりません。 それが戦後の自民党 〜 民主党政治 + 経団連・盗電 + 日銀のイカレポンチ状態を導き出している元凶なのです。

若狭和朋さんの 「 日本人に知られては困る歴史 」シリーズは、日清戦争前 〜 東京裁判までを、政治・軍事・文化面で扱った書籍です。
経済・金融面に関しては、

                           丹羽春喜
          「 謀略の思想「反ケインズ」主義 ― 誰が日本経済をダメにしたのか
                 2003/08/15、 展転社、¥2,940 (税込)

b0221143_12393581.jpg


            ※ タイトルが難しそうですが、内容は至ってシンプルです。


を読み合わせると、ここには日清戦争 〜 戦後・バブル崩壊 の経済・金融面の核心部分が語られていますので、政治から経済まですべての問題が浮き彫りとなってきます。

歴史を知ることは、未来を知ることです。

        あなたの 思考・思念・感情 のパーツはどこから来てますか?

そのパーツが間違ってれば、捏造されたものであれば、
当然のことながら導き出される答え = 未来 は間違ったものになってしまいます。

だから、正しい歴史を知ることがとても大切なのです。

     人の振り見て我が振り直せ。

おとなりの朝鮮半島南部の歴史の捏造がどのような気違い沙汰の結果を韓国人に及ぼしてるか、
その効果の程が知れるというものです。

と、云うことで、若狭和朋さんと 丹羽春喜さんの本は是非読み合わせてみて下さい。



        日露戦争と世界史に登場した日本 ― 日本人に知られては困る歴史

                            若狭和朋

                              目 次


まえがき

序 章 「日本人の知ってはならない歴史」とは

日本人に知られては困る歴史
日本人の弱さの根源は歴史認識の弱さ
日本再興は知性の再興と教育の再建から

第1章 情報戦争に敗北した日本

満州を「返して」バカにされた日本
七年間の軍事占領で日本人の精神は骨を抜かれた
「日韓併合」に反対した国はなかった
大韓帝国を滅したのは自国民
インテリジェンスとは「謀略」である

第2章 日韓併合だけが韓国の滅亡を救った

帝国主義の世界を理解できなかった李朝
日朝修好条規は不平等条約ではなかった
完全に清国の支配下におかれることになった朝鮮
独立党による甲申事変と改革の挫折
ロシアに依存しようとした李朝
福沢諭吉が「脱亜論」にいたった理由
なぜ韓国にだけ反日感情があるのか
日本に朝鮮植民地論者はいなかった

第3章 悲惨の極み、李朝時代の朝鮮人

反日日本人に握られている歴史教科書
韓国人は李完用の愛国の涙に思いをいたせ
「日帝三十六年」がなかったら現在の韓国はない
「朝鮮人への愚民化政策」などというのは世迷い言だ
「創氏改名」は朝鮮人の要求だった
労働を卑しむ文化
親子関係を社会関係に優先させる朝鮮儒教
共産主義からみた「日帝三十六年」
日本人となって一番得をしたのは朝鮮人
貨幣制度がない生の搾取社会

第4章 日露戦争後、アメリカの仮想敵国は日本

危うい「日本勝利」の実態
判断を誤った小村寿太郎
ロシアと共同して満州からアメリカを排除した日本
日本の危機は大陸から来る
日本移民の排斥を宣告するアメリカ
一九〇七(明治四十)年、日本打倒の「オレンジ計画」策定に着手する

第5章 「住みよい国・日本」の弱点

アジア情勢に鈍感な日本
もし満州をアメリカと共同開発していたら
コミンテルンの罠
「日本は十二歳」の本当の意味
日本人は歴史認識の切実さを知るべきだ
第一次世界大戦のきっかけは共産主義者のテロだった
問題はインテリジェンス欠如の日本
日本はユダヤ人保護を国策としていた
二千年の単一民族、日本

第6章 国際的視力に欠けた日本の発想

日本との同盟が必要だった大英帝国
高橋是清とジェイコブ・シフ
第二の「三国干渉」と小村寿太郎の激怒
対米戦後処理の失敗
日本人の弱点は国際的視点の欠如
日露戦争の勝利で惚けに陥った
戦略的発想の貧困

第7章 支那事変を仕掛けたのは蒋介石だった

西安事件こそが支那事変の起点だ
上海事変は全面戦争だった
「蒋介石政権を相手とせず」
「統帥権の独立」が日本を滅亡させた
コミンテルンの意を体した戦争の拡大
マルクス主義の浸透と「人民戦線戦術」

第8章 日露戦争の勝利を総括せず

桂・ハリマン協定の破棄で米英は強い不信感
ソ連と組んで米英を排除する愚
「ホワイト艦隊」のデモンストレーション
先の大戦を統一司令部なしで戦った
日清戦争、勝因のなかの敗因
陸海軍の統帥権が分裂した日
ミッドウェーの敗戦を知らなかった東條英機




                    おまけで、YouTube の動画です。


        全部貼り込むと読み込みが重いので画像のないものはリンクで飛んで下さい。


【 日本人が知ってはならない歴史 】
    全 6 編 (各10分程度)
若狭先生と東条英機のお孫さんが共演

  1 : 日本人が知ってはならない歴史 ( 1/6 )


  2 : http://youtu.be/GGBGDXjVLd8
  3 : http://youtu.be/oPX20YK0cbk
  4 : http://youtu.be/US3ZzEepbJ4
  5 : http://youtu.be/DqEyOrsU9a0
  6 : http://youtu.be/rseBLX9ZoQE

ビデオでは3冊の書籍の極々一部しか話されていません。


日本人と韓国人は見た方が良い動画 (日本語版)




Can you distinguish Japan and Korea Part1 日本と韓国の違い Part1




朝鮮人は目をそらすな!!독도 Dokdo 는 우리의 땅이다
http://youtu.be/4vqA254fDag
朝鮮半島の本当の歴史
ウィリアム・グリフィス( 1843 〜 1928 )の著書「 隠者の国 朝鮮 」より。


証拠資料に基づく従軍慰安婦の正体




慰安婦問題は韓国でどの様に教えられてきたか
http://youtu.be/5LJEQ1eLFEM
涙をそそる従軍慰安婦強制連行の漫画


韓国政府が自爆!慰安婦の正体を暴露
http://youtu.be/CulV1Cx6nZA
あ~~~ら、ら。。。。
ど~~~~すんでしょうね、韓国の人たち。。。。
どう、韓国人が日本に謝るのか、見ものだニャァ。


韓国の子供たちの絵と日本の子供たちの絵 South Korean education
http://youtu.be/PFWY_Vxtzpc
韓国の小学校、凄すぎる!




