ザビエル 〜 黒船 〜 TPP

    
    
     
                       安倍晋三 = 井伊直弼

                      ザビエル 〜 黒船 〜 TPP



日本を完全奴隷:植民地化するTPPの、

  ① ISDS条項( 外国企業による自国条件損害賠償 : 毒素条約の目玉! )
  ② NVC条項( 予想利益の損失賠償 )
  ③ 内国民待遇( 外国企業に自国民待遇 )
  ④ ラチェット条項( 条約破棄の禁止 )
  ⑤ スナップバック条項( 米が不利な時 関税撤廃を反故に出来る不平等条項 )
  ⑥ 未来の最恵国待遇( 米の独善的最恵国待遇 )
  ⑦ ルールは先発導入国ルールに従うべし( 先行9国には拒否権 )
  ⑧ 先行9ヶ国の合意内容はすべて無条件で受け入れる。
  ⑨ 裁判は世界銀行傘下の投資紛争解決センターで密室裁判( 世銀 = アメリカ )
  ⑩ 条約交渉内容は秘密・非公開! < はぁ〜? なんでぇ〜? よっぽどやましい? >
  ⑪ TPP貿易量の9割は日米( つまり、日本を狙い撃ちにした条約 )


については、今更当ブログで愚駄愚墮述べる必要もないので、
詳しく知りたい人は、

  TPPの毒素条項
  http://www.kananet.com/tpp-1.htm
  TPPの内国民待遇とは何か
  http://jaguar321.seesaa.net/article/230847830.html
  TPPで国際訴訟が起これば、米国が必ず勝つ仕組みになっている。
  http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2382.html


を、ご覧ください。

    ※ 先行9ヶ国
      シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド
      アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルー



                             ザビエル

さて、タイトルのザビエルとは、イエズス会設立時のNo.2:フランシスコ・ザビエル。

b0221143_3394474.jpg


耶蘇教のことを伝え聞いた薩摩:伊集院マガタンシの弥次郎がインド:ゴアにまでわざわざ赴いてザビエルを日本に招聘し、1549年 薩摩に上陸。
イエズス会は、ザビエルと同じバスク:ナバーラ人( 実際は二人ともユダヤ人コンペルソ )のイグナチオ・デ・ロヨラによって創設されたキリスト教( バチカン:カトリック )= コーカソイドの世界支配の先兵であり、ザビエルは東側を、ロヨラは地球の西側( = 新大陸は実質的にはフランシスコ会の縄張り)を担当。
1549年と云うと武田信玄・上杉謙信の時代( 川中島の戦い:1553年 )で、その6年前の1543年には、種子島に2丁の鉄砲が伝来。 織田信長の時代に至ると、日本全土に存在する鉄砲の数はたった2丁の鉄砲の物真似から始まったものがヨーロッパ全土の鉄砲数を遥かに凌駕するようにまでなる。 しかもその信長は1575年の長篠の戦いでは当時最強と謳われた武田騎馬軍団を相手に3000丁の鉄砲の3段撃ち戦法を編み出してこれを殲滅、以降日本最強の軍団として日本統一を目指すが、目前に本能寺で爆殺される。
この爆殺の首謀者は、イエズス会( フロイス )+フランシスコ会( 爆弾の材料の燐鉱石の供給 )+ 天皇家 と思われる。
明智光秀はあくまで表の陽動部隊に過ぎない。
なぜ、耶蘇教勢力( イエズス会+フランシスコ会 )が信長の抹殺を図ったのかと云うと、それは安土城のデザイン・コンセプトにその原因がある。 現在みなさんがご存知の全国にある「 お城 」の基本的デザインは織田信長が創り出したもので、それ以前の「 城 」とは趣を異とします。 安土城以前の「 城 」は、山上に柵を巡らした櫓の如きもの。 信長はヨーロッパの教会( ゴシック建築の塔 )をモデルに全く新しい「 城 」を創り出したのです。 その構造は、4層吹き抜けのアトリウム構造で内壁は黒漆の上に金箔貼り。 ヨーロッパ人のフロイスさえ圧倒するこれまで誰も見たことのない壮麗な教会建築だったのです。


b0221143_43231.gif


            画像出典 : ( 左 ) 信長公夢街道  ( 右 ) 安土城復元!


