ソマチッドとアカシックレコードとプラーナ呼吸

        
        
       
              色即是空 空即是色 の真髄を探査する


                      ソマチッド研究の最前線

          空即是色を司る太古の叡智:プラーナ呼吸の再発見

            記憶の構造:アカシックレコードへのアクセス方法



ソマチッドは約40億年前に誕生した初めての地球生命体です。
その後に誕生する生命体の祖型・材料となり、人間の身体の中だけでなく、動物・植物・バクテリア等あらゆる地球生命体の体内に共生し、1万mの上空、1万mの深海、地中奥深くにも存在しています。
1000℃の高温、ー30℃の低温、無酸素、塩酸の中、硫酸の中、超高圧下、5万レム( 500Sv )の環境下でも死ぬことのないため不死の生命体とも云われています。
5億年前の化石の中からも元気に甦ります。

位相差顕微鏡に依って人間の血液中で観察されるソマチッドのサイズは目視で80〜10ナノメートル、或いはそれ以下ですが、最小サイズは0.5ナノメートルと云われています。

b0221143_13135844.jpg



つまりDNA二重螺旋の直径の1/4と云う極めて小さなものです。

人間を始めとする地球生命体の体内にあってソマチッドは、エネルギー生産、細胞分裂、免疫機能、恒常性維持機能など、生命現象の根幹に関わる重要な働きをしています。

ソマチッドは、第2次世界大戦中、フランスの20歳そこそこの若き天才:ガストン・ネサンが自ら開発した特殊な暗視野位相差顕微鏡:ソマトスコープを使って発見し、ソマチッド( SOMATIDE )と命名されました。 これを「 ソマチット 」と呼ぶ人がいますが読んで字の如く明らかに間違いです。 研究者にとってネーミングとはとても大切なものでありこれを勝手に改変するのは命名者に対して大変失礼な行為です。

ネサンはソマチッドの研究から、癌を、末期癌であっても簡単に治す手法を発見します。
そのことによって身に危険が迫り、カナダはケベックに亡命しますが、FBIと思われる筋のトラップにかかり逮捕され裁判にかけられます。 ところが750名にものぼる末期癌患者の生命を救った為、強力な証言者が多数証言台に登り、結果は本来有り得なかった逆転勝訴。 これによりカナダ政府は、一般病院で見放された患者のみを対象とすると云う条件で「 714−X 」を主体とする治療法を認可し、88歳の今も元気に研究を続けています。

b0221143_13143025.jpg

                      ソマトスコープを覗くネサン氏
   ネサン氏とソマトスコープ                  ネサン氏と奥さんのジャサンテさん
          ソマトスコープの血液画像
                          研究所の一角


ソマチッドは、ガストン・ネサンに前後して、或いはずっと前にも他の研究者が発見して独自のネーミングを行なっています。

  アントワーヌ・べシャン( 1816~1908 仏 )「 マイクロザイマス 」
  ギュンター・エンダーレイン( 1872~1968 独 )「 エンドビオーシス 」
  ロイヤル・レイモンド・ライフ( 1888~1971 米 )「 プリモーディアルズ 」
  牛山篤夫( 1909~1969 日 )「 S.I.C 」

ライフもまたFBIによる強烈な弾圧・放火を受け、牛山さんも国会喚問で断罪され貴重な研究データの最も肝心な部分は警察に押収されたまま未だに返還されていません。 牛山さんが院長だった茅野市立病院は長野県なのになぜか京都府警が資料を押収したまま返還してないのだ。 京大の秘密ラボで研究でもしてるのだろうか? 警察は泥棒の始まりだ。
ベシャンは、パスツールによってその素晴らしい研究成果をパクられた上に真反対の解釈で流布され、それが現代の移死によって支えられている現代医療の根幹ともなっているのです。


ソマチッドは、ガストン・ネサンの裁判をドキュメンタリー風に綴ったクリストファー・バードの 「 完全なる治癒 」の出版によって世界的に知られるようになり、日本では1997年に翻訳出版されます。
これが日本での第一次のブームでしたが、この時期はまだほんの僅かな知る人ぞ知る存在。


b0221143_13162423.jpg

                             ( 絶版 )


