初詣 二礼二拍手一拝のウソ

        
        
       
明けましておめでとうございます

神社参拝の正式作法

明治新興宗教:天照神道と奥宮:縄文の神





b0221143_17354743.jpg

初日の出
写真出典 : 今日のエッセー


b0221143_17363626.jpg

伊勢神宮 冬至の日の出
写真出典 : BRASH 写真家 宮澤正明


明けましておめでとうございます。

初詣、もう行かれましてたでしょうか?
神社での参拝の作法は、二礼二拍手一拝。
とされ、拝殿脇にイラストを掲げてる神社もあります。

また、宇佐神宮、出雲大社、熊野神社では、四拍手が、
伊勢神宮では、八度拝八開手( やひらで:四拍手を2回繰り返す )が、正当とされています。


ところがこうした正当とされている二礼二拍手一拝は、GHQの占領政策の中で、国家神道否定のために神社本庁が戦後に定めたものです。 GHQ( General Head Quater )は、神道を政教一致と見做し、神道の存続に関して一般宗教と同じ「 宗教 」 への格下げを条件とします。 そして「 宗教 」としての体面を造るための「 方便 」として採用されたのが、「 二礼二拍手一拝 」だったのです。

従って、実際には何度手を叩こうが自由です。

GHQと神社本庁のことを知ったのは、昨年の初め頃、或る神社の宮司さんによってですが、世界史や日本史の歴史を探求する過程で、現在の神社の祭神が伊勢神道によって歪められている現実、そして出雲系神社の四拍手が存在すること、或いは古神道に伝わる数霊の智慧などから、僕は前世紀の終わり頃から、参拝時の拍手はその時の気分で、3,4,5,6,7,8,9,11,12,13など、好きな数だけ行なっていました。 それも神社中に響き渡る程大きな音で。 大きな音で鳴らすととても気持ちが良い! と云うのもひとつの理由ですが、二拍手で無い拍手をすることで神社本庁の「 規則 」からの脱却と他の方式があることへの気付き、神社のしきたりとは何か、或いは神社とはそもそも何なのか、祀られている神様とは一体何なのか、といった根源的な気付きを周囲の人々にうながす目的をもって行なっていました。

今回の選挙で、鉛筆ではなく、油性ボールペンや油性マジックで書いて周囲の人達に、選挙で不正が行われていることを無言でアピールするのと同じ方式です。

b0221143_17374157.jpg

画像出典 : Ceramic Arte


礼拍拝の正式な、或いは最も美しい作法は、礼・拝に於いては身体を真っすぐ伸ばし、90度のお辞儀をゆっくりと行う。 拍手( 柏手・開手 )は、両手を合わせ、右手を少しずらす。 これは左が男性、右が女性に比定し、女性は奥ゆかしく少し控える。 とは、くだんの神主さんからお聞きした内容ですが、右手を少しずらすことで、柏手のいい音色が出るようにもなります。


二拍手に対する、四拍手の宇佐・出雲・熊野、これはすべて熊野式と云って良いでしょう。 伊勢神道 = 明治神道が全国の神社をその傘下に組み込むことへの出雲系のささやかなる抵抗が四拍手。 と、長い間思ってきましたが、そういえば伊勢神宮は八拍手、、、、今回このエッセイを書くにあたって少し調べてみると、伊勢はやはり 八開手 とありました。 と、すると、明治神道による序列で格上ほど回数が多くなるのか?

二拍手の由来については、先にGHQ+神社本庁の神道の宗教家に伴う方便としましたが、その根拠を明治8年に編まれた「 神社祭式 」に求めることも出来るようですが、二拍手の意味については不明です。


ところで、神社とは何か?
そこにお参りするとは何か?
カタカムナを発表した楢崎皐月の地電位調査では、イヤシロチ / ケガレチ 分類に関して神社のほとんどはイヤシロチ、お寺の多くもイヤシロチ、お墓の多くがケガレチに立地しているとされています。 イヤシロチとは山の頂から流れる龍脈が交わる場所。 地電位で云うとマイナス電荷の高い とはつまりマイナスイオンが豊富な場所となります。

b0221143_1738488.jpg


神社の清々しさは鎮守の森の樹木から放出されるマイナスイオンや氣にもよりますが、立地の地電位自体に優れているからでもあるのです。
神社にお参りすることで、その地域一番の高い氣 ( マイナスイオン ) をたっぷり浴びで身体と精神と霊気をリセットする。 それが実はお参りするする一般の人の知られざる効能であり、決して、自分の欲毒を神社に投げかけるべきものではいのです。
特に全世紀末には、僕が密かに 「 壺売りおばさん 」 と揶揄してたチャネラーおばさん・お兄さんたちが、どこそこの神社を開きに行ってくる。 などと云ってたまにお付き合いしてましたが、こうしたチャネラー族は逆に神社に行く事で凝り固り欲毒で歪みきった頭の中の配線が神社の氣のエネルギーで少しは調整されたのが実情です。 神社によって氣のエネルギーが異なります。 僕の場合はそれを頭・脳で敏感に感じることができます。 脳細胞の配線が組み替えられてるような。。。。。そんな感じがするのです。


神社の創建は古くは崇神天皇( 記紀による在位はBC97〜BC30年 )やヤマトタケル( 記紀ではAD72〜113年頃 )辺りに遡るものもあるようですが、多くの神社は飛鳥〜奈良〜平安初期の創建です。

崇神天皇は実際には架空の人物か或いは日本列島の地を踏んだことのない人物 ( 従って崇神天皇が天照太御神を宮中から追放したというのはウソで、その後の倭姫に依る23箇所の流離いも極めて怪しい )、ヤマトタケルは聖徳太子・神功皇后同様架空の人物であるに過ぎませんが、では、その神社はなぜその地に建立されたのでしょうか?

