一億総官僚化のニッポン人

     
       
          
                   喫茶店のウェイトレスも官僚様!

                      会社の規則って何だ?
                    規則は破るために存在する!

                    リスクは金を払ってでも買え!



にほん人がニッポン人となってからというもの、責任回避に長けた「 官僚 」が日本中に蔓延しています。
官僚よりも官僚らしさ満点のNTTや盗電の社員から、果ては町中の喫茶店のウェイトレスまで。。。。

支那からやってきたウエイトレスは、共産主義と云う無愛想な歴史が数十年続いたせいで、「 サービス 」とか「 サービス精神 」とかの概念がなく、今世紀初頭辺りまでは無愛想だけならまだしも、なんだかこちらが怒られてるような気分にさせられ、にほん人としては気分の悪いことこの上なかったが、支那の経済発展が目覚ましくなってきた頃から、実質資本主義経済が浸透したためか支那人ウェイトレスの態度もサービス満点の笑顔に変化してきた。
ところが、その頃から今度は逆にニッポン人のウェイトレス・ウェイターの態度がかつての共産支那人顔負けに無愛想になったばかりか、何かあった時の責任回避のありようや、仕事内容に関しての無知さ加減についてはかつての共産支那人の上を行く凄まじさである。

喫茶店やコンビニなどでの仕事の出来なさ加減でも国際的にダントツで、最近は店員がニッポン人ではなく、支那人やバングラディッシュ人、ベトナム人だったりすると逆にほっとする始末である。

レストランなどでは、ギャルソン・ウェイター・ウェイトレスは、目を後ろに付けて仕事をしなければならない。 後ろで手が挙がっても気配で察知してすぐに後ろを振り向く。 これがサービス業の「 いろはのい 」。 しかるに最近のウェイター・ウェイトレスと来たら、顔の向いてる方向の先で手を挙げても視界に入ってないのか無視してるのか、まるで反応なしのケースが多々ある。 要は店長の従業員教育がなってないのである。


また、何かの問合せから色々突っ込んだ要求になったり、トラブル発生で電話や窓口に行くと、当該サービス企業の担当者は、マニュアル通りの受け応えしかできない。
単純な問題解決のためでさえ、「 規則にありません。」「 規則でそうなってます。」と、答えてくれる。 「 規則 」ってなんだぁ????
だれがいつ、ン なもん勝手に決めたのか?
それは、てめェンとこの会社の内部規則だろうがッ!!!
それを臆面もなく、お客様にノウノウと宣うなど、頭が逝かれてしまっている。 これが最近の「 ニッポン人 」の成れの果ての姿なのです。

もっと困ったことには、こう云われるとスゴスゴと引き下がる「 ニッポン人 」がほとんどだということ。 企業側はこれに味をしめて、益々、私規則をお客様に強制するようになり、そこに恥じらいも罪悪感もない。

サービスを売り物にする企業がサービスの何たるかを全く理解できてない。

ウェイトレスにせよ、企業の担当者にせよ、その有り様は、ロボットそのもの!
自分の頭を使わない。 自分が責任をもって何事かに対処する。
そうした姿勢が最近の日本人から失われつつあるのです。



「 官僚 」の「 仕事 」は「 責任回避 」。
日本人全体が、この「 責任回避 」体質となって、すでに2〜30年が経とうとしています。

そもそも、官僚( 特に国家官僚 )とは、如何にして責任を取らないようにするかが、官僚の官僚たる真骨頂であり、その責任の所在を自分や仲間のところに持って来ないようにするために毎日仕事をしていると云っても過言ではないくらいの仕事っぷりではあるが、今や町中のウェイトレスに至るまで、誰もが責任回避の権化と化しています。


責任回避と並んで、最近のニッポン人に顕著なのが、リスク回避。
あらゆる物事にリスクはつきものだし、リスクがないものにはリーターンもまたない。
ノーリスク・ノーリターン、ハイリスク・ハイリターンが当たり前で、ノーリスク・ハイリターンと云うものは基本的にはあり得ません。
責任とリスクを取らなくなった日本に未来はない。

  苦労は金を払ってでもしなさい

と、昔から云われてきたが、今どきは


  リスクは金を払ってでも取りなさい

と、言いたいところだ。


  自分の頭でものごとを考える。

これも戦後日本人が、幼稚園〜大学教育、企業で洗脳されてできなくなってしまったことであり、特に最近はその傾向が顕著。 GHQの占領政策が見事な成果を収めた結果です。
また、

  自分の頭でものごとを考える。
  ことを決してゴイムにさせてはならない。

  ※ ゴイム = ユダヤ人以外の人種

とは、彼の「 シオンの議定書 」に再三再四、警句として登場する文句です。

みなさん、自分の脳味噌を取り戻しましょう!







                            関連エッセイ


                         ニッポン人とにほん人
                      http://nueq.exblog.jp/21807320/
                      放送禁止用語になった 「 にほん人 」

                        Japanって、どこの国よ?
                      http://nueq.exblog.jp/15806094/
                            邪犯とエゲレス

                            長いものには
                      http://nueq.exblog.jp/15806094/
                         巻かれろ。 じゃなくて
                          長いものは切り刻め !!!

                        支那と呼んで何が悪い !!?
                      http://nueq.exblog.jp/18946652/
                         支那の語源 と 中国の語源
                  中華人民共和国 は ほとんど日本語で出来ている

                     エスカレーターで歩かないバカ者ども
                      http://nueq.exblog.jp/20276833/
                        ここまで情けなくなった日本人
                    メーカー・鉄道連携の見事な責任回避行動 !







              .
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/21817009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2014-01-08 16:05 | 文化 | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30