                          関連エッセイ


                      祝! アメリカ、日本再占領!
                       いい国つくろう、何度でも。
                 by マッカーサー、マイケル・グリーン、勝栄二郎


                   領土植民地からステルス経済植民地へ
                   ステルス経済植民地の要「 中央銀行 」
                  消費税増税とTPPは実は戦争なのである


                      特別会計廃止で増税不要!
              TPPと消費税増税に仕掛けられた日本完全植民地化の罠


                     イングランド銀行:世紀の大犯罪
                     LIBOR不正操作事件の手口
                 リーマン・ショック 3千兆円、LIBOR 30京円
            秋以降に火を噴くLIBORショックで世界経済の大地殻変動


                       日本は大産油国! その1
                       日本は大産油国! その2
                       日本は大産油国! その3
                 日本はエネルギー資源輸入国から輸出国へ。
             前世紀のお荷物:ウランと原発を押し付けられた哀れな国


                       動き始めた「 天皇の金塊 」
               高橋五郎・シーグレーブの「 天皇の金塊 」は目眩まし


                       横田めぐみさんが極秘来日!


                         ウラジオストックの意味
                 極東を征服せよ? 日中台朝韓米の外務省に告ぐ!


                  プーチンも本気!「 シベリア鉄道北海道延伸 」
                            飯島勲私案


                        支那と呼んで何が悪い?
                       支那の語源 と 中国の語源
                       支那の起源と 天皇家の起源





               .
[PR]
by nueq | 2012-09-08 13:16 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(14)

菊地直子 自首の真相

        
     

            桜田門(警視庁捜査本部)に自首した菊池直子
              菊池直子報道のウソ と 森本防衛相就任


6月3日にオウム真理教の菊地直子が逮捕されたが、逮捕報道の内容( 表現 )が2転した。 最初は「 菊地直子が【 自首 】 」とのテロップが流れた。 次に「 任意同行 」となった。 そして最後に「 身柄確保 」に変更され、「 任意同行 」の表現は消えてしまった。

b0221143_137346.jpg

                    画像出典 : 信じる者は救われる


菊地直子の潜伏先を告げたのは

  3日午前、警視庁本部を訪れた男性
  「菊地容疑者に似た女が男と相模原市緑区城山の一戸建てに住んでいる」
  という趣旨の情報を提供。

との警視庁発表が朝日新聞で報じられている

注目点は、「 警視庁本部を訪れた 」の部分。

通常の一般市民の感覚なら、110番するか、警視庁本庁への電話だろう。
しかし、この「 男性 」は、わざわざ桜田門の本庁:オウム捜査本部を訪ねているのである。

冒頭に書いた

   自首 → 任意同行 → 身柄確保

この変遷に、警視庁と政府の思惑とドタバタが見事に表現されている。

情報筋によると、捜査本部を訪れた「 男性 」は、オウム真理教の宗教法人取得に活躍した某有名国会議員にして「 枢密院 」のメンバー。
しかも「 男性 」は一人で訪れたのではなく、一人の「 女性 」を伴っていた。
その「 女性 」が、誰あろう「 菊地直子 」本人だったのである。

この「 自首 」の後、菊地直子は「 男性 」秘書に伴われて一旦帰宅し、会社に出社してからコンビニ経由で戻ったところで「 任意同行 」となった。


さて、① なぜ菊地直子は「 男性 」に伴われて「 自首 」したのか?
そして ②「 枢密院 」とは何か?

まずは ②「 枢密院 」の解説から。
「 枢密院 」とは、ウィキペディア によると、大日本帝国憲法を審議するために1888年(明治21年)に創設され、翌年成立した憲法では天皇の最高諮問機関とされ、初代議長は伊藤俊輔(博文)で、 メンバーは25人前後。 大日本帝国の実質上の意思決定機関だったが、敗戦後の1947年(昭和22年)に廃止された。

   ※ ちなみに伊藤俊輔は初代の総理大臣でもあるが、
     「 総理 」とは、坂本龍馬の実家の商家の屋号が 「 才谷屋 」 であったように
     俊輔の実家の屋号が 「 総理 」だったために、日本のプライム・ミニスター(筆頭大臣)
     のことを 「 総理 」大臣。と称するようになった。
     だから、他国の首相には 「 総理 」 の称号は、あのマズゴミでさえ、
     使わないのである。

この「 枢密院 」が最近密かに復活している。
復活の契機となったのが、民主党の「 小沢 vs 管 代表選 」。
小沢が首相になればアメリカとの戦争となり、管なら中国との戦争。
当然のことながら、戦争するなら弱い相手の方が良いに決まってます。
って云うか、元々この意思決定を行った連中は、み~~~~んなアメリカのポチでもあります。
こうしてこの時、額を寄せ集めた人物たちによって「 枢密院 」が復活したのです。
この復活は、癌直人には、国政を任させないと「 配慮 」されたからでもありました。
そして、「 小沢 」降ろしと執拗な検察犬のけしかけはこの時決定され、
一方の癌直人は、首相の座を引きずりおろされる時、「 すべての原発の停止! 」と、この日本の核兵器開発シンジケートの大元締めである古狸たちに最後っ屁をかましたのでしょう。
「 枢密院 」メンバーは、70〜80名位だそうですが、高齢者が多く、実際に活動しているのは25名前後らしい。 首相経験者、国会議長や経験者、大蔵省OBを中心とした有力省庁のOBが中心とのことですが、僕の推測では、旧華族や日銀OB、財閥系も加わっていると思われます。 同行した「 男性 」はこの「 枢密院 」の有名なメンバーでなのです。


① なぜ菊地直子は「 男性 」に伴われて「 自首 」したのか?
「 枢密院 」の決定事項だからである。
宗教法人 オウム真理教 設立に寄与したこの「 枢密院男性 」は、ずっと菊地直子との連絡を密にしていたのだろうか?
「 枢密院 」は、なぜこの時期、菊地直子の「 自首 」を決定したのか?
それが、冒頭のサブタイトルに記した森本敏・拓殖大大学院教授(安全保障論)の防衛大臣への起用と関係してくる。

森本防衛大臣の起用決定が発表されたのは、菊地直子「 逮捕 」の翌4日朝。
これまでの日本政府は、防衛大臣には「 文民 」を採用し、「 文民統制 」を守ってきたが、今回の決定は始めてその枠から足を踏み出した。

 森本 敏(もりもと さとし、1941年(昭和16年)3月15日 - )
b0221143_1394869.jpg

  元航空自衛官( 最終階級:3等空佐 )
  タフツ大学のフレッチャー法律外交大学院の修士課程を修了
  外交官、安全保障研究者( 国際政治、安全保障論、軍備管理、防衛問題 )
  拓殖大学大学院教授・海外事情研究所所長
   「 新しい日本をつくる国民会議 ( 21世紀臨調 ) 」 運営委員
  外務省情報調査局企画課安全保障政策室長
  外務省大臣官房領事移住部領事移住政策課長
  野村総合研究所主席研究員
  などを歴任。