記紀に騙るところの崇神天皇の時代以前より源頼朝の平泉制覇までの時代は、日本の中央政権に依る全国各地に割拠する纏ろわぬ民:部族を侵略・制圧・統合していった時代です。 平泉藤原氏を殲滅し、義経追討軍が小樽あたりまで侵攻することで九州・四国に続いて本州全域がこの時初めて日本の中に組み込まれたのです。

それまでの時代、平城・平安の支配貴族や、源新羅八幡太郎義光を実質的な始祖とする源氏等とは異なる部族がそれぞれの部族の神を祀ってきた場所、その奉斎地が占領軍に依って占領軍の神様の奉斎地に置き換えられます。

では中央軍に依って殲滅されるまでその部族は縄文以来の永きに亘ってその地にいたのでしょうか?  当然 否! です。 縄文時代と一口に言ってもそれは1万年の永きに亘ります。 その後の2千年が弥生から現代に至る時間定規なのです。

縄文晩期、約3700年頃前から日本列島にはシュメール系の人々が移住し始め、2600年前頃からシベリア・満州・半島・支那大陸から戦乱を逃れて様々な部族が波状的に日本列島に押し寄せ、戦乱の地で培った最新の武器と戦法で先住民を殲滅し、豊かな土地をその新参者たちが占拠、先住民の神様の奉斎地:それは最も氣高いエネルギーの場所に自分の神様を祀り、その後、より強力な部族の侵攻を受けて逃亡、乃至は奴隷化( 穢多化 )し、新たな部族の神様が祀られ、その部族もまた、、、、、

こうして最終的に鎌倉殿が北海道を除くすべての土地を武力制圧するに至るのです。

ここで一言云っておきたいのは、特に東北の人達によるアイヌ人の“神格化”です。
縄文人 = アイヌ人 のような錯覚を抱いてるようですが、それは事実ではありません。
確かにアイヌ人は縄文人の一角をなす部族ではありますが、より先住の縄文部族にはアソベ族 = オロッコ人 = コロボックルが存在し、こちらのほうがより縄文的です。 バイカル湖周辺におけるツングースと苗族の混血によって発祥したアイヌ民族はこのアソベ族を殲滅・駆逐し樺太・南千島〜北海道〜東北エリアを占拠・占領したのです。 縄文人としてのアイヌ人は新しい参入者であって原縄文人と同一ではないことを認識して頂きたいと思います。 ちなみにアソベ族はボルネオ・マレー・インドネシア方面から北上して縄文人の基底を構成した民族です。

このように現在の神社の祭神は、一番手前では、明治新興宗教 = 明治神道 = 国家神道 によって塗り替えられ、その前はこれは想像ですが鎌倉時代に塗り替えられ、その前には平安百済王朝によって塗り替えられ、その前には奈良新羅王朝によって塗り替えられ、その前には飛鳥俀国秦王朝に依って塗り替えられ、その前には元伊勢猿田彦王朝によって塗り替えられ、その前には、、、、、、

と、幾重にも祭神はアップデートされてきたのです。

特に明治維新の際、古事記・日本書紀に登場する神様を主祭神として招き入れ、ジモティな神様を脇祭神としたり、摂社に追い出す処置が全国的な規模で行われますが、江戸~平安期にも上で見たような神様の入れ替えが各地で行われています。 神社にお参りしたら祭神の序列をよく見てみてください。 記紀に登場しない聞いたことないような神様がいれば、それが元々の地元神である可能性が高いです。
摂社は参道や本殿の脇や裏側に散在する小さな祠。 この小さな祠にお賽銭を入れながら順番に回って、祀られてる神様の機能 ( ファンクション ) を考えたり、感じたりしてるとなかなか楽しく神社で遊べます。 そんな風に遊んでると 「 あっ! これは、遊園地だ! 」 と気が付きます。 いろんな乗り物はありませんが、神社の様々な場所で脳内回路が刺激を受けるのはどこかしら似たような感覚、乗り物の一つ一つに少しづつお金がかかるのも同じ。 神社は遊園地の原型だったのでしょうか?


