フクシマ・チャイナシンドローム

フクシマで、311当日からメルトダウンが始まっていたことは既報の通りですが、現在、って云うか、数ヶ月前からメルトスルーが進行していることは、ご存知の方も多いかと思います。
さて、そのメルトスルーすが、8月頭の段階で既に抜き差しならない状況に陥っていました。(ここのところあまりにも忙しくてタイムリーにUP出来ませんでした。)

タイトルの「 チャイナシンドローム 」とは、アメリカ・スリーマイル島の原発事故を題材にした1979年のSF映画(主演:ジェーン・フォンダ --- 彼女についてはいずれ詳しく面白いお話を、ジャック・レモン、マイケル・ダグラス)。
核燃料がメルトダウン(炉心溶融)から メルトスルー(原子炉や床のコンクリートを溶かす)、そして土(地殻)を溶かし、マグマ・地球の内核までも溶かして地球の反対側にある中国まで突き抜ける。と云う設定。の映画です。


今、フクシマがまさにこのSF的状況にあります。

すでに、1号機と3号機の核燃料棒の8割は、原子炉容器の底を溶かして床に落下。
そこでテンコ盛りになって更に分厚いコンクリートの床を溶かして、下の階の床に落下。
そこでもテンコ盛りの中で核分裂を起こしながら、コンクリートの床を突き破り、その下の地面の土や岩を溶かしながら、一部は地下水脈に到達。
そして水蒸気爆発!

それが、6月3日、14日、21日のフクシマ再臨界です。

その様子を下記の 福島原発ライブカメラでご覧ください。
(見飽きたかもしれませんが。。。14日と21日分)
閃光が何度も走り、原子炉建物の外側から水蒸気が噴き出している様が観察できます。
この様子を、井口さんのブログでは、4号機山側にある6400本の核燃料棒が入った共用プールが臨界に達した為としていますが、ライブ映像で見る通り、水蒸気は1〜4号機のすべてから吹き出し、且つまた、建物の外側の地面からも吹き出しているようで、これは、地下で水蒸気爆発が起きたために全域に水蒸気が回ったものとして説明することが出来ます。

と、云うより5月頃より地下で臨界が進み、4号機と共用プールを徐々に破壊、6月3日に地上に吹き出して共用プールも完全に破壊、21日には地面を割って水蒸気が吹き出して来た。と思われます。

b0221143_7283628.jpg


b0221143_7292694.jpg


b0221143_72952100.jpg


b0221143_7301658.jpg


< 赤い矢印が4号機で、黄色が共用プール >

※ これらの画像は井口さんのブログから頂きました。


そして、8月にも再臨界があったはずなので、と、調べてビックリ!!!

日沼洋陽工学博士が週刊プレーボーイ
「 1~3号機のいずれかで、メルトダウンした核燃料が連鎖的に核分裂する『再臨界』が発生し、4月以降では最大量の放射性物質が施設外へ漏れ出したと考えています。
7月28日から31日頃と、8月19日から21日頃の2回。・・・ 東京都や横浜市の線量測定データからもはっきりと読み取れる科学的事実です。」と、述べてるのだ。

さらに調べてみると驚愕のビデオが。。。。
フェアウィンズ・アソシエーツのアーニー・ガンダーセン氏の8月21日のYouTube。(と云うことでフクイチライブカメラは後回し)



ここで、なんと、フクシマの敷地に亀裂が出来て、そこから煙や水蒸気が出ていると。。。6月21日のライブカメラに見えるまさにそのままだ!
そして、メルトスルーして、地下水と接触したとレポートした「 ロシア・トゥデイ 」に言及していて、僕の情報の裏付けとなりました。(情報ソースは全く別)

更にもっと問題なのが、311の2週間後にカリフォルニアの大気中に、放射性硫黄35が検出されたこと。この核物質は、海水中のナトリウム原子核に中性子がぶつかることで誕生し、カリフォルニアでの検出量の硫黄を作る為には、1平方メートル当たり 4,000個の中性子が必要で、これだけ大量の中性子がどこからもたらされたのか? と云う点にあります。

東電&ニッポン政府(にほん政府ではない)が、汚染水の海洋投棄に関してフリージャーナリストの指摘によってバレた為仕方なく後出しで発表したことは既に書いた通りですが、 中性子は出てないとも嘘吹て来ました。
しかし、実際には311当日からメルトダウンは進行しており(311当夜、最高責任者の清水は赤坂の韓国クラブでホステスを口説いていた!)、海洋投棄された汚染水は中性子発生過程にあったウラン入り冷却水だった訳で、またことによると、あっという間にメルトスルーして地下水脈に達していたものが太平洋に流れ出たのかもしれない。

次にガンダーセン氏は、原子力規制委員会で原子炉から2km程離れた地点で1cm以上の核燃料破片が発見されたことが報告された。とありますが、何度も書いてるように、1号機と3号機の使用済み核燃料棒プールの燃料棒が吹き飛ばされたのである。つまりガンダーセン氏の見解が正しいと思えます。