本格的なブームは、「 完全なる治癒 」で衝撃を受けた福村一郎さんが 2004年、 著書を出版し、日本ソマチッド学会を立ち上げてからです。 超有名な医者の子息である福村さんはガストン・ネサンも成し得なかった発見をします。 それは「 古代ソマチッド 」の機能の発見です。 古代ソマチッドを体内に取り込むと元々存在しているソマチッドとは異なる特殊な働きをすることを明らかにしました。 ガストン・ネサンは癌治療にあたって、ソマチッドを身体の状態を映し出す指標としてのみ捉えましたが、ソマチッド( 但し基本的には 古代ソマチッド )自体に癌や様々な病気を治す素質があることがわかったのです。 そしてその後、他の研究者に依って完全な治療法が確立され、現在では特殊な手法を用いることで体内被曝さえ完全除去できることも判明しています。
しかしなぜ古代ソマチッドでなければならないのか?
それはどんな機序に依るものなのか?

nueq laboratory では、その初期レベルのほぼ全容を解明しました。
1月14日( 月祝 )に東京都心部にてその内容を発表します。( 末尾参照 )

nueq の nu は、Nu Clear Bomb の nu、つまり 「 最小のもの 」と云う意味。 生命の最小素・物質の素粒子を探求する研究所の意味です。 詳しくは 「 nueq lab(oratory) とは 」をご覧ください。

そして、Somatide の 「 Soma 」とは?

これが実は 「 色即是空 空即是色 」 をつなぐ妙なるもの : プラーナ と通底するものだったのです。

プラーナとは、超微細な宇宙エネルギー、或いは生命エネルギーとして一般的には理解されていますが、サンスクリットにおける本当の意味は 「 物語・書物 」。 インドで最も古い神々の物語 = 神話がプラーナ文献ですが、いつしかその内容から転じて宇宙エネルギーのような意味になったのでしょうか。

b0221143_13173542.jpg

                         プラーナ文献 原版


「 Soma 」 はその真髄とも云えるもので、「 プラーナ呼吸 」 とは、その宇宙エネルギーを直接取り込む手法です。
プラーナ呼吸によって身体の中のエネルギーバランスを量ったり、特定の病巣部にエネルギーを送って癒したり、感情的・精神的不浄物を取り除いたりとあらゆることが可能になります。 風邪のひき始めならプラーナ呼吸を少しするだけですぐに治ります。 また、地球上のすべての生き物や植物と繋がったり、必要なものがすべて引き寄せられてくる究極の引き寄せも実現するようになります。

プラーナ呼吸を会得すると、これまでの瞑想呼吸法が片手落ちのものであったことに気付かされます。 おそらくは数千年に及ぶ長い歴史の中で最も肝心なプラーナの秘技が脱落して伝わり、現在の酸素呼吸法だけになったのでしょう。


一説には 龍樹 が著したともされる般若心経の 「 色即是空 空即是色 」。
これは今風に云えば、「 超微細エネルギー( 電磁周波数 )即是 物質 」とも云えるもので、その架け橋となるのが、プラーナ呼吸でありソマチッドなのです。
それは「 宇宙の摂理 」 : 大規模なマクロ宇宙の構造 & 素粒子のミクロ宇宙の構造を理解した時、プラーナ呼吸とソマチッドの関係性、そしてそれがどのように 「 色即是空 空即是色 」 に関与しているのかが見えてきます。
但し、ここで云う素粒子とは、マヤカシの現代量子物理学とはかなり趣の異なるものです。

「 宇宙の摂理 」を会得することで、「 記憶 」の構造も見えてきます。
時に優れたチャネラーは、目の前にいる人の幼い頃の記憶を鮮明に語ることができます。
アカシック・レコードを読む。とも云われますが、これはどんな仕組みになってるのでしょうか?
そしてこれは訓練すれば実は誰にでも出来るのです。


時代は今、13,000年前の大洪水( 縄文海進 )の時以来徐々に失われた古代の叡智を自然多発的に復活させつつあるようです。

ひとつの夢として、フリーエネルギーによって地球上の全てはバラ色の世界になるというものがあります。 ですがちょっと考えてみて下さい。 今フリーエネルギーが実用化されて世界中の人がその安価な糧を享受できるようになったとして、何が変わるのでしょうか? 結局はより便利なものが登場しただけに過ぎません。 人類は覚醒することもなく進化することもありません。その時も今も、そしてプラーナ文献の中で嘆かわれている時代状況と、実は何一つ変化してないことが明らかです。 ただ便利でスピーディで清潔になっただけです。