そして、最上階の名前は「 天守閣 」。
「 天守 〜 天主 」とは、耶蘇教のYHWY( ヤハウェ )のこと。
そこに祀られているのは、十字架ではなく、信長がただ一人鎮座していたのです。

この意味するところは、「 ヤハウェ( 神 )と自分は同格。 ヤハウェなど、クソッ喰らえッ! 」と云うことであり、これがキリスト勢力の危機感・神を祀る天皇家の危機感となって信長爆殺となります。

信長は、アジアを蹂躙するコーカソイド耶蘇教勢力の魂胆を見抜いていました。
日本統一後は、朝鮮半島・支那大陸をまとめ、チンギス・ハーンの如くヨーロッパに進軍するプランを持っていたのかも知れません。 少なくとも、東アジアがひとつのまとまりをもってコーカソイド耶蘇教勢力を当地域から排除することは最小必要条件として考えていたようです。 秀吉の朝鮮出兵は当然明国支配を視野に入れたもので、このように信長のプランを実行に移そうとしたものであり、キリスト教禁止令( 鎖国 )は朝鮮・明統合に失敗した為に取られた方針だったものと思われます。
  
  参考文献:渡辺豊和「 バロックの王織田信長 」
  http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784903487298

織田信長と云う人物は、日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519)とも云える存在です。
長篠の戦いの3段撃ち戦法、巨大な世界初の鉄甲船、秀吉に代表される忍者諜報戦略、楽市楽座、安土城と云う前代未聞の建築様式、安土芸術様式、バサラファッション、お茶の作法、新しい( 本当は普遍的な )神の概念などなど、これまでになかった新しいコンセプト・軍事技術・経済システム・文化・様式・デザインを編み出した天才アーティストとも云えるでしょう。
お茶と云うと、一番に千利休が思い起こされますが、利休は信長時代にあっては、あまたの茶坊主頭の一人に過ぎません。 お茶、そして茶器と云うものを1920年代〜80年代、世界を席巻したコンセプチュアル・アートと同様のレベルに昇華させたのは信長その人だったのです。

駆け足で、信長とコーカソイド耶蘇教対立の図式を概観しましたが、このように当時の日本は、昭和初期の日本と同様、物真似とは云え( ヨーロッパの哲学・文学・科学技術・文化などは基本的に全てアラブ・イスラム・トルコのパクリに過ぎないが。。。)、アッと云う間にヨーロッパを凌ぐ火縄銃大国 = 軍事強国 となり、コーカソイド勢力の日本侵略を簡単に撃退することが出来たのです。


                               黒 船

300年後、ヨーロッパ・コーカソイド勢力は、万端を期して再度東アジア・日本攻略に乗り出してきます。 1853年( 嘉永6年 )アメリカ:ペリーが浦賀に来航するが、300年に亘る徳川鎖国時代の間に、日本の産業・軍事力は大きく後退し、ヨーロッパは逆に蒸気機関による産業革命で軍事的にも大発展を遂げてその差は歴然たるものになってしまっていました。 そうして大老:井伊直弼は、1858年( 安政5年 )朝廷に無断で日米修好条約に調印。 さらに14代将軍に内定していた水戸慶喜を排して紀伊家から家茂を将軍に就任させる。 この2つの事件を契機に井伊直弼は安政の大獄を発動して独裁政治を施行するも、翌年、水戸藩士による桜田門外の変で首を刎ねられる。
井伊直弼が締結した日米修好条約は、「 不平等条約 」として有名で、具体的には「 関税自主権の剥奪 」と「 在留外国人の治外法権 」など。 この不平等条約を平等にすることが出来たのは、日清戦争・日露戦争を経た1911年。 実に53年の永きを経てようやく自主権が回復したのである。


                               TPP

ペリー来航から150年後の2003年にブッシュ牧場で子ブッシュと稀代の売国奴:小泉純一郎の間で締結されたのが「 日米投資イニシアティブ2003 」。 冷戦の終結に伴って、アメリカにとっての共産主義への防波堤としての日本の役割は終わり、田中角栄〜鄧小平同盟による東洋の復活を叩き潰すべく1985年の「 御巣鷹山事変 」 は仕組まれ、表は、中曽根康弘( プラザ合意:1985年〜バブル&崩壊 ) 〜 メーソン日本代表:宮沢喜一( 対日年次改革要求書:1993年〜 ) 〜 稀代の売国奴:小泉純一郎( 日米投資イニシアティブ2003 )によって、裏(実質)は日本銀行の営業局長〜副総裁〜総裁を歴任した三重野康( 副総裁:1984〜89、総裁:89〜94 )、福井俊彦( 局長:86〜89、副総裁:94〜98、総裁2003〜08 )に依って日本経済は完膚なきまでに内側から叩き潰されてしまいました。