タフツ大学とは、アメリカの外交官や国防総省のエリートが巣食うアメリカ外交界の秘密結社。
外務省情報調査局は、外務省の諜報機関。
つまり、軍事・諜報のエキスパート( = 文民でない )が自衛隊のトップとなったのである。
そして 森本敏は、支那・朝鮮が大ッ嫌いな人物ときている。
石原都知事のワシントンからの尖閣諸島買収発言、北朝鮮の人工衛星打ち上げ失敗と森本防衛相就任は同じシナリオの第3章とも云えるのだろう。
つまり、森本防衛相就任は、アメリカの対中国封じ込め作戦の尖兵として日本を使うと云う意志の表れで、この人事の決定は野ブ田首相がしたのではなく、アメリカの決定事項に従ったに過ぎないのだろう。 つまり、森本防衛相は日本政府のメンバーとして動くのではなく、アメリカ軍事・外交秘密結社のメンバーとして野ブ田政権をコントロールする立場となったわけである。 稀代の売国奴:小泉純一郎を操った竹中平蔵と同じ立場と言えようか。

アメリカの盾である日本列島がこのように戦闘モードに移行してきているということは、、、、、詐欺師の民主党から暴力団の共和党に大統領が替わるということを意味してるのだろうか? モルモン・ユタ公のロムニーが大統領選でオバマに勝利することは現時点では難しいようにも思えるが、しかし「 何か事件 」が発生すれば状況は一変する。 一変させたい「 連中 」には、スケジュール的に都合の良い「 9月11日 」と云う日付も存在している。 その危機を乗り切るにはやっぱりヤワな詐欺者じゃダメで、コワモテの暴力団登場となるのだろう。


さて、話し戻して、森本防衛相就任と菊地直子逮捕。
これがどう関係してくるか?
と、云うと、アメリカ側の森本に対して、北朝鮮・ロシア側の菊池を登場させることでバランスを執った。と云う、見解。
バランスを執ったのは誰かというと、「 男性 」の属する「 枢密院 」。
個人的にはアンバランスな気もするが、どうもそう云うメッセージ性を持っていると云う見解らしい。

そしてここにはもうひとつおまけが付く。

高橋克也の逃亡である。

この逃亡によって、日本中の警察官が動員されている。
あれだけ最近の写真が出まわり、タクシーでも通報されてりゃ、さっさと捕まっても良いものだけど、警察庁にはなかなか捕まえないところに意義があるらしい。
つまり、他の誰かを探してるのか、警護してるのか?

ついでにもう一つ書いておくと、これだけ華々しく報道されていると、他の事件が影に隠れてしまう。 その隠れてしまった事件とはなんだろうか?
大飯原発なのか?
それとも、中曽根・小泉・竹中・麻生・阿部・細野・横光らの権益カルテルによる、放射ガレキの全国バラ撒き&焼却によるプルトニウム240やウラン235などの空中再散布なのだろうか?
或いはそれとも、まだ発覚していない某重大事件なのだろうか?


いずれにしても、地下鉄サリンなどと云う公安による自作自演に、菊池さんも高橋さんも真面目にお付き合いされているようでご苦労なことです。





                          関連エッセイ

                      祝! アメリカ、日本再占領!
                       いい国つくろう、何度でも。

                      稀代の売国奴:小泉純一郎
                     ( 日米投資イニシアティブ2003 )

                    人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図
                     北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略

                    北朝鮮 人工衛星自爆の詳細( 続編 )
                 米朝同盟+日韓比越による対中包囲網のテスト

                           米朝ウラ同盟
               米朝の出来レース / 北鮮の核ミサイルは北京を向いている

                 極東を征服せよ? 日中台朝韓米の外務省に告ぐ!
                      ウラジオストックのロシア語の意味




           .
[PR]
by nueq | 2012-06-13 13:13 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(2)
      
     
先日、横田めぐみさんが極秘裏に来日し、ご両親との再会を果たし、無事帰国されたようです。
来日経路は、済州島経由とも、大連経由とも云われています。

今回のめぐみさん来日には、飯山一郎氏の著書 「 横田めぐみさんと金正恩 」 が大きな役割りを果たしたものと思われます。 この本を三五館が飯山さんに無理矢理大急ぎで出版させ、大キャンペーンを張ったのはCIAの広告宣伝プロパガンダ機関である某2大広告代理店であると、「 動き始めた「 天皇の金塊 」」 に書きましたが、今回の来日はその裏筋( 米系? )が筋書きを書いたとも考えられ、最大の功労者である飯山さんにも何らかのメッセージが届けられたとも考えられます。

今回の来日に際して、横田めぐみさんを通して北朝鮮から日本への極めて重大なメッセージが送られてきたはずですが、そのメッセージはまだ政府には届いていないようです。
またこのシナリオを組んだ北朝鮮〜満州を巡るアメリカの強い意志も感じられます。
詳しくは下記の、関連エッセイをお読みください。



                           関連エッセイ


                       動き始めた「 天皇の金塊 」
                  壬辰の乱と、鍵番の日系:胡錦濤&金正恩

                     金正恩の父親ってホントに金正日?
            母親はめぐみさんだが、父親はもっともっと高貴な血筋の方かも?

                           米朝ウラ同盟
              米朝の出来レース / 北鮮の核ミサイルは北京を向いている

                    人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図
                     北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略

                    北朝鮮 人工衛星自爆の詳細( 続編 )
                米朝同盟+日韓比越による対中包囲網のテスト

                 国家安全保障上の見地から診た原子力発電
                     核兵器も原発もすでに時代遅れ!

                         金正恩の奥様はAKB
                       金正恩の妻の写真が流出!

