宇宙の摂理 と 意思のサイエンス

    
     
                       精神世界を物理学する
                            大阪開催

                  ( 宇宙の摂理 と 意思のサイエンス )


人類は6000年の永きに亘ってその「 全智全能 」の才能を眠らされてきました。
ピュルム氷河期が終り縄文海進が始まった時代の岩戸閉めから1万3千年、今、水瓶座の時代精神の中で岩戸開きを迎えようとしています。 この1万3千年毎の開け閉めは2万6千年の地球の歳差運動との関連であり(NASAが発信源と思われるフォトンベルトの説話はこれを剽窃したもの。後に詳しく論じますのでお楽しみに)、80年代頃より歳差運動によって黄道春分点は水瓶座(アクエリアス)領域へと移行しました。
b0221143_3141962.jpg

                            歳差運動
                ( 出典 : 星たび・巨石遺跡にアナレンマを見た


そして岩戸とは、天照大神が開けたり閉めたりするようなものではなく、地球人類の意識と才能のことです。 つまり「 岩戸 = 石頭 」のこと。 覚醒(昼)と眠り(夜)の周期のことなのです。 
b0221143_315379.jpg

                     ( それ割っちゃぁ、まずいでしょ。)

ブッシュの必要悪が911を通じて人類の覚醒をうながしたように、ニュートン物理学の必要悪が地球環境悪化の元凶となり科学の無知蒙昧を助長させたが故に素晴らしい分析科学を編み出したように、必要悪としての戦争と略奪に明け暮れた夜の眠りの時代から、目醒めの昼の時代へと今、人類の意識と文明は移行しようとしています。

人類ひとりひとりの全知全能の扉を開く。

それにはなにも特殊な天才的な頭脳を必要としません。
宇宙の本質を理解するだけで、あらゆることが可能になります。
「 道理 」の中に身を置くだけです。
「 道理 」とは、「 道の教え = タオ 」の「 理 ことわり 」のことです。
b0221143_3153073.gif

                         ( 陰極まって陽転す )

道理の理解 = 宇宙の本質( 宇宙の摂理 )の理解です。
道理の中に身を置く時、あるべきものがあるべきところにあるべきように見え始めてきます。「 道 の 理 ことわり 」から外れているものは非常に目立って見えます。つまり、瞬時にして本物と偽物・嘘を見分けることが可能となります。

親しい女性の友人がある時、年配の女性に紹介されました。
その年配女性にはチャネリング能力があり、友人が中学生の頃の事件をいきなり詳細に語り始め、彼女は凍てついてしまいます。「 あなたは中学生の頃、お姉さんからとんでもないことをされ、トラウマになってますね。それは、、、(斯く斯く然々)、、、」。彼女はそれを親にも親友にも語らずその時封印して、今では覚えてなかったのです。なぜ、初対面の人がそんな誰にも話したことのない過去の事件を生々しく話せるのか? それはこのチャネラー女史がアカシックレコード(宇宙図書館)へのアクセス回路を開いているからです。

或いは、シンクロと云う現象があります。究極的には望む状況が自動的に自然にあれよあれよと整ってしまう。何かを知りたいと思っていたらその道の専門家と偶然出会い、短時間で核心を習得できてしまう。身近で良くあるのは誰かのことを考えてたら、或いは電話しようと思ってたら向こうからすぐに電話がかかって来た。引き寄せの法則 といっても良いのかもしれません。

地球上に蓄積されたすべての知識(科学・歴史)やデータ(アカシックレコード)へのアクセスが可能となり、美しい動きで素早く走り、天空の調べを指先で舞い、宇宙の神秘を筆先に降ろし、地球の裏側の人とテレパシーで会話し、そして、病巣を分子レベルで観察してイメージング意識で治療する。

こうした全智全能へと人類は進化(神化)しようとしています。

その進化の先にあるものは、、、人類の意識の相転移現象です。
「 相転移 」は通常、水の三態の移行現象を現す言葉として使われます。
つまり、氷から水へ、水蒸気から水へと云った移行現象を相転移と云います。
人類の意識が相転移するとどうなるのか?
それは、氷の水分子が水の状態を想像できないように
氷の我々は、水になった時の様子を頭に描くことが出来ないのと同じです。

さて、この進化(神化)への第一ステップは、
物質と精神世界の関係、この世とあの世の構造を理解するところから始まります。
6000年、或いは1万3千年以上に亘って秘儀秘教のそのまた深淵に秘匿されてきた宇宙と生命の本質を、とっても単純明解なメカニズムとして理解することにあります。


今回は、我々の宇宙がどのようにして誕生し、そこから物質や生命、意識がどのように生まれ、どんな構造と関係性を持っているかについて、タップリとお話しします。

現代物理学(アカデミズム・サイエンス)は、20世紀を通じてニュートンの万有引力をベースに、量子物理学とアインシュタインの相対性理論の2本柱でマクロな宇宙構造からミクロな素粒子の世界までを説明してきましたが、この20年ほどの間に、これらの理論を否定したり疑問視出来る発見が相次いでいます。

これまでの理論はすべて「 理論 」(だれかのアイディア)であり、西洋科学はヨーロッパの地でそこから分離する以前のキリスト教と同様の「 宗教(盲信)」であって、宇宙や生命の真の姿ではないのです。

今回ご紹介するのは、「 宇宙の摂理 」そのもので、理論ではありません。
つまり人間の頭が考えたものではなく、宇宙そのものの姿です。
それを感得出来る人は当然のことながら同じ結論に至ります。
宇宙は非常にシンプルで美しい構造と機能を持っています。
子どもの純真な心に立ち戻って接する時、「 宇宙の摂理 」はその美しい姿と可能性を見せてくれるのです。