四拍手は、宇佐神宮・出雲大社・熊野大社と書きましたが、実はこれ全て熊野式です。
熊野とは、現在は紀州熊野を指しますがその元は出雲です。
出雲には有名な出雲大社と一般的にはあまり知られてない熊野神社があり、紀州熊野は出雲熊野の元々は分家だったのです。
そして出雲の熊野神社と出雲大社の関係はと云うと、第2次世界大戦直後の感覚で言うなら、出雲大社は皇居の真向かいにある第一生命ビル。 つまりGHQ本部で、熊野神宮が皇居に当たります。 出雲大社は奈良王朝が最終的に出雲王朝をその軛に敷いた占領軍司令部なのです。
「 クマ 」 とは朝鮮語で神を意味するようです。



b0221143_17405355.jpg

出雲大社 昭和57年 ( 1982年 )
式年+十年前の姿

そしてそれ以前のどこかで、熊野出雲勢力が、宇佐神宮を制覇、勢力下に組み込みます。
ここから宇佐神宮は出雲の様式を採用するようになります。

b0221143_17423783.jpg

宇佐神宮

b0221143_17432990.jpg

神社の中でも他にはない程氣の高い宇佐神宮
その中でも最も氣の高い処
本当はもっと高い所が境内にあるけど、わっかるかなぁ。。。?


宇佐神宮の祭神は、現在では八幡大神・比売大神・神功皇后とされていますが、事情通は本当は菟狭津彦・菟狭津媛であるといいます。 しかしそれって本当でしょうか?
宇佐神宮では「 放生会 」「 行幸会 」と云う儀式が今尚行われていて、「 放生会 」はおそらくは日本史上最も古い儀式です。
「 行幸会 」は、宇佐神宮の神の依代( これを御神体と表記したところ、八幡筋より、御神体ではなく神の依代である。とのご指摘を頂き、当時は納得したのですが、よくよく考えてみるに、では三種の神器の特に八咫の鏡は御神体ではないのか? 或いは ご神体 とは何か? と云う疑問に行き当たります。)である真菰の枕を4年に一度新調してお迎えし、古い枕は国東半島の先から海に流すと云う行事です。

ポイントはこの真菰にあります。
真菰は自然環境中にあっては水を浄化し、発酵させた真菰を体内に摂取すると体内の不浄・不要物をすべて排泄する機能を持っていますが、この機能をお供の白象の糞に発見したのがゴータマ・シッダールタで、白象の真菰の糞と真菰のゴザで病人を治したと伝えられています。

b0221143_18262831.jpg

水質と血液を浄化する真菰
水質が清涼である程、体内投与の場合真菰の機能は高まる

環境浄化・産業育成目的で真菰の栽培を始めたい方には
表には一切出てない日本でとはつまり世界で最高の真菰博士をご紹介します


真菰は晩夏に背の丈2〜3mに成長するイネ科の植物で、天皇御陵や棺などにも敷き詰められ、出雲大社の一般には公開されない奥の宮の注連縄は実はこの真菰で綯われているそうですし、古くからある某巨大宗教団体の本殿の祭壇下にもビッシリ敷き詰められてるそうです。 真菰の使った真菰の枕や醗酵マコモ、その他様々な真菰商品をSOMALIEと云うところで扱っていますので、ご興味のある方はそちらにお問い合せください。 「 神宿る真菰の枕 」 は、水質清浄で日本で最高品質の真菰の葉を特殊な手法で乾燥させてタップリと詰め込み、枕フェチがよってたかって作り上げた寝心地バツグンの枕だとか。 青い香りが心地よく気を鎮め、これまでにない深い眠りと排毒作用+氣の浄化、加齢臭の除去が可能になります。 初夢前にご紹介すべきでしたね。(^o^)ゞ

b0221143_1744535.jpg

神宿る真菰の枕
サイズ : W 600 × D450 × H 100
価格 : 8,600円
お問合せ先:SOMALIE: order@somalie.jp


宇佐神宮の神の依代である真菰の枕と、出雲大社の奥宮のしめ縄・真菰の祭事、、、、

700~720年頃の隼人の反乱に際して、万葉集歌人として高名な大伴旅人が率いる大和朝廷軍および辛嶋ハトメ率いる宇佐 「 神軍 」 が、中津の薦神社の三角(御澄)池に自生する真薦を刈って枕形の御験 ( みしるし )、薦枕を創り、これをご神体として神輿を奉じて日向まで行幸、乱を鎮めた。 と 『 宇佐八幡託宣集 』 に書かれてるようだが、神の依り代とされる真菰は果たして出雲から宇佐にもたらされたものなのか? それとも宇佐から出雲にもたらされたものなのか? 真菰を神璽 ( 見印 ) とする民族性を考えるならやはりルンビニ~ガンジス川周辺を故郷とするシャカ族・シャキィ族・ナーガ族が連想され、そうすると、出雲族が宇佐を制覇したという伝説はあるもの実際には真菰に関しては宇佐から出雲に伝搬したと考えるのが妥当なのだろうか。。。。?
しかし、宇佐~出雲の干渉があり得るのは200年代のことなので、700年代に唐突に真菰が現れるのは一体どういうことなのか。。。。?


宇佐神宮は日本への民族移動の歴史と照らし併せて考える時、おそらく日本で最も古い神社であると思われますが( つまり幣立神宮ではない )、この神社にして、このように幾重もの祭神の上塗りがなされているわけです。

神社は、本来その裏山自体が神社 = ご本尊であり、水田稲作を始めた湿地帯の民のために、それまでの山の民 = 縄文系 の依り代の支所を麓に新設したものであり、そこからご本尊 = 山を拝むように出来ています。 そして本山の御神体山にはたいていの場合、「 磐座 いわくら 」が存在し、考古学的にも祭祀の痕跡が認められています。 ちなみに宇佐神宮の本宮は本殿前の壁から窓を覗くと見える御許山( おもとやま )。 アバターの森のような、僕がこれまで訪れたパワースポットの中でもダントツ最高のエネルギーに満ちた場所です。


b0221143_1747888.jpg

御許山
アバターの森 本宮 出雲神社


日本の神社は、現在の平地神社の前には本宮・奥宮の山の中の神社があり、その根源は奥宮のそのまた裏にある磐座が原点です。 磐座は5500〜9500年ほど前に建築されたもので現在はその崩壊した姿を晒しています。

神社とは何か?
神社に祀られてる本当の神様とは何か?
そのことを、甲子30年、甲申十干最後の2013年癸巳のお正月に考え・感じてみては如何でしょうか?