宇宙の摂理とプラーナ呼吸の会得、アカシックレコードへのアクセスは人類の意識のあり様を一変させ、人類の意識レベルでの進化をもたらすことでしょう。
それは自らの内に神を発見することでもあります。
神とは宇宙の摂理が擬人化された呼び名です。
6000年の永きに亘って、宗教として外側に持ちだされ崇めさせられている神を自らの内に取り戻すことになります。
神 = 宇宙の摂理、これを自らの内に入れることで人類の 「 全知全能 」が復活するのです。 6000年に亘る支配者が最も恐れるのがこの覚醒:目覚めなのです。
その時、フリーエネルギーの原理発見と装置開発は誰にでも出来るようになります。
原理はいたって簡単ですから。


これらの体系・ノウハウはまだ開発途上でもあり極められたものではありませんが、しかし、それでも上記に記したようなことが出来てしまいます。
しかも修行は不要。 少しばかりの訓練と感性で誰にでも出来るようになります。

発表が遅れましたが、14日に東京で、その構造とノウハウを伝授しますので、ご興味ある方はぜひどうぞ。



   ※ 大阪・九州は開催を調整中です。




             -------------------------------------------------------------------------------


                            開催概要



日 時 1月14日(月祝)
     13:00 受付開始
     13:20~17:00

会 場 東京都心部 某所

受講料 2,000円
     学生 500円
     高校生以下 無料

懇親会 終了後、近くの居酒屋などで

お申込 お名前、年齢、懇親会の参加希望 をご記入の上、
           封印史研究会 事務局 huuinshi@gmail.com へ

      ※ 時々、メールが届かない事件が発生しています。
        2~3日経っても封印史研究会から返事が届かない場合は、
        「 非公開コメント 」 でメールアドレスと上記内容をお送りください。
        封印史研究会より、メールをお送りします。





         .
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/19819892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-01-12 09:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-12 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-12 19:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nueq at 2013-01-12 23:43
岩虎さま、ご連絡ありがとうございます。

大阪は2月開催の予定ですがまだ日程の詰めを行っていません。
ご質問のメール、封印史研究会の方へお送り頂ければお応えします。

どうぞよろしくお願いします。

Commented by ajnana at 2013-01-19 00:29 x
サンスクリットの先生に教えて頂いたのですが
>「物語」のプラーナはpuraaNa。
>「生命エネルギー」のプラーナはpraaNa。(Nは反舌音のn)
>カタカナは同じでも、サンスクリットでは最初からまったく別の発音>です。つまり、直接の関係はありません。
ということでした。確認してみてくださいませ〜。

それにしても封印史研究会、旅行中の為行けませんでした、残念です。
またの機会がありますように。
Commented by nueq at 2013-01-19 11:21
ajnanaさん、凄い! ありがとうございます!

別物だったとは驚きです。

でも言語学的に言葉・単語の転訛の法則みたいなものからみると、
puraaNa から praaNa が派生したようにも思えます。

或いはpuraaNa文献の中で praaNa は語られているのか?

もし、サンスクリットの先生にまたお尋ねできるようでしたらその辺りの見解をお願い出来ればと思います。

Commented by nueq at 2013-01-19 11:21
次回は2月11日(月祝)を予定しています。

落合莞爾の「 明治維新の極秘計画 ~ 堀川政略とウラ天皇 」は衝撃的な内容ですが、どうも操作・誘導が強く感じられますし、古代史(特に南朝/北朝)については認識の錯誤が顕著です。
かなりの誘導とはどの辺りか?
そういったポイントを踏まえながら、

