京大によって証明された放射(ラヂ)化現象

すでにこのニュースご存知の方も多いと思いますが、京都大学原子炉実験所 中村秀仁 助教、放射線医学総合研究所 白川芳幸 研究基盤技術部長 らによって放射線で光る樹脂が開発されました。朝日新聞ネットの内容を引用すると

               * * * * * * * * * * * * *

放射線で光る樹脂、ペットボトルの素材で開発 京大など

ペットボトルの素材を使って、放射線が当たると青く光る新しいプラスチック樹脂を開発することに、京都大や放射線医学総合研究所などのグループが成功した。放射線検出器のセンサーに使われている従来の樹脂に比べ、費用は10分の1ほど。安価な検出器の開発が期待できるという。29日、欧州物理学会の速報誌電子版に掲載された。

 京大原子炉実験所の中村秀仁助教らのグループは昨年、ペットボトル樹脂に放射線を当てると光が出ることを突き止めた。しかし、発する光の量が少ないという弱点があった。

 グループは帝人化成とともに、樹脂に含まれる炭素と水素、酸素の割合を変えながら性質を分析し、これまで放射線検出器に使われているものと同等以上の能力を持つ樹脂を合成した。

b0221143_15444598.jpg


               シンチレックスの蛍光試験
      写真の出典 及び 詳細:京都大学HPの研究リリース 参照
 

               * * * * * * * * * * * * *

とあります。

このことは、「 体内被曝と放射線被曝 」で書き、「 ベクレルじゃわからん! 原子数はどのくらい? 」 で補足した、人体被曝の実際を研究室レベルで証明した行為に他なりません。

通常のPETの原子構造が(C10H804)n と、炭素・水素・酸素から出来ていますので、同様の元素を主成分として構成される細胞等や水分子が被爆して放射化(シンチレーション)することがこの実験からも証明された訳です。

これは分子を構成する外殻原子の原子核やその外殻電子が高エネルギー(= 放射線)の電子波を吸収して、その余分なエネルギーを放出する際に見られる発光現象です。

この実験では、体内環境や開放系環境とは違って、受け取った高エネルギーを他に譲り渡す相手がいないため、過剰エネルギーは空気中に放射されてそれが発光現象として捕えられています。ところが体内環境や開放系では、高エネルギーの電磁波を他に受け渡すことが多いため、体内等で次々とリレーが行われることで、高エネルギー状態がほぼ温存されす。 他者の放射化を感知することが出来る人は、このリレーの際にその一部がリサーされないで漏洩:放電される(=減衰される)エネルギーを感じ取っているようです。そしてこの時放射されるγ線・X線の周波数が、感知者の頭を痛くするような領域のものなのでしょう。

生体細胞レベルでのシンチレーション(放射化:ラヂ化)現象もどこかの研究室で調べてもらいたいものです。
[PR]
by nueq | 2011-06-30 15:46 | 311 被曝

覇権文明の終焉と 新しい地球文明を デザインする


by nueq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28