お米の産地偽装



                         お米の産地偽装


昨年12月に グリーンピースが行った魚の放射性調査で、兵庫県の大手スーパーで売られていた兵庫県産のアンコウからセシウムが検出され、「 産地偽装 」では?  と話題になりましたが、魚の産地表示は獲れた海域ではなく水揚げされた漁港であるため、実際のところはわかりません。
つまり、福島の漁船が茨城沖で操業して、大分で水揚げすれば、大分産となります。

さて、お米については、311以前よりブランド米の産地偽装が横行しています。
つまり、「 魚沼産コシヒカリ 」の袋を使うことで、福島産でも栃木産でも若干高く売れるところから袋を売買する商売があり、農家の人にはまぁ、当たり前の世界みたいです。
b0221143_124978.jpg

                  画像出典 : 日本人的アメリカ生活(・・?

そのへんのスーパーに並んでる安物の「 魚沼産コシヒカリ 」は、基本的に地元近県産を始めとする他地域のまがい物の可能性があります。 311以降の東北・北関東の放射能汚染米、さてどうなったことやら? お米を買う際は、十分に注意しましょう。

加えて、以前にも書いたと思いますが、放射性物質は幼生物に蓄積・濃縮がかかりやすいため、卵と牛乳にも十分注意しましょう。牛乳の場合は飼育されている場所だけでなく、餌となる干し藁の産地も問題です。
b0221143_165170.jpg

                         画像出典 : 緑野

放射性物質とは別枠ですが、もちろんのこと、モンサントの遺伝子組換えトウモロコシを使った飼料は論外です。 そのモンサントがフィリピンの研究所で開発しているのが「 遺伝組み換え米 」。TPPに参加すれば当然のことながら遺伝子組換えトウモロコシや遺伝子組換え大豆ばかりでなく、いずれはこの「 遺伝子組換え米 」も日本国内で栽培されることになるでしょう。アメリカ企業が日本の農地を買収する法律はすでに2003〜5年の稀代の売国奴:小泉純一郎の時代に整備されているのです。 イラク・ペルシャの連合軍がアメリカに侵攻・占領した際には、まず最初にバイオハザード会社:モンサントの差し押さえをして欲しいもんですね。


.
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/17797949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2012-02-14 01:10 | 311 被曝 | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31