最初の話題に戻って、なぜ「 二礼二拍手一拝 」なのか?
この「 二 」とは何か?
そして出雲系の4と、伊勢の8とは?

8と云えはスサノヲが詠んだとされる

   八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を

出雲には「 八 」を苗字に持つ部族もたくさんあります。
柏手において、なぜ出雲が4で伊勢が8なのか?
伊勢の本当の元伊勢は伊雑宮。
しかしそのまた本拠は実は出雲。
しかしそのまた本拠は糸島。
伊勢神宮と古事記・日本書紀のマヤカシに関しては項を更めて書くことにしますが、「 二 」についてだけ少し触れておきます。

記紀 ( 古事記&日本書紀 ) に記すところによれば、日本の八百万の神は天之御中主を始原の神としてそれ以降は陰陽・男女2神の対になって誕生します。

b0221143_0473283.jpg



上記(1)造化三神、(2)別天津神、(3)神代7代( 国常立以降 ) は全部で17柱。 1300年前の鉄腕アトムこと聖徳太子の 「 憲法17条 」はこの17柱と対応しています。 また、天照大御神に至る神様の合計数はきちんと計算すれば全部で108。 煩悩の数と一致します。

「 二拍手 」の「 二 」とは、この対神や、男女のまぐあい、 陰陽、 太陽と月、霊と肉体、火と水、、、などの二元論を根拠とすることもできますが、1〜9,或いは0(10)の数霊は、2の特殊性だけでなく、それぞれの数にもその特性:数霊を宿しています。 「 二拍手 」の「 2 」がどの程度、ゾロアスター教始源の二元論を宿してるかはしれませんが、「 2 」 の数霊だけが秀でてるわけではなく、10種類の数霊にはそれぞれの素晴らしさと欠点があります。 縄文の本来の日本列島に宿る神性 とはつまり 自然に宿る宇宙の摂理の息吹にほかならないのですが、これを感じるままに直感的に数霊を共鳴させるのが最も理 ( り:ことわり ) にかなってるのではないでしょうか?


あらゆる権力とあらゆる権威の否定。
これは闇雲に否定するのではなく、その内に働いてるロジックをつぶさに検証し、自然の摂理 = 宇宙の摂理にかなってないものを弾き飛ばす作業です。 原子力発電所などという、核物質の何たるかをまるで理解してない東大・盗電 ( toudennとキーを叩くと僕のFEPは一番に東電ではなく盗電と返してくるのです。(^o^)b 盗電の意味については 「 電気自動車の電気はどこから来るの?」 をお読みください。 ) 閥のロジックはまさにこれに当てはまります。

権力と権威は何のために、、、誰のために必要であるか?
よ~~~~~く、考えてみましょう!

縄文の心の復活は、新しい日本文明、ひいては新しい地球文明誕生のトリガーとなります。






関連エッセイ

摂社みたいなもんです。
ゆっくり遊んでってください。



癸巳の年、2013年とは?
十干十二支にみる癸巳の年の性格
時代の分水嶺
干支暦と占星術のズレと歴史
2013年の太陽


クリスマスって何の日?
バビロン暦とグレゴリオ暦と和暦
冬至と大嘗祭と新嘗祭
七曜日の配列の不思議とマルドゥク


Japanって、どこの国よ?
邪蛮と日本


支那と呼んで何が悪い !!?
支那の語源 と 中国の語源
「 中国 」 と呼ぶのは間違い
秦の始皇帝と偽書のルーツ司馬遷の「 史記 」


古代史の真相を解明した意外な手法
日本史と世界史を根底から覆す鹿島史学
明治8~26年に改竄・捏造された皇国史観 = 明治新興宗教 日本史が
今尚、大手振って教えられている


金正恩の父親ってホントに金正日?
百済:近肖古王と鵜草葺不合(ウガヤフキアエズ)王朝
金正恩に継がれた高貴な血筋


伯家神道が予言する 2012年 天皇家の終焉
伯家と伯族
日本原初の太陽神と固有暦
縄文時代の光通信ネットワークと超技術の磐座建築


続報 : 伯家神道が予言する 2012年 天皇家の終焉
伯家神道の予言は捏造?
大嘗祭 : 祝神事のルーツは筑紫君が祝(はふり)として祀った甕依姫(卑弥呼)









                  .
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/19766477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 十二月 at 2013-01-02 11:07 x
こんにちは、初めまして。