                        カダフィー・プーチン・金正日

              プーチンも本気!「シベリア鉄道北海道延伸」飯島勲私案

                極東を征服せよ? 日中台朝韓米の外務省に告ぐ!
                     ウラジオストックのロシア語の意味




       .
[PR]
by nueq | 2012-05-31 10:15 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(7)
        
       

                     ウラジオストックの意味


ウラジオストク(浦塩)とは、ロシア語で「 極東を征服せよ!」の意味である。
今時、こんな物騒な都市名が平然と付けられていて良いものだろうか?
日本の外務省は、北方領土問題以前の問題として、まずはこの戦争を示唆するような都市名を問題にしなければならい。

また、事は日本だけの問題ではない。
北朝鮮は、昔の高句麗。
高句麗とは何か?
と云うと、濊貊(かいはく)であり扶餘(ふよ)の後裔であり、
契丹や渤海の地でもある。
渤海と云えば、まさにウラジオストックのある地である。
b0221143_20542342.jpg


従って、「 筋 」を重んじる北朝鮮政府としては、ウラジオストックなどと云う戦闘的な名称に黙っていては「 主席 〜 総書記 〜 第一書記 」の沽券に関わるというものである。
従って、高句麗の故地の名称変更を強く求めるべきが北朝鮮の「 筋 」であると云える。

また、支那・台湾・韓国に於いても、「 極東を征服せよ!」などという物騒な都市名を放っておくことは、特にプライドを重視する支那人においては到底許せるはずのないものと思われる。 これまで支那人がこの名称を放置してきたのは単にこの都市名のロシア語の意味を知らないで来たからに他ならない。と、推察する。 っていうか、僕自身、ついこないまで知らなかったのだ。

アメリカは、何が何でも極東を我が物にしようと云う魂胆を持ち続けているので、当然のことながら同じく覇権指向を強烈に押し出すロシアのこの暴言とも言える都市名を放置しておくわけには行かなくなるだろう。 当ブログの1割前後はアメリカからのアクセスでもあり、上院・下院でこの問題を論議し、国連常任理事会でもこの不埒な都市名を追求しなければならない立場にある。

そもそも、ロシア人というのはフィンランド辺りにいたルーシーが起源とされ、9世紀頃に南下してキエフ(ウクライナ)を拠点としていたが、モンゴル帝国が瓦解した後、15〜17世紀頃にその版図を東へと広げたものである。

b0221143_20554798.jpg

                 15世紀、ウラル山脈を挟んで対峙していた
                 ロシアとシビル汗国(キプチャク汗国の後裔)


「 民族自決 」の原則から云うなら、シベリアはチュルク人(モンゴル人)の住まうエリアであり、ここをルーシー人たるロシア人が支配している事自体がおかしな話である。 本来の「 筋 」から云うなら、現在中華人民共和国に編入させられている内モンゴル自治区の市民やシベリアのチュルク人(モンゴル人)などが一致団結してウラル山脈以東の返還・独立を求めるのが「 筋 」というものである。
b0221143_20564159.jpg



一見、これらの主張は過激に見えるかもしれないが、21世紀に入った今、民主主義・民族自決の基本的人権の「 筋 」論から云えば、真っ当至極なものである。

また、こんなことを書くからといって、ロシア人やロシアが嫌い。というわけでもない。
むしろロシア文学やフォルマリズムなどを通じてどちらかと言えば好きな方でもある。
それは、下記の関連エッセイを参照してもらえれば判ることでもあり、単に真っ当な筋論からの意見に他ならない。
ウラジオストクなる名称がいつの頃付けられたのかは知らないが、平和な極東を目指すなら現在のロシア政府は名称の変更をすべきである。


ついでに書いておくと、日本政府は北方4島の返還を求めているが、本来求めるべきは千島列島全域である。 1875年(明治8年)に日露間で国境策定のために取り決められた「 樺太・千島交換条約 」によって、樺太をロシアに譲る代わりに千島列島全域が日本のものとして確定されたのです。 ところがこの時日本側が樺太を日本人とロシア人の「 雑居の地 」としたのは単に日本の中央政府(幕府)側の錯誤であって、ロシア側の主張にごまかされただけのことであって、樺太も千島列島もオロッコ人(※1)とアイヌ人(※2)と日本人(※3)しか住んでなかったのであり、本来ロシアに樺太を譲る必要性はなかったのです。

  ※ 1 オロッコ人
    ピュルム氷河期末に海没するスンダ大陸から日本列島に移住したコロボックル(小人族)。
    ピグミーともアエタ族とも、アソベ族とも、オホーツク人とも呼ばれる
    縄文最初期から続く縄文人の主要部族のひとつ。
    十和利山ピラミッド、大石神ピラミッド、葦嶽山ピラミッドの建造はオロッコ人によるもの。
    サケ・昆布・毛皮の三内丸山(さんだいまるやま)や、翡翠・黒曜石の糸魚川・尖石文化圏も
    オロッコ人が主体で、両地方の間に交易路を持っていた。
    中国の河姆渡遺跡から出土した6200年前の漆器椀は、最古のものとされるが
    三内丸山から輸出されたもので、三内丸山からは6400年前のものが出土している。
    後に移住してきたアイヌ人からはオロチョン(労民)と呼ばた。
    昭和初期に樺太や千島列島で撮影された写真を見たことがある。
    
  ※ 2 アイヌ人
    8000年ほど前にバイカル湖周辺で、オロッコ人(モンゴロイド)とアーリア人の
    混血によって誕生した種族。 8000年前に日本列島に渡来し縄文人の一部となる。

  ※ 3 日本人
    松前藩の管轄だが、商人は信濃や北陸の人たちで、
    北前船の航路には描かれない秘密の交易路が千島列島・樺太に張り巡らされていた。
    京都や琉球で重宝された昆布は北海道~千島航路から松前・函館で積み替えられたもの。
    島津藩支配下の琉球は、中国~フィリピン~シャム~インドネシア方面と、
    松前藩支配下の樺太~千島はシベリア~カムチャツカ方面との密貿易を行い、
    徳川幕府は秘密裏にこれを承認し、上前をピンはねしていたのである。
    縄文~室町~鎌倉時代、青森:津軽半島の十三湖は、東アジア最大の十三湊として栄え
    広くカムチャツカやシベリアとの交易も行われていた。
    弥生期と室町期の2度に亘る大津波で壊滅。

  ∴ 1・2の出典は、松重楊江&中原和人「 検証! 捏造の日本史 」。

b0221143_10234027.gif

                     画像出典 : 北方領土問題

また、千島列島へのソ連の侵入は、1945年8月8日に日ソ中立条約を踏みにじって満州や千島列島での一方的な戦闘・攻撃を開始し、日本がポツダム宣言を受け入れた15日以降の8月18日になって占守島(しゅむしゅとう:千島列島の最北端にある島)での戦闘を皮切りに、同25日には千島列島中部に位置する松輪島(まつわとう)、31日には得撫島と占領。南千島の択捉島は同29日、9月1日から4日にかけては国後島や色丹島と順次占領していったものです。 戦闘終了後のこんな無茶苦茶な略奪行為がなぜ国際社会(国連)の中で許されているのでしょうか? しかもソ連は2次大戦後にできた国連の常任理事国の一つです。 常任理事国という責任ある立場であるなら、世界に対してそれなりの規範を自ら示すべき立場にあるはずで、ソ連を継承するロシアは一体いつまでこの火事場泥棒的略奪区行為を放置してるのか見ものです。 柔の道にあるプーチン大統領ともあろうお方がこんな不埒な問題をいつまでもそのままにしていることはできないものと解釈されます。