それは、単にマクロ物理とミクロ物理を統合するだけでなく、生命現象も、意識も、記憶も、理性も、感情も、霊魂も、全てが一つの「 摂理 」で成り立っている宇宙の真の姿です。

 ・ 宇宙はどのように誕生し、どのような構造を持っているのか?
 ・ 次元とは何か?
 ・ 素粒子とは何か?
 ・ 生命や意識、記憶はどのように生まれたのか?
 ・ 記憶はどんな構造で、どこに記録されているのか?
 ・ ネガティブ脳とポジティブ脳、そのコントロール手法
 ・ 星と肉体・人格・運命の関係
 ・ 意識とは何か? 感情とは何か? 霊とは何か? 魂とは何か?
 ・ 予知夢とは? 直感や虫の知らせとは?
 ・ この世とあの世の構造
 ・ 死んだらどうなるのか?
 ・ 霊格と神格
 ・ 前世とは何か? 前世はどのようにして見るか? 死んだらどうなるのか?
 ・ アカシックレコードへのアクセス方法
 ・ 物質と精神世界の関係(意識が物質に及ぼすメカニズム)
 ・ 身体は、指はなぜ動くのか?
 ・ エネルギーを体内生産し体内被曝をも中和化するプラーナと取り込み方
 ・ プラーナとミトコンドリア、ソマチッドとの関係
 ・ 太陽はなぜ燃え、なぜ惑星は太陽の周りを周回しているのか?
 ・ 地球の内部は空洞なのか? 溶けた鉄なのか?
 ・ ブラックホール、ダークマター、ダークエナジーは実在するのか?
 ・ 核融合がいつまで経っても実現しないのはなぜなのか?
 ・ 核分裂(原子力発電所)はなぜ必ず事故を起こすのか?
 ・ 放射線とは何か?
 ・ 電気とは何か?
 ・ HAARPはなぜ地震を起こせるのか?
 ・ ゼロポイントフィールド(ゼロ磁場)とはなんなのか?
 ・ π(パイ)電子とフリーエネルギー、反重力

特に最初の3つについて、「 そんなことなら知ってる 」と思う方も多いでしょう。
しかし、今回お話しするのはこれまでみなさんが聞いて来た「 理論 」とは全く異なるものです。例えば素粒子、計測データは確かだが、解釈が「(洗脳)理論 」で行われるからいろんな齟齬が生じる。時にはそれ以前に何を計測しているのか自体をわかってない(勘違いしている)。そして電気や水は当たり前のように使っていますが、実はアカデミズムサイエンス(象牙の塔)は何も知らないのです。 上記の各項目をすべてシンプルな 「 物理 = 宇宙の摂理 」 で解説します。

推理小説で良く使われる手法に、「 証拠は目の前にあっていつも見ているものに隠せ 」と云うのがあります。 そう、目の前に提示されていて誰でも実は読み解くことが出来るのに、「 学校 」で習った「 洗脳 」フィルターが邪魔をして事実を事実として見ることが出来なくなっているのです。科学者は科学者でもっと悲惨な洗脳&統制の下に置かれ、自由意志・自由発想とは程遠い状態に日々縛られています。「 科学 」と云う字は江戸時代の日本人がScienceと云う英語を翻訳した時に使った漢字ですが、その意味は「 科(とが)の学び 」と云うことです。江戸時代のこの人物は西洋サイエンスの本質を見事に表現し、後世に伝えたのです。

と、云うことで、ハンマーの下に頭を差し出す方を10名様、WEB募集いたします。
ご希望の方は、お名前、年齢を添えてメールしてください。


講演会ではまた、「 宇宙の摂理 」のメインテーマの他、311核物質拡散や姫川薬石など放射性アクセサリー類による低線量被曝の重大な影響や、時事問題に関しても若干触れます。ユーロ危機を巡るドイツ第4帝国とGS帝国の攻防、リーマン・ショック〜TPP〜中国経済問題の関連性、イランを中心に中近東~南アジア〜東南アジア(オイルロード)にかけて緊迫する国際情勢、UFOの正体等、諜報筋の情報を交えながら解説します。


          関連情報 : 精神世界を物理学する(東京開催)、 覇権文明の終焉



Imagine



    ながきよの とをのねぶりの みなめさめ なみのりふねの をとのよきかな

     永き世の  遠の眠りの   皆目覚め   波乗り船の  音の良きかな


                          詠み人知らず

                 ( ひらがな、後ろからも読んでみてね!)
        ながきよのとをのねぶりのみなめさめなみのりふねのをとのよきかな

                     ※ 波乗り船 = マカバ のこと。
                     ※ 音      = 周波数 のこと。
b0221143_4491577.jpg
 
                    古代エジプト語 : Mer = 光
                                Ka  = スピリット( 霊・精神 )
                                Ba  = 現実の解釈 = 肉体 

              映画 「 コンタクト 」 に登場する宇宙船が実はマカバです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                          開催概要


◆ 日 時 1月29日(日)
        13:00開場 13:30~18:00頃

◆ 会 場 大阪某所(環状線・地下鉄駅から徒歩10分位)

◆ 募 集 10名
◆ 定 員 50名

◆ 受講料 3,000 円
        学生 500円
        高校生以下 無料

◆ 講 師 nueq

※ 懇親会 計画中(近くの居酒屋かな?)

◆ お申込 お名前、年齢、懇親会の参加希望 をご記入の上、
           封印史研究会事務局 huuinshi@gmail.com へ
     


.
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/17586943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2012-01-11 03:23 | Science | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31