落合莞爾という人の本で読んだのですが、八が大陸系騎馬民族の聖数であること、だから「八」が出てきたらその筋であることを示しているんだ、と。

出口王仁三郎の関係でどこかで読んだのですが、「八重垣」の歌、というのは続きがあって、その八重の垣を「破るんだ」という歌なんだ、ということだそうです。
Commented by nueq at 2013-01-02 12:54
十二月さん、「 八 」に関して書かれてた落合莞爾の新著、僕も読みました。

「 八 が出てきたらその筋である 」と云うのは疑問です。
なぜなら出雲の歴史は民族的にもものすごく重層してるのですが、ジモティーはその事実を知らないで「 八 」を使ってるのが現状です。

また、「 八が大陸系騎馬民族の聖数 」はどこから引っ張ってきたのかが不明、って云うより、「 騎馬民族 」って何? と、思いました。 騎馬民族説は江上波夫によるものですが、あまりにも漠然とした捉え方です。 また、北朝=大陸系騎馬民族、南朝=南方系海洋民族 と区分されてますが、まぁそう云ってもう良いのかもしれませんが、ちょっと大雑把過ぎるんですね。 実は南朝=大陸系騎馬民族とも云えるのです。
また、「 八 」を聖数とする民族・部族はたくさんあり、仏教の影響も大きいでしょう。
ブッダ入滅はBC383年頃とされていて、クシャトリア( 武人 )のシャカ族がバクトリア方面から西域経由で満州へ、仏教の影響を受けたまた別の部族は南回りで広州方面から済南方面に上陸してるようです。

八重垣の歌は、実は八重垣を破る歌と云うお話し、面白いですね。
コメント、ありがとうございます。
Commented at 2013-01-02 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りがけ at 2014-01-01 18:16 x
仏教国日本人大和魂を欺いた伊藤博文の下克上「廃仏毀釈」

>この金湯館に「伊藤博文を筆頭とするメンバー30人ほどで来訪し、当館にて明治憲法も草案されております。」とのことです。
>明治ロスチャイルド憲法が草案された宿
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_139.html

伊藤博文は忍者すなわち非人でした。武士ではありません。それは先祖代々の寺の宗旨人別帳に永代保存されていました。

明治新政府で雄藩出身者のうち武士でなかったものは伊藤博文と山県有朋だけです。暗殺や陰謀などの破壊工作謀略を専門とする忍者は武士道にもとる存在なので非人にこれを命じたのです。彼らは誰にも隔てなく大和魂を説いた吉田松陰の松下村塾同門長州藩士高杉晋作が創設した奇兵隊に入隊したことによって外見は武士の格好をしていましたが、宗旨人別帳は非人のままでした。明治新政府に参画したとき他藩出身者はすべて由緒正しい宗旨人別帳に記載された先祖代々の武士でしたが、伊藤と山県は武士道を知らず武士の作法と大和魂の躾を受けていない代々非人の家に生まれた無慈悲無法な外道の殺人者だったのです。
Commented by 通りがけ at 2014-01-01 18:17 x
武士に対して大きなコンプレックスを持つ伊藤と山県が維新政府でまずやったことは四民平等と断髪令廃刀令でした。しかし全国の寺に永代保管されている宗旨人別帳を見れば伊藤と山県だけが武士道無き無頼の下賎者が日本人が嫌う卑怯卑劣な下克上で成り上がったとバレてしまいます。伊藤と山県にとって宗旨人別帳が何が何でも消し去ってしまわねばならない秘密、ちょうど今の安倍総理が同じように必死で言う「特定秘密」だったのです。

しかし聖徳太子以来仏法僧の三宝に帰依する国となった(奈良時代以降国師とは常に神官ではなく僧侶でした)日本で寺院は政治と教育の中心でした。その寺に日本人は士農工商全員が檀家となって帰依していたので、「寺にある宗旨人別帳を破棄せよ」と新政府が命令すれば逆に非人である伊藤と山県が日本人士農工商仏教徒民衆から誅求されます。

Commented by 通りがけ at 2014-01-01 18:18 x
そこで非人のふたりが憲法をつくって天皇をキリスト教のごとき絶対神に定めて仏教を国教の地位から落としめて、江戸時代まで寺社法度で寺と僧の支配下に置かれていた神社宮司を新憲法で捏造した国家神道の長にまつりあげ、神仏分離令を出して全国の寺を官権力で廃仏毀釈すなわち破壊して廃寺追僧して寺の資財を宗旨人別帳ごと焼き捨てる、佛寺に対する神社のいわゆる卑劣な下克上を行ったのです。

これが一神教カルトイエズス会ザビエル以来綿々と続くフリーメーソンイルミナティ外道悪魔の下賎外道な入れ智慧に基づくことは明らかです。
長州藩吉田松陰高杉晋作は学問ある大和魂武士でしたが長州ファイブ伊藤博文は学問が無いので留学の実が挙がらず中途で帰国してイギリスのフリーメーソンスパイとして長州に戻って倒幕に加わったのですから。

吉田松陰も高杉晋作も久坂玄瑞も長州大和魂武士は皆倒幕を果たす前にやまとの野辺に身が朽ちましたので、新政府に参加した長州藩代表は非人でありフリーメーソンスパイである伊藤と山県の、大和魂無きユダ金スパイ、武士でない偽の日本人軍人すなわち戦争テロリストだけだったのです。
Commented by 通りがけ at 2014-01-01 18:22 x
釈尊も人の価値は血筋や地位にかかわりなく清らかな行いによってのみ決まると仰っておられるが、清らかな行いができるかどうかにおいて人間は躾がすべてです。すずめ百まで踊り忘れず、ですよw