そして最後に放射能汚染ガレキの問題。
ニッポン政府は、1キロ当たり8,000ベクレル以下なら焼却処分にしようとしている点です。
問題は3つあります。
1.8,000ベクレルとは、
  1秒間に1kgあたり8,000回の核崩壊が起きていると云うこと。
  これは、大変な量なのです。
  つまり、1分間で48万回、1時間で2880万回、一日で約7億回の核崩壊が発生し、
  近くにその放射源があれば、核種によってはα、β、γ、X線を複数種を核崩壊の回数分
  浴びてることになるのです。
2.これが燃やされると核物質が大気中に散布されます。
  地上に留まっている核物質をわざわざ大気中に再散布するのです。
  これは、第2のフクシマ事件で、ニッポン政府の犯罪行為です。
3.ニッポン政府は、汚染されてない一般ガレキと核汚染ガレキの
  混合を許可しようとしています。
  24,000ベクレルのガレキに、一般ガレキ2つを合わせると、
  平均で8,000ベクレルになり、焼却可能になります。

まさに、犯罪行為の上塗りの上塗り。
犯罪的行為。ではありません。
犯罪行為です。

で、この3つは実行されたのでしょうか?
どなたかフォローアプして頂けると嬉しいです。


こう云う訳なので、神奈川でストロンチウムが発見されても何の不思議もないのだ。
そして、ガレキを受け入れた北九州の住宅街で2μSvの線量も計測されている。


さて、地下水脈は、地表の川と同じで、海に流れ出ます。
つまり、1号機 69t、3号機 94t の核燃料の80% = 130t が太平洋に注ぎ込まれ、福島沖から千島海流に沿って茨城県、外房をなめて、その大半は黒潮と一緒にハワイ 〜 カリフォルニアへと流れ行き、一部は回り込んで東京湾、相模湾へと入って来ていることでしょう。

政府はすぐに地下水脈の出口を押さえるべきです。
すでに、セシウムに関しては、瞬時に強制崩壊させて、非放射性のバリウム137に分解する技術が出来上がっています。(このメカニズムについて井口さんが貴重なヒントを提示しています。)この技術はセシウムだけでなく他の核種にも適用可能で順次開発されるものと思われます。


ところで、チャイナシンドロームは起きるのか?
実は、放射性物質はマグマに達すると中和化(非放射化)されてしまいます。
ですから、マグマはおろか、マントルにも達することは出来ません。

311直後、原子炉建物の周囲をコンクリートで強化してそこに液体窒素を流し込んで、それを大型ヘリコプターで吊り下げて、キラウエア火山か桜島の火口に放り込めば良かったのです。(それだけのヘリがあればの話ですが...(^o^)ゞ )
と、云うか、311当日、浜岡とか若狭の予備ディーゼルタービンを床から引っぱがして自衛隊や米軍のヘリを動員してフクシマに送り込めば最小限の被害で収まってたものを、肝心の最高責任者が赤坂の韓国クラブでホステスを口説いてた訳で。。。。。
で、清水は5億円の退職金もらったのかよ!!!
東電は国民に知らせる義務がある!


と、云うことで、地面から吹き出す放射性水蒸気のSF映画をお愉しみください。


6月14日
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
福島原発ライブカメラ 2011.06.14 00:00-01:00

0:00 3・4号機屋上からわずかに水蒸気が出ている。
0:45 3号機(&4号機?)の水蒸気の吹き出しがやや強まる。
1:35 4号機屋上から水蒸気が吹き出す。
2:12 4号機(及び周辺?)からの吹き出しがいきなり激しくなり、
   水蒸気がフクイチ上空を覆うようになる。
2:24 更に激しさを増す水蒸気。
2:30 更に激しく、3・4号機が水蒸気に覆われて見えなくなる。
2:34 2号機も見えなくなる。
2:36 4号機周辺の光線が脈打ってるかのようである。

福島原発ライブカメラ 2011.06.14 01:00-02:00

〜 1:35 ずっと水蒸気に覆われたまま、時折、光が強くなる。
1:35 水蒸気が少し引き始めて、3号機が見え始める。
1:49 4号機の右側に小さな閃光。
1:51 画面全体に閃光が走る。
2:28 画面の右端:森の裏側で大きな閃光が走る。
2:37 4号機の右側で閃光。
2:40 4号機の右側で閃光。

福島原発ライブカメラ 2011.06.14 02:00-03:00

0:08 4号機全体から閃光が発してるように見える。
0:45 水蒸気がだいぶ引いて4号機もはっきりと見えるようになる。
1:30 全体を覆う水蒸気が引き始めると、
   水蒸気が画面右側の森の裏から出ている様子が分かる。
2:20 森からの水蒸気が止み、3・4号機の吹き出しがクリアに。
2:49 全体的に水蒸気の吹き出しが収まる。