さらに、南樺太と千島列島のソ連による領有を決めたとされるヤルタ会談( ヤルタ密約 )は、あくまでルーズベルトとスターリンの「 個人的なお話し 」であって、1956年にアイゼンハワー時代にアメリカ国務省は「 ヤルタ協定はルーズベルト個人の文書であり、米国政府の公式文書ではなく無効である 」との公式声明を出しています。
ルーズベルトとは、コミンテルンに侵された極めて問題の大きなアメリカ大統領だっと言えるようで、アメリカでもルーズベルトへの(戦争犯罪への)言及は暗黙のタブーとされてきたのです。

b0221143_20585968.jpg

                   チャーチル・ルーズベルト・スターリン
                      @ クリミア半島ヤルタにて


つまり、これら3点により、日本政府が北方4島の返還を求めている事自体がおかしなことであり、本来的には、

 1)ウラジオストクの名称変更
 2)南樺太と千島列島全島の返還を求める
 3)ウラル山脈以東の民族自決を国連に提案

すべき筋合いのものなのです。
と、云うか、誠意あふれるプーチン大統領であればこそ、他国から云われる前に率先してこれらの問題を解決していくであろうことが期待されます。


b0221143_210582.jpg


その上で(返還の後)、千島列島・樺太・チュルク(シベリア)の共同開発をロシアと共に行うという未来志向の結論が導き出されるのです。

と、思いますが、如何でしょう?


  追 伸

ちなみに中国の地図では、北方4島は日本の領土となっています。

b0221143_23132841.jpg

                         日本経済新聞
                  中国の世界地図が北方領土に塗った色
              池上彰 : 現代世界の歩き方(2) 東工大講義録から



                           参考資料

                若狹和朋 「 続 日本人が知ってはならない歴史 」

                        JBpress:筆坂秀世
                    北方領土はこうしてソ連に奪われた
                  日本の歴史的領土は千島列島全体だった
                 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35235



                          関連エッセイ

            プーチンも本気!「シベリア鉄道北海道延伸」飯島勲私案

                        カダフィー・プーチン・金正日

                     金正恩の父親ってホントに金正日?

                       シリアの民衆弾圧ってホント?




     .
[PR]
by nueq | 2012-05-25 19:42 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
   
        
      
       
           米朝同盟+日韓比越による対中包囲網のテスト


某自衛隊筋より北朝鮮の人工衛星(弾道ミサイル)打ち上げに関する興味深い情報が寄せられましたので周辺情報と併せて公表します。

1)北朝鮮は人工衛星「 光明星3号 」の打ち上げを4月12〜16日午前と発表。

2)8日には東倉里基地に外国記者団を招き、人工衛星の実物を披露。
b0221143_1261864.jpg

                 お寒い管制室とごった返す外国人記者

b0221143_1264786.jpg

               人工衛星「 光明星3号 」を説明する技術者

                   以上画像出典 : NAVER
                             msnSankeiPhoto


人工衛星は超精密機械であり、人間から発せられる電磁波等によっても障害が発生するため、日本などでは人を近づけないようにしているが、ここでは大勢の記者たちが至近距離で、しかも説明する技術者が人工衛星の直ぐ側で拡声器を使っていると云う摩訶不思議な光景である。そしてこの見学会で使われた人工衛星がロケットに搭載されたとのこと。

3)発射予定初日の12日は晴れ。 打ち上げ無し。
  平壌・羊角島ホテルに報道センター設置。巨大スクリーンに東倉里基地映像。
  12日、外国記者団に対し「 明日は予定なし。平壌見学にご招待いたします。」
  「 午前8時までにロビーにお集まり下さい。」

4)13日 午前07:39頃、打ち上げ。 天候は晴れだが濃霧で視界500m。
  記者たちは本国からの連絡で打ち上げを知る。


これまでのテポドンの打ち上げは、
  1998年8月 12:07発射。
  2009年4月 11:30発射。
なので何も濃霧の中を早朝に打ち上げる必然性はない。
この地域は朝方時折濃霧が立ち込めることはジモティーには周知の事実。
12〜16日と5日間の期間を設ければ、霧が発生する可能性は極めて高い。
14日以降は晴れの予報だった。
つまり、記者たちにフェイントをかませて、なおかつ濃霧を選んでの打ち上げだった。
しかも、人工衛星の異常接近での見学会にロシア技術団からは「 本当に飛ばす気があるのか? 」との声も上がっていた。


打ち上げ発表に至る経緯とその後の展開を別の視点からもう一度見てみよう。
(もう一度と云うのは4月21日のエッセイ「 人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」でその経緯に触れているから。)

A)2000年10月、「 あらゆる種類の長距離ミサイル発射を停止 」と米朝合意。

B)昨年秋( 金正日生存時点 )
  米朝協議の中で北朝鮮は「 宇宙開発・衛星打ち上げ 」を米側に通達。
  
C)今年2月23日の米朝会談で「 長距離ミサイルの一時停止に合意 」。
  A)にあった「 あらゆる種類の 」の文言が脱落した。
  つまりB)を踏まえての処置か。
 
  24万トンの食糧援助(栄養補助食品=ビスケット)の供与も発表。

D)4月4日、WFP( 国連世界食糧計画 )は3月までだった北朝鮮食糧支援を
  3カ月延長(6月まで)、7月以降は「 新たな食糧支援事業を展開 」と発表。
  WFPは、ほとんどアメリカのコントロール下にある機関と見て良い。

E)4月13日の打ち上げ後、米国は24万トンのビスケット供与中止を発表。
  しかしすでに80%は渡っているとの情報も。

※)2月の米朝協議成果を米共和党(ロムニー)が非難。
  北ミサイル発射&成功ならオバマは窮地に陥る。
  共和党によるFRB叩き、バーナンキ潰しも激化。
  板垣英憲氏により権力失墜が伝えられていたD・ロックフェラーは
  どうやら復権したのか無傷だったのかオバマ支持に動く。
  金融エスタブリッシュメントの大量辞任・逮捕、イルミナティ一斉逮捕を伝える
  ベンジャミン情報もこの動きと連動しているように思われる。


「 人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」で

  ・ 北朝鮮の「 人工衛星打ち上げ 」の最大利益受益者は、日本と韓国。
  ・ 但し真の最大利益享受者は時間的にまだ姿を見せていない。それはアメリカ。

と書いたが、
F)米軍は、沖縄嘉手納に最新鋭のPAC3を24基。
G)そして台湾に売りつけた台湾新竹山、楽山基地のTMDレーダーで
  中国東北部発射のミサイルが探知出来るかどうかの
  今回は絶好のチャンスとなった。
  今回打ち上げに初めて使われた北朝鮮の東倉里基地は
  中国東北部に近いところに位置している。
b0221143_12850100.jpg