つまりムー大陸時代から江戸時代まで常に同時代地球最高の真善美道徳慈悲民衆菩薩国であった日本の劣化は明治維新で文明開化と称してフリーメーソンスパイ伊藤博文と山県有朋が政府高官に成りすまして国家神道という似非カルトを国教としてでっち上げた「廃仏毀釈」によって始まったということです。これが、宇宙の真理を教えたもうた仏陀が生まれた地球がある宇宙の歴史の真実です。


(これは阿修羅へ連投しているrWn9PLlcps コメントのうちのひとつです)
松井知事「日本人ならごくごく自然なこと」  (産経ニュース)  : 靖国で不戦を誓うのは 政治家として当然のこと
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/472.html
Commented by 通りがけ at 2014-01-03 05:17 x
伊藤博文が明治憲法を作って天皇を絶対不可侵の現人神にまつりあげた動機を鬼塚氏は孝明天皇暗殺の下手人はじめ伊藤博文が幕末に犯した多くの犯罪を隠蔽するためだと考察しました(日本の真実)。しかし神話時代から国王(天皇)暗殺は大国主命国譲りや日本武尊熊襲建兄弟暗殺や藤原鎌足乙巳の変蘇我大王天皇暗殺や天智天皇暗殺の壬申の乱など、枚挙に暇がありません。伊藤博文の最大の大罪は孝明天皇暗殺ではなく、天皇の伝統の佛天子ではなく「現人神天皇」を聖徳太子以来のしきたりを破って捏造し、神仏分離令と廃仏毀釈で仏教を国教の地位から蹴落として「万世一系国家神道」なるカルト一神教をでっち上げて、江戸時代仏教僧侶の配下のエタの地位にあった宮司神官を下克上で国家神道の官吏になりあがらせたことです。
これがまさに128で先述の「七不衰の法」をすべて破るものであったことはすでに明らかに示したとおりです。
そして佛天子が治める菩薩国であった先祖伝来日本の劣化がまさに伊藤博文政府の「廃仏毀釈」によって始まったことも、釈尊が2500年前に教えくださった宇宙の真理「七不衰の法(ダルマすなわち真理)」によって真実であることが明らかです。
Commented by 神戸だいすき at 2014-12-23 06:35 x
「天皇の金塊」で、検索をかけて、こちらを知りました。
ちょっと読ませていただいただけでも、すごいなぁ~こんなブログがあったとは!と、びっくりしました。
(ブログタイトルが発音できないのですが、どう読めばいいのでしょう?)
夫が鉄鋼会社勤務だったせいで、オイルショックと円高不況をかぶり、経済の矛盾を味わい、本を読むようになり、仏教(密教)の修行にうちこみ、・・・曽祖父が伊藤萬助(イトマン事件で消滅した伊藤萬KK創始)なのですが、彼の成功の理由は英国のラシャを一手に輸入できたこと。墓は大阪に恥ずかしいほど大きい墓石がありますが、その先の先祖の出処が不明なこと(もしや非人では?)など、ユダヤと切り離せない家の歴史があること。
そういう一切から激しく興味を持ってきたけど、断片的な聞きかじりの知識しかないことが、このブログには丁寧に書かれていて・・・感動しています。
しかしながら、知識不足から、十分消化できません。何度も読まないと飲み込めないことがたくさんあります。
たいていのブログや書物には、疑いの目くばせを忘れないようにしていますが、ネットの中にも真実があった!というのが、感想です。
かつて、十分わからずに書いた記事をもう一度ふくらませたいと思いますので、どうか、あちこち引用して、貴ブログを紹介させてください、多くの人に読んで真実に目覚めていただきたいと思います。
現時点では「神社」のこと「ソマチッド」のこと「TPP]のことに心惹かれています。
ますますのご活躍を祈念しつつ。
Commented by nueq at 2014-12-25 11:10
神戸だいすきさん、コメントありがとうございます。
広瀬隆さんの「 持丸長者 」を見てみましたが、伊藤萬助は掲載されてないですね。
ウィキには、伊藤萬助さんは、伊藤忠右衛門の三男にして明治七年分家。と、あります。

 近江商人のブログ
 初代 伊藤忠兵衛 ② 【伊藤忠商事100年】
 http://www.shimazaki-sekiyu.com/oumi-blog/talk/393

に、忠兵衛が35歳の時「 輸入物のラシャビロードの取り扱いも始めた。」との記載があります。

伊藤忠と丸紅が元々同じ会社であったことはなんとなく知ってましたが、
イトマンも伊藤忠から派生したとは知りませんでした。

ご先祖は、れっきとした近江商人とWEB資料にはあり、
「 ユダヤと切り離せない家の歴史 」とは、忠兵衛が長崎での商売を推進したからではないでしょうか?
大航海時代はスペインを放逐されたユダヤ人やマラーノ達によって行われたものです。
江戸時代に日本にやって来てたポルトガル・オランダ、基本的にユダヤ人の国です。
イギリスは、イングランド銀行創設の際に、ユダヤ人に国を乗っ取られたようなものですから、
商売上、当然のことながら、ユダヤ人との付き合いが多かったのでしょう。

