戦わずにして支那(中国)に勝てる6つの方法

      
        
      
                      ヒラリー長官の警告



     ヒラリー・クリントン国務長官が9月に訪中した際、支那の指導者に語った内容

クリントン長官は支那の指導者に対し、「 貴国がフィリピン、ベトナムおよび日本と開戦すれば、米国は6つの対策を考えている。一兵卒も使わず、中国を負かすことができるだろう 」と言ったという。 具体的な「 対策 」は下記の6項目。

 (1) 支那の政府高官が所有する海外の銀行口座の残高を発表し凍結
 (2) 米国のパスポートを持つ支那人官僚の名簿を公表
 (3) 米国に住んでいる支那人高官の家族の名簿を公表
 (4) ロサンゼルスにある「 妾村 」を一掃
 (5) 米国在住の支那人高官の家族をグアンタナモ刑務所に収容
 (6) 支那国内の失業労働者などの不満分子に武器を提供。

先ごろ、温家宝首相の不正蓄財がニューヨーク・タイムスで報じられたが、不正蓄財が噂されている支那高官は、

  習近平一族  1兆円 ~ 2兆円
  温家宝一族  2100億円( 27億ドル )
  薄熙来一族  8000億円
  トウ小平一族 8500億円( 10年前 )
  劉氏一族   1500億円( 鉄道 )
  張曙光     2300億円( 鉄道 )

張曙光:元鉄道省運輸局長は、高速鉄道建設に絡む汚職事件で昨年に摘発され、米国で3軒の高級邸宅を持っているほか、米国とスイスで28億ドルの預金があると報道されている。

ハーバードに留学している薄煕来の息子や、習近平の一人娘を始め、政府高官の家族の多くはすでにアメリカ在住。 要するにアメリカから人質に取られているわけだ。

「 ロサンゼルスの妾村の一掃 」とは、多くの高官は妻を米国に移住させたほか、愛人にも米国の豪邸を買い与えている。それがロサンゼルス周辺に集中しているため、ネットでは「ロサンゼルスに支那の妾村ができた」と揶揄されている。妻よりも愛人を大事にしている高官が多いため、家族だけではなく愛人を一緒に刑務所送りすれば、支那高官たちへ与えるダメージはさらに大きい、ということを言いたいようだ。

支那国内では、土地の立ち退き問題などで毎年20万件以上の暴動が起きているとされており、不満分子に武器が提供されれば、人民解放軍を相手にたちまち内戦が始まりそうだ。

この「 戦わずにして支那(中国)に勝てる6つの方法 」は、支那国内のネットの書き込みによって話題となったもので、実態は中国人のネットユーザーによる作り話とみられるようだが、実際に効果のある方法であることは間違いない。

以上、 産経新聞[ 矢板明夫の中国ネットウオッチ ]2012.10.28 18:00 からの引用でした。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121028/chn12102818010004-n1.htm





                          関連エッセイ


                      支那と呼んで何が悪い !!?
           「 中国 」と呼ぶのは、自らを「 蛮族:属国 」と表明するに等しい
                   日本人以外は「 支那 」と呼んでいる


                      Japanって、どこの国よ?
                       邪蛮とニッポンとにほん


                オーリングテストが古代史の真相を解明した!
             日本史と世界史を根底から覆す鹿島・松重・中原史学


                     日本人に知られては困る歴史
           日露戦争の戦後処理の過ちが満州事変〜日中戦争を招いた





                   .
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/19495561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2012-11-14 13:14 | 1984 NWO | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30