                 台湾新竹山:楽山基地のTMDレーダー
                      画像出典 : 铁血社区


H)日本の自衛隊は、イージス艦最精鋭の ちょうかい、きりしま を沖縄周辺に配備。
  AN/SPY-1Dレーダー(探知距離1000km)のテストを行った。

I )韓国(自称)イージス艦「 世宗大王号 」が発射54秒後に世界で最も早く確認した。
  と発表している。

が、米国は韓国の発表直後に「 発射同時に察知。1~2秒で確認。」と発表。
しかし、一番速かったのはどうやら自衛隊のようです。 米軍が自衛隊に渡すデータは当然少しいじってるのでそれで照合に少々時間がかかった。というのが真相のようです。

沖縄に配備されているアメリカの誇る世界最強の戦闘機F22のステルス技術とレーダー技術は実は日本の「 新・ゼロ戦 = 神心 」用の技術をアメリカがかっぱらって行ったもの。 ( デザインも 「 神心 」 がオリジナルらしい。)

J)「 神心 」は長年に亘るアメリカの圧力で開発が出来ないでいたが、
  3月23日、ようやく開発開始のニュースが伝えられた。
  朝日新聞デジタル「 次世代の国産戦闘機へ試験機組み立て開始 三菱重工

b0221143_12112636.jpg

            F22                         神心の模型
      画像出典 : Metal Bee              画像出典 : 朝日新聞デジタル


飛行機も自動車も伝統的に貧弱なエンジンしか持ってない日本はロールスロイスのエンジンを「 神心 」に搭載することを決め、完成すればF22を凌駕する世界最強の戦闘機が誕生する。 まさに「 ゼロ戦 」の復活である。 4月10日には来日した英キャメロン首相と野田首相の間で防衛装備品の共同開発・生産が合意発表されているが、ロールスロイス・ジェットエンジンがおそらくはその目玉であったと推測される。( 朝日新聞デジタル 「 日英、防衛装備品を共同開発へ 輸出三原則の緩和後初 」)

日本は自主開発出来ないよう長年アメリカから圧力をかけられ実質上「 神心 」の開発を断念し、次期主力戦闘機にそのカッパライのF22の購入を希望したが、アメリカはこれを拒否。 仕方ないので廉価版のF35の購入予算を立てたものの、アメリカ側では10年近く遅れて先日ようやく完成・就航したB787同様、F35の完成・量産もどんどん先延ばしとなり、その間に製造費は高騰。 高価なF22との価格差がほとんどなくなってきたので費用対効果でF35は実質的に選定から脱落したという経緯がある。
アメリカは自動車だけではなく戦闘機もすでに生産できないほどに技術が低落してしまっている。
B787がなんとか就航にこぎつけたのは、そのほとんどを実は日本のメーカーが作ったから。
組立工場も、みんなの党の渡辺が、那須の広大な土地を用意したが、さすがに最終組み立てはアメリカ国内となったようで、獲らぬ狸の皮となったようである。
B787のお披露目がアメリカではなく、異例の日本であったことも、第1号機を全日空に納入したのも、日本が大いに貢献したから。
戦闘機であるF35の製造には、さすがに日本を組み込めないだろうから結局いつ就航できるか実際のところは皆目検討がつかない。


K)台湾の南、フィリピンでは4月16〜27日の期間、
  米比合同軍事演習「 バリカタン 2012 」が繰り広げられた。
  日本も初参加 ( iZa
  25日には、南沙諸島に近い島で米比が軍事演習 (日テレNEWS24

  
L)南シナ海を臨むベトナム中部で 米越海軍が合同訓練。( iZa
  ベトナムと米国の両海軍は23日、南シナ海に面したベトナム中部ダナンで
  交流活動を開始した。5日間の日程で捜索・救援など非戦闘分野の合同訓練。

M)フィリピンが南沙諸島に6月小学校建設を発表。(東京新聞
  当然、中国は怒るよね。
  しかし、30~40名の児童のために離島に小学校を作るのは当たり前。
  ないのがおかしい。 と云うのが日本の常識。

N)韓国海軍、北ミサイル破片の捜索活動を行ったが、
  ほとんど見つからず捜索終了。(読売新聞
  
爆発は一段目と二段目の間で起きたと伝えられていて、そうであるなら3段目は無傷で落下するので容易に回収が可能。 しかしそれが発見できないということは、3段目も粉々に爆発した可能性が高く最初からプログラムされていたと思われる。
そして、爆発したのと同じロケット(ミサイル)が打ち上げ基地で確認されていることから、打ち上げられたのはどうやらダミーだったようだ。

O)発射失敗2日後の15日の金日成生誕100周年記念軍事パレード。
  新型テポドン登場。
b0221143_12171631.jpg

                    画像出典 : らく書き帳

ところが、専門家によると問題はその打ち上げ車両で、中国航天科技集団製特殊車両。
これは、北朝鮮への武器・関連機器供与禁止の国連決議への違反行為となり、中国は苦しい立場に。 北朝鮮が世界に向けて堂々と見せびらかせた新型テポドンと中国車両。
  

P)北朝鮮ミサイル開発の3羽ガラス:朴道春、朱圭昌、白世鳳は処刑されたと
  一時報道されたが、国防委員は3名を称賛。
  zakzak 「 北朝鮮ミサイル“失敗3人組”銃殺刑も!冷徹な金正恩“血の粛清” 」
  中央日報
  「 “北ミサイル3人組”、空中爆発問責は免除…金正恩、「仁徳」政治アピールか 」




さて、1)〜P )まで、嫌というほどご覧いただきましたが如何でしたでしょうか?
見事なまでの中国に対するあてつけ包囲網です。
b0221143_14281865.jpg

これが2月の米朝合意に至る昨年来の中国は満州で数度に亘り開かれた米朝秘密事前協議の成果と云えるでしょう。 しかも、薄煕来事件で中国共産党幹部の汚職データは王立軍によって全てアメリカにもたらされてしまったようで、中国の要人は手も足も出ない状態になっているようです。 中国共産党は中国歴代王朝の中で最も腐敗した自浄能力のない王朝であると一部では云われています。 毒殺されたMI6の上級エージェント:ヘイウッドは、或いはアメリカ(NSA・CIA)が毒殺の手回し~薄煕来事件化を図ったものかもしれません。
ここまでやられると、石原のワシントンでの尖閣諸島買取宣言に文句らしい文句も言えないのも当たり前。
人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図 」で行った推理はどうやらドンピシャだったようです。 
                        \(^o^)/

これはアメリカの「 オフショア・バランシング戦略 」に沿った動きと云えるでしょう。
「 オフショア 」とは「 沖合・海外 」と云う意味で最近はもっぱら金融用語として使われていますが、ここでは「 海外友好勢力を利用したバランス戦略 」と云う意味になります。

  ※ 参考 : 世相を斬る あいば達也
         「 オバマの外交軍事戦略チェンジ、
              ナイ教授からウォルト教授の“オフショア・バランシング” 」


今回の北朝鮮「 人工衛星 」打ち上げは、これまで秘匿してきた米朝同盟がいよいよベールを脱ぎ始めた象徴的な事件として位置づけられることでしょう。




                          関連エッセイ

                  人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図
                 ~ 北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略 ~


                         米朝ウラ同盟
                ~ 北鮮の核ミサイルは北京を向いている ~


                 中国クーデター未遂はアメリカの仕掛け?




