金正恩の父親ってホントに金正日?

      
   
               金正恩の父親ってホントに金正日?


金正恩は、金正日(1941年生れ)の三男で、母は在日朝鮮人の高英姫(大阪在住時、金海福子=和田アキ子が姉貴分)。異母兄に金正男(長男)、同母兄に金正哲(次男)、同母妹に金ヨジュンがいる。と、一般的にはされています。

b0221143_14432747.jpg
 
b0221143_14435131.jpg

      ( 上:金正恩2010年10月閲兵式にて(28歳) 下:金正日 1971年(30歳))

が、裏の説では、母親は横田めぐみさんであるとも云われています。

b0221143_14451156.jpg

b0221143_1445314.jpg


高貴な血筋にある横田めぐみさんは、いわば北朝鮮の玉 = 大室寅之祐(明治天皇)的存在。つまり、横田めぐみさんは国家元首(天皇・国王・大統領など)的存在であり、金正日は宰相(首相・1stミニスター)的存在と位置づけることも出来る。
宰相が天皇に手を付けた、、、、と。
そもそもチェチェ思想(主体思想)自体、その指導原理は大日本帝国の天皇思想(明治神道)がそのまま移植されたかのような概念です。金策( キムチャク = 本名:畑中理 はたなかさとし:笹川良一の兄弟 )・金正日親子にとって、故郷:日本列島はアメリカ帝国の占領下に置かれた哀れな母国。 大日本帝国は今や北朝鮮そのものである・と云う気概なのでしょうか。

ところが、金正恩の親については、実はもう一段裏の説がある。
金正日は手を付けてなかったのである。
つまり、金正恩の母親は横田めぐみさんだが、父親は全く別の人物。
さぁ〜〜〜〜て、誰でしょう???

ヒントは、どうやらチュルク(匈奴・突厥・扶餘・契丹・トルコ・蒙古)の神統・皇統にあるようです。
つまり、日本的に云うならウガヤフキアエズ朝の皇統と云うことになるのでしょうか。日本の国史(古事記・日本書紀)では、鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズ命)は、天孫降臨の天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ命:瓊々杵尊)の子どもであり、神武天皇の父親と云うことになっていますが、旧事記や他の古史古伝ではウガヤ朝は50代とも70代とも記されています。現在、韓国ドラマ「 百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)」全60話がBS4chで月〜金曜:16〜17時に放送されていますが、鹿島・松重・中原史学ではこの 百済:近肖古王 = 扶餘王:依羅(いり)= 崇神天皇 で、まさにウガヤ朝再興の物語として読み解くことができます。 
b0221143_14462878.jpg


飯山一郎さんの「 ビビンバ! 北朝鮮! : 2009/04/17(金) 横田めぐみさんに “天皇制” の影… 」には、韓国の梁 (ヤン) 教授からの情報で

 北朝鮮の歴史学会は,金正日の命令で,満州古代史の研究を着実に進めている.
 特に高句麗と百済に関する歴史研究は,中国の『東北工程』を完璧に凌駕している.
 なかでも,百済が馬韓を吸収する過程で “原天皇制” が生れたという研究は秀逸だ.
 “北朝鮮の先祖” でもある百済が “天皇制” を発明して日本に持ち込んだ!

とあり、「 百済の王 クンチョゴワン 」は、まさに主人公プヨグ( 近肖古王 )の馬韓征服譚なのです。

もしこの三番目の説が真実であるならチュルクの皇統と天皇の皇統の両親の元に生まれたのが金正恩と云うことになります。
2010年5月、金正日・正恩親子を長春にわざわざ出迎え、北京で大宴会を催した胡錦濤。中国のトップは必ず北京で出迎えるもので、自らがわざわざ身体を動かして他の地域で国賓を出迎えると云うことはあり得ない。しかも出迎えた場所が満州の長春。胡錦濤の胡族はそのルーツをソグドともペルシャともトルコとも云われ、いずれもチュルクの領域に連なって来ますので、胡錦濤が中華人民共和国史上最大級の礼を尽くして金正日・正恩親子をもてなした理由も納得出来るものがあります。

b0221143_14472317.jpg


この写真は、5月5日の北京:人民大会堂を独占しての5時間にも及ぶ大晩餐会の様子で、飯山一郎さんの「 金王朝の “深い深い謎” -17- 」(2010/11/23)から拝借したものです。
金王朝の “深い深い謎” 」 は、「 ビビンバ! 北朝鮮! 」の続編で、−3− 辺りから−17− までを通して読むと良く解ります。
−10− では、