  ※ バブルの本当の要因は、アメリカの意向をそのまま文章にした「 前川リポート 」と
     日銀プリンス:前川・三重・福井らによる、無制限マネーサプライ( = 窓口指導 )にあります。


挙句が、2007年にアメリカ側に仕込まれた潰瘍性大腸炎(癌)の悪化で辞任に追い込まれた安倍晋三は、体内に時限爆弾を仕込まれたまま再度首相に就任。 アベノミクス( 日銀の無制限マネーサプライ = 米への貢物 )・TPP・憲法改正と、アメリカの言うなり首相で、訪米時には晩餐会も昼食会もなし。 テーブルの上には水だけという、一国の首相にはあるまじき丁重なおもてなしを受けたのです。
副総裁兼財務大臣には耶蘇教( バチカン )の麻生太郎が就任。 麻生は4月19日、ジャパン・ハンドラーズの巣窟でもあるCSIS( 米戦略国際問題研究所 )で演説を行い、日本の水道の民営化を公約しました。
同じ4月19日、安倍晋三は日本記者クラブでの講演で保育所の待機児童ゼロを目指す。 と公約。
7月の参議院選挙に向けたアベノミクスによる株価上昇・円安と並ぶ国民向けのあめ玉サービスと云った感があるが、待機児童ゼロを目指すための方策が株式会社の保育所参入( 保育所の民営化 )。 これは水道民営化と軌を一にしたTPP向けの下準備ともいえるだろう。

7月の参議院選挙では、安倍自民党はおそらくまたしても圧勝するだろう。
これで衆参両院が圧倒的多数となり、「 大政翼賛会 」が完成。
アベノミクスで増刷される日本円は参院選以降は日本にはほとんど流れず、アメリカにそのまま流れ、憲法改正に依って基本的人権が削除されるという悪夢のような体制へと移行し、TPPによって「 関税自主権の剥奪 」と「 治外法権 」が、日米通商条約がおちゃらけに感じてしまう程の凄みをもって導入されることになるのだろう。

   TPPの「 関税自主権の剥奪 」と「 治外法権 」については
   冒頭項目の①〜⑨を参照。

ここに、安倍晋三の

   TPP = 日米通商条約
   憲法の基本的人権削除 = 安政の大獄

の図式が完成する。
つまり、安倍晋三は井伊直弼となるのである。



このように、コーカソイドによる日本植民地化計画は

   ザビエル ・・・ 信長・秀吉が撃退
   黒船 ・・・・・ 井伊直弼による不平等条約:日米通商条約
   TPP ・・・・ 安倍晋三による日本完全奴隷植民地化条約

と、ホップ 〜 ステップ 〜 ジャンプ といよいよ完全奴隷化を目前にしつつあるのである。





                              関連エッセイ



                         稀代の売国奴:小泉純一郎
                        日米投資イニシアティブ2003


                         フクシマは核兵器製造工場?
                      日本陸軍の北朝鮮ウラン濃縮工場
                       1985年8月12日 御巣鷹山事変
                   JAL123便墜落は米の核ミサイルに依る撃墜


                           野ブ田の自爆解散テロ
                ナイ・アーミテージ面接の合格者 = 次の総理 は誰だ?


                       人権擁護法案と言論弾圧4法
               令状なしで連行可能な「 特高 」法案 = 平成の治安維持法
                    ジョセフ・ナイ、アーミテージ 来日の目的


                     領土植民地からステルス経済植民地へ
                     ステルス経済植民地の要「 中央銀行 」
                     日本売国奴列伝 : 売国首相と日銀総裁
                    消費税増税とTPPは実は戦争なのである


                         祝! アメリカ、日本再占領!
                         いい国つくろう、何度でも。
                 by マッカサー&アーミテージ w/経団連:米倉弘昌


                         アーティスト・インフレーション
                          アーティストとミュージシャン
                       コンセプチュアルアートとARTの死
                             新文明のアート





        .
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/20399943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2013-05-07 08:08 | 1984 NWO | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30