WEB情報は、「 自分の頭で考える 」と云うことを一切しない、ロボトミーたちが、面白半分だけの情報を垂流してるところがほとんどですね。 脳味噌が糞味噌になってしまってるようです。 なので、「 あなたの脳は誰のもの? 」シリーズを書いています。(^o^)ゞ

Commented by 神戸だいすき at 2014-12-28 21:54 x
伊藤萬助は羽州屋という呉服屋からのれんわけされました。父親の名前は仲右衛門。
これは過去帳と伊藤萬50年史でわかります。
残念ながら伊藤忠兵衛さんは、苗字が同じだけで、全く無関係です。
戦後すぐの時代には、伊藤萬は、後発の伊藤忠を馬鹿にしていました。あっという間に追い抜かれましたけど。
Commented by nueq at 2014-12-29 10:12
伊藤忠兵衛に、伊藤忠右衛門に、伊藤仲右衛門、、、、
ややこしいですね。。。
紹介URLでは、忠兵衛がラシャの扱いを初めて行い、伊藤萬助は忠右衛門の三男とあったので、てっきり分家に際してラシャの扱いを譲ってもらったものと僕が勘違いしてしまったようです。(^o^)ゞ
失礼しました。

それにしても「 ウィキの内容は3割位は間違っている 」とセミナー等では常々お話してるのですが、伊藤萬助のお父さんが仲右衛門ではなく忠右衛門となっていますね。「 忠 」の字に引っかかってしまいました。(^o^)ゞ
Commented by 神戸だいすき at 2014-12-29 17:29 x
なるほど!仲右衛門が忠右衛門に間違われているのですか・・・wikiの扱い方はわからないのですが、可能なら、訂正したいと思います。教えてくださってありがとうございます。ラシャのことも、父の口から聞いただけですので、五〇年史をちゃんと読もうと思います。
Commented by 通りがけ at 2015-08-01 07:34 x
NHK解体に追い込む一番手軽な方法はBCASカードを抜去して絶対に地デジ電波やWifi電波を屋内の受信機に受信しないことです。DVDや有線インターネットをBCASカードを抜いた後のテレビモニターで視聴することは構いません。これだけで直ちに我が家に江戸時代の団欒が戻ってきて,こどもが全員神童だった江戸時代の世界一の大和魂神童菩薩の国が戻ってきます。鎖国する必要はありません。悪魔は神童菩薩の智慧の眼光を浴びると身を隠す闇を失うから自然にこの世から消え去ってしまうのです。

フリーメーソン統一電通が必死になって隠そうとした「神童の国日本」悪魔退散消滅仏法の全文は、ねっとのあちこちにばらまいたからタイトルの辺りを適当にキーワードにして検索すれば、もうどこでも見られます。

たとえばココとか
安倍政権が派遣社員の身分制度化決定「上級以外は正社員になれません」 世相両断
>>d.hatena.ne.jp/warabidani/20140611/p1#c

「特攻と虐殺は違う」アウシュビッツとの友好協定中止を決定  知覧・南九州市 反対論が続出(草莽崛起)
>>prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-7547.html#comment18570

末蘆国って宗像じゃないの?(鳥島P)
>>blog.goo.ne.jp/seiya0130/e/2b08c08fd1d16810be93c59660525b3b

Commented by たぬき at 2015-08-13 21:30 x
我が国の古代よりの礼法は貴人(上位の方)に遇うとその場に跪いて拍手を奉っていたと言います。(中国の律令導入以前)
拝礼作法の拍手は神様だけではなく上位者(貴人)にも日常的に奉っていたと言います。

拝礼作法の基本の回数は『四』を基本単位として複数行われる(お辞儀にしろ拍手にしろその回数を重ねる程に丁重、崇敬の度合いがます)のが慣例でした。
『二』はその最も簡略化された形。
拝礼作法の両断再拝(再拝を二度行う=四拝)は近代迄良く知られていた作法の一つ。
四拍手は基本の拍手と言えます。
伊勢神宮並びに宮中においてお上(神さま)には天八開手(八拍を四度=32拍手)を極度として奉るのが最高儀礼。
伊勢神宮で拝見できる神職のお作法は簡略化された形。
四起拝。四(長拍手)+四。単手一段。一拝。
明治以前の伊勢神宮の一般参宮者の拝礼作法は、
二度拝(立礼)。蹲踞(剣道の蹲踞が近い)して更に傾首(オツムを下げる)。四拍手。一拝(立礼)
蹲踞は拝礼対象に絶対服従を表す最敬礼(何をされても抗う事が困難な姿勢ですから)

また、他所の拝礼作法では三回廻って蹲踞して祈念、また三回廻る作法があります(拍手はありません)。
三回廻ってチンチンしてワン!と泣け?の出自はこの神拝礼作法によります。
古来、船乗りが神前の海(御前海(浦))で自船を三回廻わすのが最敬礼として伝わります。

住吉大社や生国魂神社等の祭礼では所謂、大阪打ちが奉られて来ました。
打ちましょ!◎◎
もひとつセ!◎◎
祝うて三度!◎◎-◎
めでたいな!◎◎
************◎◎
\(^o^)/オウ!