 金正恩は、セキュリティ(警護)のプロですよ。
 そして、インテリジェンス(諜報)のプロ。
 彼は、諜報ではアジア・ナンバー・ワンの呉克烈 の秘蔵っ子だ。
 そして、金正恩は自分自身を守る親衛隊をもっている。

と記され、その呉克烈については「 2009/04/24(金)金正日,北朝鮮の “天皇” に即位! 」の中で3月9日に金正日が呉克烈を「国防委員会」 副委員長に抜擢し、呉克烈は,北朝鮮における “絶対権力者” になった。と記しています。
b0221143_1448563.jpg

                 ( 呉克烈大将 1934年、満州吉林省生れ )

そして続く4月25日の記事には、

 金正日は,呉克烈に 「全ての権力を無制限に握る」 地位を与えた.
 そうして,万万一の事態(金正日の死亡)に備えた “遺言” も認めている.
 “遺言” の執行者は,呉克烈である.執行を後見し補助するのは,張成沢である.
 “遺言” の最後には,“金王朝の歴史的正統性” が明記されている.
 “金王朝の歴史的正統性” とは,“横田めぐみさんと金正雲の関係” である.

とも書かれています。

また、「 ビビンバ! 北朝鮮! 」 には、済州島の梁 (ヤン) 教授の情報として「 2009/06/02 タングステンとウランで大化けする北朝鮮 」「 2009/06/05 探査できなかった “タングステン水爆” 」で、

 金正恩が絶対権力者:呉克烈と共に開発指揮を執ったのが「 タングステン水爆 」。
b0221143_1450096.jpg

 水爆の弾殻に最強のタングステンを使い、3層以上の複層構造にすることで、
 ( 殻内での爆縮圧力を高めることで )強大な爆発力を実現し、
 且つ、放射線が外部に漏れないようにしたため、ミニニューク(ミニ水爆)が
 製造可能で、これをアメリカ国内のどこにでも仕掛けることが出来るようになり、
 これがブッシュが手のひらを返したように北朝鮮に対して弱腰になった原因である。
 北朝鮮には豊富なウランやタングステン資源があり、
 北朝鮮のタングステン水爆の開発には日本陸軍以来70年に及ぶ歴史がある。
 (以上要約:カッコ内はnueq加筆)

と、書かれています。

チュルクの盟主であり、世界中が震撼するタングステン・ミニニュークを保有する金正恩に中国首脳が総力を挙げた接待をするのは当然と云うことになるのだろうか。

尚、父親がチュルクの末裔と云う説は、中朝国境辺りの情報筋よりもたらされたもので、真偽の程は確かめようがありません。


一方で、24日「 正恩氏母は在日、最高機密に 口外厳罰、周知の朝鮮総連を危険視
と云うニュースが流れています。
 朝鮮労働党中枢が新指導者の正恩氏の母、故高英姫氏が
 元在日朝鮮人である出自は正恩氏神格化の妨げになると判断、
 「最高機密」に指定し、口外すれば厳罰に処す方針を固めたとの
 内部情報が23日、判明。

 在日朝鮮人には周知の事実であるため、
 同時に朝鮮総連との関係を見直す方針も示された

 朝鮮総連は労働党支配下で政権を潤す資金源の役割を担ってきたが、
 「危険な秘密を知る組織」とみなされ、重要拠点としての
 存在意義が“格下げ”されるとみられる。

とのことだが、こうした背景には

・ 元在日朝鮮人
・ 済州島出身(済州島は朝鮮半島で非差別地域:なぜなら最も古い民族だから)
・ 金正日の3番目か4番目の側室=妾になった女性

と 三拍子そろった、最悪の条件をそろえているからです。

b0221143_1451553.jpg

                      ( 阿修羅 [週刊ポスト] )

飯山一郎さんの「 ★ ビビンバ! 北朝鮮! ★ 」の「 2009/04/10 何でも知っている 和田アキ子. 04/11 大阪の街を自由に歩く 金正日 」には、高英姫と和田アキ子とそのお父さん、力道山の関係等が記されています。

しかし、もし、3番目の説が本当なら、金日成、金正日、金正恩を、3代続けて一滴の血も繋がってないことになり、「 世襲 」ではなくなり共産主義の大前提は保たれるのですが、当の北朝鮮指導部が「 世襲 」を強調してるのにはなんだか妙なねじれ具合を感じます。(少なくとも 金日成、金正日には血の繋がりはない。)



それにしてもよく似てるよなぁ。。。

b0221143_18261454.jpg




.
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/17470129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ロマンス娘 at 2015-08-23 23:16 x
北朝鮮万歳北朝鮮の世界征服万世金正恩体制万歳。
by nueq | 2011-12-27 14:55 | 新河豚計画 | Trackback | Comments(1)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31