        .
[PR]
by nueq | 2012-04-28 12:31 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)


               北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略


マスゴミ報道もネット内の論調も北朝鮮の人工衛星(弾道ミサイル)打ち上げ失敗一色の内容になっていて、肝心の2つの可能性に言及したものはひとつもない。
その2つの可能性とは、

A) アメリカの宇宙軍事衛星が撃ち落とした。
B) 北朝鮮が自ら自爆させた。

人工衛星は、発射後、150km(15万メートル)に達した後、1・2段目の繋ぎ目部分が爆発したとされている。 旅客機の高度が約1万m。 5〜6万mくらいから宇宙空間と言っても差しつかえないようだが、スペースシャトルの軌道高度は300〜400kmなので、150kmはその約半分。 この高度であれば、軍事宇宙衛星からのレーザービームの射程は、目と鼻の先。

A)B)の他に、実は
C) 韓国のキラー衛星が破壊した。
と云うことも考えられる。
軍事情報筋によると、北朝鮮の人工衛星は韓国の軍事衛星の上空の軌道を飛ぶように計画されていて、レーザービームが搭載されている。との情報もあるからだ。

しかし、ここでは B)を爆発の原因として推論してみる。
人工衛星打ち上げと周辺ニュースを時系列で並べてみると、

1)2月23日に北京で米朝会談が行われ、食糧援助が決定。
  人工衛星打ち上げ発表により、食糧援助は凍結されたとの報道だが、
  実際には米朝会談の後間髪を入れず8割方は引き渡されている。

2)3月16日、北朝鮮、人工衛星の打ち上げ発表。

3) 今回の打ち上げはいつもの東北上空から太平洋ではなく
   沖縄を経てフィリピン方面に向けられた。

4)3月30日、田中直紀防衛相、破壊措置命令。
  自衛隊、イージス艦とパトリオットを沖縄・石垣島周辺に配備。

b0221143_148461.jpg



5)4月7日、鳩山元首相イランを訪問。 アフマディネジャド大統領と会談。
  鳩山によるIAEAのダブルスタンダード発言をイランが報道。
  鳩山抗議によりイラン側「 発言は事実だが掲載を取り下げる 」。
  
6)4月11日、韓国総選挙で劣勢だった与党が逆転勝利。

7)4月13日、北朝鮮、3段式の人工衛星打ち上げるも2分程度で爆発。
  高度150kmで1段目と2段目が分離されないままバラバラに。

8)4月15日、平壌で金日成生誕100周年式典。

9)4月16日、石原都知事、尖閣諸島を東京都が買い取ることを
  訪米中のワシントンから発表。

10)4月20日、核実験の準備完了が確認される。



アメリカは 4)に関連して元々、沖縄に最新鋭のパトリオットとF22を配備している。
しかもキラー衛星や偵察衛星はこの時期北朝鮮に集中配備されていることだろう。

ミサイル発射の後に核実験 9)が行われるのは毎度おなじみのパターン。
今回の「 銀河3号 」の射程は1万kmとも云われているが、2006年にアメリカで作成された下記の地図によればテポドン2型で射程1万5千kmだから、今回のものは2万kmとみても良いのではないだろうか?

b0221143_149224.jpg



面白いのは 9)の石原発言に対する中国側からのクレームのトーンが意外におとなしいこと。 この発言の味噌は、それがワシントンで行われた点にある。 そして、上記時系列の4)によって、日本は軍備を尖閣諸島・竹島周辺に配備することができた。 中国政府がおとなしいのは堂々と中国包囲の軍事網が敷かれ、狂犬石原が吠えたからだろうか? 薄煕来問題の後遺症もあり、人民元の一日あたりの変動幅1%への拡大移行(4月14日発表)もあり日米と事を荒立てたくはないところなのだろう。

もう一つ面白いのが 5)と6)。
鳩山のイラン訪問は、シナリオライターがどうやらいるようだ。
そして外務省はそのラインで動いている。 鳩山〜アフマディネジャド大統領会談の場には、駒野欽一駐イラン特命全権大使が同席している。 つまり外務省は鳩山発言の全てを知っている。 知ってて、外務省が発言詳細に言及していないのは、「 んなもん、言える訳ないでしょう! 」 と、云ってるに等しい。
b0221143_1495930.jpg

            IZA : 駐イラン特命全権大使の奇妙な振る舞い【佐藤優】

IAEAのダブルスタンダードは「 常識 」であって、今更どうこう言うような問題ではない。 国連の常任理事国と云う存在自体も同じくダブルスタンダードの燦然と光り輝く鏡である。 イラン側が鳩山からのクレームで「 発言はあったがHPでの掲載は取り下げる。」としたことは当たり前の話であって、鳩山もイランも日本の外務省も事前協議の上で、ワザと掲載してわワザとクレーム付けて取り下げる。と云う茶番を世界に向けて演じてるに過ぎない。

ペルシャと日本は古代の昔より親密な関係にあるのだ。
( 飛鳥にはゾロアスター教の影響が色濃く残されている。)

鳩山のイラン訪問の直前に、アメリカ側からイラン原油購入のお許しが出ている。
つまり、鳩山訪問は、アメリカ〜イラン秘密交渉の事前協議特使として派遣された。
と、診るのが妥当ではないだろうか?
満州を巡り対中国包囲網に全力を投入したいアメリカ(の背後にいる勢力)としては、イラン問題で兵力や経済力を割いている余裕はない。 今回の北朝鮮の「 人工衛星 」打ち上げは、1)の2月23日の米朝会談に至る事前の秘密交渉の過程で共同作戦として企画された可能性が高い。 情報筋によると米朝の秘密事前協議の第1回目は盗聴丸見えの北京で開催されたが、第2回目以降は盗聴の難しい満州の各地で行われたとのことだ。