福島原発ライブカメラ 2011.06.14 02:00-03:00

0:10 再び吹き出しが強まり、1・2号機からも吹き出しているように見える。
0:16 4号機の右側で閃光3発。
0:30 2号機からの吹き出しが強まり、1〜2号機の間からも吹き出してるかの様。
0:50 水蒸気が再び全体を覆い始め2〜4号機が見えなくなる。
1:19 1号機の建物左側面からいきなり水蒸気が噴き出し始める。
1:56 1号機の建物左側面の吹き出し終息。
2:37 4号機の右側で閃光2発。




6月21日
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
福島原発ライブカメラ 2011.06.21 00:00-01:00

0:00 4号機屋上から水蒸気が少し出ている。
0:33 4号機の右側が急に明るくなる。
1:13 4号機の右側、2度目の閃光。
1:25 4号機の右側、3度目の閃光。
1:53 4号機の右側、小さな4度目の閃光。

福島原発ライブカメラ 2011.06.21 01:00-02:00

0:35 4号機屋上の水蒸気の吹き出しがやや増加。
1:00 4号機屋上の水蒸気の吹き出しの勢いが強まる。
1:35 いきなり激しい閃光が辺り一面を覆う。
1:42 再び一面を覆う閃光。
1:49 4号機屋上の水蒸気の吹き出しの勢いが更に強まる。
1:57 3号機や、3号機と4号機の間からも水蒸気が噴き出し始めたように見える。
2:03 水蒸気が3号機と4号機全体を包むように拡がり始める。
2:18 全体を包む水蒸気は薄れるが
   3号機からの勢いの良い吹き出しが良く解るようなる。
2:51 4号機の右側が明るくなり、
   再び水蒸気が4号機の周辺全体に立ち込めるようになる。

福島原発ライブカメラ 2011.06.21 03:00-04:00

0:03 4号機屋上の水蒸気の吹き出し、まるで煙突の様。
   この後、右側が次第に明るくなる。
0:28 4号機屋上の水蒸気の吹き出しが、収まり始める。
2:00 4号機屋上の水蒸気の吹き出し、かなり収まる。




※ 6月中旬から日本を離れてることが多くて、浦島太郎でした。(^o^)ゞ
  「 チャイナ・シンドローム 」で検索してみると、6月21日の時点で小出さんが
  ほぼ同じ指摘をされてますね。
  でも、一応このまま掲載しておきます。




                       11月2日 追記

                         日経新聞
             福島2号機で核分裂の可能性 ホウ酸水を注入

「 2号機の燃料は事故で冷却水がなくなって溶け、原子炉圧力容器の底や、その外側の格納容器の底に漏れてたまったと推定されているが、大きな塊になっていれば局所的に核分裂が起きることはあり得るという。」 だ、そうだ。
「 保安院は、原子炉の状態は安定しており、核分裂が拡大し燃料が再溶融する恐れは低いとみている。」
で、また、「 想定外 」が起きるんだろうな ♪


以下、全文。

2011/11/2 6:05 (2011/11/2 8:45更新)

 東京電力は2日、福島第1原発2号機で原子炉格納容器内の気体に放射性キセノンが含まれている可能性が判明、核分裂が起きている恐れが否定できないとして、原子炉に核分裂を抑制するホウ酸水の注水を始めたと発表した。

 原子炉の温度や圧力、放射線量を測定するモニタリングポストの値には変動がないという。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、検出されたのはごくわずかで、キセノンなのか、誤信号なのかを分析中。2号機の燃料は事故で冷却水がなくなって溶け、原子炉圧力容器の底や、その外側の格納容器の底に漏れてたまったと推定されているが、大きな塊になっていれば局所的に核分裂が起きることはあり得るという。

 東電は圧力容器に水の注入を続けている。保安院は、原子炉の状態は安定しており、核分裂が拡大し燃料が再溶融する恐れは低いとみている。

 放射性キセノンは、核分裂に伴いできる。東電は2号機に、格納容器内の気体を吸い出して浄化する装置を設置。1日に採取した気体を分析し、キセノン133と135が含まれている可能性があると判明。2日午前2時48分に原子炉への注水ラインからホウ酸水の注水を始めた。

 2号機の圧力容器下部の温度は100度を切り、安定的な状態が近づいているとみられていた。〔共同〕




                           関連エッセイ

                      フクシマは核兵器製造工場?

                ベクレルじゃわからん! 原子数はどのくらい?

                     東京 虎ノ門で中性子線検出!

                     爪から高濃度のウランを検出!

                          体内被曝と放射線被曝

                 国家安全保障上の見地から診た原子力発電







.
[PR]
トラックバックURL : http://nueq.exblog.jp/tb/16442199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nueq | 2011-10-15 07:36 | 311 被曝 | Trackback | Comments(0)

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31