Commented by 通りがけ at 2015-08-15 02:14 x
>中国の律令導入以前
唐の時代でしょか?
魏志倭人伝に同様の拝礼の記載がありますが,魏呉蜀三国時代は唐よりも500年くらい前で,魏志倭人伝以前の日本の風俗について中国に史書や記録はなかったように思います。もちろん日本にも。日本の「古代」の礼についてどこの文献をご参考になさったかご教示頂ければ幸いです。
Commented by nueq at 2015-09-21 17:37
たぬきさん、コメントありがとうございます。
通りがけさんの質問にもありますが、

  中国の律令導入以前

と云うのはいつのことでしょうか?
僕的には支那( = Chin = 秦 )の律令とは、秦の始皇帝( アレキサンダー配下の将軍ディオドトスの息子 )以来と受け止めています。

となると、日本列島では弥生の始まり頃、或いは縄文末期ともなります。

 
  拝礼作法の拍手は神様だけではなく
  上位者(貴人)にも日常的に奉っていたと言います。


の出典が気になるとことです。


しかしながら四拍手は、一霊四魂に則った作法であり、
当エッセイでは書きませんでしたが、そのことは強く意識されます。
一霊四魂は、気学・易学の方位、ひいては渦場 〜 トーラス構造とも繋がる「 宇宙の摂理 」の表象です。


  太陽フレア連続爆発と富士山噴火
  http://nueq.exblog.jp/23660352/


の中段の図「 ラーメン丼模様と左右の渦 」「 渦場の発生に伴う向心力と電磁重力トーラス場の発生 」
を参考にしてください。
この、「 四角点ベクトルフォース( 四角点ベクトル場 )」とN極が一霊四魂そのものとなります。


とても示唆に富むコメントをありがとうございます。

Commented by たぬき at 2016-09-20 11:23 x
明治の宗教改革(神仏判然、神社の国有化による全ての神職の公務員化。それに伴って上古より連綿と奉仕して来た社家の追放(社家の系譜出自から祭神の本当の素性が判ってしまう。皇国史観には不都合の隠蔽工作))
以前には、
伊勢の神宮では、それぞれの御師などがその教化担当地域からの参宮者に拝礼作法を伝授していました(御師の屋敷が参宮者らの宿泊施設)

曰く、大御前に至りてはまず一揖。
二拝(立礼)、蹲踞礼。更に傾首しつつ四拍手。一拝(立礼)。最後に一揖して退下。

因みに、参宮絵図や古写真にも明らかに現在の外板御垣と南御門(現在の拝礼場所)は全くなくて、
特別参宮とした御垣内は解放されていて
拳大の白玉石を踏みしめ鳥居を潜り抜けて仲門前が以前の拝礼場所(現在は皇族や特権階級、また特に多大な寄付したお大尽で特に許された者のみ)でした。(神さまと参宮者の距離が現在よりもかなり近かった)
Commented by nueq at 2016-09-25 14:36
たぬきさん、コメントありがとうございます。

そう、、、伊勢神宮が今のように喧伝され始めたのは明治の新興宗教( 現在の神社本庁が管理する天皇教 )になってからです。 江戸時代の有名な「 お伊勢参り 」の図は実は「 熊野詣 」の図で明治政府が改竄したものです。

明治政府に依る日本史の改竄については関連エッセイに記載の「 古代史の真相を解明した意外な手法 〜 明治8~26年に改竄・捏造された皇国史観 = 明治新興宗教 日本史が
今尚、大手振って教えられている 」で詳しく書いておきました。

伊勢の地元の方によると、昭和の昔( いつ頃までだったかは聞きそびれました )「 伊勢 」と云う地名ではなく「 山田 」という地名だったそうで、「 伊勢 」の地名は最近のことのようです。

伊勢神宮は、内宮( ないくう )と外宮( げくう )のど真ん中に「 猿田彦神社 」があるのが味噌です。
伊勢神宮と伊雑宮と古事記の件は、機会があれば書きたいと思います。
Commented at 2017-01-04 11:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by COЯVIA at 2017-01-09 18:28 x
はじめましてCOЯVIAと申します
参拝関連で検索させて頂いたとこ、こちらにたどり着きました。
我が家は物心つく頃から三回柏手を打っておりますが、こちらの記事を拝見してなんだか心がとてもスッキリいたしました^^本来自由なんだ!
他の記事もとても興味深く、ゆっくり拝見させていだだいております。
新記事、待ち遠しくお待ちしております。
Commented by nueq at 2017-01-19 04:47
ふるさわさん、COЯVIAさん、コメントありがとうございます。
仏教伝来(輸入)、吉田神道の登場、平安時代の本地垂迹、明治維新に依る廃仏毀釈、神と祇(社と宮)などの意味が色々と見えてきました。
いずれ書きたいと思っています。

Commented by nueq at 2017-01-19 04:51
毎年恒例の干支に関するエッセイ、2〜3年前から旧年度中に書けず、1月4日頃の掲載となっていましたが、今回の年末年始は何かと忙しくなかなか各暇がなくタイミングを外してしまいました。
和暦:丁酉の元旦 = グレゴリオ暦1月28日を目処に書きたいと思っています。

by nueq | 2013-01-01 17:50 | 文明 | Trackback | Comments(23)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31