高度150kmに達すれば、一応実験は成功したとして自爆させても差し支えはない。

それどころか、韓国沖合の上空での爆発だから、日本も迎撃しないですんだ。
もしも日本が迎撃しなければならない事態となれば、北朝鮮としては平和な宇宙利用のためのロケットへの攻撃だからこれは日本の北朝鮮に対するあからさまな「 戦争行為 」となり、主権国家としては当然のことながら報復攻撃の権利を行使できることになる。
また、第3弾の分離にまで成功してフィリピン海域で実験が完了すれば、アメリカ国民が黙ってない。 当然のことながら北朝鮮に対する世論が強まる。 しかし、打ち上げ直後に爆発=失敗となれば、アメリカ世論も「 北朝鮮製って所詮そんなもんさ。」で片付く。

そして、北朝鮮の脅威の前に、負けが確定していた韓国の与党が逆転勝利してしまった。
北朝鮮との宥和政策路線だった野党が退けられて、強硬派の与党が勝ったのだ。

つまり、北朝鮮は日本(4・5・9)と韓国(6)に「 恩を売った 」のである。

日本は、北朝鮮と世界支配中枢との金融コネクションの場であるスイスで、この「 御恩 」に報いることになるのだろう。 金正恩のスイス留学とは、このコネクションとの構築にポイントがあり、その資金が北朝鮮での3代目就任のバックボーンとなっているようだ。

つまり、北朝鮮の「 人工衛星打ち上げ 」は、日本と韓国に利益をもたらした。
事件(推理小説)の真犯人を解く鍵は、最大利益享受者だ。
今回の最大利益享受者は日本で、次が韓国。
最大の不利益享受者が中国。

但し、日本という見た目の最大利益享受者ではなく、真の最大利益享受者は時間的にまだ姿を見せていない。 それはアメリカ、と云うかその背後にいる勢力であり、そのターゲットは中国・満州の分割統治と云う最終目標にある。 しかしその過程でその手前にある日本の分割統治、或いは完全植民地化と云うシナリオも存在している。
日本の分割統治に関しては、項を更めて書くことにしたいと思います。



このように、公開情報からだけで、マスゴミ報道の嘘やまやかしではない、真実の姿が浮き上がってくる。と、云う解析手法を今回の「 北朝鮮人工衛星打ち上げ失敗 」を題材に公開してみました。

ネット内の情報も、様々な論者はどのくらいの影響力をバックにどんな意図をもって発言しているのか? その人物の情報は、どこからもたらされているのか? そしてその情報によって最終利益享受者は誰になるのか? と云った点を考慮しながら読むと面白い結論に導かれることがありますので、愉しんでご利用下さい。



                        関連エッセイ

              国家安全保障上の見地から診た原子力発電

                        米朝ウラ同盟
               ~ 北鮮の核ミサイルは北京を向いている ~







        .
[PR]
by nueq | 2012-04-21 14:22 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)
       
     
              米朝ウラ同盟に翻弄され続ける哀れな日本


3月30日に田中直紀防衛相が発表した「 北朝鮮の長距離弾道ミサイル破壊措置命令 」の真の発令者は誰か?

田中直紀でもなければ、田中真紀子でもなく、野田佳彦でもありません。
アメリカからの司令です。

おそらくは直紀くんに非公式なルートで 「 指示 」 があり、これを直紀くんは女将さまにご相談した上で、野ぶ田総理に通告。 総理は 「 わしゃ、知らん! お前さんが発表しろよな! 」と云ったかどうかはわかりませんが、このようにして田中直紀防衛大臣閣下より発表されたものと思われます。

現在自衛隊は沖縄周辺で、ミサイルとされる人工衛星の迎撃態勢を整えていますが、万一実際に破壊するとどうなるか?

この状況について、増田俊男さんが素晴らしいコメントを発表しています。


      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                       日米安保の限界


「日米安保は日本の安全の要である」という「日本の常識」がありますが、戦後から今日まで日本の安全どころか「日米安保は米国の対日占領政策の一環である」という事実が証明され続けていますから「日本の常識は非常識」だったのです。

一例ですが、小渕内閣が1998年8月26日の閣議で日米共同MD(ミサイル防衛網)の負担金(当時10年間で5兆円)を渋ったところ4日後(8月30日)北朝鮮の飛行体が日本の三陸上空を通過し、アメリカは飛行体を「軍事ミサイル」であると日本に通告してきたので日本中が恐怖におののいたことがありました。慌てた小渕内閣はミサイル発射の3日後(9月2日)の閣議でMDの調査費を即決して日本がMD協力金に前向きの姿勢を示したところ、アメリカから「先の飛行体は人工衛星であった」と訂正してきました。

日本の行政管区地域内における米軍の軍事行動の自由を日本は国家として保障しているので理論上また政治上、日本は米軍の軍事支配下にあります。北朝鮮や中国等からの大小さまざまな対日軍事行動に対してアメリカは日米安保に基づき日本の安全のために安全保障行為を行った例は皆無です。


昨今の北朝鮮の人工衛星(日本は勝手に軍事ミサイルと決めつけていますが)発射予告宣言に対し田中防衛大臣は、何故今までのように発射先が三陸や日本海でなく沖縄に変わったのかの真意を知らずミサイル破壊措置命令を発し沖縄に迎撃ミサイル搭載艦船と迎撃基地を設置しました。

もしアメリカが北朝鮮の発射体を軍事ミサイルでなく「人工衛星」だと認める場合、日本の防衛大臣の破壊命令は北朝鮮に平和目的の人工衛星を守る為の対日軍事行動が容認される余地を与えます。

今回の北朝鮮の人工衛星発射予告は沖縄を北朝鮮の軍事ターゲットにする為の米朝合意の結果であり、「普天間移転問題を解決するための圧力」以外の何物でもありません。

北朝鮮の発射計画は昨年から計画され、アメリカは北朝鮮に(謝礼として)24万トンの食糧支援を決めています。
北朝鮮は人工衛星打ち上げに際し日米の人工衛星専門家に(日本が応じないことを知りながら)招待状を送ると同時に人工衛星の名のついた発射体を世界のメディアに公開しています。

発射体を人工衛星として公開し、人工衛星か軍事ミサイルかの判断をアメリカに付託するという北朝鮮のアメリカの利益(アメリカの利益=日本の不利益)に対する「忠誠」を明確にしました。軍事ミサイルにするか人工衛星にするかアメリカが政治判断を下していないのに日中韓の外相会議で中国に「発射後の国連安保理での対北朝鮮制裁の要請」をする日本の外交音痴に中国が迷惑がるのは当然。



                        増田俊男の時事直言!
                    第720号(2012年04月09日号)


      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                           関連ニュース

                北ミサイル迎撃、日米に「温度差」…緊張感薄い米



                           関連エッセイ

                  国家安全保障上の見地から診た原子力発電

                       祝! アメリカ、日本再占領!

                           米朝ウラ同盟







     .
[PR]
by nueq | 2012-04-12 18:30 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31