   横田早紀江さんの出自と大室寅之祐
   堀川辰吉郎と中丸薫の本当の素性

   日本の成立・天皇家の誕生:その2
   
   日本をたった一人で敗戦に追い込んだ男
   「 謀略熟練工 」黒田善治
   今期、日本を変えるための必読の指南書

   アベノミクスは郵政民営化の二の舞
   参議院選挙の後が危ない!
   第3次世界対戦 = 金融大戦争の足音と資本主義の終焉


と、いった内容を検討しています。
もしタイミングが会うようでしたらお越しくださいませ。

尚、「 謀略熟練工 」は国会図書館にしかないので全頁コピーを2000円でお送りしています。

Commented by ajnana at 2013-01-20 05:17 x
2月11日、是非伺います、よろしくお願い致します。

私はサンスクリット教室のオチコボレなのですが・・・。
先生(伊藤武さん)にお尋ねしたプラーナについての続編、
お伝えしますね。

「2つのプラーナについて」
puraaNaからpraaNaが派生した、という可能性はないと思います。
praaNaは、インド最古の文献『リグ・ヴェーダ』に現れるひじょうに古い言葉です。
pra(前に)という接頭辞に、aana(呼吸/風)をつなげて、「生命のダイナミズム」を表わしています。
aanaのnがpraaNaでは反舌音(巻き舌)のNに変わるのは、同じ巻き舌のpraのrにつられた現象で、それ自体に深い意味はありません。
aanaは、他の接頭辞とも結びついて、さまざまな生命エネルギーを表現します。
たとえばサマーナ(sama等しい+aana)は消化力、アパーナ(apa下に+aana)は排泄力、などなど。

Commented by ajinana at 2013-01-20 05:27 x
続きです。

対して、puraaNaは、puraa(古い)+nava(新しい)の合成語puraaNavaの短縮形で、「古い神話から新しい話題まで」ぐらいの意味になります。この語が注目されるようになるのは、早くても4、5世紀。このころから約1000年にわたって、いわゆる「プラーナ文献」が編纂されます。「古くて新しい」の名のとおり、当時の最新話題までも含まれています。
もちろん、praaNaにかんするトピックも数多く語られています。

「生命エネルギー」のほうのプラーナに話を戻しますと、
最古層の文献では「霊魂」をあらわすアートマン(aatman)や、
「光/エネルギー」をあらわすヴィラート(viraat)と渾然一体になっています。
つまり、古代インド人にとって「呼吸、霊魂、生命、光」は切り離すことのできない、まとまった観念だったようです。
ですから、ヨーガにおいて、「プラーナをイメージする」ときは「光を観じる」ことが、秘義というかコツになってきます。

以上です。
先生のサンスクリットについてのブログをご参照ください。
http://itotakeshi.blog33.fc2.com/blog-entry-41.html

先生には事後承諾して頂いて、と、・・・失礼致します。
Commented by nueq at 2013-01-21 01:54
aana と puraa+nava のこと、よくわかりました。
ありがとうございます。

puraaNaが、puraa(古い)+nava(新しい)の合成語で「古い神話から新しい話題まで」とは驚きです。1500年頃まで書き綴られてたわけですね。
ところがコーサンビーの「 古代インド 」には、『リグ・ヴェーダ』は最古ではなく中世まで書き加えられ続けた比較的新しいものであり、『ヴァカバッド・プラーナ』(だったかな?)が最古のも語りである。と書いてあったように記憶しています。

リンクの伊藤武先生の「 ソーマ 」に関してまた新しい知見を頂きました。 ありがとうごじざいます。 先日の会でその由来をお話したのですが、リンク先には神に見立てられた「 ホーマ homa;護摩 」のことが書かれてますね。 その「 ホーマ 」の元はまさに炎のゾロアスターの「 ハオマ 」です。ハオマ → ホーマ → ソーマ と転訛したのですね。 ハオマからなぜソーマに転訛したのか謎でしたが、ようやく解決出来ました。

2月11日にお会いできるのを楽しみにしています。
Commented at 2013-01-23 14:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りがけ at 2013-01-24 20:51 x
ドクター苫米地ブログ - Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog
2013年01月09日16:00
オバマ大統領、1兆ドル硬貨を二枚発行、オバマ大統領を少し見直した。やり切るなら命がけだ。
http://www.tomabechi.jp/archives/51378154.html

苫米地英人氏の『日本のバランスシート』論を聞いてみませんか。

苫米地博士遊説 平成24年11月27日(火)札幌駅北口
http://www.youtube.com/watch?v=Fet8jHmXOP4&feature=player_embedded
Commented at 2013-04-10 01:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-29 14:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-04 01:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nueq at 2015-01-14 21:32
さっちんさん、九州開催はまだ検討中です。
いずれ再開するかと思いますので気長にお待ち頂ければと思います。

by nueq | 2013-01-11 13:23 | 文明 | Trackback | Comments(16)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31